So-net無料ブログ作成
検索選択

富岡城跡 [熊本の観光]

16011407.jpg
熊本県・苓北(れいほく)町は西は天草灘、北は千々岩灘に面して美しい海に囲まれています。細長く突き出た富岡半島にある富岡城跡へ出かけました。小高い山の上にあり、櫓(東棟・西棟)・高麗門・白塀などが復元されて、高い石垣なども城が建っていた当時の面影を感じられます。かつて苓北町は天草の中心として栄え、1602年に富岡城が築城されました。
16011420.jpg
《富岡城跡から望む町並み》 1637年に起こった天草・島原の乱では天草四郎時貞が率いる一揆軍が幕府の拠点である富岡城を3回攻撃しましたが、城を守り抜きました。一揆軍は仕方なく、苓北町から海を渡り、島原の原城へ向かったそうです。城はその後、領地替えの際に破城となりました。天草の再興に尽力した鈴木重成公の銅像が二の丸に建立されています。
16011410.jpg16011416.jpg
《左上:苓北町歴史資料館、右上:復元された高麗門》 敷地内に2015年、苓北町歴史資料館が完成しました。入館料:300円、営業時間 9:00~17:00
16011424.jpg16011427.jpg
《富岡ビジターセンター》 本丸跡に建てられたビジターセンターは入館無料。自然豊かな雲仙天草国立公園の様子や歴史などをパネルや映像で紹介しています。建物は自然と歴史の調和を図り、屋根には本丸多聞櫓の特徴である三段重ねの本瓦葺きが使われました。
16011426.jpg
《ゆったりとした館内》
160114302.jpg16011431.jpg
《左上:富岡海中公園の様子、右上:特産の緋扇貝》 富岡半島の西側海岸に位置する富岡海中公園は1970年、日本で初めて海中公園に指定されました。亜熱帯系の魚たち・海藻・石サンゴなどが豊富に生息している貴重な海域です。《訪問日2016年1月》

熊本県富岡ビジターセンター 熊本県天草郡苓北町富岡字本丸2245-15
開館時間 9:00~17:00、入館料 無料
休館日 水曜日(祝日の場合は翌日)
前記事では四季咲岬公園あまくさ温泉ホテル四季咲館をご紹介しています。
nice!(129) 
共通テーマ:旅行

四季咲岬公園 [熊本の観光]

160113732.jpg
熊本県天草観光に出かけて、苓北町の富岡半島にある四季咲岬公園(しきさきみさきこうえん)を訪れました。細長く突き出た富岡半島は美しい海に囲まれ、熊本県の天然記念物に指定されたハマジンチョウ(開花時期1月~3月)が群生し、夏になるとハマユウの白い花が岬を彩ります。四季岬公園は遊歩道が整備されて四季折々の草花を楽しめます。
160113812.jpg160113802.jpg
《左上:ヤブツバキ、右上:ハイビスカス》 公園を散策しながら灯台を目指して遊歩道を進みました。森林浴が楽しめる小道にはヤブツバキが咲いて、野鳥のさえずりが心地良い響き。海沿いの遊歩道にはハイビスカスが咲いていました。春の山桜や平戸ツツジ、初夏の紫陽花も綺麗でしょうね。冬場はサザンカ・ヤブツバキ・水仙が見頃になっています。
160113772.jpg
《四季咲岬灯台》 岬の先端に建てられた灯台は駐車場から徒歩約5分の距離。1951年に初点灯、1991年に現在の灯台へ改築されました。灯台そばに設けられた展望台からはぐるりと海が見渡せ、周囲にヤブツバキが群生しています。《訪問日2016年1月》
160113782.jpg160113792.jpg
《左上:展望台、右上:点灯台からの眺め》 
160114212.jpg
《富岡城跡からの見晴らし》 四季咲岬公園の後は車で数分の富岡城跡・熊本県富岡ビジターセンターへ。高台からの眺めが良く、苓北町の町並みや袋湾が広がっています。

四季咲岬公園(しきさきみさきこうえん) 熊本県天草郡苓北町富岡
富岡半島の宿泊はあまくさ温泉ホテル 四季咲館を利用しました。観光スポットは富岡城跡・熊本県富岡ビジターセンターをご紹介した記事もあります。
nice!(160) 
共通テーマ:旅行

創作家庭料理 ちきゅうや [熊本の観光]

