So-net無料ブログ作成

魚亭菊や 大和店 [佐賀の観光]

160827012.jpg
佐賀市大和町方面へ出かけた際に、「魚亭菊や」へ寄りました。場所は県道48号線バイパス沿い、立石北信号そばになります。昼食時間に店舗前を時々通過していましたが、いつも駐車場が満車でしたので、地元の人気店なのかなと気になっていました。土曜日の13時頃に到着したところ、やはりお客さんが多くて賑わっています。《利用日2016年8月》
160827042.jpg160827032.jpg
《カウンター席、テーブル席》 店内は思ったより広くて寛げる雰囲気。カウンター席は掘りごたつ式になっていて足が楽でいいですね。メニューは寿司や天ぷらが付いた定食や会席料理、単品も種類豊富に揃っています。上寿司定食や国産牛ステーキ定食なども美味しそう。
160827122.jpg
《日替り定食》 ランチメニューから家族は日替り定食(900円・土日祝は1167円)を注文。訪れた日はカレイの煮付け・4種盛の刺身・茶碗蒸し・小鉢(ひじきの煮物)・デザートなどが付いていました。カレイの煮付けは味付けが良く、刺身や茶碗蒸しも美味しい。ご飯は無料で大盛りに変更できるので、大盛りをお願いしました。※消費税別 
160827152.jpg
《並寿司ランチ》 私が注文した並寿司ランチ(1050円・土日祝は1240円)は、寿司・天ぷら・サラダ・茶碗蒸し・デザートなどが付いています。天ぷらは海老がふわっと揚がって、野菜の天ぷらも美味しい。デザートはぶどうゼリーにパインをトッピング。
160827182.jpg
《並寿司ランチの握り寿司・巻き寿司・いなり寿司》 ランチメニューは他にも、天ざる定食・鯛のあら煮定食・寿司ランチ・国産牛ステーキランチなどがあります。
160827202.jpg160827072.jpg
《海鮮丼(1000円)、菊や御膳(2000円)》 海鮮丼は平日ランチ時のみ提供で5食限定!菊や御膳も品数が多くて良さそうですよ。店舗は他に、菊前寿司本店(小城市牛津町)・魚亭菊や川副店(佐賀市川副町)があります。

魚亭菊や 大和店 佐賀県佐賀市大和町川上169-1
営業時間 11:00~14:30、17:00~22:00(OS21:00)
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。
nice!(129) 
共通テーマ:グルメ・料理

カフェギャラリー深川家 [佐賀の観光]

1609100522.jpg
佐賀県の小京都として知られる小城(おぎ)は、羊羹や鯉料理が名物です。羊羹を買いに村岡総本舗(本店)へ出かけた際に、近くの「深川家住宅」に寄りました。白壁土蔵造りの風情漂う建物になり、金・土・日限定で「カフェ&ギャラリー深川家」として営業。
16091014.jpg
深川家住宅は約200年前、江戸時代に建てられました。造り酒屋を営み、当時の面影が今でも随所に残されています。裏の土蔵で酒造りが行われ、主屋の店頭で酒の小売が行われていたそうです。2001年、国の登録有形文化財に指定されました。
16091010.jpg
《趣のある店内》 
16091016.jpg16091013.jpg
《陶器や和雑貨》 作家さんが創られた素敵な和雑貨が置かれて、可愛いデザインの豆皿・大皿・カップ・手ぬぐいなどもあります。《利用日2016年9月》
16091018.jpg
座敷も雰囲気が良くて、欄間なども凝った造り。ゆっくり寛ぎながら食事を楽しみましょう。カフェメニューはカレー(700円)、カレーセット(1000円)、ケーキセット・抹茶セット(各500円)、コーヒー(300円)、オレンジジュース(200円)など。
1609102622.jpg
《カレー 700円》 家族が注文したカレーはサラダ付きで良いボリューム。カレーはフルーティな味わいでピリ辛タイプに感じます。お店の案内を見ると唐津のジャミンさんのカレーを使ってあるそうですよ。プリンやコーヒーも付くカレーセットもオススメ。 
1609102822.jpg
《お抹茶セット 500円》 私がいただいたお抹茶セットは数種類のお菓子と、自分で点てる抹茶付き。この日は笹の葉に包まれた麩まんじゅう・シフォンケーキ・いちじくと梨のコンポート・わらび餅などが並びました。ワンコインで味わえてリーズナブルです。
1609103022.jpg1609103322.jpg
《抹茶を点てて味わいましょう》 お湯が用意されていますので好みの濃さでどうぞ。抹茶を自分で点てるのは楽しく、美味しいお菓子とともに味わいました。ケーキセットも良さそうなので、また訪れたいと思います。毎月第2と第4日曜日は蕎麦が楽しめるそうです。

