So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

摘み草せんべい ぽこあぽこ [湯布院周辺の観光&グルメ]

18061555.jpg
大分県湯布院観光に出かけて、緑豊かな草原が広がる塚原高原へ向かいました。標高約600メートル、由布岳の麓に広がり、宿泊施設・食事処・カフェ・ベーカリーなどが点在。その中から「ゆふらぎ村」に建つ、摘み草せんべいのお店を訪れました。
18061554_edited.jpg
《ゆふらぎ村の案内》 全室離れの貸別荘「山荘 どんぐり」、ペンション「森の宿 野々花」、レストラン「山猫軒」、自家製ハムと手作りパン「たべものや12の月」、ギャラリー「湯布院創作人形館いま」などが点在。「たべものや12の月」はこの後、行きました。
18061557.jpg
《木立が続く、こもれび通りを進み、お店へ向かいます》
18061559.jpg
ゆふらぎ村の入口から車で約1分、「ぽこあぽこ」を見つけました。森の中にひっそりと佇む別荘という雰囲気で、店名が可愛らしいですね。
18061564.jpg
こちらで製造販売しているおせんべいは、四季折々の草花を摘み取って1枚ずつ手焼きしています。箱入りで販売して12枚入り800円・16枚入り1000円・24枚入り1500円。JR由布院駅周辺の土産店や道の駅ゆふいんなどでも販売しています。※消費税別
18061563_edited.jpg
摘み草せんべいは色々な種類があり、紅梅・さくら・れんげ・つくし・すみれ・ふきのとうなどが見本に飾られていました。優しい味わいの摘み草せんべいはお土産にもオススメ。
18061565_edited.jpg
何かのパンフレットに1枚から購入できると書いてある様子で、それを見て買いに来られた方がいらっしゃいました。お店の方が1枚売りはしていないと言ってありましたので、ご注意ください。《利用日2018年6月》
18061562.jpg18061561.jpg
《雑貨なども販売、草摘み中はお休みです》

摘み草せんべい ぽこあぽこ 大分県由布市湯布院町塚原180
営業時間 9:00~16:00、定休日 不定休
塚原高原のお店をまわり、絶景カフェ「cafe erina」たべものや12の月オニパンカフェみるく村レ・ビラージュを訪れました。以前の記事では塚原温泉火口乃泉を紹介しています。
旅行情報サイト「LINEトラベルjp」に、大分県湯布院の食べ歩きスイーツお薦め5選をご紹介しています。 ご覧いただけると幸いです。

湯布院長寿畑 青ゆずこしょう 105g

湯布院長寿畑 青ゆずこしょう 105g

  • 出版社/メーカー: サンヨーコーヒー
  • メディア: 食品&飲料



nice!(128) 
共通テーマ:旅行

オニパンカフェ [湯布院周辺の観光&グルメ]

18061479.jpg
大分県由布市の塚原高原は由布岳の麓に位置し、緑豊かな草原が広がっています。宿泊施設・食事処・カフェ・ベーカリーなどが点在していますので、お店を幾つか巡ってきました。「オニパンカフェ」は天然酵母パンを製造販売している人気のベーカリーです。
18061486.jpg
小道を進み、こんな場所にあるの?という立地ですが、お客さんが次々と来られて人気ですね。周辺のお店では牧場「みるく村 レ・ビラージュ」摘み草せんべい「ぽこあぽこ」自家製ハムの店「たべものや12の月」絶景カフェ「cafe erina」なども訪れました。
18061487_edited.jpg
13時すぎに訪れましたが、棚に並べられたパンは売切れも多くて少なめでした。焼き上がりは約40種類が並び、全て天然酵母を使用したパンです。無添加にこだわり、マーガリンやショートニングも不使用。カレー・クリーム・餡・ジャムなども手作りしています。
18061489_edited.jpg
パンの一例として、あんこパン(150円)、焼きピロシキ・タイカレーパン・フルーツデニッシュ(各180円)、ブドウ食パン(240円)などもリーズナブル。土日祝の8:30~11:00はモーニングパンセット(前日までに要予約)があります。
18061494_edited.jpg18061491_edited.jpg
《クレセント、メロンパン各種》名物のパンと言えば、鬼の角の形をしたクレセント(170円)でしょう。サクッとしたクッキー生地のメロンパン・抹茶メロンパン・ココアメロンパンもオススメです。《利用日2018年6月》
18061495_edited.jpg
《玄米フルート・塩カリッとクッペ》 玄米フルート4本とオニパン特製オイルのセット(400円)も人気。ばら売りもしているので1本(写真手前・80円)購入しました。塩カリッとクッペ(写真奥・70円)もトーストすると、カリカリの食感です。
18061485.jpg18061481_edited.jpg
《テラス席》 今回はテイクアウトしましたが、パン&ドリンクで休憩するのも良さそう。次回行く時はランチパンセット(1300円・前日までの要予約)を利用したいと思います。お店は2018年6月に10周年を迎えたそうです。おめでとうございます!