160409491.jpg
熊本県南阿蘇村は阿蘇五岳や外輪山に囲まれた自然豊かなロケーション。魅力的な温泉・観光スポット・レストランなどが点在して、毎回出かけるのが楽しみ。今回は以前から気になっていた「ちきゅうや」へ向かいました。場所は、あそ望の郷くぎのから高森方面へ数百メートル、道沿いにある黄色のポストが目印になります。
16040953.jpg
《阿蘇五岳が望める店内》  窓が大きく採られた店内はカウンター席・テーブル席・座敷などがあり、アンティークの小物が飾られています。ランチメニューは、ハーブ鶏の唐揚げ・ハーブ鶏のステーキ・海老フライ(各1000円)、ハヤシライス(1100円)、ビーフシチュー(1600円)、マスターの妄想どんぶり・パスタ(各850円)など。※消費税別
160409652.jpg
《ハーブ鶏の唐揚げ》 唐揚げは量が選べて650グラム(1200円)を注文したところ、大きめの唐揚げがマウンテン状になって登場!ご飯と味噌汁はお替りOK、サラダとデザートも付いています。唐揚げは身が柔らかくてジューシー、骨なしで食べやすいですよ。
お好みでどうぞと置かれたスパイスをかけてみると、カレー風味でスパイシーな感じに。唐揚げは食べきれない場合は持ち帰りして良いそうですが、すっかり完食しました。
16040972.jpg
《阿蘇野菜のペペロンチーノ》 2種類のパスタランチから私はこちらを注文。パプリカ・玉ねぎ・しめじなどが入り、にんにくが効いています。スープ・サラダ・デザート付きで850円。家族が注文した唐揚げもですが、メニューがリーズナブルでいいですね。
16040974.jpg
《ランチに付くデザート(2人分)》 カクテル風に仕上げられたデザートはオレンジ・ミントミルクなどゼリーの層になり、ザクロを使ったホイップも良い風味。中に入る内容は日によって違うそうですので、次回も楽しみに訪れたいと思います。《利用日2016年4月》

創作家庭料理 ちきゅうや 熊本県阿蘇郡南阿蘇村久石2972-5
営業時間 11:30~15:00位まで(土日祝11:30~日没位まで)、ディナー利用は要予約
定休日 不定休
nice!(162) 
共通テーマ:グルメ・料理

大江天主堂 [熊本の観光]

160113072.jpg
熊本県・天草観光へ出かけて、﨑津教会を礼拝した後は車で約15分の場所にある大江天主堂(大江教会)へ向かいました。キリスト教解禁後、天草で最も早く造られた教会になり、現在の聖堂は1933年に宣教師ガルニエ神父と当時の信者たちが心と力を合わせて建立。設計は長崎の教会を数多く手掛けた鉄川与助氏、重厚なロマネスク様式で建てられました。
160113092.jpg
1907年に与謝野鉄幹(寛)・北原白秋・吉井勇など5人がキリシタン史跡探訪を目的に天草を訪れた際、ガルニエ神父を訪ねました。キリシタンの歴史や異国情緒溢れる天草の自然に心打たれ、その紀行文を「五足の靴」として発表しました。《訪問日2016年1月》
160113122.jpg160113132.jpg
《左上:ステンドグラス、右上:パンフレットを購入》 内部は撮影禁止となっているので写真はありませんが、色彩豊かなステンドグラスが美しく、荘厳な雰囲気が漂っています。
160114032.jpg
《アダム荒川殉教碑》 アダム荒川は1614年の禁教令により神父がいなくなった後、代わりに教会を守り信者たちの精神的支えとなりました。迫害後、捕らえられて激しい拷問に耐えて殉教。2008年、ローマ教皇ベネディクト16世により栄誉ある福者にあげられました。殉教地の近く富岡城跡(天草郡苓北町)にアダム荒川の祈念広場が造られています。

大江教会 熊本県天草市天草町大江1782
開館時間 9:00~17:00(日曜日はミサのため11:30から)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
nice!(136) 
共通テーマ:旅行

﨑津天主堂 [熊本の観光]