カフェ&ギャラリー深川家 佐賀県小城市小城町上町877
営業時間 金・土・日曜日の11:00~16:00(OS15:15)
詳しい情報は店舗のFacebookをご覧ください。
nice!(125) 
共通テーマ:グルメ・料理

三瀬ルベール牧場どんぐり村 [佐賀の観光]

16032622.jpg
福岡県と佐賀県の県境、三瀬(みつせ)高原にある「三瀬ルベール牧場どんぐり村」は、75万平方メートルの広大な敷地を持つ観光牧場です。園内には牛舎・小動物館・レストラン・売店などがあり、牛の乳搾り・乗馬・アイス作り・生キャラメル作りなどの体験も出来ます。園内の遊歩道を散策しながら、馬・ポニー・牛・やぎたちに会いに行きました。
16032629.jpg
牛舎そばの囲いでは子牛が放牧されて、見ていると近寄ってきました。人懐っこくて可愛いですね。牛舎裏の広い放牧場ではたくさんの牛がのんびりと過ごしています。
160326232.jpg16032638.jpg
《左上:ホースセラピー場、右上:ヤギが遊ぶ展望台》 ヤギが遊ぶ展望台は入園ゲートからは少し離れた高台にあります。ちびっこ広場からロードトレイン(有料)が出ていますので、利用して展望台へ向かわれるのが楽ですよ。《利用日2016年3月》
16032636.jpg
《ヤギが遊ぶ展望台からの眺め》 晴れていたので眺めが良く、のどかな風景が広がっています。日頃の運動不足解消に園内を歩いてぐるりと周り、気持ちの良い散策でした。
160326142.jpg160326132.jpg
《ショップ》 みつせ鶏ジャンボブロシェット(650円)は備長炭でじっくり焼き上げ、串の長さが40センチもあるジャンボサイズの焼き鳥。以前いただきましたが美味しいですよ。みつせ鶏バーベキュー食べ放題のレストランもあり、期間限定で営業しています。
16032618.jpg
《ベーカリー》 園内にパン屋さんがあり、ジャージー牛乳パン・ヨーグルトパン・カマンベールくるみ・ハートの形をしたハートパン・メロンパンなど、約15種類が並んでいます。
16032617.jpg160326202.jpg
《左上:名物の岩塩ロング、右上:今回購入》 長さ85センチのウィンナーをフランスパンの生地で巻いた岩塩ロング(800円)が名物。長さ15センチのミニ岩塩ロング(150円)を見つけて買ったところ、生地がパリッとして塩味が効いています。クッキー3種類(チョコナッツ・レーズン・チェリー各200円)も買いました。 
160326212.jpg
今回はランチ巡りBOOK久留米・鳥栖(第2弾)を持参して、スイーツ&ドリンクがお得に購入出来ました。シュークリーム・ジャージープリン・ヨーグルトは手軽なおやつにいいですね。クリームがたっぷり詰まったシュークリームは、お土産にもオススメですよ。

三瀬ルベール牧場 どんぐり村  佐賀県佐賀市三瀬村杠2234-67
入園料金 大人500円、小人(4歳~中学生)200円、3~0才は無料
詳しい情報は施設の公式サイトをご覧ください。
再訪して、小動物館に入館しました。記事は小動物館をご覧ください

