So-net無料ブログ作成
検索選択

長崎バイオパーク クロキツネザル [長崎バイオパーク]

160526242.jpg
長崎県西海市にある動植物園「長崎バイオパーク」へ出かけました。ハウステンボスから西海パールライン(有料)を利用して車で約20分。JRハウステンボス駅そばに建つ「ホテルローレライ」から出ている無料シャトルバス(要予約)を利用しても便利だと思います。
170120112.jpg
広々とした園内をゆっくりと散策しながら動物たちと触れ合ってきました。その中から今回は、クロキツネザルをご紹介いたします。クロキツネザルがいるエリアはカバの池とキツネザルの島と、リスザルの森になります。オスは全身真っ黒ですが、メス(上の写真)の毛は茶褐色で耳の周りが白色。オスとメスで色が違うのは哺乳類では珍しいそうです。
1702045633.jpg170120082.jpg
餌の自動販売機に近づくと、木の上からさ~と降りてきます。餌(干しぶどう)のカプセルを手にしたとたん、餌くださ~いと猛アピール!地面に降りると、ぴょんぴょん跳ねながら近寄ってきます。目がくりくりとした子供のキツネザルはとくに可愛いですね。
1701201022.jpg
クロキツネザルはマダガスカル島に生息するキツネザルの仲間で、群れを作って主に木の上で生活しています。自然破壊の森林開発や密猟の影響により生息数が減っていて、レッドデータブックに絶滅危惧種として指定されています。《訪問日2017年2月》
170204582.jpg
手のひらに餌を乗せると、パクリと美味しそうに食べますよ。希少な動物たちと触れ合えるのも長崎バイオパークの魅力です。何度か行きましたが午後は群れの姿が見えなかったので、午前中の早い時間が会えるチャンスが多いかも。餌やりをぜひ楽しまれてください。

長崎バイオパーク 長崎県西海市西彼町中山郷2291-1
営業時間 9:00~17:00(入園締切16:00)、8月中は9:00~17:30(入園締切16:30)
入園料金 大人1700円・中学生1100円・3歳~小学生800円
旅行情報サイト「たびねす」に長崎バイオパークを紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
nice!(129) 
共通テーマ:旅行

長崎バイオパーク カピバラ [長崎バイオパーク]

170204652.jpg
長崎県西海市にある動植物園「長崎バイオパーク」を訪れました。広々とした園内では約200種類の動物を飼育していて、人気者のカピバラとの触れ合いも楽しみ。何度か訪れた中から、カピバラの大家族を少しご紹介いたします。
160527012.jpg160526962.jpg
以前(2016年5月)に訪れた際には、生後1ヶ月の赤ちゃんカピバラが5匹いて、とてもキュートな姿でした。よちよち歩きやお昼寝している姿にも癒やされます。
160527032.jpg
大人になると体長が約1m、体重が50キログラム以上に。お尻をなでると喜ぶようですが、リラックスしすぎて、すごい寝相になっているカピバラさんも。
161022362.jpg170204622.jpg
訪れる度に色々な動きや表情を見せてくれて、池に飛び込み上手に泳ぐ姿も楽しいですよ。一緒に遊ぼ~とでも言っているように、近寄って来たこともあります。餌(有料)をあげることも出来て、好物の竹をポリポリと美味しそうに食べます。
16122462.jpg
《カピバラの露天風呂》 毎年12月~2月頃に登場する露天風呂は冬の風物詩となっています。打たせ湯付きの露天風呂は気持ち良さそう。冬至の時期は「ざぼん」が浮かべられて、ざぼん風呂に。人が利用出来る手湯が備わっていますので温まりました。
170120212.jpg
《カピストーブ》 露天風呂と同じ時期にカピバラ用のストーブも登場!ストーブの周りをぐるりと囲んで暖をとる姿は、ほのぼのとしています。寒い日はとくに人気で、たくさん集まっていました。また時々、会いに行きたいと思います。《再訪日2017年2月》
161022342.jpg
長崎バイオパーク 長崎県西海市西彼町中山郷2291-1
営業時間 9:00~17:00(入園締切16:00)、8月中は9:00~17:30(入園締切16:30)
入園料金 大人1700円・中学生1100円・3歳~小学生800円
旅行情報サイト「たびねす」に長崎バイオパークを紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
nice!(121) 
共通テーマ:旅行

いっかく食堂 天神店 [福岡市のランチ&グルメ]

170224032.jpg
福岡市中央区渡辺通にある「いっかく食堂」へ食事に出かけました。場所は渡辺通り沿いに建つ電気ビルの北館地下1階になり、福岡市営地下鉄渡辺通駅から徒歩約2分の立地。同じフロアに飲食店が数店舗入り、リーズナブルなメニューが揃っています。
170224042.jpg
《カジュアルな店内》 カウンター席とテーブル席が並び、1人でも入りやすい雰囲気。いっかく食堂は警固店(福岡市中央区)もあり、種類豊富な定食・単品メニューが人気。ハンバーグ・唐揚げ・チキン南蛮・鯖の塩焼き・胡麻鯖など、どれも美味しそう。
170224052.jpg170224112.jpg
《セルフサービスコーナー》 定食メニューには生卵・漬物・ドリンク(コーヒー・お茶)がセルフサービスで付いています。漬物は辛子高菜・かつお風味の漬物など数種類が用意されて、ご飯が進みます。ご飯のおかわりが出来るので、2杯目は卵かけご飯にしました。
170224092.jpg
《牛サーロインレアカツ定食》 牛サーロインレアカツ・半熟煮卵入りの味噌汁・ご飯、セルフサービスの生卵・漬物・ドリンクが付いて、1500円。レアカツの薬味はお好みで、わさび・大根おろし入りの和風ソースをつけていただきましょう。
170224142.jpg
《レアカツ》 衣がからっと揚がったレアカツは、中のお肉は柔らかくてジューシー。わさびでいただくとお肉の旨みが引き立ちます。添えられた野菜には2種類のドレッシングから、お好みでどうぞ。オニオン入りのドレッシングも良い風味です。
170224152.jpg170224072.jpg
《和風ソースも合います、漬物・コーヒーなど》 11:30~13:00限定のお得なランチメニューもあり、テイクアウトのお弁当(500円~)も人気。食べ飲み放題プラン(男性3500円・女性2980円)も良さそうですよ。《利用日2017年2月》