160113032.jpg
熊本県・天草下島、のどかな漁村に建つ﨑津天主堂を訪れました。1566年にキリスト教が伝わると、宣教師の布教活動によって広まり、信者が多かった﨑津集落は信仰が守り伝えられてきました。現在の建物は1934年に再建されたゴシック様式の教会です。設計は長崎周辺の教会を数多く手掛けた鉄川与助氏によるもの、中は畳敷きになっています。
160113042.jpg
館内は撮影禁止になっているため写真はありませんが、心洗われる空間が広がっています。天草にキリスト教が伝来して約450年、日本におけるキリスト教伝来から弾圧、そして復活を示す﨑津集落はユネスコの世界文化遺産候補「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の1つとして注目されています。観光客が次々と来られて、教会周辺はとくに賑わっていました。
160113062.jpg160112852.jpg
民家の間にある狭い路地を海へ歩いてみました。﨑津集落は湾内のわずかな平地に家屋が密集し、数軒ごとに通る幅1mほど狭い路地は「トウヤ」と呼ばれ、船着き場へと続いています。トウヤは住民の井戸端会議や憩いの場として長く親しまれてきました。
160112882.jpg160112922.jpg
《寿司店 海月》 教会近くに建つ海月(くらげ)は築130年の建物を改装して営業。おまかせ握りを目当てに訪れましたが、ランチ営業時間に間に合わず残念。巻き寿司・たこ焼き風いなり寿司などを店頭販売しているので購入しました。
160112942.jpg
《たこ焼き風いなり寿司》 よく味付けされた揚げの中に、たこ入りのご飯が詰まって1パック6個入り500円。いなり寿司にマヨネーズの組合せは初めて食べましたが意外と合いますね。手軽なおやつとしてもオススメです。《利用日2016年1月》
160112972.jpg160113012.jpg
周辺には名物「杉ようかん」の製造直売店、美味しそうな干物販売店などもあります。散策をしていると猫が人懐っこく近寄ってきて、遊んでくれました。観光用の無料駐車場が整備されている点も便利ですので、天草観光の際にはまた訪れたいと思います。

﨑津教会(さきつきょうかい) 熊本県天草市河浦町﨑津539
開館時間 9:00~17:00(日曜日はミサが行われるため9:30から)
nice!(141) 
共通テーマ:旅行

リゾラテラス天草 [熊本の観光]

160110922.jpg
熊本県・天草観光へ出かけて、天草五橋の4号橋近くにある「リゾラテラス天草」へ寄りました。天草五橋は九州本土の宇土半島と天草諸島を結び、三角(みすみ)から大矢野島・永浦島・大池島・前島を経て天草松島まで架けられた5つの橋で1966年に完成。眺めの良いドライブが楽しめ、食事処やお土産店が点在しています。リゾラテラス天草はレストラン・カフェ・ベーカリー・お土産ショップなどがあり、立ち寄りに人気のスポットです。
160110912.jpg160110902.jpg
《レストラン》 オーシャンビューのレストランになり、すぐ横からイルカウォッチングや天草五橋クルージングの船が出ています。食事はプレート料理が楽しめ、熊本ハーブ鶏のグリル・天草鮮魚の香草焼き・シーフードカレー・ロコモコなども美味しそう。
160110932.jpg
《天草塩パンラボ》 オシャレな雰囲気のベーカリーもあります。天草の釜炊き塩を使用して焼き上げた手作りの塩パンは、外の生地はカリッとして中はふんわりの食感。このところ、塩パンがブームになっていて、あちこちのパン屋さんで見かけるようになりました。
160110952.jpg160110972.jpg
《左上:塩パン、右上:塩あんぱん》 シンプルな塩パンは130円、塩あんぱんは180円です。手軽な値段ですので、ドライブ途中のおやつにどうぞ。※消費税別料金
160110832.jpg
《ジェラート》 カフェでは島(リゾラ)ジェラートやソフトクリーム、コーヒーなども販売しています。ジェラートの種類が多く、塩ミルク・マンゴー・宇治抹茶・イタリアンマロンなど好みで選びましょう。シングルは400円、ダブルは550円。窓際の席やオープンテラスに座って、海を眺めながらのカフェタイムはリゾート気分が楽しめますよ。
160112032.jpg
《多彩なお土産が並ぶショップ》 天草の海産物を始め、たくさんの物産品が並んでいます。試食も用意してあり、いか塩辛・真いか明太漬・青のりいりこ・レンコンのてんぷらなども美味しい。お菓子も種類豊富に並んでいるので、どれを買おうかと目移りしました。
160112052.jpg160112042.jpg
《左上:ブランド地鶏の天草大王、右上:うにくらげ・数の子うに》
160112102.jpg
今回購入したお土産は、試食して気に入った「青のりいりこ」、味噌汁に入れて美味しい「あおさ」、ご飯に混ぜる「たこめし」、可愛いパッケージの「あまくさサンタサイダー」、サクサク食感でコーヒーの風味が良い「天草サブレ コーヒー味」など。色々なお土産が揃い、限定商品もありますので、天草観光へ訪れる際にはまた寄りたいと思います。
160114572.jpg160112092.jpg
《左上:天草塩キャラメル・天草サブレ、右上:あまくさフルーツパンケーキ》
16011211.jpg160112182.jpg
《隣に建つ天草パールセンター》 天草は真珠の養殖が盛んで、あこや本真珠や淡水パールを販売。海に浮かぶ水族館「わくわく海中水族館シードーナツ」が敷地内にあります。