業務用 みつせ鶏 焼きつくね(串) 270g(10本入)

業務用 みつせ鶏 焼きつくね(串) 270g(10本入)

  • 出版社/メーカー: ㈱ヨコオフーズ
  • メディア: その他



nice!(147) 
共通テーマ:旅行

汐湯 大展望風呂 [佐賀の観光]

15122672.jpg
佐賀県唐津市にある旅館「汐湯凪の音」へ宿泊して、入浴は隣接して建つ「汐湯(しおゆ)大展望風呂」を利用しました。唐津湾の浜崎海岸に建ち、周囲には眺めの良い景色が広がっています。日帰り入浴も出来て、家族風呂(貸切風呂)も3室完備。旅館でいただくランチと入浴が付いたお得なセットもあり、天ぷら御膳や伊万里牛しゃぶしゃぶ御膳も美味しそう。
15122678.jpg15122676.jpg
《左上:休憩室、右上:浴場入口》 宿泊者は夜は24時まで、朝は6時から出来るので朝風呂も楽しみました。旅館から地下通路でつながっていて、直接行ける点も便利。 
15122686.jpg
浴場は内湯と露天風呂があり、ゆったりと浸かれる広さ。目の前に広がる唐津の海からミネラル豊富な海水を汲み上げ、濾過して適温に沸かした汐湯になります。明治の始め頃、施設が建つ浜崎の浜から海水を木桶で汲み上げ沸かし、入浴したのが汐湯の始まりだそう。
15122689.jpg
《男性用 露天風呂》 露天風呂から海が見えて波音が心地良く、ゆっくり浸かりました。女性用も同じような造りになり、脱衣場には化粧水などアメニティが揃っています。

汐湯凪の音(しおゆなぎのと) 佐賀県唐津市浜玉町浜崎1613
外来入浴時間 10:00~22:00
入浴料金 900円・家族風呂 1時間1900円
旅行情報サイトたびねすに、「汐湯凪の音」を紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。
nice!(159) 
共通テーマ:旅行

汐湯凪の音 食事編 [佐賀の観光]

15122613.jpg15122640.jpg
佐賀県唐津市の「唐津網元の宿 汐湯凪の音」は海が綺麗な浜崎海岸に建つ旅館。海辺の散策を楽しみ、汐湯大展望風呂に浸かって寛いでいると、夕食の時間になりました。食事は夕食・朝食とも食事処でいただきます。食事処前も窓が大きく採られて海が見えます。
15122642.jpg
《食事処 金波の間》 テーブル席が並び落ち着いた雰囲気の造り。食事は四季折々の会席料理が味わえ、アラ(くえ)・虎河豚・伊万里牛・イカ活造りなどが付いたプランが人気。今回はイカ活造りが付いてお手軽な「海の幸会席」を予約しました。
151226492.jpg15122646.jpg
《左上:前菜、右上:焼酎セット》 前菜はアラの煮こごり・柿なます・錦玉子・菜の花からし和えなど5種類が盛られて、くわいチップがパリパリの食感。本日の鮮魚三種盛りはカンパチ・鯛・ふぐのネギ巻き。乾杯に生ビールを注文して、その後は芋焼酎をお湯割りで。
151226532.jpg
《呼子直送 泳ぎ烏賊の姿造り(2人前)》 いよいよ、お楽しみのイカ活き造りが登場!透き通ったイカはコリコリ、後造りで頂いた天麩羅はぷりぷりの食感でこれも美味しい。イカ活き造りはリピートしたくなる美味しさですよ。《利用日2015年12月》
15122659.jpg15122663.jpg
《左上:鰆杉板焼、右上:甘鯛飯蒸し》 献立は品数が多く、きのこも入った鰆杉板焼、梅の風味が良い蕪(かぶ)すり流し、桃色が綺麗な甘鯛飯蒸し(右上)などが運ばれてきました。
15122665.jpg15122666.jpg
《若楠ポークと本日の白身魚の豆乳しゃぶしゃぶ》 この日の白身魚は鯛になり、若楠ポークと共にしゃぶしゃぶでいただきましょう。水菜やタマネギも入れて味わいました。この後はご飯・赤出し、デザートに自家製いちごムースをいただきました。
15122704.jpg
《朝食》 一夜干し炭火焼き魚・水菜と大根のサラダ・小鉢が色々と並び、セルフサービスで珈琲も用意。小鉢は自家製有田鶏ハム・大根のきんぴら・ひじき・自家製豆腐など、ご飯が進むおかずがたくさん。秋刀魚有馬煮・明太子も美味しいご飯の友です。
151227122.jpg15122709.jpg
《左上:みのり農場の優黄卵、右上:ご飯の友がたくさん》 一人ずつに用意された釜炊きご飯は炊きたてアツアツ、唐津焼きのお茶碗でいただきます。優黄卵は黄身がこんもり、地元の農場で生産してあるそう。食事は品数、ボリュームとも満足の献立でした。

