So-net無料ブログ作成
検索選択

豊後森機関庫公園 [大分の観光]

16071060.jpg
大分県玖珠町へ出かけて、豊後森機関庫公園を訪れました。大分道玖珠インターから車で約3分、JR豊後森駅から歩いて約3分の距離になります。蒸気機関車の点検や格納に使われた機関庫や転車台が残り、現存する機関庫としては九州唯一のもの。敷地内にはSLが展示されて、豊後森機関庫ミュージアムが2015年11月に完成しました。
16071059.jpg
《転車台》 久大線は1920年から工事が始まり、1929年に豊後森駅が開業、1934年には全線が開通。豊後森駅がある玖珠町は重要な中継ポイントとして栄えました。SLの向きを変更する円形の転車台を中心に扇形をした鉄筋コンクリート造りの機関庫は当時の最高技術で建築されました。最盛期にはSLが21台も所属する賑わいだったそう。
16071062.jpg
その後、列車のディーゼル化に伴って機関庫は残念ながら役目を終えました。旧豊後森機関区の機関庫と転車台は、2009年に「近代化産業遺産」として認定。また、2012年には「国指定登録有形文化財」に登録されました。《訪問日2016年7月》
160710572.jpg
《蒸気機関車9600型29612号》 老朽化による解体処分になるSLを玖珠町が譲り受けて補修を行い、静態保存しています。1919年の製造で、全長約16m、高さ約3.8m。「キューロク」という愛称で親しまれ、1974年までの55年間に長崎本線や唐津線で活躍しました。綺麗に補修されて当時の勇姿が蘇っています。 
16071051.jpg
《ミニ列車運行中》 毎週日曜日(3月~11月まで)ミニ列車が運行!ミニ線路は西日本最大級の長さがあり、機関庫や転車台を眺めながら列車旅気分を楽しまれてはいかがでしょうか。子どもだけでなく大人も乗車出来ますので、お気軽にご利用ください。
運行日3月~11月の毎週日曜日 13:00~16:00、乗車料金200円
160710502.jpg16071048.jpg
《左上:発車します、右上:豊後森機関庫ミュージアム》 2015年11月にオープンした「豊後森機関庫ミュージアム」は旧豊後森機関庫や鉄道の歴史に関する資料を展示。ミュージアムをデザインした水戸岡鋭治氏の製作品も展示されています。

豊後森機関車庫公園 大分県玖珠郡玖珠町
豊後森機関庫ミュージアム 営業時間10:00~16:00、閉館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、入館料100円(小学生以下は無料)
詳しい情報は玖珠町観光協会の公式サイトをご覧ください。
nice!(128) 
共通テーマ:旅行

三久 [大分の観光]

16062602.jpg
大分県日田市に出かけて、ご当地グルメ「日田やきそば」を味わえる店の中から、三久(さんきゅう)へ向かいました。JR日田駅から徒歩約10分、国道212号線から少し入った住宅街に建っています。駐車場は店の前に2台と、約30メートル離れた代行運転会社の敷地内に5台分が用意されています。《利用日2016年6月》
16062604.jpg
《店入口》 道路に面して入口が2ヶ所あり、写真側には外にテーブルセットが置かれています。人気店ですのでオープン時間に合わせて行ったところ、すぐに入店できてラッキーでした。この後、続々とお客さんが来られて満席になり、外のテーブル席も利用してありました。
16062612.jpg16062610.jpg
店内はカウンター席と小上がりのテーブル席2卓があり、こぢんまりとした造り。メニューは、やきそば(680円)・生玉子入りやきそば(730円)・大盛やきそば(830円)、ラーメン(550円~)、冷し中華(夏季限定700円)などもあります。
16062619.jpg
《生玉子入りやきそば》 自家製麺を鉄板でじっくり焼き上げ、焦げた部分がパリパリの食感。もやしやネギなどの野菜はシャキシャキに炒まっています。生玉子を混ぜていただだくと、また違う風味が楽しめて美味しい。ラーメンスープがサービスで付いています。
16062623.jpg
《大盛やきそば》 看板に「大盛が人気!ぜひ食べてみて。女性の方も」と書かれていたので、私は大盛を注文。麺が1.5倍、もやしが2倍の量になり、かなりのボリューム!食べきれるかなと少し不安になりましたが、特製ソースの風味が良くて飽きない美味しさ。見事?に完食しました。日田やきそばの店は色々ありますが、こちらもぜひオススメです。

