So-net無料ブログ作成
検索選択
湯布院周辺の観光 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

大杵社の大杉 [湯布院周辺の観光]

15062728.jpg15062742.jpg
大分県湯布院観光へ出かけ、大杵社(おおごしゃ)の大杉を見に行きました。共同浴場「加勢の湯」前から歩行者用の参道になっていて、車で行く場合は別の参道から進み、急な細い坂道を上がると、駐車場が2台分あります。《訪問日2015年6月》
15062744.jpg
《大杵社》 
15062749.jpg
境内には杉の大木が数本あり、拝殿の東側にある巨木が国の天然記念物に指定されています。大分県で最も大きな大杉になり、樹高は約38メートル、根元周囲は約13メートル。樹齢は1000年以上と伝わっていて、力強くそびえる大杉は湯布院のパワースポット。
15062751.jpg15062752.jpg
拝殿の裏側にまわって根元の空洞へ近付きました。3畳ほどの空洞がありますが、環境保護のため中には入れません。昔、この空洞が火事になり2年以上も燃え続けたそう。そのまま枯れてしまうと思われましたが見事に復活!現在も大きく根を張って高くそびえています。

大杵社(おおごしゃ)の大杉 大分県由布市湯布院町746-19
nice!(123) 
共通テーマ:旅行

銀の彩 [湯布院周辺の観光]

150627562.jpg
大分県・湯布院観光に出かけて、人気のスイーツショップ「銀の彩」へ。場所はJR由布院駅から徒歩約5分、駅前通りの五差路から鳥居をくぐった左手になります。玄関前に駐車場の案内があり、少し行ったグルメシティ近くの駐車場を利用しました。《利用日2015年6月》
150627612.jpg
焼き菓子や雑貨も置かれた店内はオシャレな雰囲気。ショーケースには名物の「由布くりーむ棒」を始め、ケーキも色々と並んでいます。「由布岳しょこら」は香ばしいウォールナッツを使用したガトーショコラにアーモンドチョコをコーティング、これもお土産に良さそう。
150627642.jpg150627662.jpg
《左上:由布岳しょこらなど、右上:焼き菓子のくるみカフェ》
150627752.jpg
《由布くりーむ棒》 イートインコーナーで由布くりーむ棒とドリンクのセット(400円)、プリン(120円)をいただきました。セットは好きな由布くりーむ棒を選べるので、季節のフルーツ棒(250円)をチョイス。旬の果物とクリームがたっぷり、おやつに良いプチサイズです。他にもプレーン・チョコバナナ棒・きなこもち棒などがあります。
150627712.jpg150627672.jpg
《左上:大人のキールロワイヤル、右上:イートインコーナー》 家族はケーキセット(500円)を注文。こちらも好みでケーキが選べて、大人のキールロワイヤル(360円)は甘酸っぱいベリーのムース入り。リーズナブルなセットは散策中のおやつにオススメです。

銀の彩(ぎんのいろどり) 大分県由布市湯布院町川上2953-3
営業時間 11:00~20:00(日曜日は19:30迄)
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。
旅行情報サイト「たびねす」に、大分県湯布院の食べ歩きスイーツお薦め5選をご紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
nice!(169) 
共通テーマ:グルメ・料理

鍵屋のおはぎ [湯布院周辺の観光]