リゾラテラス天草 熊本県上天草市松島合津字北前島6215-16
営業時間 9:00~18:30
nice!(157) 
共通テーマ:旅行

灘や [熊本の観光]

16010970.jpg
天草は大小120以上の島々からなる諸島で、東シナ海・有明海・八代海など自然豊かな漁場に恵まれています。その豊かな海でとれた魚介類を使った海鮮料理を味わえる店が多く、今回は有明町にあるお食事処 灘や(なだや)を訪れました。国道324号線沿いに小さな看板が出ているので目印にして曲がると、すぐに到着します。《利用日2016年1月》
160109722.jpg160109742.jpg
《左上:生簀もあります、右上:座敷》 テーブル席や座敷があり、落ち着いた雰囲気の店内。メニューは海鮮丼(1430円)・天ぷら定食(1650円)・刺身定食(1680円)など、海の幸を使った料理が豊富。鳥のからあげ定食(880円)、焼肉定食・しょうが焼定食(各1080円)などもあります。単品も充実して、美味しそうな料理がたくさん。
160109812.jpg
《華かご膳 1100円》 家族が注文した「華かご膳」は色々な料理が味わえて、リーズナブルな値段です。海老や野菜の天ぷら・あさり貝の味噌汁・魚の南蛮漬け・サラダ・ゼリー・黒豆などが盛られて、この後にアツアツの茶碗蒸しが運ばれてきました。
160109842.jpg
《あさり貝のジャンボ味噌汁定食 1430円》 私はオススメの中からこちらを注文しました。直径約30cmの大椀にたっぷりのあさり貝と味噌汁が入って、すごいボリューム。刺身盛り合せ・煮魚・魚の南蛮漬けも付いています。刺身がとても新鮮で肉厚なイカ・ぷりぷりのタコ・コリコリのえんがわ・鯛など、どれも美味しくいただきました。
160109892.jpg
《ジャンボサイズと普通サイズ》 普通サイズでもあさり貝が多めに入っていますが、ジャンボサイズは普通の5、6倍の量があります。あさり貝の旬は春と秋だそうですが、今の時期(冬)でも十分身が入っていて、出汁が効いた味噌汁も美味しい。今回の料理はとても気に入り、他の料理も良さそうなので、天草へ出かける際にはまた寄りたいと思います。
160109972.jpg160109762.jpg
《左上:大椀は顔が隠れます、右上:刺身定食もオススメ》 

お食事処 灘や(なだや) 熊本県天草市大島子2370-6
営業時間 11:00~21:00
nice!(169) 
共通テーマ:グルメ・料理

網田駅 [熊本の観光]