三久(さんきゅう) 大分県日田市亀山町1-1
営業時間 11:00~20:00、定休日 火曜日・不定休

旅行情報サイトたびねすに、「日田やきそば名店5選」を紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。
nice!(158) 
共通テーマ:グルメ・料理

想夫恋 総本店 [大分の観光]

16022101.jpg
大分県日田市は九州最大級河川である筑後川の上流に位置し、天領地として栄えました。観光は昔の町並みが感じられる豆田町散策や屋形船での鵜飼い見物が有名。ご当地グルメでは「日田やきそば」が人気で、日田市内の10店舗以上で味わえます。想夫恋(そうふれん)は大分県以外にも店舗展開していて、約40店舗あります。《利用日2016年2月》
16022104.jpg
《ゆったりとした店内》 カウンター席やテーブル席があります。 
16022113.jpg
《日田焼きそば 800円》 鉄板に盛られて運ばれてくる焼きそばは、自家製もやし・ネギ・角切りの豚肉入り。自家製麺の両面を少し焦げ目が付くまで焼き上げ、カリッとした麺とシャキシャキの野菜が美味しい。この製法は1955年頃、想夫恋の創業者によって考案されたそうです。トッピング(有料)の生玉子や目玉焼きなども良さそう。※料金は消費税別
16022110.jpg160221152.jpg
《焼そばベジター、杏仁豆腐もオススメ》 家族は太もやしを使った焼きそばベジター(1100円)を注文。焼きそば以外のメニューも種類が多く、ラーメン・一口餃子・チャーハン・中華丼・エビチリ・八宝菜・棒々鶏・酢豚・唐揚げなど、多彩に揃っています。  
16022116.jpg16022117.jpg
《お土産コーナー》 自宅で手軽に味わえる焼きそば生麺をお土産にどうぞ。

焼きそばの想夫恋(そうふれん) 総本店 大分県日田市若宮町416-1
営業時間 11:00~22:00
旅行情報サイトたびねすに、「日田やきそば名店5選」を紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。
nice!(143) 
共通テーマ:グルメ・料理

九重"夢”大吊橋 無料開放 [大分の観光]

090909782.jpg
大分県九重町(ここのえまち)へ出かけて、人気の観光スポット「九重"夢”大吊橋」に向かいました。自然豊かな九酔渓の標高777メートル、鳴子川渓谷に架かる吊橋になり、周辺は四季折々の景観が楽しめます。復興支援として、2016年6月~7月の期間限定で吊橋の入場料金が無料になっています!無料駐車場を完備している点も利用しやすいと思います。
16061029.jpg
2006年に完成して、長さ390メートル、幅1,5メートル、高さ173メートル。長さは三島スカイウォーク(長さ400メートル・静岡県)が出来るまでは日本一でした。高さは歩行者専用橋としては今でも日本一を誇っています。《2016年6月現在》
160610342.jpg
《吊橋からの眺め》 震動の滝(男滝・女滝)が見えて、水量が多い時は子滝も見えるそう。訪れた日は霞んでよく見えませんが、三俣山・久住山・星生山などの山々が望めます。足下は網になっている部分から下の景色が見えて、スリルスポットという感じです。
091120712.jpg
《紅葉の頃》 九酔渓は紅葉の名所として知られ、毎年たくさんの観光客で賑わっています。新緑、紅葉、冬景色と、四季の移り変わりを360度のパノラマで楽しみましょう。
160610122.jpg160610202.jpg
《震動の滝展望所》 吊橋と展望所への分かれ道から約180メートル歩き、震動の滝展望所へ。木々が茂る森の中を少し進んで到着。大吊橋の建設前にも来たことがあり、その頃は日本一の吊橋が滝の近くに出来るとは思わず、完成してビックリしました。
160610222.jpg
《震動の滝 雄滝》 落差83メートル、日本の滝百選に選定されています。滝つぼ周辺には温泉が湧出していて、鍾乳洞が存在しているそうですよ。竜神伝説が伝わり、水量が多い時は周囲を震動させるような迫力ある姿を見ることが出来ます。
160610082.jpg160610102.jpg
《ミヤちゃん、からあげおかき》 九重の山に自生するミヤマキリシマをモチーフにしたキャラクター「ミヤちゃん」が観光案内所入口にいました。売店では地元九重町の特産品を始め、大分県や姉妹都市である長崎県佐世保市のお土産品も揃っています。
1606100533.jpg
《九重"夢”バーガー》 佐世保で人気の佐世保バーガーをヒントに作られたご当地バーガーです。九重の食材をふんだんに使い、モモガー(牛肉)・豚ガー(豚肉)・シシガー(猪肉)・鹿ガー(鹿肉)などがあり、どれも美味しそうですよ。

