So-net無料ブログ作成
鹿児島の温泉 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

旅籠しび荘 [鹿児島の温泉]

141024812.jpg141024822.jpg
鹿児島県さつま町にある紫尾(しび)温泉は、旅館が数軒と大衆浴場「神の湯」が建っています。紫尾神社の境内から温泉が湧いていることから神の湯と呼ばれ、湯治場として長く親しまれてきました。2014年10月は四季の杜紫尾庵に宿泊して、今回は姉妹宿の「旅籠しび荘」に泊まりました。リーズナブルな宿泊料金で良質の温泉と料理が楽しめる宿です。
15102332.jpg
《白妙の間》 館内は昔ながらの温泉宿という雰囲気が漂っていますが、改装で造られた和洋室は和風モダンな雰囲気。6畳の和室とベッドルームがあり、洗浄便座付きのトイレも完備。和室に置かれたチェアに座り、部屋菓子とお茶をいただきながら寛ぎました。
15102333.jpg15102334.jpg
《左上:テーブルセット、右上:ベッドルーム》
141024972.jpg
《女性浴場》 ライオン型の湯口が付いた小判形浴槽は熱め、四角い浴槽はぬるめの温度。湯はツルヌルとして気持ち良く浸かれます。男性用も同じような造りになり、小判形浴槽と長細い浴槽が備わっています。朝風呂に行くと男性用の温度が低い浴槽は緑がかった灰色のにごり湯になっていたそう。女性用はいつもと同じでした。泉質は単純硫黄泉、44℃・50.3℃
15102354.jpg
《露天風呂》 川そばに造られた岩風呂を貸切で利用します。こちらの湯もツルヌルの肌さわりで気持ち良い。毎年5月中旬~6月上旬頃、川に蛍が飛び交うそう。露天風呂に浸かりながら蛍見物が出来ると素敵ですね。《再訪日2015年10月》

旅籠しび荘 鹿児島県薩摩郡さつま町紫尾2168 
外来入浴時間 8:00~21:00、入浴料金 300円
次記事では品数とボリュームたっぷりの夕食と朝食をご紹介いたします。
旅行情報サイトたびねすに宿を紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
nice!(139) 
共通テーマ:旅行

紫尾温泉 紫尾区大衆浴場 神の湯 [鹿児島の温泉]

151023782.jpg
鹿児島県さつま町、紫尾(しび)山の麓に位置する紫尾温泉は好きな温泉地で、鹿児島旅行へ出かけた際にはよく訪れています。開湯は1680年頃と伝わり、紫尾神社の境内から温泉が湧き出ていることから「神の湯」と呼ばれています。紫尾神社のすぐ横に小さな通りがあり、公衆浴場「神の湯」・特産品販売所「神の湯ふれあい館」・旅館が建っています。
15102386.jpg15102389.jpg
《あおし柿》 神の湯前では紫尾温泉名物の「あおし柿」用の浴槽が置かれ、柿が漬けられていました。渋柿を温泉につけて渋を抜くと甘くなり、あおし柿が完成。隣の「神の湯ふれあい館」で販売していますが、訪れた2015年は台風の影響で販売する量が足りなかったそう。次回訪れる時は購入できたら嬉しいなぁ。《訪問日2015年10月》
10101663.jpg
《浴場》 湯はツルヌルとして良い肌さわり、少し玉子臭が漂っています。ずい分前は3つに仕切られた浴槽でしたが、リニューアルで浴槽の形が変りました。
泉質はアルカリ性単純硫黄泉、源泉温度50.3℃
15102393.jpg141023882.jpg
《左上:足湯で休憩、右上:神の湯ふれあい館》 入口横に足湯(無料)があり、温泉受付で購入したアイス「白熊」をいただきながら涼みました。湯上がりにはアイスが美味しいですよね。神社へ向かう通路には温泉汲み場があり、寸志で持ち帰りが出来ます。
151023822.jpg151023832.jpg
ふれあい館にはお土産品や総菜が置かれて、鹿児島銘菓の「かるかん」・地元さつま町の「つるだせんべい」・つぼ漬を購入しました。小ミカン・胡麻・鷹の爪が使われた香辛料「ひらめき」はとくに気に入って、紫尾温泉を訪れる度に買っています。

