So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ゆのまえ温泉 湯楽里 [熊本の温泉]

10103103.jpg10103106.jpg
宮崎県西米良村から熊本県人吉市へ向かう途中、湯前町にある「湯楽里」へ立寄り湯に訪れました。レジャー施設やキャンプ場・コテージなどがある「ゆのまえグリーンパレス」内にあります。食事処では2010年に誕生した「野菜たっぷりちゃんぽん」や「大地の恵み根菜カレー」など、新鮮野菜をふんだんに使ったメニューも人気。《利用日2010年10月》
10103108.jpg10103109.jpg
《大浴場入口の休憩スペース、 マッサージチェアもあります》
10103122.jpg10103123.jpg
内湯には主浴槽・薬湯風呂・サウナ・水風呂などがあります。薬湯風呂は、よもぎ湯になっていました。洗い場に馬油シャンプー・トリートメントなども置かれて利用しました。
泉質はナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉、源泉温度は44.5℃
10103125.jpg10103126.jpg
岩風呂の浴槽は広めの造り、電気風呂もありました。内湯に比べ塩素臭は少なめになっています。塀の向こうには山々が見え、湯前町の自然を眺めながら浸かれる露天風呂です。湯上がりに「ゆのまえグリーンパレス」内を少し散策しました。 
10103107.jpg10103131.jpg
《湯楽里からコテージへ向かう吊り橋、敷地内に「サル園」もあります》
10103130.jpg
《世界一の親子大水車》 直径14.1mと9mの親子水車は世界一の大きさ。水受箱が120個も付けられ、近くで見ると迫力があります。愛称は「みどりのコットン君」です。水車小屋で精米された米は「杵つき胚芽米」として美味しいお米になるそうですよ。
10103132.jpg10103135.jpg
《水車からくり球磨民話館》 隣接する親子水車の動力を利用し、民話「弥じゃァどんの首」が1回100円にて自動上演されます。上演が始まると弥じゃァどんの首が落ちたり元に戻ったり、魚や蛙も泳ぎまわります。ナレーション付きで6分間自動上演されます。

ゆのまえ温泉 湯楽里 熊本県球磨郡湯前町1588-7
外来入浴時間 10:00~22:00、定休日 第2・4月曜日(祝日の場合は翌日)
入浴料金 400円、貸切風呂1,000円(入浴料別途必要) 
nice!(107) 
共通テーマ:旅行

nice! 107

Facebook コメント