九重"夢”大吊橋(ここのえゆめおおつりはし) 大分県玖珠郡九重町田野1208
営業時間 8:30~17:00(7~10月は18:00まで)、吊橋入場料金 500円
2016年6月~7月の期間限定で吊橋の入場料金が無料!
nice!(149) 
共通テーマ:旅行

龍門の滝 [大分の観光]

16010137.jpg16010138.jpg
大分県九重町に観光へ出かけて、白イノシシで有名な「宝八幡宮」に参拝した後は、車で約5分の場所にある「龍門の滝」へ向かいました。駐車場のそばに食事処が数軒建ち、周囲にはキャンプ場や宿泊施設が点在しています。駐車場から滝までは約100メートルの距離。
16010142.jpg
龍門の滝は国指定の名勝地になり、幅40メートル、落差20メートルの大きさ。2段落としになった滝で、1段目の深い滝壺から2段目のなだらかな滝へ水が流れ出ています。天然のウォータースライダーとして人気で、滝開きは7月の第3日曜日。夏休みは滝すべりを楽しむ家族連れで賑わいます。紅葉の時期も綺麗だそう、秋にも訪れてみたいと思います。
16010139.jpg
《滝滑りシーズンの様子》 滝のそばはキャンプ場として整備されています。
16010136.jpg04112704.jpg
《龍門滝乃湯》 食事・宿泊・外来入浴が出来て、豊後牛や地元の食材をふんだんに使った料理が自慢。以前、立ち寄り湯で温泉を利用しました。泉質は肌に優しいアルカリ性単純温泉。入浴料金が300円、リーズナブルでした。《2016年1月》

龍門の滝(りゅうもんのたき) 大分県玖珠郡九重町松木
nice!(115) 
共通テーマ:旅行

宝八幡宮 宝船会館 [大分の観光]

15011188.jpg15011201.jpg
2016年の初詣は大分県九重町にある「宝八幡宮」へ参拝しました。白イノシシ家族がいる神社として有名で、TV「ナニコレ珍百景」にも登場!2008年から2年連続で白イノシシの五つ子が誕生、2015年6月には三つ子が誕生しています。拝殿にお参りをした後は少し離れたイノシシ舎へ向かいます。《訪問日2016年1月1日》
160101272.jpg
《宝船会館》 2015年11月、宝船会館がイノシシ舎横に完成しました。大黒様・恵比寿様・白竜が描かれた鏝絵(こてえ)は横6メートル、縦1.5メートルもあり立派な造り。中には金色の帆をあげた宝船2隻が展示されています。宝船は地元の縁起行事として親しまれており、常設展示する施設として宝船会館が建てられたそう。
160101302.jpg
《三つ子の白イノシシ》 宝船会館内にもイノシシ舎が造られていて、ゲン(元)・マレ(稀)・ユイ(結い)がいます。餌(パン)を見ると近寄ってきて、美味しそうにパクパク。生後2週間ほどの時に見て以来、久しぶりの再会になりますが、大きく成長しています。
150704472.jpg16010135.jpg
《左上:生後2週間くらいの頃、右上:大人の白イノシシ》 2015年7月に三つ子を見た時はまだとても小さく、ケージの中を元気に動き回って可愛かったです。
150704362.jpg160101212.jpg
《左上:白イノシシのお守り、右上:熊手を購入》 今回も社殿に置かれたミニ鳥居の「開運」と「合格」くぐりにチャレンジして、無事に達成!よい一年になりそうです。