紫尾区大衆浴場 鹿児島県薩摩郡さつま町紫尾2165
営業時間 5:00~21:30、入浴料金 200円
旅行情報サイトたびねすに紫尾温泉と宿を紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
nice!(137) 
共通テーマ:旅行

枕崎観光ホテル岩戸 [鹿児島の温泉]

151021462.jpg
鹿児島県枕崎市へ出かけて、海沿いに佇む「枕崎観光ホテル岩戸」に宿泊しました。JR枕崎駅から車で約5分の場所に建ち、枕崎観光の拠点として便利な立地。食事は郷土料理を中心にした献立になり、かつお料理や黒豚のしゃぶしゃぶなども味わえるようです。
151021482.jpg15102150.jpg
《左上:和洋室、右上:かつおせんべい》 客室は和室・洋室・和洋室があり、全室オーシャンビューの造り。部屋菓子として置かれている「かつおせんべい」は風味が良くて軽い食感。枕崎市はかつお漁が盛んで、加工品の鰹節は生産量日本一を誇ります。
151021512.jpg
《客室からの眺め》 東シナ海が目の前に広がり、火之神公園の立神岩が遠くに見えて、右手には市街地が広がっています。眺めの良い日は沖合に竹島・硫黄島・黒島が望めるそう。
151021622.jpg15102170.jpg
《黄金の湯》 大浴場にはシャンプー類は置かれていないため、宿泊者は浴場入口に用意されているシャンプー・ボディシャンプー(左上)を持って行きます。外来入浴客が多く、夕方からとくに混んでいましたが、朝の宿泊者専用時間(6:30~7:30)はゆっくり浸かれました。日帰りでは入浴付きランチ(1000円~)がお得なようです。
15102172.jpg
洋風と和風の浴場があり、日替りで男女入替え。浴槽は電気風呂付きのあつ湯・ジャグジー付きのぬる湯・水風呂・露天風呂があります。岩戸鉱泉の歴史は古く、約800年前に武将によって発見されたと伝わっています。泉質はラジウム放射能泉《利用日2015年10月》
15102175.jpg15102266.jpg
《左上:露天風呂、右上:火之神公園から見る立神岩》 露天風呂から立神岩(標高42メートル)も見えます。客室など施設の古さは少し気になりますが、観光の拠点として便利でした。枕崎では火之神公園・薩摩酒造明治蔵JR枕崎駅などを観光しました。

枕崎観光ホテル岩戸 鹿児島県枕崎市岩戸町58
外来入浴時間 7:30~9:00、15:00~22:00
入浴料金 390円
詳しい情報は施設の公式サイトをご覧ください。
nice!(138) 
共通テーマ:旅行

浜児ヶ水温泉 [鹿児島の温泉]

07101754.jpg
鹿児島県指宿市へ出かけ、山川地区にある公衆浴場を訪れました。浜児ヶ水(はまちょがみず)温泉はJR山川駅から車で約15分、のどかな集落に建っています。すぐ近くの海岸から温泉が湧いていて、昔から砂を利用した砂蒸し温泉として利用されてきたそう。
07101759.jpg
温泉は建物も浴場も素朴な雰囲気が漂っています。浴場はゆったりとした造り、2つに仕切られた浴槽に熱めの温泉が掛け流し。営業開始時間に訪れて1番風呂を楽しみました。
泉質はナトリウム・カルシウムー塩化物泉、源泉温度53℃
07101766.jpg07101764.jpg
《女性用 浴場》 男性用と同じようにシンプルな造り。
07101770.jpg
《浜児ヶ水海岸》 温泉が湧いていて、寒い時期は湯気が見えます。現在でも手掘りの露天風呂を楽しむ温泉マニアが訪れているようですよ。《再訪日2015年10月》

浜児ヶ水区営温泉 鹿児島県指宿市山川浜児ヶ水178
営業時間 14:30~19:30(6~8月は15:00~20:00)
定休日 第2・第4木曜日、入浴料金 100円
nice!(145) 
共通テーマ:旅行

