So-net無料ブログ作成
検索選択
宮崎の温泉 ブログトップ
前の10件 | -

吉田温泉 鹿の湯 [宮崎の温泉]

161019022.jpg
南九州旅行に出かけて、宮崎県えびの市を通過した際に吉田温泉へ寄りました。九州自動車道えびのインターから車で約7分、のどかな景色が広がっています。宮崎県で最も古い温泉として伝わり、昔は湯治場として栄えたそう。今は鄙びた温泉地になり、旅館1軒と公衆浴場2軒が営業しています。ずい分前に来たことがあり、久しぶりの訪問になります。
16101905.jpg
「鹿の湯」の建物はとても鄙びていて、脱衣場や浴場も温泉ツウ向けの雰囲気。建物左手から上がる白い煙は薪を燃やしている煙です。以前は源泉温度が高かったのですが、温度が下がってしまっため、薪などを燃やして加温してあるそう。《利用日2016年10月》
16101919.jpg
脱衣場から階段を降りた半地下に浴場があり、昔ながらの雰囲気が漂っています。源泉升から湯が浴槽に注がれて、2つに仕切られた浴槽は1つは浅くぬるめ。源泉升から近い浴槽は少し熱めになっていて、浴槽の縁などに析出物が見られます。
16102069.jpg161019182.jpg
《飲泉はまろやかな味、脱衣場から浴場へ続く階段》 ゆったりと浸かって温まりました。管理はご苦労が多いと思いますが、これからも長く続けて欲しい温泉です。

鹿の湯 宮崎県えびの市昌明寺689
営業時間9:00~21:00、入浴料金350円

~~《亀の湯温泉》~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
16101893.jpg
鹿の湯近くにあるもう1つの公衆浴場「亀の湯温泉」は、以前に吉田温泉を訪れた際に利用しました。鹿の湯と同じく、受付に置かれた料金箱に入浴料金を入れて利用します。
04123121.jpg
浴場の床などが温泉成分で赤茶色に染まり、2つに仕切られた浴槽は熱めとぬるめ。浸かると体に泡が少し着きました。泉質はナトリウムー炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉

亀の湯 宮崎県えびの市昌明寺672
営業時間7:00~21:00、入浴料金350円
nice!(120) 

ホテルジェイズ日南リゾート 食事編 [宮崎の温泉]

131021242.jpg
宮崎旅行に出かけ、日南市にある「ホテルジェイズ日南リゾート」に宿泊しました。花立山の中腹、標高290mの高台に建ち、ゴルフ場も併設している大型施設で温泉や岩盤浴もあります。チェックイン後、温泉に浸かり客室でゆっくり寛いだ後は夕食会場へ向かいます。
13102177.jpg13102138.jpg
食事は夕・朝食ともビュッフェプランを利用しました。品数が多く、和洋中の色々な料理が並んでいます。にぎり鮨・チキン南蛮・天麩羅・じゃがいものグラタン・きのこと明太子パスタ・チゲ鍋・ナムル・サーモンサラダ・デザートなど、少しずついただきました。
13102147.jpg13102141.jpg
《左上:宮崎産豚のしゃぶしゃぶ、右上:宮崎産鶏肉の炒めもの》 地元の食材がふんだんに使われ、宮崎産鶏肉と串間甘藷の甘辛ハチミツ風味のマヨネーズ炒めも美味しい。
131021512.jpg
色々な料理を少しずつ盛りました。地どれ茄子とズッキーニのトマト煮、サーモン・海老・合鴨のサラダ、にぎり鮨などもいいですね。天麩羅は会場で揚げられ、天つゆの他に梅ソルト・抹茶塩・カレー塩・ハーブ塩なども置かれています。デザートも少しいただきました。
13102153.jpg13102154.jpg
《デザートの中から》
13102181.jpg13102182.jpg
《朝食ビュッフェ》 さつま揚げ・湯豆腐・明太子・ベーコン・スクランブルエッグ・お粥・フルーツ・ヨーグルト・パンなどが並び、ビーフカレーも美味しい。《2013年10月》
13102156.jpg13102158.jpg
《売店》 地元宮崎の特産品が揃い、冷や汁・マンゴーゼリー・伊勢海老みそ汁・伊勢海老ぞうすい・半生キャラメル(マンゴー・日向夏)なども土産に良さそうですね。 