160109342.jpg
熊本県天草へ向かう途中、宇土市にある網田(おうだ)駅に寄りました。JR熊本駅と三角駅をつなぐ「JR三角線」の途中にあり、明治32年(1899年)に開設。木造駅舎としては熊本県内最古になり、2014年には国指定登録有形文化財に指定されました。
160109422.jpg160109412.jpg
《左上:A列車で行こう、右上:普通列車》 JR熊本駅と三角駅間を走る特急列車「A列車で行こう」が通過しました。「16世紀大航海時代のヨーロッパ文化」をイメージして造られて、モダンな雰囲気の車内になっています。《利用日2016年1月》
160109392.jpg
駅舎の赤い屋根は丈夫なセメント瓦になり、幾多の台風にも耐えてきたそう。建築当時の佇まいが残り、鉄道ファンだけでなく観光スポットとしても人気。コミュニティの場所として駅舎内に「網田レトロ館」が造られ、土日祝限定で「駅カフェ」を営業しています。
160109512.jpg160109522.jpg
《レトロな店内》 テーブル席が並び、ホーム側の席に座って列車を見ながらカフェタイムを楽しみました。喫茶メニューはコーヒー・抹茶(各250円)、季節のジュース(300円)など。地元特産の網田ネーブルを使ったケーキやピザもオススメ。
160109612.jpg
《季節のカレー》 軽食メニューから注文した季節のカレーは珈琲付きで550円。卵でご飯をくるんだカレーになり、辛さはピリッとくる辛口タイプです。少し辛いでしょうと、お店の方が水を持ってきてくれました。心遣いが嬉しく、美味しくいただきました。
160109642.jpg
《だご汁》 熊本の郷土料理「だご汁」・おにぎり・珈琲付きで、こちらも550円。だご汁は手延べのだんご・大根・里芋・鶏肉・椎茸などが入って優しい味わい。軽食メニューは他にも季節のピザ(650円)、焼きだごみたいなパンケーキ(500円)があります。
160109682.jpg160109532.jpg
《左上:ネーブルケーキ、右上:ネーブルジャム》 地元特産の網田ネーブルを使用したネーブルケーキ(200円)は爽やかな甘さで美味しい。ネーブルジャム・甘露煮は地元の益田農園と白玉屋信三郎商店がコラボ、お土産にもオススメです。周辺の観光スポットはCMでも有名な長部田海床路・御與来(おこしき)海岸・宇土マリーナおこしき館などがあります。

網田駅 網田レトロ館 熊本県宇土市下網田町2097-2
営業時間 土日祝の10:00~15:00
nice!(176)  コメント(31) 
共通テーマ:旅行

粟嶋神社 [熊本の観光]

16010903.jpg
熊本県天草観光へ向かう途中、宇土市にある粟嶋(あわしま)神社を訪れました。場所はJR三角線「緑川駅」から徒歩約10分。広々とした駐車場入口に総ヒノキで出来た高さ10mの大鳥居が建立されています。本殿前に石造のミニ鳥居が3基並び、くぐると安産や婦人病に御利益があると言われていますので願いを込めてくぐりましょう。《訪問日2016年1月》
16010924.jpg16010929.jpg
《ミニ鳥居》 高さと幅が30センチほどになり、大人はやっとくぐれるサイズ。一番端が他より少し小さく、体の向きを変えて何とかくぐれました。九州の神社にあるミニ鳥居では、大分県九重町の宝八幡宮長崎県雲仙市の淡島神社などもくぐりました。
16010917.jpg
《学業成就・合格成就》 本殿前以外にもミニ鳥居があり、鉛筆型のミニ鳥居は受験生に御利益がありそうですね。受験シーズン以外も置かれているのかは不明です。
16010913.jpg16010908.jpg
《左上:日本一小さい鳥居、右上:絵馬》 現在ではくぐることが出来ませんが、今から約200年前、1814年に建立されたミニ鳥居があります。当時、重い病気に苦しんでいた方が霊験あらたかな粟嶋大明神を熱心に信仰したところ、奇跡的に完治し健康を回復。そこで感謝の気持ちと病気に苦しむ方々の無病息災を願って奉納されたそうです。
160109072.jpg160109062.jpg

粟嶋神社(あわしまじんじゃ) 熊本県宇土市新開町557
詳しい情報は施設の公式サイトをご覧ください。
nice!(135) 
共通テーマ:旅行

恋人たちの丘 [熊本の観光]

15121406.jpg
熊本県・黒川温泉に出かけて、車で数分の場所にある「平野台高原展望所」へ向かいました。阿蘇くじゅう国立公園内、くぬぎ林や草原が広がる「清流の森」の一角にあり、雄大なパノラマが広がっています。訪れた日は小雨が降り出して見晴らしが良くありませんが、晴れた日は阿蘇五岳も望める眺望。この高原が筑後川(全長約143km)の源流の1つになります。
151214072.jpg
《展望所》 通称「恋人の丘」と呼ばれており、展望所に設置された鐘を鳴らしてみると綺麗な音色が響きました。鐘を鳴らすと、幸運や縁結びも期待できそうですね。縁結びのパワースポットとして密かな人気を呼んでいるようです。《訪問日2015年12月》
151214102.jpg15121402.jpg
《左上:鐘を鳴らしましょう、右上:向かう目印》

恋人たちの丘 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺
nice!(158) 
共通テーマ:旅行