山川砂むし温泉 砂湯里 [鹿児島の温泉]

15102020.jpg
鹿児島県指宿市へ出かけて、ヘルシーランド露天風呂 たまて箱温泉へ寄った後は隣にある「山川砂むし温泉」へ。駐車場横から海沿いに続く遊歩道を少し進み、階段を下ると到着します。開聞岳や大隅半島を望む伏目海岸は、干潮時に海岸の砂浜から温泉の蒸気が上がる風景が見られます。温泉の地熱を利用して古くから天然の砂むし場として活用されてきました。
15102023.jpg15102016.jpg
浴衣に着替えて砂の上に横たわると、体の上にすっぽりと砂がかけられます。段々と汗が流れ出て、デトックス効果により美肌作用も期待できそう。砂むし時間は約10分~15分が適度ですが無理をされませんように。泉質はナトリウムー塩化物泉、源泉温度102℃
15102014.jpg
《山川製塩工場跡》 遊歩道の途中で塩田跡を見つけました。伏目温泉を利用した製塩事業が昭和19年(1944年)から本格的に始まり、泉源掘削と製造工場建設が行われました。現在では建物は残念ながら残っていませんが、塩田跡を見学することが出来ます。今でも勢いよく噴出している温泉の蒸気は迫力を感じました。《訪問日2015年10月》

山川砂むし温泉 砂湯里(さゆり) 鹿児島県指宿市山川福元3339-3
営業時間 9:00~17:00(7月~9月は18:30まで)
入浴料金 浴衣込み820円、たまて箱温泉セット 1130円
nice!(151) 
共通テーマ:旅行

ヘルシーランド露天風呂 たまて箱温泉 [鹿児島の温泉]

15102009.jpg07101777.jpg
鹿児島県指宿市へ出かけて、ヘルシーランド露天風呂へ向かいました。JR山川駅から車で約10分、伏目海岸沿いに建ち眺めの良い立地。玄関前には浦島太郎と竜宮城の乙姫様の顔出しパネルが置かれていますので、旅の記念に撮影されてはいかがでしょう。
071017842.jpg
《和風露天風呂》 露天風呂は薩摩富士と呼ばれる開聞岳が見える「和風露天風呂」と、奇岩がそびえる竹山が見える「洋風露天風呂」があり、とくに和風露天風呂が人気。浴槽に浸かると、露天風呂と海が一体になった感じになり、海に浮かんでいるような気分に。和風露天風呂は偶数日が男性用、奇数日が女性用です。泉質はナトリウムー塩化物泉、源泉温度100℃
071017822.jpg
トリップアドバイザーの「行ってよかった!日帰り温泉&スパ」で2014年、2015年の連続2年、全国1位に輝きました。開放感抜群、雄大な景色を眺めながら浸かる露天風呂は人気ですね。ここから徒歩約3分の場所に「山川砂むし温泉 砂湯里」があります。
《訪問日2015年10月》

ヘルシーランド露天風呂 たまて箱温泉 鹿児島県指宿市山川福元3292
営業時間 9:30~19:30(最終受付19:00)
定休日 木曜日(祝日の場合は翌日)
入浴料金 510円、山川砂むし温泉とのセットは1130円
nice!(162) 
共通テーマ:旅行

休暇村指宿 食事編 [鹿児島の温泉]