オニパンカフェ 塚原本店 大分県由布市湯布院町塚原135-142
営業時間 10:30~16:00
定休日 火曜日・水曜日(祝日は営業)

旅行情報サイト「LINEトラベルjp」に湯布院土産に買いたい!手軽なばらまき菓子をご紹介しています。 ご覧いただけると幸いです。




nice!(108) 
共通テーマ:旅行

肉釜うどん 鳥栖店 [鳥栖市のランチ&グルメ]

20180922_091948290_iOS.jpg
佐賀県鳥栖市(とすし)へ出かけて、「炙り牛肉専門店 肉釜うどん」へ寄りました。場所は国道34号線沿い、リンガーハット鳥栖田代店の隣になります。外観が丸亀製麺に似ているなぁと思ったところ、丸亀製麺が手掛けているそう。《利用日2018年9月》
20180922_092101897_iOS.jpg
福岡県粕屋町の長者原店に続き、鳥栖店は2018年8月にオープンしました。店内に入ると、うどん出汁の材料になるあご(飛魚)がオブジェのように置かれています。注文方法などは丸亀製麺と同じで天ぷらなどのトッピングも色々と並んでいます。
20180922_092211965_iOS.jpg
《牛焼きしゃぶ》 1番の特徴はライブキッチンで網焼きする「牛焼きしゃぶ」でしょう。目の前で焼き上げられて、香ばしく美味しそうな香りが漂っています。
20180922_092617031_iOS.jpg
看板メニューの牛焼きしゃぶを使ったうどんの中から、牛焼きしゃぶ ぶっかけの大(730円)を注文。牛焼きしゃぶは少し甘めの味付けが美味しく、出汁はあごの風味が効いて濃いめかも。ねぎ・天かすなどの薬味はセルフサービスで取り放題です。
20180922_092743412_iOS.jpg
できたて丼のメニューから注文した焼肉丼(390円)もお肉の旨み&香ばしさが美味しく、ご飯が進みます。ハーフサイズですので、うどんや天ぷらとのセットがオススメ。できたて丼は他にも、かしわ飯(250円)、親子丼(390円)、カツ丼(490円)など。
20180922_093000385_iOS.jpg20180922_092628339_iOS.jpg
《ご飯が進む美味しさ、げそ天とレンコン天》
20180922_092028214_iOS.jpg
《メニューの一部》 かけ・ざる・ぶっかけ(各290円)、釜玉・おろし醤油(350円)・牛焼きしゃぶ釜玉・牛焼きしゃぶおろし(各690円)などもあります。

炙り牛肉専門店 肉釜うどん 鳥栖店 佐賀県鳥栖市神辺町2-1
営業時間 11:00~22:00(OS21:30)




nice!(134) 
共通テーマ:グルメ・料理

みるく村 レ・ビラージュの手作りソフト [湯布院周辺の観光&グルメ]

