So-net無料ブログ作成
佐賀の温泉 ブログトップ
前の10件 | -

湯宿 清流 [佐賀の温泉]

06092945.jpg
佐賀県嬉野温泉は江戸時代から長崎街道の宿場町として栄え、嬉野川沿いに大小の旅館が建っています。宿泊した旅館の中から今回は、大正屋グループの湯宿 清流(ゆしゅくせいりゅう)をご紹介いたします。長崎自動車道嬉野ICから車で約5分、温泉街に佇む和風旅館です。
06092948.jpg
《雰囲気の良いロビー》 ロビーの横には広々とした中庭が広がり、とても落ち着いた雰囲気。接客が気持ち良くて、チェックイン時の丁寧な説明にも好感を持ちました。
06092956.jpg06092962.jpg
《ツインルーム、家族風呂》 客室は和室と洋室があり、バリアフリー対応の客室も完備。利用したツインルームはゆったりとした造り、大浴場に近くて便利な位置でした。家族風呂(貸切風呂)もバリアフリーに対応して手すりが付いています。
06092977.jpg
《大浴場》 内湯と露天風呂があり、男女とも同じような造り。外来入浴は受付ていませんので、混雑することなく、ゆっくりと浸かれました。少しツルツルの肌触りは気持ち良いですね。泉質はナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉、源泉温度74.2℃
06092980.jpg
《露天風呂もあります》 湯宿清流に泊まると、大正屋「四季の湯」「滝の湯」、椎葉山荘「山の湯」「しいばの湯」を利用出来ます。車で無料送迎のサービスがありますが、大正屋までは歩いて行ける距離ですので、散策を兼ねて歩いて出かけました。
06092978_edited.jpg06092965.jpg
《夕食》 夕食・朝食とも食事処でいただきました。前菜の後に運ばれてくる自家製豆腐「吟醸とうふ」もぜひ味わいたい逸品。豆腐の原材料には地元の嬉野市産大豆「ふくゆたか」が使われて、旨みをそのままとじ込めた「吟醸どうふ」は美味しく、気に入りました。
06092967.jpg
訪れた時期は秋になり、土瓶蒸し(松茸・鱧入り)も味わいました。新鮮な刺身やよく味が染みた鯛の煮付けも並び、全体的に品数が多くボリュームも良かったと思います。
06092971.jpg06092974.jpg
《黒豚ロースの豆乳鍋、デザート》
06092994.jpg
《朝食》 茶粥・温泉湯豆腐・焼魚・サラダ・しじみの味噌汁などが並び、フリードリンクの豆乳・牛乳・紅茶などもいただきました。温泉湯豆腐は煮込むほどに豆腐が溶け出し白濁して、とろ~りまろやかな味わいで美味しいですよ。湯宿清流の向かい側には大正屋の直売所「湯どうふ本舗」がありますので、お土産を買いに寄りました。

湯宿 清流 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2314
以前の記事では姉妹宿の大正屋椎葉山荘湯どうふ本舗をご紹介しています。




nice!(109) 
共通テーマ:旅行

大正屋 椎葉山荘 [佐賀の温泉]

04122303.jpg
前記事で佐賀県嬉野温泉のイベント「うれしのあったかまつり」をご紹介したので、以前出かけた温泉宿もご紹介したいと思います。「大正屋 椎葉山荘」は長崎自動車道嬉野インターより車で約10分、嬉野温泉街から少し離れた椎葉川沿いに佇んでいます。
04122322.jpg
木の温もり溢れる建物は雰囲気が良くて、吹き抜けになったレストランも居心地が良くて寛げました。売店にはオシャレなお土産品が並び、旅行の記念に巾着袋を買いました。
04122326.jpg
《山の湯》 こちらは宿泊者専用の大浴場になり、内湯と露天風呂が備わっています。2018年1月から「山の湯」の改築工事が行われるそうなので、リニューアル後も楽しみですね。大正屋・椎葉山荘・湯宿清流のいずれかに泊まると、大正屋「四季の湯」「滝の湯」、椎葉山荘「山の湯」「しいばの湯」を利用出来ます。利用の際は専用車での無料送迎付きで便利です。