151018332.jpg151019062.jpg
鹿児島県・指宿温泉の「休暇村指宿」に宿泊して食事は夕食・朝食ともメインダイニングを利用しました。テーブル席が並び、個室風に仕切られたテーブル席もあります。
151018692.jpg
《ハーフバイキング》 食事は鹿児島の幸が楽しめる料理が揃い、ハーフバイキング付きのプランが人気。様々な料理が盛り付けられた小皿料理は、少しずつ楽しめていいですね。きびなご南蛮漬け・湯葉くらげ・蛸わさ・山芋たまり漬けなどをいただきました。
151018722.jpg151018742.jpg
《左上:セイロ砂蒸し料理、右上:鹿児島黒カレー》 野菜がふんだんに使われたセイロ蒸し、あんかけ茶碗蒸しも美味しい。じゃがいもがゴロッと入った鹿児島黒カレーはピリ辛味。休暇村指宿オリジナルカレーになり、焦がし味噌がアクセントです。
151018642.jpg151018652.jpg
《伊勢海老お造りプラン》 今回は伊勢海老お造りとハーフバイキングを利用しました。お造りには伊勢海老・きびなご・秋太郎が盛られ、添えられた3種類の醤油を好みで利用します。お造りの後は伊勢海老の味噌汁が出て、こちらも美味しく味わいました。
151018822.jpg151018832.jpg
《勝手に白熊コーナー》 食後のデザートはケーキやフルーツもありますが、一押しは自分で作るかき氷の白熊です。かき氷に好みのフルーツやゼリー、練乳などをトッピング。私は上手く出来ませんでしたが、皆さん上手に作られて可愛い白熊が完成していました。
151019242.jpg
《朝食ビュッフェ》 夕食のハーフバイキングも良かったですが、朝食も内容が充実しています。旬の野菜の炙り・焼き魚・さつま揚げ・日替りのフルーツ・フレッシュスムージー・パンケーキ・フレンチトースト・サラダなどが並び、紅茶の種類もたくさん。
151019162.jpg15101920.jpg
《左上:マイお茶漬けコーナー、右上:さつま揚げ》 お茶漬けの具は鮭・明太子・酒盗・黒豚味噌などが用意されていますので、数種類トッピングしました。ピリッとした茎わさびも美味しいですよ。黄身がこんもりとした「かつお節卵」は、たまごかけご飯にどうぞ。
151019172.jpg151019252.jpg
フルーツはドラゴンフルーツ・ライチ・パイン・オレンジなど。野菜たっぷりのサラダ・ロールケーキ・パンケーキもいただきました。《利用日2015年10月》

休暇村指宿 鹿児島県指宿市東方10445
旅行情報サイトたびねすに、「休暇村指宿」を紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。

地サイダー 指宿温泉サイダー 330ml×24本

地サイダー 指宿温泉サイダー 330ml×24本

  • 出版社/メーカー: 友桝飲料
  • メディア: 食品&飲料



nice!(157) 
共通テーマ:旅行

休暇村指宿 [鹿児島の温泉]

151018332.jpg
鹿児島旅行2泊目は指宿温泉の「休暇村指宿」を利用しました。錦江湾のそばに建ち、眺めの良いロケーション。2013年にリニューアルが行われ、ロビー横に雰囲気の良い太陽のテラス・掛け流しの足湯・夜空を眺める月のテラスなども出来て、リゾート感漂う館内です。
151018392.jpg151018582.jpg
《左上:開放感のあるロビー、右上:和室》 海側の客室と魚見岳側の客室があり、利用した和室は窓の向こうに海が見えて良い眺め。部屋の鍵が2つ用意されている点はとても便利で、冷水ポットのサービスも嬉しい。《利用日2015年10月》
151018352.jpg151018372.jpg
《左上:選べる色浴衣、右上:アロハ柄のバッグ》 女性用のサービスとして色浴衣の無料レンタルがあり、デザインがたくさん揃っているのでどれにしようかと目移りします。アロハ柄のトートバックも無料レンタルなので利用して、館内の持ち歩きに使用しました。
151018552.jpg
《太陽のテラス》 ロビー横のテラスには足湯があり、温泉に浸かりながら喫茶が楽しめます。カフェラテを注文して、景色を眺めながら寛ぎました。芝生にハンモックが置かれ、利用されている方も。翌朝は早起きをして朝日を見に行くと、数人の方が眺めてありました。
151018992.jpg151019022.jpg
《朝日を眺めました》
151018882.jpg
《大浴場》 内湯の洗い場は畳敷きになっています。滑りにくく、直接腰をおろしても痛くないのがいいですね。湯は少し緑がかったにごり湯、よく温まる泉質で湯上がりはポカポカの温かさが続きます。泉質はナトリウムー塩化物泉、源泉温度47.2℃
151018842.jpg151018952.jpg
《左上:露天風呂、右上:休憩コーナー》 指宿温泉は砂蒸し温泉が有名でこちらの宿にもありますので、ぜひどうぞ。湯上がりには休憩コーナーのマッサージ機を利用しました。
151018452.jpg151018462.jpg
《売店》 指宿を始め鹿児島のお土産が種類豊富に揃い、安納いもを使用した「おさつほっこり」・さつまの焼きドーナツ・芋あん入りのお菓子「黒豚のまんま」もオススメ。おやつにアイスの白くま・指宿マンゴーステック・マンゴープリンを購入しました。

