So-net無料ブログ作成
検索選択

蔵出しめんたい本舗 弥生が丘店 [佐賀の観光]

150926012.jpg
佐賀県鳥栖市へ出かけ、JR弥生が丘から鳥栖プレミアムアウトレットへ向かう途中にある明太子直売店「蔵出しめんたい本舗」へ。斜め向かいにはコメダ珈琲店があります。蔵出しめんたい本舗は1985年創業、辛いだけでなく卵の旨みを感じられる明太子を食べて欲しいという想いから、一粒一粒を大切に製造されています。《利用日2015年9月》
150926062.jpg150926142.jpg
店内には「蔵出しめんたい」を始め、自慢の明太子商品が並び、雑貨や器なども置かれています。蔵出しめんたいは柚子味・昆布味などがあり、いかめんたい・数の子めんたい・手羽めんたいも美味しそう。贈り物にも喜ばれそうな詰合せも色々と揃っています。
150926172.jpg150926112.jpg
《左上:試食の明太子、右上:蔵出し鮭めんたい》 柚子味や昆布味を試食しましたが、粒がプチプチとして風味が良くて美味しい。万能にんにくみそもご飯のお供にオススメ。 
150926182.jpg150926082.jpg
《左上:万能にんにくみそ、右上:蔵のだし》
150926212.jpg
《食事処》 古民家を移築改装した建物は落ち着いた雰囲気。ランチメニューは、鮭めんたい膳・ミニいくら膳(各760円)、蔵出しめんたいお茶漬膳(800円)、明太パスタ(880円)など。明太子を使ったメニューが多くて数量限定がほとんどです。
150926402.jpg
《蔵 650円》 辛子明太子1本・サラダ・小鉢・ご飯・吸物・ふりかけなどが付いてリーズナブルな料金。辛子明太子は粒が輝いてプチプチの食感、辛さもほど良く、ご飯がパクパク進みます。ご飯の大盛りは100円、おかわりは150円。
150926412.jpg150926442.jpg
《左上:こだわりの辛子明太子、右上:そうめん入りの吸物》
150926462.jpg
《ふわとろ卵のめんたいオムライス 880円》 家族は、めんたいオムライス・サラダ・スープがワンプレートに盛られたこちらを注文。明太子ソースがかかったオムライスはふわとろ。中は白ご飯と思ったら、明太子が混ぜ合わされたご飯で、これも美味しい。
150926492.jpg150926362.jpg
《左上:明太子入りのご飯、右上:クリーム白玉(メニュー写真より)》 喫茶メニューは10:30から注文できて、自家製ケーセット(800円)・クリーム白玉(450円)など。明太子料理は良かったので、近くへ行く際にはまた寄りたいと思います。

蔵出しめんたい本舗 弥生が丘店 佐賀県鳥栖市弥生が丘5-1-1
営業時間 10:00~19:00、ランチ11:30~14:00
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。
nice!(153)  コメント(38) 
共通テーマ:グルメ・料理

富豚 [佐賀の観光]

150913012.jpg
佐賀県神埼市方面へ出かけて、ランチ巡りBOOK久留米・鳥栖の掲載店から、本格佐賀らーめん 富豚(ふうとん)へ。場所は県道31号線沿い、ダイレックス日の隈店の敷地内になります。ランチ本の紹介によると、佐賀ラーメンでは珍しい深いコク、まろやかな豚骨100パーセントのクリーミーなスープを提供しているそう。《利用日2015年9月》
150913072.jpg150913082.jpg
《左上:小上がり席、右上:総菜コーナー》 カウンター席・テーブル席・小上がり席があり、テーブル席へ座りました。総菜コーナーがあり、辛子高菜・もやしのナムル・冷奴がサービスで用意されています。メニューは、らーめん(550円)・富豚らーめん(780円)・味噌とんこつらーめん(700円)、炒飯セット・餃子セット(760円~)など。
150913122.jpg
《旨らーめん(570円)・煮玉子(130円)》 炭火で炙られた焼豚は香ばしく、煮玉子は黄身が色鮮やか。スープは少しこってりとした感じがあり、中細のストレート麺が使われています。麺はかたさが選べて、スープは塩分控えめにも出来るそうなのでご注文の時にどうぞ。総菜コーナーから取ってきた、もやしのナムルと冷奴も美味しくいただきました。
150913152.jpg150913042.jpg
《左上:替玉(130円)、右上:激辛らーめんもあります》

本格佐賀らーめん 富豚(ふうとん) 佐賀県神埼市城原1256-1
営業時間 11:00~21:00(LO20:30)
定休日 第2木曜日(15:00~休み)
nice!(138) 
共通テーマ:グルメ・料理

嬉野温泉名物温泉湯豆腐 佐嘉平川屋 [佐賀の観光]