04122310.jpg04122317.jpg
《利用した和洋室》 和室・和洋室・メゾネットなど6つの客室タイプがあり、バリアフリーの客室も完備。利用した客室は和洋室になり、ゆったりと寛げる広さ。浴室には温泉が引かれて、ひのき風呂に浸かってゆっくりしました。
04122356.jpg
《夕食》 食事は夕食・朝食ともレストランでいただきます。夕食は小鉢や前菜が運ばれた後、刺身、お肉料理、魚料理などが大皿に盛られて出てきます。私たちは2人で利用しましたので、2人分が大皿に盛られて、取り分けていただきました。
04122358.jpg04122362.jpg
特選牛のしゃぶしゃぶをメインに、地元の食材を盛り込んだ月替りの献立になるそうです。滋味豊かな料理を味わいながら、佐賀県の地酒などをいただくのも良いでしょう。
04122371.jpg
《朝食ビュッフェ》 和食を中心としたビュッフェになり、丁寧に作られたお惣菜が品良く並んでいます。嬉野温泉名物の「温泉湯豆腐」も楽しみな一品。タレなど宿それぞれに味が違い、大正屋の胡麻タレはとくに美味しいので、贈り物にもよく利用しています。
04122369.jpg04122373.jpg
《とろける温泉湯豆腐、川側のテーブル席》
04122374.jpg
色々な料理を少しずつ取り、茶粥・温泉湯豆腐・魚の干物・サラダなどもいただきました。嬉野温泉はお茶処としても有名で、美味しい嬉野茶はお土産にもオススメです。

~~~しいばの湯~~~
04122309.jpg04122414.jpg
こちらは敷地内に建つ日帰り温泉施設「しいばの湯」です。フェイスタオルとバスタオルは無料レンタルがありますので手ぶらでも行くことが出来て便利。内湯は窓が大きく取られて開放的で、広々とした露天風呂もあります。宿泊者は無料で入浴出来ます。
04122417.jpg
《広々とした露天風呂》 椎葉川沿いに造られて周囲は緑豊かですので景色を眺めながら浸かりましょう。湯はキュッキシ系の肌触り。泉質は単純泉、源泉温度34.8℃
04122407.jpg04122409.jpg
《レストラン山法師、温泉湯豆腐》 レストランのメニューは焼肉や温泉湯豆腐など。持ち帰りや贈り物には温泉湯豆腐セット・かご盛りセットもオススメです。

大正屋 椎葉山荘 佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内字椎葉
しいばの湯外来入浴時間 9:00~22:00
入浴料金 1,100円
精しい情報は施設のサイトをご覧ください。




nice!(113) 
共通テーマ:旅行

和多屋別荘 再訪 [佐賀の温泉]

040104042.jpg15091118.jpg
佐賀県の嬉野温泉は日帰りで行くことが多いのですが、今回はリーズナブルなプランを利用して「和多屋別荘」に宿泊しました。館内は随所が改装されて、ロビー横の足湯が和風モダンな雰囲気に。大浴場入口にはオシャレな椅子やソファーが備えられています。ツルスベする美肌の湯をゆっくり楽しんだ後は夕食の時間になり、食事処「利休」へ向かいます。
150911282.jpg
利用したプランは季節の会席料理になり、食前酒の梅酒で乾杯して生ビールやノンアルコールビールも注文しました。先付は季節の和え物と塩辛が並び、刺身は平政・鮪・サーモンの3種盛り。嬉野温泉名物の温泉湯どうふは煮込むと、角がとろけてまろやかになり、とっても美味しいですよ。若楠ポークの温泉湯どうふしゃぶしゃぶも美味しくいただきました。
150911332.jpg150911372.jpg
《左上:とろりとした温泉湯どうふ、右上:焼物》 季節を感じる盛り付けが良く、洋風の秋鮭のバケット・秋刀魚の酢締めも並びます。この後にいただいた茶蕎麦みのり揚げは、ゴボウの食感が良く、ジュンサイ入りの季節万十やイワシつみれ入りの味噌汁も美味しい。最後は季節のプリンとして、ほうじ茶のプリンをいただきました。
150911392.jpg150911432.jpg
《左上:茶蕎麦みのり揚げ・季節まんじゅう、右上:のどぐろやサザエなど》 