北郷温泉 ホテルジェイズ日南リゾート 宮崎県日南市北郷町郷之原甲2821-1
詳しい情報はホテルジェイズ日南リゾートの公式サイトをご覧ください。
前記事では客室・温泉・岩盤浴などをご紹介しています。
nice!(135) 

ホテルジェイズ日南リゾート 宿泊編 [宮崎の温泉]

131021232.jpg
2013年10月、宮崎旅行へ出かけて2日目は日南市にある「ホテルジェイズ日南リゾート」へ宿泊しました。1万本の桜が植えられ、桜の名所として知られる花立山に建ち、見晴らしの良いホテルです。ゴルフ場もあり、ゴルフプレーが付いた宿泊プランもあります。
13102130.jpg13102127.jpg
《左上:広々としたロビー、右上:面白い形のソファー》
13102132.jpg13102136.jpg
《左上:和室、右上:客室からの眺め》 客室は和室・洋室・和洋室の3タイプがあり、利用した和室は8畳の広さ。窓の外には北郷の山々など、のどかな景色が広がっています。
131021722.jpg
《大浴場》 窓が大きく採られた内湯は開放感があります。浴槽はゆったりとした造り、塩素臭は少し感じました。サウナ・水風呂・露天風呂、浴場入口前にはマッサージチェア(有料)も完備しています。泉質はナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉、源泉温度30.5℃
13102175.jpg13102176.jpg
露天風呂には大小2つの岩風呂が備わり、朝風呂もゆっくり楽しみました。高台に建っているので露天風呂からも良い見晴らしですが、訪れた日は雨が降ってあいにくのお天気でした。以前、立ち寄り湯で訪れた際は周囲の景色が見えて良い眺めでした。《2013年10月》
131021652.jpg
《クア花立 山上岩盤浴》 岩盤浴も利用しました。専用着に着替え、男女別ロッカーを抜けると中はつながっていて雰囲気の良い造り。ヒマラヤ岩塩が敷き詰められた岩塩洞と木紋洞は床温45℃で心地よく発汗し、早い発汗効果が期待できる汗蒸幕は室温75℃。ひんやりクールダウンできる冷気浴やセラミックボールを敷き詰めた足湯浴などもあります。
13102167.jpg13102168.jpg

北郷温泉 ホテルジェイズ日南リゾート 宮崎県日南市北郷町郷之原甲2821-1
外来入浴時間 10:00~23:00
入浴料金 温泉のみ500円・岩盤浴のみ800円・温泉と岩盤浴1,000円
詳しい情報はホテルジェイズ日南リゾートの公式サイトをご覧ください。
次の記事では和洋中ビュッフェの夕食・朝食をご紹介しています。
nice!(151) 

日之影温泉駅 [宮崎の温泉]

11101221.jpg11101223.jpg
宮崎県・高千穂方面の観光へ出かけ、日之影町にある「日之影温泉駅」を訪れました。緑豊かな渓谷美が広がる五ヶ瀬川沿いに建ち、温泉や列車を利用した宿泊施設もあります。以前は列車が運行していましたが2008年に高千穂鉄道は全線廃止となりました。1階は地元の特産品販売コーナーやレストラン、TR鉄道資料室などがあります。
11101241.jpg11101243.jpg
《足湯》 駅のホームに足湯「癒しの足湯」が造られていて、無料で利用できます。ゆったりした広さがあり、観光やドライブ途中の休憩にもいいですね。  
11101227.jpg11101228.jpg
2階は温泉施設になり、広い休憩室もあります。食事利用も出来てメニューは日替り定食(650円)、うどん定食・生姜焼き定食(各730円)、チキン南蛮定食(800円)、森林ハンバーグ定食(1180円)、鮎定食(1500円)など。丼や麺類も豊富です。
11101232.jpg11101236.jpg
大浴場にはL字型の浴槽・ジェットバス・サウナ(乾式とミストの2種類)・水風呂などがあり、狭いですが露天風呂もあります。L字型の浴槽はオーバーフローも少し見られ、塩素臭は少なめに感じました。泉質はアルカリ性単純泉、源泉温度は38℃
11101237.jpg11101238.jpg
《露天風呂もあります、露天風呂からも良い眺め》 森林セラピー基地になっている日之影町では森林散策やウォーキングなどのプログラムが楽しめます。散策の後など温泉に浸かってサッパリできるのはいいですね。《利用日2011年10月》
11101247.jpg11101249.jpg
《TR列車の宿》 敷地内に高千穂鉄道を走っていた車両を改修した簡易宿泊施設があり、客室は1人部屋(3,500円)・2人部屋(6,000円)・4人部屋(10,000円)の3タイプになっています。客室内にも当時の面影が残っていて楽しいですね。
11101251.jpg11101250.jpg
《4人部屋の客室、運転席も残っています》
11101252.jpg11101255.jpg11101256.jpg
《4人部屋のベッド、2人部屋も列車当時の面影が感じられます》 それぞれの客室にベッド・テレビ・冷蔵庫・トイレも完備して快適に過ごせそうですね。料金もリーズナブルなので高千穂観光の拠点として宿泊するのも良さそうですよ。