18061525.jpg
大分県由布市へ出かけて、塚原高原の観光を楽しみました。観光客で賑わうJR由布院駅周辺から少し離れた塚原高原は由布岳の麓に位置し、緑豊かな草原が広がっています。宿泊施設・食事処・カフェ・ベーカリーなどが点在し、お店を幾つか巡ってきました。
18061471_edited.jpg
今回ご紹介する「みるく村 レ・ビラージュ」はJR由布院駅から車で約20分。高速道路を利用する場合は由布岳スマートICが近くて便利です。湯布院塚原観光協会(案内所)そばの道を進み、350メートルほど行くと、お店の看板が出ていますので目印にされてください。
18061473_edited.jpg
摘み草せんべい「ぽこあぽこ」自家製ハムの店「たべものや12の月」ベーカリー「オニパンカフェ」 、絶景カフェのcafe erina(カフェ エリナ)なども同じ方面です。木立の道を抜けて四季庵~オニパンカフェを過ぎて、高原の道をしばらく進むと到着します。
18061501.jpg
のどかな牧草地が広がる草原に竹内牧場「みるく村」があり、敷地内にフレンチレストランが造られています。毎年6月に開催されるイベント「塚原高原 コモレビカフェ」では芝生広場を利用して、ワークショップやランチ&スイーツが楽しめるそう。
18061506.jpg
みるく村の入口に建つログハウスがフレンチレストラン「みるく村 レ・ビラージュ」です。牧場の絞りたてミルクや自家菜園の新鮮野菜を使い、数時間煮込んだ豊後牛ビーフシチューや豊後牛ステーキも人気。ローストビーフを挟んだモーモードックも良さそう。
18061511_edited.jpg
《手作りアイスクリーム 320円》 牧場で搾った牛乳をふんだんに使ったアイスも評判です。季節限定のアイスも並び、訪れた日は抹茶・カフェオレ・いちご・バナナ・ラムレーズン・ブルーベリー・キウイ・カボチャなど10種類が並んでいました。
18061512_edited.jpg
1段目はみるくアイス、2段目は好きなアイスを選ぶことが出来て320円はお手軽です。どれにしようかと目移りして、季節限定のブルーベリーを選びました。みるくは爽やかな甘さ、粒々入りのブルーベリーも美味しい。《利用日2018年6月》
18061508_edited.jpg
レストランのメニューは豊後牛ビーフシチュー・ステーキを始め、ハーブ鶏の骨付きステーキ・トマト煮込み、手作りピザ、シェフのきまぐれピリ辛カレーなどもあります。

みるく村 レ・ビラージュ 大分県由布市湯布院町塚原609-59
営業時間 11:30~16:30(OS)、18:00~20:00(OS)
定休日 火曜日のディナー・水曜日(季節の行事で休む場合あり)
詳しい情報は店舗のFacebookをご覧ください。
旅行情報サイト「LINEトラベルjp」に、湯布院でぜひ訪れたい!グルメ&スイーツお薦め5店をご紹介しています。ご覧いただけると幸いです。



nice!(134) 
共通テーマ:旅行

山口ゆめ花博へ行ってきました! [山口・島根の観光]

18091605.jpg
山口県山口市で開催中(2018年9月14日~11月4日まで開催)の「山口ゆめ花博」へ行ってきました。車の場合は山陰自動車道の山口南ICから約20分、阿知須ICからは約10分。JR阿知須や新幹線新山口駅などからは会場を結ぶ無料シャトルバスが出ています。
18091611.jpg18091612.jpg
《ウェルカムゾーン付近の花々》 今回利用したバスハイクのフリータイムを利用して、有料エリアの中から少しまわってきました。猛暑になった9月16日は3万人以上が訪れて、ドリンクやかき氷を販売する出店には行列が出来ていました。会場内はドリンクの自動販売機が少なめですので、事前のご用意をオススメします。《訪問日2018年9月16日》
18091622.jpg
《日本一高い木のブランコ》 高さ約30メートルのブランコ、横にずら~りと並んだ日本一長い木のブランコ(約150メートル)、クライミングタワーなども人気。
18091626.jpg
《海の外遊びゾーン》 巨大砂山の遊び場にもたくさんのご家族連れが。海辺の高台には「TO TOMATO」が建ち、瀬戸内海を一望できる眺めの良いレストランだそう。