150911442.jpg15091150.jpg
この日のオススメから別注文した、のどぐろの煮付けは脂がのっています。家族の誕生日祝いにケーキを注文したところ、フルーツがたくさんトッピングされたケーキを用意してくれました。スタッフの方にも祝っていただいて、素敵な誕生日祝いになりました。
150911622.jpg
《朝食ビュッフェ》 朝食は食事会場でビュッフェ料理をいただきました。地元農家から仕入れた新鮮野菜を使ったサラダ・生パスタ・温泉湯豆腐・辛子明太子・煮物など盛り沢山の品数。サラダのドレッシングは5種類ほど準備されて、金時人参やあごだし味もよく合います。
150911722.jpg150911752.jpg
《左上:鶏肉のテリーヌ、右上:蒸し野菜など》 少しずつ取ってきて、目の前で作ってくれる目玉焼き、生パスタ・筑前煮・魚ロッケなどもいただきました。
150911662.jpg150911782.jpg
《左上:温泉湯どうふ、右上:デザート》 嬉野温泉名物「温泉湯どうふ」はおかわりして、ロールケーキやフルーツなども味わいました。今回はとてもリーズナブルなプランで宿泊しましたが、夕食・朝食とも満足できました。《利用日2015年9月》

嬉野温泉 和多屋別荘 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙738
旅行情報サイトたびねすに、「和多屋別荘」を紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。
nice!(196) 
共通テーマ:旅行

妙法寺温泉 飛龍乃湯(営業再開) [佐賀の温泉]

150913212.jpg
佐賀県唐津市厳木町の国道203号線、町切信号から入り住宅街を進んだ先にある「妙法寺」を訪れました。敷地内にある「飛龍乃湯」が燃料代高騰により2011年に閉館して残念に思っていましたが、2015年9月5日から営業再開!元々はお寺の関係者専用だった温泉を一般にも開放してあり、現在は土日祝日の13時~19時で営業しています。
150913252.jpg
《浴場》 男女別の浴場は、どちらもこぢんまりとした造り。湯はヌルヌルとして気持ちの良い美人湯です。最初に訪れた頃は知る方が少なかったのですが、泉質の良さがTVや情報雑誌などにもよく取り上げられて、遠方から訪れる温泉ファンが多数いらっしゃいました。
泉質はナトリウムー炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉、源泉温度19.4℃
10082240.jpg10082241.jpg
《左上:広間の休憩室、右上:休憩室から見る妙法寺》
15091330.jpg
《獅子王山妙法寺》 1960年に立宗開教された正法事門法華宗の総本山です。中門の天井や壁に描かれた絵画も立派、大本堂の朱塗りも目を惹きます。《訪問日2015年9月》
150913452.jpg1509136022.jpg
《寺カフェ 花の坊》 妙法寺の敷地内に「楽養の里」がオープンして、宿泊棟やカフェが点在しています。眺めの良いカフェでケーキセット(500円~)をいただきました。

妙法寺温泉 飛龍乃湯 佐賀県唐津市厳木町岩屋530-4
営業時間 土・日・祝日の13:00~19:00、入浴料金 500円
次記事では楽養の里(宿泊棟・寺カフェ)をご紹介いたします。
nice!(169) 
共通テーマ:旅行

蟹御殿 展望露天風呂 [佐賀の温泉]

15080202.jpg
佐賀県太良町の「太良嶽温泉ホテル 蟹御殿」へ出かけ、日帰りプランを利用して「竹崎蟹会席」を味わった後は、温泉を利用しました。ホテル最上階に造られた展望露天風呂は眺めがとても良いと聞いて、ぜひ入浴したいと思っていました。立ち寄り湯は受付ていなくて、宿泊または食事利用の場合に利用できます。《利用日2015年8月》
15080219.jpg15080224.jpg