150328522.jpg
大分県・湯布院へ出かけ、金鱗湖そばに建つショップ「鍵屋」を訪れました。由布院温泉を代表する旅館「亀の井別荘」の敷地内に建ち、周囲は緑豊かな庭が広がっています。江戸末期の町家を利用した趣ある店内には、手作りの柚子練り・柚子胡椒を始め、選りすぐりの食品や雑貨なども置かれています。湯布院のお土産がたくさん揃い、お土産選びが楽しいですよ。
11042255.jpg11042256.jpg
《左上:趣のある建物、右上:柚子練りも美味しい》
15032858.jpg
《特製おはぎ》 名物のおはぎは、黒・きなこ・ごまの3種類があり、1個154円でリーズナブル。カウンター席に座り、3種類のおはぎをいただきました。もちっとして米粒がわずかに残り、餡は控えめな甘さで上品な味わい。きなこの風味も美味しく、ごまのプチプチとする食感が楽しい。箱入りもあり、3個入りは514円・6個入りは1028円。
15032860.jpg11042258.jpg 
《左上:きなこも良い風味、右上:柚子胡椒もオススメ》 以前訪れた際に、おはぎが売り切れていたので今回リベンジできて良かったです。湯布院ではこちらの鍵屋と小松家のおはぎが有名ですので、おはぎ好きの方は食べ比べを楽しまれてはいかがでしょうか。

両国土産 鍵屋(かぎや) 大分県由布市湯布院町川上2633-1
食事処「湯の岳庵」を紹介した記事もあります。[soon] 湯の岳庵をご覧ください。
旅行情報サイト「たびねす」に、大分県湯布院の食べ歩きスイーツお薦め5選をご紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
nice!(154) 
共通テーマ:旅行

どんぐりJAYA のほほん [湯布院周辺の観光]

150328032.jpg
大分県由布市へ出かけ、塚原高原にある「どんぐりJAYA のほほん」へランチに。場所はJR由布院駅より車で約15分、アフリカンサファリ方面へ向かう県道617号線沿いに建ち、隣に湯布院塚原高原観光案内所があります。塚原高原は標高約650m、自然豊かな風景が広がり、カフェ・ギャラリー・宿泊施設などが点在。《利用日2015年3月》
150328052.jpg150328092.jpg
《左上:テイクアウトコーナー、右上:レストラン入口》 レストラン前にはテイクアウトコーナーがあり、ドライブ途中の休憩にも良さそう。メニューはコーヒー・ソフトクリーム(各320円)、カレーライス弁当・ハヤシライス弁当(各540円)など。
150328122.jpg
《レストラン のほほん》 テーブル席が並び、中央には柚子製品やドレッシングなどお土産品が置かれています。食事メニューは、だんご汁定食・カレーうどん・昭和のハヤシライス(各865円)、地鶏鉄板焼き定食・鉄板焼ハンバーグ定食(各1080円)など。
150328252.jpg
《地鶏鉄板焼き定食》 アツアツで運ばれてきた地鶏鉄板焼きは、特製甘辛タレが地鶏&玉ねぎとよく合い、美味しいですよ。地鶏は150グラム使用されているのでボリュームがあり、サラダ・味噌汁・ご飯・漬物付きで1080円はリーズナブル。
150328232.jpg150328202.jpg
《左上:かぼすをお好みでどうぞ、右上:自家製ドレッシング》 サラダには自家製ドレッシング2種類が添えられました。ピリッとした辛さのマスタード、爽やかな酸味の梅ドレッシング、どちらも色鮮やかで良い風味。販売もしていますので、お土産にオススメです。
150328112.jpg150328152.jpg
《左上:鉄板焼ハンバーグ定食、右上:地鶏うどん》 地鶏焼きは美味しくて、接客も好感を持ちました。他のメニューも良さそうなので、また利用したいと思います。 
150328282.jpg150328292.jpg
《地鶏おにぎり》 持ち帰りで地鶏おにぎりを注文しました。もっちりとした食感、よく味がしみて、これも美味しい。この後は近くの霧島神社で水を汲み、塚原温泉へ向かいました。

どんぐりJAYA のほほん 大分県由布市湯布院町塚原4-31
営業時間 11:00~15:00、定休日 火曜日(祝日の場合は変更あり)
詳しい情報は貸別荘どんぐりの公式サイトをご覧ください。
nice!(151) 
共通テーマ:グルメ・料理

小松家 [湯布院周辺の観光]