休暇村指宿(きゅうかむら いぶすき) 鹿児島県指宿市東方10445
外来入浴時間 11:00~20:00、入浴料金 510円・砂むし温泉1080円
旅行情報サイトたびねすに、「休暇村指宿」を紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。
nice!(175) 
共通テーマ:旅行

村之湯温泉 [鹿児島の温泉]

051231022.jpg
鹿児島県の指宿温泉は公衆浴場も点在していて、温泉ツウ向けの鄙びた温泉と言えば、村之湯温泉は外せないでしょう。今回の指宿滞在では入浴していませんが、以前の写真で少しご紹介いたします。村之湯温泉は今から約150年前の江戸時代、1863年に田んぼの中から温泉が湧出し、それを利用して創業。昔は湯治宿だったそうですが、現在は公衆浴場として営業しています。民家の敷地内に建ち、緑色の屋根が湯小屋になります。
051231072.jpg
脱衣所と浴場の仕切りがない一体型になり素朴な造り。温泉成分で染まった床がこげ茶色になっている点も良い味わい。石造りの浴槽の底には板が敷かれて、足下から湯が湧いてきます。浴槽は2つとも熱め、手前の方が熱く感じました。歴史を感じる温泉に浸かり、指宿観光を楽しまれるのもオススメです。泉質は含放射能ー硫黄泉・含鉄泉、源泉温度75℃
051231062.jpg

村之湯温泉 鹿児島県指宿市大牟礼3-6-12
営業時間 7:00~22:00、定休日 毎月20日
入浴料金 300円
nice!(135) 
共通テーマ:旅行

弥次ケ湯温泉 [鹿児島の温泉]

15101802.jpg
鹿児島県の指宿温泉は錦江湾の海辺に広がり、古くから温泉が豊富で湯豊宿(ゆぶしゅく)と呼ばれていました。温泉街には旅館やホテルが建ち並び、南国リゾート地の雰囲気が漂っています。昔ながらの公衆浴場も点在して、村之湯温泉・弥次ケ湯温泉・殿様湯など鄙びた温泉があります。その中から今回は弥次ケ湯(やじがゆ)温泉を訪れました。
15101824.jpg15101826.jpg
レトロ感たっぷりの外観と同じように、建物内もレトロ感が漂っています。1895年創業、薩摩藩の温泉を譲り受けて以来、湯治場として長く親しまれてきました。2つの源泉を使用していて大黒湯と弥次ケ湯、2つの浴場が男女別にあります。
15101827.jpg
《大黒湯》 脱衣場や浴場はゆったりと広め、浴槽には緑がかった湯が満ちています。熱めの温度ですが、加水で温度調整出来るようになっています。先に入浴された方が加水されていた様子で、適温になっていてゆっくり浸かれました。《利用日2015年10月》 
15101820.jpg
《弥次ケ湯》 こちらは加水なしで熱めの湯。毎日入りに来られると言う地元の方は熱めの湯が好みだそう。気合いを入れて浸かり、湯上がりはポカポカの温かさが続きました。久しぶりに訪れましたが相変わらず良い温泉です。泉質はナトリウムー塩化物泉、源泉温度45℃

弥次ケ湯(やじがゆ)温泉 鹿児島県指宿市十町1068
営業時間 7:00~21:00、定休日 第2・第4木曜日(変更の場合あり)
入浴料金 300円
nice!(147) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | 次の10件 鹿児島の温泉 ブログトップ