浴場入口前のスペースにはチェアが置かれ、よく冷えた太良岳の天然水が用意されています。天然水で水分補給して、それでは展望風呂へ向かいましょう。浴場は男女ともこぢんまりとした造り、洗い場から階段を上がると、見晴らしのよい眺望が広がっています。
15080243.jpg
《男性用 展望露天風呂》 開放感たっぷりの展望露天風呂からは、有明海を見渡すことが出来ます。テレビや雑誌で見ると、広々とした風呂と思っていましたが、意外にも小さな造り。お湯に浸かると空や海との一体感を楽しめて、気持ちよく浸かれます。
15080228.jpg15080227.jpg
《左上:女性用の洗い場、右上:シャンプー類が豊富》 男性用はシャンプーが1種類だったそうですが、女性用はたくさん置かれていて、選ぶのが楽しいですよ。最近はシャンプーバーを備え付ける旅館を段々と見かけるようになり、好みで選べるのが嬉しいですね。
15080232.jpg
《女性用 展望露天風呂》 こちらも開放感たっぷりの眺望が楽しめます。お天気のよい日でしたので、対岸の雲仙も見えました。夕焼けや朝焼けの眺めもいいでしょうね。
15080214.jpg15080215.jpg
《売店》 佐賀のお土産品が置かれて、かにせん・有明海苔・かにっこクッキー・かにみそ・佐賀県白石産の玉ねぎを使った「たまねぎスープ」なども手軽な値段です。
15080216.jpg15080217.jpg

太良嶽温泉ホテル 蟹御殿 佐賀県藤津郡太良町大浦乙316-3
外来入浴のみは受付ていません。日帰りプラン 11:30~13:30(OS)
前記事では日帰りプランの竹崎蟹会席温泉施設「有明海の湯」をご紹介しています。
nice!(136) 
共通テーマ:旅行

蟹御殿 [佐賀の温泉]

15080202.jpg
佐賀県太良町は干潟が広がる有明海沿いに位置し、名物の竹崎カニや竹崎カキを味わえる旅館や食事処が点在しています。竹崎カニ料理を始め、佐賀の食材をふんだんに使った会席料理と展望露天風呂が人気のリゾート旅館「太良嶽温泉ホテル 蟹御殿」を訪れました。
15080211.jpg15080208.jpg
ロビーはモダンな雰囲気で、大きく採られた窓の向こうには有明海が広がっています。お天気がよい日はオープンデッキに置かれたチェアに座り、ゆったりと景色を眺めるのも良さそう。客室はリゾート感溢れるタイプが揃い、露天風呂付き客室も人気。《利用日2015年8月》
15080283.jpg15080284.jpg
《食事処》 今回は日帰りプランを利用して、昼食をいただきました。食事処は個室風に仕切られて、落ち着いた雰囲気。案内された海側の小上がり席は掘りごたつ式になっていて、足が楽でいいですね。それでは楽しみにしていた「竹崎蟹会席」をいただきましょう。
15080302.jpg
まずは小鉢2種・旬魚のお造り・茶碗蒸しが運ばれてきました。生クリームが入った自家製ピーナッツ豆腐は濃厚な味わい。海茸の手作り粕漬けは風味がよくて、家族がとくに気に入っていました。旬魚のお造りは、この日はカンパチ・サーモン・イカの三種盛り。
15080329.jpg
《茹で竹崎カニ》 赤く茹で上がった竹崎カニが登場!豊かな有明海で育った竹崎カニは旨みがぎゅっと詰まって美味。この日は小さいサイズなので2匹用意しましたと案内があり、オスとメスを味わいました。小ぶりなサイズですが、身が詰まって食べ応えがあります。
15080324.jpg150803322.jpg
《スタッフの方が蟹をさばいてくれます》 お箸だと食べにくいので、豪快に手づかみでいただきましょう。おしぼりの替えを用意してくれるので、手がカニまみれになっても安心ですよ。竹崎カニは一年中食べることが出来て、夏場はオス、冬場はメスが好まれるそう。
15080314.jpg15080312.jpg
《左上:かにしゅうまい(2人前)、右上:海老の塩焼き》 卓上で蒸して熱々の「かにしゅうまい」、からっと揚がったカレイの唐揚げ、ぷりぷりした海老の塩焼きも美味しい。
15080317.jpg15080321.jpg