唐津網元の宿 汐湯凪の音(しおゆなぎのと) 佐賀県唐津市浜玉町浜崎1613
旅行情報サイトたびねすに、「汐湯凪の音」を紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。




nice!(156) 
共通テーマ:グルメ・料理

汐湯凪の音 [佐賀の観光]

15122601.jpg
佐賀県唐津市観光に出かけて、唐津湾沿岸に広がる「虹の松原」をドライブしました。虹の松原は玄海国立公園内にあり、国の特別名勝に指定されています。長さ約4.5km、幅約500mに渡って約100万本の黒松林が続き、日本三大松原の1つに数えられています。
15122612.jpg15122608.jpg
虹の松原を抜けて、浜崎海岸に建つ唐津網元の宿 汐湯凪の音(しおゆなぎのと)を訪れました。玄関アプローチに竹が植えられて和の雰囲気が漂い、中庭には手入れされた日本庭園が広がっています。チェックイン後、浜崎海岸へ散歩に出かけて海を眺めました。
15122617.jpg
《モダンな雰囲気のロビー》 館内はゆったりとした造り、窓が大きく採られたロビーにはクッションが置かれたソファーが並びモダンな雰囲気。チェックインの手続きはソファーに座って行い、お茶とお菓子(松露饅頭)のサービスがありました。
15122620.jpg151226212.jpg
《唐津銘菓 松露(しょうろ)饅頭》 虹の松原に自生する希少な松露(きのこの一種)の形に似ていることから名前が付いたそう。カステラ生地の中に餡が入っていて素朴な風味。大原松露饅頭のCM「唐津に来ています」で知っていますが、初めていただきました。
15122633.jpg
《利用した客室》 客室は和室・和洋室の全23室、海側と庭園側のタイプがあります。利用した和室(102号)は12畳、ゆったりとした広縁付き。窓が大きく採られて、小庭と塀の向こうに海が見えます。隣の客室と客室内のドアでつながるコネクティングルームになっていますので、ご家族やグループで2部屋利用される方にお薦めです。
15122637.jpg15122626.jpg
《左上:1階客室からの眺め、右上:竹籠と色浴衣》 浴衣は男性用が5種類、女性用は約20種類用意されていて、チェックイン時に好みで選びます。女性用の浴衣が選べる宿は時々見かけますが、男性用も選べる宿はあまり見かけないので嬉しいサービスですね。
15122630.jpg15122631.jpg
《ショップ》 松露饅頭を始め、唐津のお土産品が置かれています。いかを丸ごと鉄板焼きにした「いか鉄ちゃん」や「いか明太」もお土産に喜ばれそう。佐賀県の重要有形文化財に指定されている「唐津くんち」や唐津城がパッケージになったクッキーも人気。
15122614.jpg
《玄関へのアプローチ》 暗くなると日本庭園やアプローチに灯りがともり、昼間とは違った雰囲気になりました。チェックインが14時から、チェックアウトが11時と長めになっているので、ゆっくり寛げます。《訪問日2015年12月》