宝八幡宮 大分県玖珠郡九重町松木1371
旅行情報サイト「たびねす」に、宝八幡宮を紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。
nice!(148) 
共通テーマ:旅行

味の珍さん [大分の観光]

151012012.jpg
大分県日田市に出かけて、ご当地グルメ「日田やきそば」を味わえる店から、「味の珍さん」を利用しました。JR日田駅から徒歩約10分、三本松交差点近くの路地に建ち、隣には想夫恋三本松店(旧本店)が建っています。駐車場は店の前と、少し行った所にもあります。
151012022.jpg151012032.jpg
カウンター席・テーブル席・座敷があり、お店の方はアットホームな雰囲気。メニューは、日田やきそば(680円)、らーめん・餃子・野菜いため(各550円)、もやしらーめん・焼きめし(各600円)、味噌らーめん(650円)など。《利用日2015年10月》
151012112.jpg
《日田やきそば 680円》 日田やきそばの特徴は、茹でた麺の表面をパリッと焼き上げ、シャキシャキに炒めたもやしがたっぷり。こちらの店は麺のパリパリ感が強く、焼き色良く仕上がっています。メニューは後から気が付きましたが、日田やきそば・らーめんスープ・ご飯(小サイズ)がセットになった日田焼きそばランチ(730円)もあります。
151012132.jpg
《ちゃんぽん 650円》 キャベツ・もやし・人参・玉ねぎなどが入って野菜たっぷり。豚肉は厚めに細切りされて、やきそばと同じ切り方のようです。ラーメンも人気の様子で、3世代で来店されたご家族は全員ラーメンを注文してありました。
090405472.jpg090405512.jpg
《いいちこ日田蒸留所の蔵開きに出店》 以前、日田市内にある「いいちこ日田蒸留所」を訪れた際に、こちらの店の焼きそばをいただいたことがあり、いつか店へ行ってみたいと思っていました。今回ようやく訪れて、パリパリの「日田やきそば」に再会できました。

味の珍さん(あじのちんさん) 大分県日田市三本松1-7-21
営業時間 11:00~20:00、定休日 火曜日
nice!(144) 
共通テーマ:グルメ・料理

日田焼きそば 天龍 [大分の観光]

15082304.jpg
大分県日田市へ出かけ、ご当地グルメの「日田やきそば」を目指して「天龍」へ。場所は日田税務署隣になり、店舗裏手に駐車場があります。店内はカウンター席・テーブル席・小上がり席があり、数組のお客さんがいらっしゃいました。メニューはラーメン(550円)・味噌ラーメン(650円)・焼きそば(680円)・チャンポン(700円)など。
150823092.jpg
《焼きそば 680円》 一般的な焼きそばとは違い、麺を少し焦げ目が付く位まで焼き上げるのが日田やきそばの特徴。こんがりと焼き上がった麺はとてもパリパリの食感、たっぷり入ったもやしはシャキシャキとして豚肉も美味しい。各店舗に秘伝のソースがあるようですが、こちらの味付けは私好み。脂っこくなくて家族も気に入っています。
150823062.jpg150823132.jpg
《左上:サービスのラーメンスープ、右上:パリッと焼き上がった麺》 
150823112.jpg
《椎茸焼きそば 850円》 大分特産の椎茸を使ったオリジナルメニュー「椎茸焼きそば」も評判。甘辛く煮付けた肉厚の椎茸と生卵をトッピング、混ぜていただくとまろやかな味に。1日40食限定ですので、注文できてラッキーでした。《利用日2015年9月》