《左上:かに鍋、右上:雑炊》 かに鍋はしめじ・白ネギ・椎茸なども入って出汁が優しい味わい。〆は雑炊をいただき、最後はデザートが運ばれてきました。今回いただいた竹崎蟹会席(6,000円コース)は品数が多く、竹崎カニを満喫できました。※料金は消費税別

太良嶽温泉ホテル 蟹御殿 佐賀県藤津郡太良町大浦乙316-3
日帰りプラン 11:30~13:30(OS)
旅行情報サイトたびねすに、「佐賀の名物グルメ5選」をご紹介しています。ご覧いただけると幸いです。

一度は行きたい!九州の厳選宿 2018―ようこそ、至福の空間へ (KAZI MOOK)

一度は行きたい!九州の厳選宿 2018―ようこそ、至福の空間へ (KAZI MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 舵社
  • 発売日: 2017/07/03
  • メディア: ムック



nice!(153) 
共通テーマ:グルメ・料理

蟹御殿 有明海の湯 [佐賀の温泉]

15080252.jpg
佐賀県太良町へ出かけ、温泉施設「蟹御殿 有明海の湯」へ。竹崎カニが名物のリゾート旅館「蟹御殿」の敷地内に建ち、大浴場・貸切風呂・広間の休憩室を完備しています。旅館から有明海の湯へ向かう途中の坂道には、冬季限定で牡蠣焼き「オレたちのカキ焼家」が営業。有明海沿いの国道207線沿いには牡蠣焼き小屋が建ち並び、冬の風物詩となっています。
15080262.jpg
大浴場は内湯と露天風呂があり、目の前には有明海が広がって開放感ある造り。内湯はジャグジー付きの浴槽・ミストサウナ・寝座り湯など。訪れた時間は入浴者が少なかったので、広々と浸かれました。泉質はアルカリ性冷鉱泉、源泉温度22.2℃
15080265.jpg15080272.jpg
《左上:男性浴場の寝座り湯、右上:女性浴場の寝座り湯》 
15080273.jpg
海そばに造られた露天岩風呂は開放感たっぷり。お天気がよい日は対岸の雲仙普賢岳も望めて、眺望が楽しめる露天風呂です。貸切風呂からの眺めも良さそうですよ。
15080276.jpg150802783.jpg
《左上:露天風呂からの眺め、右上:貸切風呂の一部》
15080261.jpg15080260.jpg
《左上:広間の休憩室、右上:ラムネソフト》 食事利用も出来てメニューは、うどん・蕎麦(各350円~)、カレーライス(500円)・たらふく丼(850円)・かに釜めし(950円)など。湯上りにラムネソフト(250円)をいただきながら涼みました。
15080257.jpg15080256.jpg
《左上:小城羊羹、右上:たまねぎせんべい》 お土産品コーナーもあり、手軽なお菓子が色々と並んでいます。佐賀県白石産の玉ねぎを使用したせんべいもオススメです。

蟹御殿 有明海の湯 佐賀県藤津郡太良町大浦乙316-3
営業時間 11:00~22:30、食事は11:00~20:30
入浴料 500円・貸切風呂 1,500円・2,000円

旅行情報サイトたびねすに、「佐賀の名物グルメ5選」を紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。

玉ねぎせんべい素焼袋入り

玉ねぎせんべい素焼袋入り

  • 出版社/メーカー: 鳴門千鳥本舗
  • メディア: 食品&飲料


nice!(162) 
共通テーマ:旅行

古湯温泉 鶴霊泉 [佐賀の温泉]

150725042.jpg
古湯温泉(ふるゆおんせん)は佐賀県の最北部に位置する佐賀市富士町にあり、十数軒の旅館が点在。その中で珍しい砂湯がある鶴霊泉(かくれいせん)を訪れました。食事の評判もよく、四季折々の食材を活かした会席料理を始め、佐賀牛しゃぶと石焼きプランも人気。
150725282.jpg
《プレミアムルーム》 2015年7月、館内のリニューアルが行われてモダンな客室が完成しました。琉球畳の間は和モダンな雰囲気、フローリングには寝心地のよいベッドが備わっています。プレミアムルームはそれぞれに趣の異なる黒・白・赤のタイプがあります。