150313032.jpg150313212.jpg
佐賀県・嬉野温泉へ出かけて、温泉豆腐を買いに佐嘉平川屋へ再訪しました。趣ある店内には豆腐製品がたくさん並び、贈り物にも喜ばれる豆腐セットが揃っています。
15092228.jpg
今回は温泉とうふと調理水を買って帰り、自宅で温泉湯どうふを作りました。嬉野温泉の名物「温泉湯どうふ」は、煮込むほどに豆腐がとろけて美味しく、しかもヘルシーです。豚肉を入れて、豆乳しゃぶしゃぶのように味わいました。《再訪日2015年9月》
150313222.jpg15092229.jpg
《左上:食事コーナー、右上:テラス席》 食事コーナーでは温泉湯豆腐が楽しめますが、訪れた日は連休中とあって、入店待ちの順番待ちが長時間に。食事は向かう途中で済ませてきたので、豆腐のスイーツをテラス席でいただきました。
15092236.jpg
《佐嘉平川屋パフェ 520円》 温泉白玉・豆乳ソフトが盛られて、中にはもっちりぷるるんとした呉どうふが入っています。嬉野温泉散策中のおやつにパフェもオススメです。

佐嘉平川屋(さがひらかわや)嬉野店 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙1463
営業時間 9:00~18:00(OS17:00)
旅行情報サイト「たびねす」に佐嘉平川屋を紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。
nice!(134) 
共通テーマ:グルメ・料理

有田焼カレー [佐賀の観光]

150803612.jpg
佐賀県有田町は、たくさんの窯元やギャラリーが点在して焼き物ファンに人気。有田焼の伝統技法を継承しながら、現代のライフスタイルに合わせたデザインの器も次々と誕生しています。窯元やショップを巡ってお気に入りの器をゲットした後は、有田焼を使ったご当地グルメがオススメです。JR有田駅から車で約5分、「創ギャラリーおおた」を訪れました。
150803772.jpg
店内には有田焼の作品が色々と並び、料理を注文して待つ間に鑑賞しました。こちらの名物料理「有田焼カレー」と、有田焼の窯元や陶芸作家たちがコラボした器「佐賀有田窯元10選」も話題になっています。《利用日2015年8月》
150803812.jpg150803822.jpg
《左上:福泉窯(有田焼カレーの器)、右上:お祭りねこ》
150804072.jpg
《有田焼カレー》 28種類のスパイスを使用して、じっくり煮込んだカレーにチーズをのせて、香ばしく焼き上げた「有田焼カレー」は駅弁としても販売。ご存知の方があるかもしれませんが、「九州の駅弁グランプリ」で優勝したことがある人気駅弁です。注文した有田焼カレーコース(2570円)は、サラダ・デザートプレート・コーヒー・持ち帰りの器付き。
150804092.jpg150804042.jpg
《左上:ビーフをチョイス、右上:持ち帰りの器》 カレーはビーフ・チキン・シーフードの3種類から選べ、ビーフにしたところステーキのような感じでボリュームがあります。辛さも選べて、中辛はピリッとくる辛さ。持ち帰りの器は旅行のお土産にもいいですね。
150804162.jpg
《デザートプレート》 コースに付くデザートプレートは期待した以上に豪華な感じで、数種類が盛られています。自家製「幸せのチーズケーキ」は、ふわっとした口当たり。料理に使われている食器も全て有田焼ですので、器も楽しみながら食事が出来ました。
150804242.jpg
《有田焼シチュー》 毎朝焼き上げる米粉パンとサラダが付いた有田焼シチュー(1540円)も人気。野菜がたくさん入り、ほくほくのジャガ芋も美味しい。メニューは他にも、シーフードグランタン(1650円)・自家製ケーキセット(870円)・コース各種など。

創ギャラリーおおた 佐賀県西松浦郡有田町南原甲444
営業時間 11:00~18:00(OS17:00)
旅行情報サイトたびねすに、「佐賀の名物グルメ5選」を紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。
nice!(164) 
共通テーマ:旅行

ひろや製パン所 [佐賀の観光]