150222322.jpg
大分県・湯布院へ出かけ、お土産に小松家のおはぎを買いに行きました。場所はJR由布院駅から徒歩約5分、食事休憩を利用した旅館「ゆふいん山水館」の近くに建っています。湯布院で手作りおはぎといえば、亀の井別荘「鍵屋」と、こちらの小松家が有名です。
150222352.jpg150222362.jpg
カウンターに2個入り(300円)と4個入り(600円)が用意され、2個入りを購入。カウンターの奥ではおはぎを黙々と作られていました。13時頃に訪れましたが、私が店にいた短い間にも、お客さんが来られて相変わらず人気となっています。
150222372.jpg
おはぎの餅米は地元の湯布院産、小豆は北海道産が使われています。餡がつやつやと輝いて控えめな甘さ、中の餅米は粒の形がしっかり残っています。冷凍保存も出来て、自然解凍すると美味しく食べられるそうですよ。《利用日2015年2月》
150222382.jpg110423382.jpg
《左上:粒がしっかり、右上:金鱗湖周辺も散策しました》 散策していると、小松家のおはぎを入れたピンク色のビニール手提と、B-speakのPロールを入れた手提袋をちらほら見かけました。皆さん、人気の店はしっかりチェックされていますね。

小松家 大分県由布市湯布院町川南9-12
営業時間 9:00~17:00(売切れ次第終了)、定休日 第4水曜日
nice!(155) 
共通テーマ:グルメ・料理

湯布院フローラルヴィレッジ [湯布院周辺の観光]

150222082.jpg
大分県・湯布院へ出かけ、金鱗湖周辺や湯の坪街道を散策しました。その際に人気の観光スポット「湯布院フローラルヴィレッジ」を訪れました。世界一美しい村と言われるイギリス・コッツウォルズ地方は、映画「ハリーポッター」のロケ地としても知られています。その町並みをモチーフに造られ、ショップ・ベーカリー・ミニ動物園・ふくろうの森(入館料600円)、女性限定のホテルもあります。《利用日2015年2月》
16042919.jpg
《由布岳が見えます》
150110472.jpg150222102.jpg
小さなショップが並び、見て回るのが楽しい。入口付近にいるリスは餌をもらって嬉しそうにしています。鴨やうさぎもいて、ミニ動物園はお子さん連れにも人気です。
150222122.jpg150222132.jpg
《キキズベーカリー》 映画「魔女の宅急便」をテーマにした楽しいベーカリー。クロワッサンやプレッツェルなど、おやつに良さそうなパンが並んでいます。
150222142.jpg150222152.jpg
《左上:棚の上にもキキがいます、右上:プレッツェルも人気》
16042923.jpg
《チェシャ猫の森》 不思議の国のアリスに出てくるチェシャ猫が暮らす森をモチーフにした猫カフェが2016年4月にオープン!美しいヒョウ柄のベンガルキャットが出迎えてくれますよ。入館料金はワンドリンク付きで780円、ふくろうの森との共通券は1300円。

湯布院フローラルヴィレッジ 大分県由布市湯布院町川上1503-3
営業時間 9:30~17:00
詳しい情報は施設の公式サイトをご覧ください。
旅行情報サイト「たびねす」に、大分県湯布院の食べ歩きスイーツお薦め5選をご紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
nice!(145) 
共通テーマ:旅行

ビー・スピーク [湯布院周辺の観光]

