So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

長湯歴史温泉伝承館 万象の湯 [大分の温泉]

11052457.jpg11052460.jpg
2009年に開湯300年を迎えた大分県・長湯温泉はまだ観光客が少なかった頃から時々訪れて、温泉巡りを楽しんでいます。今回は万象(ばんしょう)の湯へ久しぶりに再訪しました。温泉街を流れる芹川上流に位置し、敷地内には宿泊施設・大浴場・貸切風呂・足湯・食事処・農業倉庫を利用した多目的ホールなどもあります。《利用日2011年5月》
07030324.jpg
《大浴場》 内湯の浴槽は2つに仕切られ広めの浴槽は黄褐色のにごり湯で少し熱め。小さな浴槽は冷たい温度の「ぶくぶく水風呂」です。写真は2007年に撮影したものになりますが、その後段々と温泉成分で浴槽の縁などコーティングされ、析出物も数多く見られます。
11052470.jpg07011544.jpg
《冷たい温度のぶくぶく水風呂、細かい泡がたくさん付きます》 名物の「ぶくぶく水風呂」は浸かると体に細かい泡がじわっと付きます。年間を通して20℃前後になっており、暑い夏場はヒンヤリしてとくに気持ちよいでしょうね。浴槽は2、3人浸かればいっぱいになるサイズなので早めに上がり次の方へ譲りました。
11052475.jpg11052474.jpg
露天風呂の横には芹川が流れ、川の向こうにはのどかな田園風景が広がります。
泉質はマグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉、源泉温度は49.3℃
07030338.jpg07030341.jpg
《貸切風呂》 貸切風呂は3室あり1つはバリアフリーになっています。以前訪れた際に朝一番に「作の湯」を利用しました。小さな浴場ですが内湯と露天風呂があり、ぶくぶく水風呂も付いています。湯の表面は温泉成分の膜が張り、パリパリになっていました。
07030349.jpg07030352.jpg 
《温泉成分の膜が張っています、バリバリに割れました》 この後はぶくぶく水風呂と交互に浸かり、朝一番から良い湯をゆっくり満喫しました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
070115301.jpg070115421.jpg
《仮設浴場》 大浴場が出来る前には仮設浴場が造られていました。開放感たっぷり、ロケーションも良かったです。色々な仮設に入りましたが、こちらも私好みでした。

長湯歴史温泉伝承館 万象の湯  大分県竹田市直入町長湯3264-1
営業時間 9:00~21:00(受付)、入浴料金 500円、貸切風呂 2000円
詳しい情報は万象の湯の公式サイトをご覧ください。
nice!(104) 
共通テーマ:旅行

nice! 104

Facebook コメント