日之影温泉駅  宮崎県西臼杵郡日之影町七折3225-5 
営業時間 10:00~21:00(受付は20:30迄)
定休日 毎月第4月曜日(祭日の場合は翌日)、入浴料金 500円
詳しい情報は日之影町の公式サイトをご覧ください。
nice!(116) 

ごかせ温泉 森の宿 木地屋 [宮崎の温泉]

11101292.jpg11101293.jpg
五ヶ瀬町は九州のほぼ中央、宮崎県の北西部に位置し、自然豊かな景観が広がっています。レジャースポットは五ヶ瀬ハイランドスキー場(日本最南端のスキー場)があり、観光には五ヶ瀬ワイナリー・うろこの滝、車で約20分行くと高千穂観光も楽しめます。今回、立ち寄り湯に訪れた「ごかせ温泉 森の宿木地屋」は五ヶ瀬総合公園「G-パーク」の高台に建つ宿泊施設。客室は全14室、和室・洋室・和洋室のタイプがあります。 
11101294.jpg11101296.jpg
《談話コーナー&売店、五ヶ瀬ワインはいかが》 売店には地元の特産品が並び、お茶やワイン・焼酎などもあります。五ヶ瀬産のぶどうを使った五ヶ瀬ワインもお土産に喜ばれそうですね。《訪問日2011年10月》 
11101297.jpg11101298.jpg
良質な茶葉の栽培に適している五ヶ瀬町は全国的にも生産量が少ない「釜炒り茶」の産地として有名です。紅茶やブレンド茶も作られていて以前、頂いたことがありますが、美味しい紅茶でした。お土産に五ヶ瀬緑茶飴・椎茸と干し筍のからし漬けを購入しました。
11101299.jpg11101301.jpg
《大浴場》 外観の大きさから考えて浴場は広いだろうと思っていましたが、こぢんまりとした浴場で内湯のみのシンプルな造り。脱衣場、浴室とも綺麗に手入れされて清潔感があり、化粧水や乳液などスキンケア類が置かれているのもいいですね。
11101302.jpg
湯はツルツルする肌さわり、微塩素臭はしますが意外にも良い湯ですね。入浴されていた地元の方は「こちらの温泉がツルツルして気に入っているのでよく来ます」と話されました。泉質はアルカリ性冷鉱泉、源泉温度は23.4℃
11101307.jpg11101308.jpg
《男性浴場も同じような造り、洗い場もシンプルな造り》 レストランのメニューも良さそうなので次回訪れる際は食事&温泉を利用したいと思います。

ごかせ温泉 森の宿 木地屋(きじや) 宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町三ヶ所字広木野9223
外来入浴時間 10:00~21:00(水曜日は15:00~)、入浴料金 500円
詳しい情報はごかせ温泉 森の宿 木地屋の公式サイトをご覧ください。
nice!(127) 

西米良温泉 ゆた~と [宮崎の温泉]