150110332.jpg
大分県・湯布院へバスハイクで出かけた際に、ぜひ寄りたいと思っていたショップがこちらの「B-speak」です。由布院温泉を代表する旅館の山荘 無量塔(むらた)がロールケーキ専門店を1999年にオープン。その美味しさが口コミで広がり、今では湯布院名物としてすっかり定着しました。訪れた日も次々と買いに来られて、相変わらず人気ですね。
150110342.jpg
Pロールはプレーンとチョコがあり、1本(長さ15cm)1420円。カットサイズ(長さ5cm)は475円になります。カットサイズのプレーンとチョコを当日予約して受け取りました。お洒落な店内にはロールケーキ以外の焼き菓子も陳列されています。
150110402.jpg150110382.jpg
《左上:カットサイズを2種類購入、右上:ガトーショコラ》
150110392.jpg150110372.jpg
《左上:マカロン・ショコラ、右上:粒マスタード》 山荘無量塔オリジナルの焼き菓子・粒マスタード・柚胡椒もお土産に喜ばれそうですね。
150110442.jpg
自宅へ持ち帰り、いただきました。ふんわりとした生地は玉子の風味が感じられ、上品な甘さのクリームが詰まっています。チョコは初めて食べましたが、こちらもよい風味。湯布院へ出かけた際に何度か寄りましたが、Pロールはいつも売切れでした。予約した今回はスムーズに購入できて良かったです。 《利用日2015年1月》
05011630.jpg05011643.jpg
《山荘無量塔にて》 ずい分前ですが、ラウンジ「Tan’s bar」を利用してティータイムを楽しみ、Pロールもいただきました。またいつか利用したいと思います。

B-speak(ビー・スピーク)本店 大分県由布市湯布院町川上3040-2
営業時間 10:00~17:00、定休日 不定休
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。
旅行情報サイト「たびねす」に、大分県湯布院の食べ歩きスイーツお薦め5選をご紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
nice!(155) 
共通テーマ:グルメ・料理

ゆふいん山水館 バイキング [湯布院周辺の観光]

15011017.jpg150110222.jpg
大分県・湯布院へ日帰りバスハイクで出かけて、ゆふいん山水館へランチに。敷地内にある麦酒館のランチビッフェは和洋中の料理が約30種類並び、揚げたての唐揚げや牡蠣フライもありました。デザートはチョコファウンテン・おはぎなど。《利用日2015年1月》
150110242.jpg15011028.jpg
《左上:チョコファウンテンも楽しい、右上:山菜とろろ蕎麦》 
150110252.jpg
色々な料理を少しずつ盛り、クリームシチュー・舞茸と豆腐のふんわり天・唐揚げ・グラタン・ロールケーキなどもいただきました。食後は少し休憩してから温泉を利用しました。
麦酒館(びーるかん)営業時間11:30~14:30(土日は15:00まで)
料金 大人1,500円(税別)
15011019.jpg15022226.jpg
《ダイニング 風花》 再訪した際はメイン料理一品とハーフバイキングが付いた日帰りプランを利用しました。ダイニングは雰囲気がよく、大きくとられた窓の外には中庭が広がっています。バイキング料理はパスタ・自家製カレー・サラダ・パン・デザートなど。
15022228.jpg
メイン料理は数種類から選べて、とり天をチョイス。大分名物のとり天は、ふわっと揚がって美味しい。バイキングコーナーから出汁巻き玉子・里芋そぼろ・海草サラダなども取ってきました。ハーフバイキングは品数が少なめと聞いていましたが、満足できる内容です。
150222292.jpg150222302.jpg
《左上:鯛のあら炊き、右上:ロールケーキ・ゼリー》 家族がメイン料理に選んだ鯛のあら炊きはよく味がしみています。デザートには数種類のロールケーキ、アップルティーやコーヒーもいただきました。料金 大人1,200円(税別)《利用日2015年2月》
2015年3月~麦酒館同様、フルビュッフェスタイルに変わります。

ゆふいん山水館 大分県由布市湯布院町川南108-1
詳しい情報は施設の公式サイトをご覧ください。
nice!(146) 
共通テーマ:グルメ・料理

ゆふいん散策 [湯布院周辺の観光]