山口ゆめ花博 山口県山口市阿知須509-50 山口きらら博記念公園
開催期間:2018年9月14日~11月4日
入場料:大人1,200円、高校生800円、小・中学生600円、小学生未満無料
夜間割引入場券・パスポート券などもあります。

旅行情報サイト「LINEトラベルjp」に、山口ゆめ花博をご紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
nice!(138) 
共通テーマ:旅行

下鶴温泉 へたの湯 [熊本の温泉]

18051108.jpg
熊本県・山鹿市(やまがし)へ出かけた際に道沿いで、温泉の看板を見つけました。看板には「下鶴温泉 へたの湯」と書かれて温泉スタンドと足湯があります。こちらの施設は地区の方々が泉源の復活に取り組まれて出来たようです。
180511121.jpg
源泉温度27℃は足湯には気持ちの良いぬるめでしょうね。道路工事の影響なのか理由は分かりませんが、訪れた時は使われていない様子でした。《訪問日2018年5月》
下鶴温泉 へたの湯 熊本県山鹿市

~~~おまけ~~~
12092203.jpg12092208.jpg
ずい分前ですが温泉巡りに出かけていた頃、山鹿市周辺のジモ泉でとくに印象に残った温泉がこちらです。湯小屋のそばで温泉がザーザーと溢れ出ていて良い湯でした。
12092211.jpg

純粋ヘチマ水 大地のめぐみ 500ml

純粋ヘチマ水 大地のめぐみ 500ml

  • 出版社/メーカー: 井上創業
  • メディア: その他



nice!(113) 
共通テーマ:旅行

池の山荘 食事編 [福岡の温泉]

18050933.jpg
福岡県八女市へ出かけて、「星野温泉 池の山荘」に宿泊しました。八女インターから車で約50分、茶畑や棚田が広がる星野村に佇んでいます。星野村を観光して、この日は星の文化館茶の文化館池の山キャンプ場をまわってからチェックイン。夕食・朝食ともレストランを利用して、テーブル席を案内されました。《利用日2018年5月》
18050937.jpg
夕食プランは1番リーズナブルな「松華堂膳」になり、一度に料理が運ばれてきました。まずは生ビールを注文して乾杯!2種盛りの刺身(サーモン・イカ)、さしみこんにゃく、鶏肉入りのミニグラタンなども並びました。茶そばの麺はツルツルとして良いのど越し。
18050941.jpg18050945.jpg
《巾着入りの小鍋、山菜ご飯・抹茶わらび餅など》 鍋には豚肉・野菜・きのこ・きくらげやすりみが入った巾着も入っています。夕食プランは他にも、ヤマメ料理なども付く季節会席、さらに贅沢な特別会席プランもあります。
18050957.jpg
《朝食》 朝食はわさび漬け・青海苔・梅干・漬物など、ご飯のお友が並び、焼き鯖・さつま揚げ・合鴨・卵焼き・湯豆腐なども。棚田米のご飯はツヤツヤとして美味しい。
18050961_edited.jpg09051150.jpg
《お茶漬けにしました、抹茶飴》 星野村へお茶を買いに来ると、抹茶飴もよく買います。この抹茶飴は同僚がとくに気に入っているので、今回もお土産に買いました。

池の山荘・温泉館きらら 福岡県八女市星野村10780-58
前記事では客室・温泉施設・売店をご紹介しています。

【九州福岡県産べにふうき茶飴25ヶ(90g)】 【福岡県産八女茶使用】

【九州福岡県産べにふうき茶飴25ヶ(90g)】 【福岡県産八女茶使用】

  • 出版社/メーカー: (株)星野製茶
  • メディア: その他



nice!(114) 
共通テーマ:旅行

星野温泉 池の山荘に宿泊しました [福岡の温泉]

18050902.jpg