10103048.jpg10103053.jpg
宮崎観光へ出かけ、宮崎市内のホテルをチェックアウトした後は西都市を通過して国道219号線をひた走り、西米良村(にしめらそん)へやって来ました。民話街道を進み、「おがわ作小屋村」を見学した後は、道が険しい殿様街道を抜けて西米良温泉ゆた~とに寄りました。木造車道橋としては日本一の「かりこぼうず大橋」を渡ってすぐの場所にあります。
10103077.jpg10103093.jpg
館内は広々としていて売店・食事処・休憩室などもあります。温泉に入ってから食事利用することにして、まずは大浴場へ。2010年3月に改装したそうなので綺麗ですね。
10103094.jpg10103096.jpg
大浴場は内湯と露天風呂がありサウナ・水風呂も完備しています。内湯には2つの浴槽があり大きな浴槽はジェット浴付き、小さな浴槽はとてもぬるめになっています。
泉質はナトリウムー炭酸水素塩泉、源泉温度35.1℃ 
10103098.jpg
露天風呂は広めの岩風呂で良い雰囲気。自然豊かな西米良村の景色を眺めながら“ゆた~と”浸かりましょう。温泉の名前になっている「ゆた~と」とは「のんびり」や「ゆったり」の意味があるそうですよ。忙しい毎日たまにはゆた~と過ごしたいですね。
10103079.jpg10103081.jpg
《男性用 浴場》 女性用と同じように広い主浴槽はジェット浴が付いて、小さな浴槽やサウナ・水風呂も。湯は少しツルツルする肌さわり、塩素臭は少なめでした。
10103089.jpg10103059.jpg
《男性用 露天風呂、湯上りにデッキで涼みました》
10103060.jpg10103067.jpg
《食事処》 西米良村を訪れたら、ぜひ味わってみたいと思っていた「西米良サーモン」を使った西米良御膳(1,380円)を注文しました。山菜天ぷら・こんにゃく刺身・煮しめ・ゆずシャーベットなどもついています。西米良サーモンはニジマスとエゾイワナをかけ合わせ、1994年(平成6年)に誕生!優しい食感と、ほど良い甘みが特長だそう。
10103069.jpg10103070.jpg
《西米良サーモンの刺身、ゆずシャーベット付き》 刺身はコリコリとした食感、クセもなく美味しい。柚子も西米良村の特産品になり、売店には柚子を使った製品が並んでいます。爽やかな風味のシャーベットもオススメ。《利用日2010年10月》
10103072.jpg10103073.jpg
《西米良サーモン丼》 私はお手軽な丼をいただきました。タレに漬けてありトッピングされたミョウガともよく合いますね。西米良サーモン唐揚げ丼もあり各600円。メニューは色々あるので食事休憩もオススメです。キャンプ場のコテージ宿泊と夕食がセットになった宿泊プラン(2名より受付・1人3,500円より)もあります。

西米良温泉 ゆた~と  宮崎県児湯郡西米良村大字村所260-6
営業時間 10:00~22:00(11月~3月は21:00迄)、休館日:毎月第3水曜日
入浴料金 400円・貸切風呂1,500円(入浴料別)
詳しい情報は西米良村の公式サイトをご覧ください。
nice!(119)  コメント(42) 

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 食事編 [宮崎の温泉]

10102921.jpg10102925.jpg
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートに宿泊して、食事は夕食・朝食とも館内のレストラン「パインテラス」を利用しました。訪れた2010年10月は「秋の味覚とハロウィンフェア」を開催、ディナービュッフェも魅力的でしたがアラカルトから注文しました。
10102931.jpg10102932.jpg
《宮崎県産ポークステーキ 温野菜添え》 パン(写真は2人分)とサラダが付き、値段は2,000円。ジンジャーソースも美味しく、ちょうど良いボリュームでした。
10102926.jpg10102928.jpg
《日向鶏の香草焼きフレッシュサラダ添え》 私はこちらをチョイスして値段は1,600円。肉厚の日向鶏は美味しい。注文してから料理が出てくるまでに、どちらも30分以上かかりました。待ち長かったので無難にディナービュッフェを選べば良かったかも。
10102948.jpg10102951.jpg
《朝食ビュッフェ》 バラエティな料理が並び、宮崎名物「冷汁」などもありました。席に着
くと、コーヒーまたは紅茶をポットで持って来てくれるサービスは嬉しい。
10102950.jpg10102953.jpg
《ベーコンは3種類ありカリカリベーコンも、干物を炙っています》
10102955.jpg10102958.jpg
《デザートにはメロンや柿なども、手作りサンドはいかがですか》
10102960.jpg
種類が多いのでさすがに全部は食べられませんね、色々少しずつ盛り付けました。太刀魚の干物・ベーコン、赤肉メロンなども美味しい。《利用日2010年10月》
10102961.jpg10102922.jpg
《宮崎名物の冷汁もいただきました、レストラン入口の飾りつけ》

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 宮崎県宮崎市山崎町浜山
前記事では、館内・客室温泉施設の松泉宮をご紹介しています。
旅行情報サイトたびねすに、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートを紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。
nice!(117) 

松泉宮 [宮崎の温泉]