唐津網元の宿 汐湯凪の音(しおゆなぎのと) 佐賀県唐津市浜玉町浜崎1613
次記事は海の幸会席の夕食と朝食、汐湯大展望風呂をご紹介いたします。
旅行情報サイトたびねすに、「汐湯凪の音」を紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。




nice!(162) 
共通テーマ:旅行

灯庵 [佐賀の観光]

151225022.jpg
佐賀県唐津市に出かけ、肥前町にある灯庵(とうあん)へランチに向かいました。唐津市役所肥前支所のバス停横に建っていますが、垣根で建物が分かりにくく目立たない外観です。お食事処と書かれた幟でようやく見つけました。こちらは新鮮な海の幸を始め、多彩な料理がリーズナブルに味わえて、地元の方にも人気の食事処です。《利用日2015年12月》
151225052.jpg151225102.jpg
《左上:個室のテーブル席も寛げる雰囲気、右上:あわび料理》 店内は落ち着いた雰囲気でカウンター席・個室のテーブル席・座敷などがあります。メニューは単品・定食類が種類豊富に揃い、あわび料理の「鮑の石焼き丼」や「鮑の茶碗蒸し」も人気の一品。
15122514.jpg
《お昼のおまかせ膳》 平日昼15食限定のおまかせ膳(1000円)を注文しました。この日の料理は揚げ出し豆腐・刺身盛り合せ・数種類の小鉢・茶碗蒸し・鯛のあら汁などが並び、盛りだくさん。刺身がとても新鮮でタコはコリコリ、どれも美味しくいただきました。
151225172.jpg15122519.jpg
《左上:マイ海鮮丼を作りました、右上:あら汁も美味しい》 安くて美味しいと聞いていましたが、期待以上にコスパが良くて気に入りました。おまかせ膳以外もリーズナブルなので、またぜひ利用したいと思います。鷹島大橋方面へお出かけの際はオススメです。
151225062.jpg
《メニューの一部》 ねぎとろ丼・いか下足丼・鳥釜膳(各800円)、トンカツ膳・海鮮丼・サザエ釜膳(各1100円)、寿司膳の松・うに御膳(2500円)などもあります。

灯庵(とうあん) 佐賀県唐津市肥前町入野甲1696-2
営業時間11:30~22:00、定休日 月曜日
nice!(175) 
共通テーマ:グルメ・料理

玄海の潮 [佐賀の観光]

151225312.jpg
唐津市肥前町へ出かけ、昔ながらの製法で塩を手造りしている店を見つけました。場所は鷹島肥前大橋近く、直売所「ひぜん夢美咲」の向い側になります。「じげもん塩・うちにもよらんねぇ」の看板が目に止まり、寄ってみました。《利用日2015年12月》
151225352.jpg151225342.jpg
ご主人から話を伺い、塩造りの様子を見学させていただきました。沖合から綺麗な海水を汲み上げて運び、薪で1週間ほど炊き上げてあるそう。昔ながらの手造りで大量生産ができず、ひと月200個ほどが完成。親子3人で作ってあるそうですが、たいへんな作業ですね。手造りの塩は、優しい塩味の後に自然な旨みがじわっと広がります。
151225372.jpg
ラベルデザインが幾つかあり、友人へのお土産に鯛の目出度いラベルを選びました。お祝い・法要など、多めの注文では似顔絵などのオーダーラベルをサービスで作ってくれるそうです。塩の値段は、200グラム入り400円、500グラム入り1000円。

玄海の潮 佐賀県唐津市肥前町星賀乙705-6 海ひこ山ひこの駐車場内
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
151225222.jpg151225282.jpg
《ひぜん夢美咲》 地元の物産品を販売する直売所になり、眺めのよい展望広場があります。おやつに買った「美咲だんご」は地元唐津産のさつま芋にこしあんを乗せ、少し塩味が効いた生地で包まれています。生地がもちもちの食感、1個108円でした。
09042209.jpg
《展望広場から眺める鷹島肥前大橋》 佐賀県唐津市肥前町と長崎県松浦市鷹島を結び、2009年4月に開通しました。橋の長さ1,251m、高さ105m。橋を渡ったところに道の駅鷹ら島があり、しばらく行くと観光スポット「鷹島モンゴル村」に到着します。
nice!(136) 
共通テーマ:旅行