150922372.jpg
佐賀県みやき町へ出かけ、「ランチ巡りBOOK 久留米・鳥栖」に掲載の「ひろや製パン所」へ向かいました。国道34号線、みやき町白石信号から大島病院方面へ入ってしばらく進むと、のどかな田園風景が広がる中に建っています。私はランチ本で知り初めて訪れましたが、次々と買いに来られていて、人気のパン屋さんのようです。《利用日2015年9月》
150919172.jpg
雰囲気の良い店内には、毎日手作りされるパンが所狭しと並んでいます。塩パン(90円)、天使のクリームパン・メロンパン(各138円)、めんたいフランス(198円)も美味しそう。一番人気商品を尋ねると、ひろやのあんぱん(138円)だそう。
150919192.jpg
《天然酵母パン》 レーズン種を使用した天然酵母パンは、かみ応えのあるハード系。山ぶどうのパン・くるみのパン・フィグとクルミなど5種類が並び、ランチ巡りの提示で3個500円で購入できてお得です。購入後、店の前に用意されたテーブル席でいただきました。
150919202.jpg150919162.jpg
《左上:珈琲サービス、右上:ひろやガーデン》
150919212.jpg
クランベリーチーズ(228円・手前)は、クランベリーと、ごろっとしたクリームチーズ入り。カレンズショコラ(228円・奥)は山ぶどう・クランベリー・オレンジピール・チョコレートが入って、これも美味しい。コーヒーとパンで良いおやつタイムになりました。
天然酵母パンは12時頃までには全部の種類が焼き上がるそうです。
150919252.jpg150922392.jpg
《左上:くるみのパン、右上:メープルフレンチ・塩パン》 くるみのパン(298円)はオーガニックのくるみをローストして風味良く仕上がっています。メープルフレンチ(138円)は甘さがちょうど良く、塩パン(90円)はもっちりとしています。

ひろや製パン所 佐賀県三養基郡みやき町白壁4402-1
営業時間 10:00~19:00(売切れ次第閉店)
定休日 毎週水曜日と第2・第4週の火曜日
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。
nice!(144) 
共通テーマ:グルメ・料理

太良町の海中鳥居 [佐賀の観光]

15080355.jpg
佐賀県太良町へ出かけた際に観光マップで海中鳥居があると知り、見に行きました。国道207号線から少し入った海岸に、大魚神社の海中鳥居が3基建立されています。鳥居にまつわる伝説が残り、海の安全と豊漁祈願が行われています。《訪問日2015年9月》
15090505.jpg
《潮が満ちてきました》 太良町は「月の引力が見える町」としても有名で、海の干満差が最大で6メートルにもなります。海に浸かった鳥居は幻想的な雰囲気がありました。
150905042.jpg15090507.jpg

《多良漁港の海中道路》
15080352.jpg
海中鳥居そばには有明海の沖に向かって伸びている道路があります。漁業の方たちのために造られた道路になり、太良町には3ヶ所あるそう。海中道路といえば、熊本県宇土市の長部田海床路(ながべたかいしょうろ)が有名ですが、佐賀県にもあるとは知りませんでした。
15090511.jpg
《満潮時》 沖に少し進むと道路に波が次々と押し寄せてきて、危ないので引き返しました。お出かけになる場合は、くれぐれもご注意ください。

大魚神社の海中鳥居・多良漁港の海中道路 佐賀県藤津郡太良町
旅行情報サイトたびねすに、「佐賀の名物グルメ5選」を紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。
nice!(137) 
共通テーマ:旅行

竹崎城址展望台公園 [佐賀の観光]

15080341.jpg
佐賀県太良町へ出かけ、JR肥前大浦駅から車で約10分の「竹崎城址展望台公園」を訪れました。竹崎城は今から約600年前の南北朝時代に、島原の有馬氏によって築城。その後、島原の乱以降に取り壊されたと伝わっています。かつて竹崎観世音寺の拝み堂であったと伝わる場所に竹崎城を再現した展望台が建てられ、公園として整備されています。
15080342.jpg15080343.jpg
展望台は3階建てになり、1階は漁具資料館、2・3階が展望所になっています。展望所に向かう前に、漁具資料館を見学しました。《利用日2015年8月》
15080345.jpg15080344.jpg
「月の引力が見える町」をキャッチフレーズにしている太良町は、「もぐり」という潜水漁の発祥の地。潜水漁に使われるヘルメット式潜水服・漁具・写真などの資料が展示されています。昔はタイラギ(大形の2枚貝)をとる、タイラギ漁がとても盛んだったそう。
150803462.jpg
《展望所からの眺め》 有明海を見渡す360度のパノラマが広がり、雲仙や遠くは阿蘇の山々まで一望できる眺めの良さ。近くには太良名物の「竹崎カニ」を食べられる食事処や旅館が点在していますので、観光とご当地グルメを楽しまれてください。
150803482.jpg
《たら竹崎温泉方面を望む》
12012176.jpg15080333.jpg
《左上:つきみん・ガネッタ、右上:竹崎カニ》 太良町のキャラクター「つきみん」は町のシンボルマークをモチーフにみかんの花冠を飾っています。ガネッタは名物の「竹崎カニ」がモチーフ。竹崎カニを紹介した記事もあります。[soon] 蟹御殿をご覧ください。

竹崎城址展望台公園 佐賀県藤津郡太良町大浦甲
太良町の観光情報は太良町観光協会の公式サイトをご覧ください。
nice!(132) 
共通テーマ:旅行

妙法寺 楽養の里 [佐賀の観光]