10103010.jpg10102968.jpg
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートに併設して建つ温泉施設「松泉宮(しょうせん
きゅう)」を利用しました。大浴場・中浴場・離れ湯(貸切風呂)があり、外来入浴では大浴場と離れ湯が利用出来ますが、中浴場は宿泊者専用になります。ホテル側から眺める松泉宮の施設は松林に囲まれ和風情緒溢れる外観です。《利用日2010年10月》
10102969.jpg10102970.jpg
ホテルの客室から松泉宮までかなり距離があります。温泉への往復は大変ですが、途中にはモダンな休憩スペースもあり湯上りに本を読みながら少し休憩しました。
10102972.jpg10102974.jpg
《全長230mのゆかたウォーク、フロントに並ぶお土産など》 ようやく着いたと思ったら、温泉入口まで全長230mのゆかたウォーク(渡り廊下)が続きます。フロントのお姉さんお勧めの「無添加せっけん」をお土産に買いました。
10102977.jpg10102980.jpg
《ガーデンプール(夏季営業)もあります、まずは大浴場へ》
10102984.jpg10102998.jpg
《大浴場 月読(つくよみ)》 シェラトン一般客室・グループホテル利用客の入浴料金は1,500円になります。脱衣場の雰囲気もよく、化粧水・乳液なども置いてありました。
10103001.jpg
内湯はそれほど広くはありませんが、窓が大きく採られて開放感がある造り。外には松林が広がります。夕方は入浴客が増えましたが朝は少なくゆっくり浸かれました。
10103003.jpg
松泉宮自慢の露天風呂は松林の中に造られ、広めの岩風呂です。夜はライトラップされて幻想的な雰囲気になりました。泉質はナトリウムー塩化物強塩温泉
10103006.jpg10103005.jpg
《湯は僅かに黄色がかって見えます、露天にサウナも完備》
10103012.jpg10103016.jpg
《中浴場 新月(しんげつ)》 こちらは宿泊者専用の浴場になり一般客室利用の場合、入浴料金は2,500円。グランデフロアの宿泊特典で大浴場・中浴場とも無料で入浴できました。日向神話にちなみ造られた浴場は露天風呂の向こうに池が広がります。
10103017.jpg
内湯の天井には宮崎の伝統工芸「大島塗り」が使われた格子が組まれ、朱色と緑が色鮮やか。サウナ・水風呂もあり、旅の疲れを癒すには良いでしょう。
10103030.jpg10103020.jpg
《男性用 露天風呂、女性用 露天風呂》 浴場は男女とも似た造りになっていて趣があります。岩風呂からの風景を日向神話の綿津見(ワタツミ)の世界に見立てて、露天風呂の先に広い池が造られたそうです。
10103014.jpg10103023.jpg
《左上:アロエ塩も置かれています、右上:脱衣場》

松泉宮  宮崎市山崎町浜山(シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートに併設)
外来入浴料金:大浴場月読 2,000円、離れ湯 10,000円(日帰り温泉プラン)
前記事では館内・客室、次記事ではレストランをご紹介しています。
旅行情報サイトたびねすに、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートを紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。
nice!(110)  コメント(44) 

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート [宮崎の温泉]