12040988.jpg
《大浴場》 浴槽の周りや洗い場が畳敷きになっているので滑りにくく、直接腰を下ろしても痛くないのが嬉しいですね。2つの浴槽は奥が砂湯、手前は加温された浴槽になり、交互に浸かると新陳代謝アップに効果があるそう。飲泉はとても飲みやすい味です。
12040992.jpg12040985.jpg
岩盤から温泉が湧き出していて、その上に砂が敷き詰められています。砂の間からも湧き上がり、心地良いぬるめの温度は長湯できて気持ち良い。古湯温泉はぬる湯を楽しめる宿が多く、こちらの砂湯はとくにオススメです。泉質は単純泉、源泉温度37℃
150725142.jpg150725092.jpg
《食事処》 黒を基調とした落ち着いた雰囲気の食事処へ案内されました。大きく採られた窓の外には先々代の館主が長年をかけて造り上げた日本庭園が広がり、池には錦鯉が泳いでいます。四季折々の眺めが楽しめ、夜はライトアップされて幻想的なムードに。
150725162.jpg
今回は日帰りプランを利用して、リーズナブルなランチをいただきました。プレートに彩りよく盛り付けられた料理・鮎の塩焼き・冷や奴・ご飯・味噌汁付きで良いボリューム。料理は優しい味付けで、海老・野菜やひじきの煮物・玉子焼き・サラダなどが盛られています。
150725242.jpg150725252.jpg
《左上:鮎の塩焼き、右上:山芋とろろ》 身がふっくらと焼き上げられた鮎の塩焼き、山芋とろろも美味しくいただきました。《利用日2015年7月》
150725082.jpg150725102.jpg
《左上:庭園そばの足湯、右上:手作り石鹸》 ロビーにお土産品が置かれ、古湯温泉名物の白玉饅頭や温泉水を使ったオリジナル石鹸などもお土産に喜ばれそうですね。

鶴の恩返し よみがえりの宿 鶴霊泉 佐賀県佐賀市富士町古湯875
外来入浴時間 11:00~14:00、入浴料金 1000円・貸切風呂 2000円から
詳しい情報は施設の公式サイトをご覧ください。
nice!(186) 
共通テーマ:旅行

野田の元湯 [佐賀の温泉]

150614062.jpg
佐賀県唐津市にある「野田の元湯」へ温泉と食事に出かけました。浜玉町の山里に建ち、向かいには公共の温泉施設「野田の湯やすらぎ荘」が建っています。野田の元湯は2011年に閉館して残念に思っていたところ、常連の方が引き継がれて2013年に営業を再開されました。再開の際に貸切風呂の新設と休憩室の増設が行われ、食事メニューが増えました。
040911212.jpg150614212.jpg
《左上:浴場、右上:売店》 男女別の浴場はどちらも内湯のみでシンプルな造り。日曜日の昼間に訪れたところ、入浴客が次々と来られていました。お得に入浴できるフリーパス券や回数券があるので、リピーターの方も多いようです。泉質は単純泉、源泉温度23.5℃
150614172.jpg
《貸切風呂》 タイル張りの浴槽はゆったりと浸かれる広さ。洗い場に象の形をしたジョウロやアヒルのおもちゃが置かれていますので、お子さん連れにも良さそうですよ。貸切風呂の料金は1時間1500円。回数券(6回分)は1回分お得になり、7500円。
150614182.jpg15061431.jpg
《左上:アヒルたち、右上:休憩室》 湯上りに大広間の休憩室でゆっくり寛ぎました。食事利用も出来て、唐津沖で獲れた新鮮な魚や地元の野菜を使った定食が10種類以上、単品メニューも多く、どれもリーズナブルな値段でオススメです。
150614392.jpg
《刺身定食 530円》 刺身盛合せ・ご飯・味噌汁・小鉢・漬物付き。朝仕入れた魚を使った刺身は新鮮で美味しく、一緒に出かけた家族も満足していました。食事が安くて美味しいと聞いていましたが、評判通りにコスパの良い内容ですね。
150614362.jpg
《焼き魚定食 530円》 塩焼きまたは一夜干しがメインになり、訪れた日はカマスの塩焼きでした。身がふっくらとして美味しく、こちらも良いボリューム。メニューは他にも煮魚定食・とんかつ定食・唐揚げ定食(各530円)、カツカレーライス(630円)など。