天龍(てんりゅう) 大分県日田市田島2-7-6
営業時間 11:00~20:00、店休日 不定休
旅行情報サイトたびねすに、「日田やきそば名店5選」を紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。
nice!(158) 
共通テーマ:グルメ・料理

日田やきそば 来々軒 [大分の観光]

150823152.jpg
B級グルメとして「ご当地焼きそば」が人気ですが、大分県日田市の「日田やきそば」はご存知でしょうか。日田やきそばは、麺の表面をパリパリに焼き上げるのが特徴で、もやしのシャキシャキ感も美味しい。日田市内の10店舗以上で味わえ、食べ比べを楽しむのも楽しいですよ。今回は三本松交差点そばに建つ来々軒を訪れました。《利用日2015年9月》
150823252.jpg
《やきそば 650円》 少し待つと、鉄板に盛られてアツアツで登場!こんがりと焼き色が付いた麺はパリパリの食感、底の方は焦げてカリカリになっている部分も。たっぷりのもやし・ネギ・キャベツ・豚肉とソースがよく絡んで美味しい。やきそばのメニューは他にも温泉卵やきそば(730円)・チーズやきそば(850円)など。
150823212.jpg
《ラーメン 550円》 麺はヒアルロン酸やコラーゲンを練り込んだ自家製麺、スープはあっさり系のとんこつ、とろとろのチャーシュー入り。実はこちらの店は大分県最古のラーメン店になるそう。とんこつラーメン発祥地である福岡県久留米市で白濁とんこつスープを生み出した「三九」の流れを組み、この日田市で1954年に創業されたそうです。
150823232.jpg150823172.jpg
《左上:ストレートの中細麺、右上:味噌つけ麺(700円)もオススメ》

来々軒(らいらいけん) 大分県日田市三本松1-13-24
営業時間 11:00~15:00、18:00~21:00(土日祝は夜の部は17:00~)
定休日 木曜日・不定休
旅行情報サイトたびねすに、「日田やきそば名店5選」を紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。
nice!(138) 
共通テーマ:グルメ・料理

用作公園 [大分の観光]

15111414.jpg
大分県豊後大野市へ出かけ、紅葉が見頃を迎えた用作(ゆうじゃく)公園へ向かいました。すぐ近くの第1駐車場は満車でしたので第2駐車場へ車を止めました。第2駐車場から公園へ続く階段は急なため、それほど距離は変わらない道路側を歩くのが楽かも。公園入口の道も紅葉が見頃になり、一面落ち葉のじゅうたんになっています。
15111423.jpg
江戸時代、岡藩家老の別荘地だった庭園が用作公園として整備されています。心字池と丹字池を中心に500本以上のモミジやカエデが植えられ、紅葉の名所として人気。池に映るモミジやカエデも綺麗でしょうが、雨が降っていて水面が動くため撮れません。
15111424.jpg
《撮影日2015年11月14日》 紅葉期間中の土日祝日は日没から21時までライトアップが行われ、たくさんの観光客で賑わうそう。ライトアップの様子も綺麗でしょうね。雨が強くなったので心字池のまわりを急ぎ足で一周して、紅葉見物を終わりにしました。
15111429.jpg15111430.jpg
《草もちと、かぼすを購入》 出店が並び、草もちは1個110円、かぼすは1袋100円と安いですね。きなこたっぷりの草もちはおやつに美味しくいただきました。

用作公園(ゆうじゃくこうえん) 大分県豊後大野市朝地町上尾塚
2015年の用作観光もみじ祭りは11月7日~29日まで開催。
豊後大野市の観光情報は、ぶんご大野里の公社のサイトをご覧ください。
nice!(157) 
共通テーマ:旅行