10102864.jpg10102901.jpg
南九州旅行へ出かけ6日目はシーガイア内のホテルに宿泊しました。南北11km、約700haに渡って広がる黒松林に囲まれた「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」は高さ154m、全客室数743室のプリズム型ホテルで全室オーシャンビューの造り。施設も充実していてレストラン・トップバー・大浴場・ショップなども利用しました。
10102879.jpg10102883.jpg
《グランデツイン》 宿泊プランが色々ある中からグランデツインの客室を選びました。グランデを利用すると33階~38階の客室になり、私たちは36階の客室へ案内されました。客室の雰囲気も良く、色々な特典もあるので利用して良かったと思います。
10102880.jpg10102882.jpg
《大きく採られた窓は良い眺め、眼下にはゴルフコースが広がる》
10102885.jpg10102889.jpg10102890.jpg
特製マットレスを使ったベッドは寝心地が良く、浴衣や作務衣が用意されているのもグランデ特典になります。大浴場の「月読」・中浴場の「新月」を滞在期間中、無料で何度でも利用できるというのもグランデを利用した大きなポイントになります。
10102891.jpg10102892.jpg
客室の広さは50㎡あり、洗面所やバスルームなどもゆったりした広さ。浴槽の他にシャワーブースがあるのも便利だと思います。《利用日2010年10月》
10102893.jpg10102894.jpg10102896.jpg
《アメニティー類も揃っています》
10102886.jpg10102888.jpg
お茶・ジュース・アルコール類・お菓子も色々ありますが有料。館内にはコンビニもあるので便利ですよ。サービスの紅茶を頂いて寛いだら、館内の散策&温泉へ行きましょう。
10102940.jpg10102945.jpg
《パソコン・キッズコーナー、コンシェルジュ・ラウンジ》
10102906.jpg10102907.jpg
《売店》 宮崎県の物産品が並び、マンゴーを使ったお菓子や地鶏焼きなども。焼酎の試飲コーナーもあり、そば焼酎「雲海」や「大河の一滴」などを試飲しました。
10102908.jpg10102904.jpg
《肉巻きおにぎりもお土産にいかが、ゴルフグッズも販売》
10102913.jpg10102914.jpg
《ベーカリーショップ》 館内にはパン屋さんもあります。私が訪れた2010年10月は福岡ソフトバンクホークスのリーグ優勝を記念して作られたパンも並んでいました。
10102933.jpg10102935.jpg
《トップバー ステラ》 夕食前にバーラウンジを利用しました。夜景が綺麗な席は空いてなかったので入口近くの席に座りました。落ち着ける雰囲気で接客も良くて寛げます。
10102936.jpg10102939.jpg
カクテル(カシスソーダ)とおつまみを頂きましたが、これもグランデ宿泊特典で無料のサービスです。メニューは生ビールやワイン、ソフトドリンクなどもありました。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 宮崎県宮崎市山崎町浜山
この後は温泉施設「松泉宮」レストラン「パインテラス」をご紹介しています。
旅行情報サイトたびねすに、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートを紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。
nice!(105)  コメント(48) 

ホテルジェイズ日南リゾート [宮崎の温泉]

10102560.jpg10102561.jpg
南九州旅行へ出かけて宮崎県・北郷温泉「丸新荘」に宿泊し、翌日は車で10分ほどの「ホテルジェイズ日南リゾート」を訪れました。花立山の中腹、標高290mの高台に建ち、ゴルフ場もある大型施設で旧名称は「ホテル北郷フェニックス」です。《利用日2010年10月》
10102564.jpg10102566.jpg
ゆったりとしたロビーは雰囲気がよく、面白い形の椅子も見つけました。客室は洋室・和室・和洋室があり、宿泊とゴルフパックのプランやバイキングプランなどもあるようです。
10102568.jpg10102569.jpg
《売店に並ぶ芋焼酎、宮崎名物の冷や汁》
10102574.jpg10102575.jpg
《大浴場》 高台に建っているので浴場からの眺めは期待できそうですね、それではさっ
そくお風呂へ向かいましょう。ゴルフ場で育てたレモングラスを使ったアイスレモングラスティーが置かれていて、湯上がりにいただきました。爽やかな味で美味しかったです。
10102579.jpg10102580.jpg
ガラス張りの内湯は明るくていいですね。塩素臭は少なめ、サウナ・水風呂もあります。泉質はナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉、源泉温度は30.5℃
10102583.jpg10102585.jpg
露天風呂の眼下には北郷町の雄大な自然が広がっています。四季折々の景色を眺めながら露天風呂を楽しめますね。写真の岩風呂以外にも岩風呂がもう1つありました。
10102570.jpg10102594.jpg
《ゴルフ用品・ウェアなども販売、奥はゴルフ用ロッカールーム》 訪れた日は女性浴場が掃除中の為13時まで利用できず、併設するゴルフ場の温泉を利用されてくださいと案内されました。ゴルフロッカールーム横の浴場を利用します。
10102595.jpg10102598.jpg
小さな浴場ですがサウナも完備。湯はトロンとした感じがあり、こちらも塩素臭は少なめ
でした。通常はゴルフを利用しないと入れない浴場なのでラッキーだったかも。
10102599.jpg10102597.jpg
《サウナも完備、洗い場の奥はサウナ》

ホテルジェイズ日南リゾート  宮崎県日南市北郷町郷之原甲2821-1
外来入浴時間 6:00~21:00、入浴料金 500円
詳しい情報はホテルジェイズ日南リゾートの公式サイトをご覧ください。
2013年10月、宿泊しました。[soon]ホテルジェイズ日南リゾート 宿泊編へどうぞ。
nice!(89)  コメント(0) 
前の10件 | - 宮崎の温泉 ブログトップ