150614242.jpg150614422.jpg
食後はどら焼き(左上)と天然水仕立てのアイスコーヒー(右上)をいただきました。手作りのどら焼き(100円)は控えめな甘さ、アイスコーヒーはまろやかな味です。
食事は11:00~20:00(OS)、食事のみ利用も出来ます。
150614102.jpg150614032.jpg
《左上:給水場、右上:向かいに建つやすらぎ荘》 玄関前の坂を少し上ると給水場(100円)があり、広い駐車場を完備しています。《利用日2015年6月》

野田の元湯 佐賀県唐津市浜玉町東山田2101-1
営業時間 8:30~21:00(最終受付20:00)、定休日 火曜日
入浴料金 420円(16:00~310円)、貸切風呂 1500円(1時間)




nice!(169) 
共通テーマ:旅行

玄海海上温泉 パレア [佐賀の温泉]

150509042.jpg
佐賀県の西北部、仮屋湾の一角に建つ温泉施設「玄海海上温泉 パレア」へ出かけました。レストラン棟(写真左側)は空中に浮かぶ建物、浴場やプール棟(写真右側)は大地から盛り上がった建物をデザイン。施設のほとんどがシーフロントになり、眺めの良いロケーション。
150509072.jpg150509112.jpg
館内はゆったりとした造り、湯上りラウンジ・シーデッキ・個室休憩室・展望ホールなどもあります。湯上りラウンジは食事利用も出来てメニューは、漬け海鮮丼(650円)・イクラ丼(750円)・ピザ(400円)・カレーライス(450円)などリーズナブル。
150509142.jpg150509162.jpg
《左上:プール、右上:展望ホール》 プールは温水プールになり、運動不足解消にも良さそうですね。水着やゴーグルのレンタルはないので、ご持参ください。利用料金は520円。
150509462.jpg
大浴場は内湯と露天風呂があり、ゆったりとした広さ。内湯にはジェット浴付きの浴槽・寝湯があり、塩素臭は少し感じました。サウナ・水風呂も完備しています。露天風呂から見える仮屋湾の眺めが良く、夕日の頃はとくに綺麗だそう。泉質は単純温泉、源泉温度46,7℃
150509502.jpg150509452.jpg
《左上:露天風呂、右上:サウナ・水風呂》
150509202.jpg150509313.jpg
《休憩プラン》 個室での食事と休憩(4時間)・温泉入浴が付いた休憩プランを利用しました。案内された「梅の間」は山側の和室(4.5畳)になり、落ち着いた雰囲気。食事はイカ御膳プランを予約して、季節の珍味・鮭サラダ・イカしゅうまい・鯛の合わせ味噌汁・茶碗蒸しなどが運ばれてきました。セイロで蒸してふわふわのイカしゅうまいも美味しい。
150509252.jpg
《イカ活き造り(2人前)》 楽しみにしていた烏賊活き造りが登場!透き通ったイカはコリコリの歯応えで美味。お造りの後、ゲソやエンペラ部分は天ぷらでいただきました。ぷりっぷりのイカ天ぷらも美味しく、また食べたくなります。休憩プラン(イカ御膳)は2名利用の場合、1名5900円、3名利用の場合は1名5160円。《利用日2015年5月》
150509362.jpg150509332.jpg
《左上:イカ天ぷら(2人前)、右上:イカしゅうまい》 レストラン紀水でも烏賊活き造り御膳が味わえて、3024円(2名~注文OK)。メニューは他にも鯛茶御膳(1296円)、海鮮丼・鯛三昧御膳(各1620円)、荒かぶ御膳(1944円)などがあります。

玄海海上温泉 パレア 佐賀県東松浦郡玄海町石田1369-3
営業時間 10:00~22:00
入浴料金 520円、家族風呂 1550円(別途入浴料必要)
詳しい情報は施設の公式サイトをご覧ください。
nice!(160) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 佐賀の温泉 ブログトップ