いっかく食堂 天神店 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82電気ビル北館地下1階
営業時間 11:30~23:00(OS22:00)
nice!(121) 
共通テーマ:グルメ・料理

ホテル京セラ 再訪編 [鹿児島の観光]

16101836.jpg
鹿児島観光に出かけて、「ホテル京セラ」に宿泊しました。ホテルが建つ霧島市周辺は魅力的なスポットが点在して、観光の拠点としても便利な立地。桜島や大隅半島観光の際には宿泊によく利用しています。本館(写真左)と別館(写真右)があり、充実した施設。
16101847.jpg
《本館の吹き抜け》
14102156.jpg161018432.jpg
《利用した和洋室》 今回利用した和洋室(930号室)は9階になり、見晴らしが良くて桜島側の眺望が楽しめました。客室には空気清浄機やズボンプレッサーなども置かれて、キーカードを2つ渡してくれる点も便利。《利用日2016年10月》
16101859.jpg
《カフェ&ダイニング デルソーレ》 利用した宿泊プランの朝食は、ビュッフェレストラン夢の国も選べましたが、ビュッフェは何度か利用したので今回はデルソーレに。場所は本館1階、窓が大きく採られて明るく、開放的な雰囲気のレストランです。
161018722.jpg
《洋食セット》 朝食券で利用出来る2種類のメニューから、家族は洋食セットを注文。プレートにオムレツ・ベーコン・サラダ・パン・スープ・フルーツなどが盛られて、ジュースや牛乳などフリードリンク付き。コーヒーはスタッフの方が持ってきてくれます。
161018632.jpg
《朝のカレーセット》 私はホテルオリジナルのカレーが楽しめるセットを注文しました。カレー・オニオンフライ・スープ・サラダ・フルーツと、こちらもフリードリンク付き。黒毛和牛をじっくり煮込んで作られた黒いカレーは、旨味のあるピリ辛タイプ。
16101866.jpg16101874.jpg
《ホテルオリジナル黒毛和牛黒カレー》 今回の朝食はどちらも1404円(税・サービス料込み)。ゆっくりと食事を楽しめたので良かったと思います。カレーはレトルトで販売もしていて1箱648円、ゆずぽん酢など調味料との詰め合わせもあります。
161018552.jpg
《売店で森伊蔵を発見》 売店は品揃えが豊富で、鹿児島の物産品や京セラの商品などが色々と並んでいます。焼酎の種類も多く、プレミアム焼酎の森伊蔵は相変わらずの人気ですね。今回の旅行では垂水市にある森伊蔵に寄り、オリジナルグッズをお土産に買いました。

ホテル京セラ 鹿児島県霧島市隼人町見次1409-1
詳しい情報は施設の公式サイトをご覧ください。以前の記事では、大浴場&水着で楽しむスパをご紹介しています。
nice!(136) 
共通テーマ:旅行

桷志田 [鹿児島の観光]

16101813.jpg
鹿児島県霧島市の観光へ出かけて、黒酢の郷 桷志田(かくいだ)に寄りました。桷志田がある霧島市福山町は黒酢が特産品で、以前出かけた鹿児島旅行では坂元のくろずを見学しました。今回は他の黒酢醸造所を見学したいと思い、こちらの桷志田を訪れました。
161018292.jpg
ショップの裏手に広がる壺畑は、桜島と錦江湾をバックに約2万本のかめ壺がずらりと並んで壮観。市販されている一般の黒酢の発酵熟成期間は半年から1年ですが、桷志田は3年以上(最長5年)をかけて、じっくりと熟成。美味しい黒酢が出来るように原料はもちろん、かめ壺にもこだわって信楽焼などが使用されているそう。
161018152.jpg
《ショップ》 3年熟成玄米黒酢をはじめ、黒酢を使った商品がたくさん揃っています。試飲・試食コーナーもありますので、気軽に試しながら買い物を楽しみましょう。
161018232.jpg
《スパークリングビネガー》 ブルーベリー味を試飲したところ、酢のつ~んとくる癖が少なくて、まろやかな風味で飲みやすい。こちらの商品はボトルなど容器がオシャレな感じで、贈り物にも喜ばれそうですね。《利用日2016年10月》
161018212.jpg
《ステーキソースとエビチリソース》 試食した中から、とくに気に入ったエビチリソースもお土産に決定。色々と使えて、料理がぐ~んと美味しくなりそうです。
161018202.jpg161018242.jpg
《食べる黒酢、黒酢ぽん酢など》
161018182.jpg
《黒酢ソフトもオススメ》 黒酢を使ったスムージー・ジェラート・ビールなどを販売する黒酢ドリンクバーもあります。黒酢ソフト(300円)は、ほのかな黒酢風味でコーンがパリパリ。レストランでは黒酢と有機野菜を使った月替わりのランチコースが人気です。

黒酢の郷 桷志田(かくいだ) 鹿児島県霧島市福山町福山大田311-2
営業時間 8:30~17:30、ランチ11:00~15:00
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。
nice!(132) 
共通テーマ:旅行