15091330.jpg150913352.jpg
佐賀県唐津市厳木町にある「獅子王山妙法寺」に2015年9月、楽養の里がオープン!
20年以上前から妙法寺裏山の整備が行われ、約4ヘクタールの広大な敷地に楽養の里が造られました。宿泊施設・カフェ・写経や瞑想が体験できる研修施設などが点在。境内を通って歩いても行けますが、車の場合は看板を目印に裏山へ続く細い道を進んで行きます。
150913392.jpg
《宿坊 月の坊》 緑豊かな敷地に建つ宿坊は一般の宿泊も出来て1名4,800円(素泊まり)、1棟利用の場合は19,000円。宿泊者専用の温泉浴場も完備していて、飛龍乃湯の源泉が引かれているそう。ツルヌルの温泉が楽しめていいでしょうね。
150913432.jpg
《寺カフェ 花の坊》 高台に建つ眺めの良いカフェを利用しました。店内は天井が高く、ゆったりとした造り。カウンター席やテーブル席が並び、囲炉裏付きの板張り座敷もあります。カフェが休みの日は休憩所として開放されているそうです。《利用日2015年9月》
150913526.jpg150913582.jpg
《左上:ゆったりとした店内、右上:窓の向こうは緑豊かな景色が広がる》
150913642.jpg
《彩り野菜のビーフカレー》 ランチメニューは彩り野菜のビーフカレー(800円)と、温泉湯どうふ定食(1000円・2日前までに要予約)があります。カレーはスパイスが効いて少しピリ辛のルーに柔らかい和牛がゴロッと入り、素揚げの野菜が良い彩り。
1509136022.jpg150913532.jpg
《左上:ケーキセット、右上:クッキーもオススメ》 ケーキは数種類あり、カプチーノチーズケーキとアイスコーヒーのセット(550円)をいただきました。

楽養の里 佐賀県唐津市厳木町岩屋530-4
寺カフェ 花の坊 営業時間 10:30~16:00、ランチ11:00~14:00
定休日 月・木曜日(祝祭日は営業)
前記事では妙法寺温泉 飛龍乃湯をご紹介しています。
nice!(151) 
共通テーマ:旅行

佐賀のご当地グルメ [佐賀の観光]

100523612.jpg
佐賀県は有明の豊かな海から獲れる海の幸、農作物が盛り沢山!その食材を使った魅力的なご当地グルメがたくさん点在していて、呼子の「イカ活き造り」も人気グルメの1つです。透き通ったイカはコリコリして、また食べたくなる美味しさですよ。《2015年8月》
150803722.jpg150808462.jpg
《左上:有田焼カレー、右上:シシリアンライス》 九州の駅弁グランプリで優勝した「有田焼カレー」や、店ごとのアレンジが楽しい「シシリアンライス」もオススメです。
旅行情報サイトたびねすに、「佐賀の名物グルメ5選」を紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。
nice!(183) 
共通テーマ:グルメ・料理

佐賀城本丸歴史館 [佐賀の観光]

15080850.jpg
佐賀市へ出かけ、さがレトロ館でランチをいただいた後は、道を挟んだ向かいにある「佐賀城本丸歴史館」を訪れました。「佐賀城鯱の門および続櫓」は国の重要文化財に指定され、屋根の両端に青銅製の鯱がのっています。佐賀城本丸歴史館は、第10代佐賀藩主の鍋島直正公が天保9年(1838年)に再建した佐賀城本丸御殿の一部を復元した建物です。
15080851.jpg15080855.jpg
《左上:高さ約1.7メートルの鯱、右上:アームストロング砲の模型》 敷地面積3.5ヘクタール、床面積2,500平方メートルもあり、木造復元建築としては日本最大級。建物周囲には天守台・城堀などが残っています。《訪問日2015年8月》
15080857.jpg
《御座間》 館内は一部しか撮影していませんが、45メートルも続く畳敷きの廊下・320畳の大広間・太い杉の梁など、とても立派な造り。一番奥の御座間(ござのま)は当時は藩主の居室で、「鯱の門」とともに現存する天保期の建物になります。
15080859.jpg
《佐賀の偉人たち》 日本の近代化に貢献した「幕末・維新期の佐賀」をテーマに貴重な史料を展示し、佐賀の偉人も分かりやすく紹介されています。今回はボランティアガイドの方に館内を約60分間案内していただき、現代に蘇った歴史空間を体感できました。
15080858.jpg150808482.jpg
2015年7月10日~9月23日までは、企画展「海外雄飛~閑隻と三重津海軍所」を開催。見学後、通りに出ると「祝!世界遺産登録」と書かれた市営バスが走っていました。

佐賀城本丸歴史館 佐賀市城内2-18-1
開館時間 9:30~18:00、入館料 満足度や気持ちに応じた寄付、駐車場 無料
nice!(145) 
共通テーマ:旅行