福岡県八女市星野村は八女茶の中でも高級玉露の産地として有名です。のどかな茶畑や棚田が広がり、茶の文化館星の文化館池の山キャンプ場星の花公園など、観光スポットが点在。周辺の観光をゆっくり楽しみたいと思い、「池の山荘」に宿泊しました。
18050949.jpg18050918.jpg
《落ち着いた雰囲気のロビー、モダンな館内》 日帰りで温泉利用に時々訪れていますが、宿泊は初めてです。館内は星野村産の杉板をふんだんに使って和モダンな造り。ゆったり広めの螺旋階段も良い雰囲気ですね。喫煙ルームやエレベーターも設置されています。
18050923.jpg
《客室 うらじろ》 客室は和室・洋室・和洋室など全14室。贅沢に過ごしたい方は半露天風呂付きの客室はいかがでしょう。利用した客室(202号室)は和室8畳に広縁付き、窓の外には木々が茂り、その向こうに茶畑が見えます。《宿泊日2018年5月》
18050962.jpg18050924.jpg
《部屋菓子とお茶、広縁付き》 部屋にお茶の美味しい淹れ方の案内があるのは、お茶処ならではですね。湯沸かしポットの温度設定も、煎茶を淹れるのに適した80度になっていました。美味しいお茶と部屋菓子をいただきながら休憩後、温泉へ行きましょう。
13060809.jpg
《もりの湯》 温泉は宿に併設して建つ「星野温泉きらら」を利用します。 日替りで男女入れ替えになる大浴場と休憩室、貸切風呂も2室があります。もりの湯は内湯と岩風呂の露天風呂があり、夜は星を眺めながら浸かりました。泉質は単純泉、源泉温度38.3度
12111899.jpg
《みはらしの湯》 内湯はもりの湯と同じような造りですが、露天風呂が大きさや形が異なります。丸い浴槽は2人が浸かれるくらいの大きさですが、眺めが良くて気に入っています。洗い場にはお茶シャンプー・ボディシャンプーが置かれていました。
18050952.jpg18050911.jpg
《広々とした休憩室、おやつの生大福》 フロント前で販売する「茶々一福」(164円)を買いました。生クリーム入りの生大福(冷凍)はヒンヤリ、まわりの抹茶がほろ苦い味です。
18050904.jpg
《星野村のお土産が揃う売店》 八女茶の商品は煎茶・深蒸し茶・抹茶を始め、星の抹茶オーレ・星のほうじ茶オーレ・お茶おこし・玉露サンド・抹茶羊羹など、種類豊富に揃っています。棚田で育てたお米「棚田米」や、ほし野菜などもあります。
18050905_edited.jpg18050915_edited.jpg
《星野茶、棚田米も美味しい》

池の山荘・温泉館きらら 福岡県八女市星野村10780-58
外来入浴時間 10:00~22:00(最終受付21:30)、家族風呂11:00~20:00(最終受付)
入浴料金 500円・夜間割引19:00~300円・毎月26日(風呂の日)250円、貸切風呂は1室1,500円(50分)
次記事では宿泊プランの夕食と朝食をご紹介いたします。

藤食糧 無洗米 福岡八女の棚田米

藤食糧 無洗米 福岡八女の棚田米

  • 出版社/メーカー: 株式会社 藤食糧
  • メディア: その他



nice!(123) 
共通テーマ:旅行

八女市星野総合保健福祉センター そよかぜ [福岡の温泉]

1805110133_edited.jpg
福岡県八女市星野村へ出かけて、池の山キャンプ場近くに建つ「八女市星野総合保健福祉センター そよかぜ」に寄りました。広々とした館内は保健センター・地域交流支援センター・高齢者生活福祉センターに分かれています。《訪問日2018年5月》
18051102_edited.jpg
エントランスホールでは地元で採れた野菜や物産品を販売し、星野村特産の八女茶も並んでいます。手作りの梅干しや野菜などもリーズナブルな料金です。
18051103.jpg