紀の国屋うどん [佐賀の観光]

1501011162.jpg
佐賀県神埼市方面へ出かけて、ランチ巡りBOOK久留米・鳥栖の掲載店から利用しました。場所は場所は県道31号線沿い、二子信号近くになります。先日ランチ本で利用した佐賀らーめん「富豚」から車で約1分と近く、店の前は時々通っていましたが、今回初めて利用します。佐賀市内に本店がある「とんかつきのや」の姉妹店になるそう。
1501011182.jpg1501011262.jpg
カウンター席と板張りの座敷席があり、窓が大きく採られて明るい雰囲気。店の入口にはメニューのサンプルが置かれ、かけうどん・ざるうどん(各420円)、天ざるうどん・釜揚げ天ぷらうどん(780円)、冷やしとろろ蕎麦(800円・右上写真)、ちゃんぽんうどん・皿うどん(各810円)、丼物やカツと手打ち麺のセットも色々と揃っています。
1501011272.jpg
《ロースかつセット》 ランチ本を持参して、ロースかつセット(通常780円)を500円でいただきました。衣がサクッと揚がったとんかつは美味しく、ご飯が進みます。キャベツとご飯はお代わりOKのサービスなのもいいですね。《利用日2010年10月》
1501011292.jpg1501011302.jpg
《左上:ロースかつ、右上:お代わりのキャベツ》
1501011202.jpg
《メニューの一部》 ヒレかつ定食(1120円)やジャンボヒレかつ定食(1380円)が人気の様子です。うどんとのセットも良さそうなので、次回訪れる際はヒレかつうどんセット(760円)を注文したいと思います。
1501011192.jpg1501011232.jpg
《左上:かいわれたっぷりの葉がくれロースかつ定食、右上:瓦そばもあります》

味処 紀の国屋 佐賀県神埼市城原字熊谷1617-1
営業時間 11:00~20:30(LO)
定休日 水曜日(祝日の場合は木曜日)
nice!(159) 
共通テーマ:グルメ・料理

吉野ヶ里 光の響 [佐賀の観光]

151220092.jpg
佐賀県・吉野ヶ里歴史公園のライトアップイベント「吉野ヶ里 光の響」へ出かけました。イベント開催日は17時以降の入園料は大人280円、駐車場が無料になります。チケットを購入する長い列に並んで、チケットを手にしたらさっそく入園しましょう。公園内のあちこちがライトアップされて、幻想的な雰囲気に。《利用日2015年12月》
151220042.jpg
《光・炎・音楽との響演》
151220152.jpg151220222.jpg
《熱気球ナイトグロー》 12月19日はバルーンの夜間係留が行われ、熱気球が浮かぶ様子を間近で見学しました。バーナーの炎が勢いよく、少し離れた場所に居ても熱気が伝わってきます。企業名が書かれたバルーンが多く、竹下製菓のブラックモンブランは有名ですね。
151220252.jpg
約15機のバルーンが係留されて、合図で一斉にバーナーをたくサービスも。夕闇に浮かび上がるバルーンと炎はとても綺麗でした。機会があればまた夜間係留を見たいと思います。
15122021.jpg
《幻想的なバルーン》
151220292.jpg
《花火ショー》 20時から700発の花火が上がりました。三脚を持参していないのでブレていますが、雰囲気だけでも伝われば幸いです。とても寒い日でしたが、冬の夜空に打ち上げられる花火は綺麗でした。ライトアップイベント「吉野ヶ里 光の響」は2015年12月12・13・19・20・23日に開催、開催日は花火ショーが行われます。

吉野ヶ里歴史公園 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843
営業時間 9:00~17:00、入園料 大人420円・小中学生80円
駐車場料金 普通車310円
nice!(131) 
共通テーマ:旅行