11042347.jpg11042348.jpg
大分県由布市へ出かけ、亀の井別荘から金鱗湖へ向かった後は湯の坪街道を散策しました。ショップが並ぶ通りを人力車が走っていて、乗って湯布院観光するのも楽しそう。料金は1区間(10分程度)1人2000円、2人3000円から。《訪問日2011年4月》
11042385.jpg11042387.jpg
《湯の坪横丁》 土産品店や食事処が10軒ほど並ぶ、湯の坪横丁にも寄りました。豆腐アイスの店や豆腐を使った創作料理が楽しめる食事処も良さそう。陶器やガラスを素材としたクラフト製品を販売する「ゆふいん創作館」には女性好みのお土産が揃っています。
11042390.jpg11042391.jpg
《ソフトステンドグラスも綺麗、うさぎ柄のカップを購入》 仲の良かった先輩が退職されることになり、ささやかな贈り物にカップを選びました。
11042393.jpg11042395.jpg
《ぷりんどら》 プリンと、どら焼きを組み合わせた「ぷりんどら」も由布院土産に大人気。新製品の抹茶ぷりんどらもオススメです。散策中のおやつにもいかがでしょう。
11042396.jpg11042397.jpg
《ゆふいんの犬屋敷》 通りを散策していると色々なショップがありますが犬グッズの店も見つけました。色々な犬種のグッズが置かれ、犬好きの方にはたまらない店ですね。猫好きの方にはすぐ近くに姉妹店「由布院の猫屋敷」がありますのでそちらへどうぞ。
11042402.jpg11042404.jpg
《冷やしきゅうり》 栗を販売している栗三昧の店頭で「冷やしきゅうり」を見つけました。きゅうりは国産(大分県内産)を使ってあり塩味がついています。1本100円です。味は普通にきゅうり&塩味ですが、旅先で食べるといつもより美味しく感じますね。
11042344.jpg11042346.jpg
金鱗湖へ戻っていると川の中で鳥を発見。川を遡上してくる魚を狙っていました。この後、上手に魚を捕まえていました。自然がたくさん残っているのも湯布院の魅力です。

旅行情報サイト「たびねす」に、大分県湯布院の食べ歩きスイーツお薦め5選をご紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
nice!(91)  コメント(34) 
共通テーマ:旅行

亀の井別荘 鍵屋 [湯布院周辺の観光]

11042249.jpg11042254.jpg
大分県・由布院温泉を代表する旅館「亀の井別荘」はいつか泊まってみたい宿の一つです。併設する「両国土産 鍵屋」も人気、私もお土産を買いに時々寄っています。趣がある建物は江戸末期の町家だそう。それではさっそくお土産を選びましょう。
11042255.jpg11042259.jpg
《店内も趣があり良い雰囲気、ことことやのジャムも並ぶ》 亀の井別荘の家傳の食品や選りすぐりの食品、雑貨などが並び見ていて楽しいです。大分県産の果物を使ったジャムの種類も多く、ジャム好きの方は色々欲しいでしょうね。手作りおはぎも名物ですが売り切れていて残念でした!次回また買いに来ます。《利用日2011年4月》
11042256.jpg11042258.jpg
《柚子煉りも美味しいですよ、柚子こしょう(赤・青)も人気》 
11042260.jpg11042247.jpg
幾つか自宅用に買い、友人へのお土産にはお菓子も買いました。2階にある喫茶「天井桟敷」や敷地内の食事処「湯の岳庵」も評判が良く、リピーターの方が多いようです。

両国土産 鍵屋 大分県由布市湯布院町川上2633-1
後日、おはぎをいただきました。記事は、[soon] 鍵屋のおはぎをご覧ください。
食事処「湯の岳庵」を紹介した記事もあります。[soon] 湯の岳庵へどうぞ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
11042339.jpg
《金鱗湖》 亀の井別荘近くの金鱗湖周辺も散策しました。金鱗湖の名前の由来は魚の鱗が夕陽に照らされ金色に輝く風景を見て名付けられたと伝わっています。湖底の一部から温泉と清水が湧き、その温度差により冬場の早朝などには霧が立ちこめる幻想的な光景が見られます。周辺にはお洒落なカフェや美術館などもあり人気のスポットです。
11042340.jpg11042341.jpg
《水辺でガチョウがのんびりしていました、水浴びして気持ちよさそう》
nice!(107) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | 次の10件 湯布院周辺の観光 ブログトップ