《八女茶も販売》 星野村は時々お茶を買いに出かけていますが、よく利用している星野製茶園の商品もありました。のどかな茶畑が広がる星野村は高級玉露の産地として有名です。訪れた日は休館日でしたが、売店は利用出来ました。
06031038.jpg
《星の温泉 であいの湯》 ずい分前に来た時に温泉を利用しましたが、和風と洋風の大浴場があり、どちらもサウナ付き。小庭が見えて明るい雰囲気で、広めの浴槽はゆっくりと浸かれました。泉質はアルカリ性単純温泉、源泉温度38.3℃
06031035.jpg
《明るい造りの浴場》
06031034.jpg
《トレーニングルーム》 湯上がりに寛げる休憩ラウンジや地域交流室(トレーニングルーム)もあります。温泉利用者はトレーニングルームの利用が無料になります。トレーニング機器で体を動かして、温泉で汗をさっぱり流すのも良さそうですね。
06031048.jpg06031051.jpg
《レストラン》 以前利用した時はレストランも利用しました。メニューはリーズナブルな定食や麺類などがあり、梅うどんとサラダをいただきました。

八女市星野総合保健福祉センター そよかぜ 福岡県八女市星野村10775-14
開館時間 9:30~21:00、温泉利用時間 10:00~21:00
休館日 月曜日(祝日は営業)
入館料 300円(入館料は温泉及びトレーニング機器を使用の場合必要)

星野製茶園 ほうじ茶ラテ 星のほうじ茶オーレ (袋入り) 180g

星野製茶園 ほうじ茶ラテ 星のほうじ茶オーレ (袋入り) 180g

  • 出版社/メーカー: 星野製茶園
  • メディア: その他



nice!(116) 
共通テーマ:旅行

ほたると石橋の館 抹茶ソフト [八女市の観光&グルメ]

18053144.jpg
お茶処として知られる福岡県八女市へ出かけて、抹茶ソフト巡りを楽しみました。製茶匠 鵜ノ池牛島製茶 本店を巡った後は八女市上陽町へ向かい、「ほたると石橋の館」に寄りました。自然豊かな上陽町は清流を乱舞する蛍(ゲンジボタル)や点在する石橋が有名です。
18053148.jpg
上陽町のシンボル「ほたる」と「石橋」をテーマにした「ほたると石橋の館」は、資料展示室・レストラン・物産館があり、星野川に架かる石橋「寄口橋」そばに建ちます。物産館「茶彩館」には地元で採れた野菜や物産品が種類豊富に並んでいます。
18053151_edited.jpg
《抹茶ソフトクリーム》 ソフトはミニサイズ(200円)を注文しました。普通サイズ(300円)もありますが、ミニサイズもあるのは嬉しい。お茶っ葉の粒々が入って、ほどよい甘さです。プレミアム生ソフトのクレミア(500円)もあります。
18053155.jpg18053150_edited.jpg
《上陽町のお米・豆腐まんじゅう》 おやつに買った豆腐まんじゅう(86円)は外側がふわっとして、味付したおからが中に入っていました。《利用日2018年5月》
18053154.jpg
《レストラン》 1番人気は、明太じゃがコロランチ(650円)だそう。手羽先明太・明太じゃがコロ・明太ボールが味わえる明太ミックスランチ(700円)も良さそうですね。サバの塩焼きランチ(680円)もお手軽です。ランチは11:00~14:00
18053147.jpg
《そばを流れる星野川》
11040979_edited.jpg
《北川内公園》 星野川沿いの北川内(きたかわち)公園は桜の名所として地元の方に親しまれています。以前、訪れた際は見頃を過ぎていましたが、石橋と桜のコラボは綺麗でした。

ほたると石橋の館 福岡県八女市上陽町北川内589-2
開館時間 10:00~18:00
休館日 水曜日(祝日の場合はその翌日)




nice!(111) 
共通テーマ:旅行