So-net無料ブログ作成
検索選択

七ツ釜鍾乳洞 [長崎の観光]

160522032.jpg
長崎県西海市へ出かけて、長崎バイオパークを観光した翌日は七ツ釜鍾乳洞(ななつがましょうにゅうどう)を訪れました。七ツ釜鍾乳洞は約3千万年前に海底が隆起して出来ました。石灰質を多量に含んだ藻類などの化石を含んだ石灰質砂岩が水に浸食されて形成。他の鍾乳洞とは異なる特徴を持ち、生成年代の新しさからも希少価値が高いとされています。1936年に国指定天然記念物に指定されました。
160522152.jpg
《鍾乳洞入口》 洞穴の総延長は1,600メートル以上、一般観光できる長さは約320メートルになります。入口に咲く白い花「ナナツガママンネングサ」は、石灰岩上に稀に見られる花で日本国内では長崎県のみに分布し、絶滅が危惧されているそう。
160522162.jpg160522182.jpg
《可憐なナナツガママンネングサ、洞穴内》 温度は年間を通して14度~16度。暑い夏場は涼みに訪れるのも良さそうですね。《訪問日2016年5月》
160522282.jpg
洞穴内をゆっくり進みながら、観光コースをまわりました。狭い場所や滑る所もありますので十分ご注意ください。洞穴内に約50種類の生物がいるので、よく観察すると見つけられるかも。コウモリが飛んでいましたが、スピードが速くて撮影できませんでした。
160522272.jpg
《親子地蔵》 その姿が大小のお地蔵様のように見えることから名前が付きました。天井から落ちた炭酸カルシウムを含んだ水滴が長い年月をかけて降り積り、地面から伸びる筍のように上部へ成長。石筍(せきじゅん)と呼ばれる鍾乳石になります。1センチ伸びるのに300年~500年かかるそうなので、どれほどの年月がかかったのでしょう。
160522332.jpg
《大石柱》 観光コースの中で最も大きく、高さ約4メートル・直径約60センチ。他にも見所が点在していますのでゆっくり観察してください。自然保護洞として一般公開していない場所は、地底探検ツアーを行っています。4名以上のグループで要予約、参加費1500円。
160522472.jpg
《七ツ釜鍾乳洞資料館》 鍾乳洞の出口から管理棟へ向かう途中に資料館が建っています。鍾乳石を始め、ジュラ紀(約2億年前から)や白亜紀(約1億4千年前から)などの古代史パネル展も開催。日本にある数多くの鍾乳洞は約2億5千年前に出来たそうですよ。
160522502.jpg160522522.jpg
《結晶質石灰鍾乳石、石灰藻球 石灰岩》 この石灰岩は七ツ釜鍾乳洞を発達させたものになり、比較的浅い海で球体を作りながら成長して発達しました。初めて訪れた七ツ釜鍾乳洞は見所がたくさんあり、楽しい観光スポットでした。
160522072.jpg160522122.jpg
《名水ラムネ、ぴよぴよアイス》 管理棟の販売コーナーには、七ツ釜鍾乳洞らむね・ぴよぴよアイスなどが置かれています。ぴよぴよアイス(150円)は西海市特産のみかんと卵を使用、さわやかな甘さのオレンジシャーベットとバニラアイスが詰まっています。

七ツ釜鍾乳洞 長崎県西海市西海町中浦北郷2541-1
営業時間 4月~9月 9:00~18:00(入園受付は17:30まで)、10月~3月 9:00~17:00(入園受付は16:30まで)
入園料金 大人510円・中学生300円・小学生200円・幼児(4歳以上)100円
nice!(154) 
共通テーマ:旅行

鮨政 [長崎の観光]

160521792.jpg
長崎県西海市観光へ出かけて、伊佐ノ浦公園内にある伊佐ノ浦コテージに泊り、夕食は鮨政(すしまさ)へ向かいました。場所は国道206号線沿いにある生長の家大鳥居が目印、大鳥居向いの道を少し入った所に佇んでいます。近海で獲れる地魚を始めとする海鮮や西海市の新鮮な野菜を使い、旬の料理を提供している鮨・割烹料理店になります。
161021562.jpg16052181.jpg
《落ち着いた雰囲気の広間と個室》 カウンター席・個室・広間などがあり、個室に案内されました。メニューは、並にぎり(700円)、ちらし・サラダ巻(各500円)など寿司が手軽な値段から揃い、定食も色々と揃っています。※消費税別
160521892.jpg
《刺し身定食 1200円》 刺身好きの家族はこちらを注文。氷の上に盛られた数種類の刺身・魚の煮付け・小鉢・ご飯・味噌汁などが付いて良いボリューム。刺身は日によって違うそうですが、訪れた日は水イカ・鯛・サーモン・エタリ(鰯)などが盛られて、肉厚な鯛や水イカはコリコリとした食感。鯛の煮付けも味付けが良くて、美味しくいただきました。
160521932.jpg
《西海豚焼き定食 800円》 私は西海市のブランド豚「西海豚」を使ったこちらを注文。焼き豚・魚の煮付けまたは焼魚・小鉢・ご飯・味噌汁などが付いてリーズナブル。焼き豚はお肉の旨みがあり、魚のあら入りの味噌汁も美味しい。《利用日2016年5月》
160521962.jpg160521862.jpg
《お肉はご飯が進みます、ノンアルコールビールも注文》 定食メニューは他にも、からあげ定食(800円)・天ぷら定食(1000円)などがあります。
161021602.jpg
《刺身ランチ》 再訪時は平日(月~金)限定の刺身ランチ(980円)を注文。天ぷら・煮付け・焼き魚から1品選び、刺身盛り・ご飯・味噌汁付きです。この日の刺身はブリ・サーモン・水イカ・コノシロ・鯛など。水イカはとてもコリコリ、天ぷらのイカも弾力があります。寿司ランチも良さそうなので、また訪れたいと思います。《再訪日2016年10月》

鮨・割烹料理店 鮨政(すしまさ) 長崎県西海市西彼町喰場郷1302-2
営業時間 11:00~21:00、平日限定のランチメニューは15:00まで
定休日 水曜日(水曜日が祝日の場合は営業)
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。
nice!(139) 
共通テーマ:旅行

伊佐ノ浦コテージ [長崎の観光]

160521572.jpg
長崎県西海市にある伊佐ノ浦公園は周囲約5キロメートル。ダム湖のほとりを整備した公園になり、遊歩道・サイクリングロード・体験交流センター・レストラン・コテージ・バンガローなどがあります。湖畔に建つコテージに泊り、周辺の観光を楽しみました。
16052174.jpg
《コテージ》 2~4人用が5棟、4~8人用が2棟建ち、完全バリアフリータイプも完備。料金は時期やタイプによって異なりますが、3月~9月の場合2人~4人用は1棟12,000円。別途、管理費が1人に付き1,000(4歳以上)必要です。※消費税別料金
16052165.jpg
《2人~4人用コテージ》 窓が大きく採られて開放感があり明るい雰囲気。設備が充実していて、キッチン・冷蔵庫・電気ポット・炊飯器・食器類・料理器具一式・テレビ・バス・トイレ付き。10畳のリビングルームはテーブルやソファーも置かれて寛げる造り。
16052171.jpg16052173.jpg
《左上:ベッドルーム、右上:バスルーム》 ベッドルームには2段ベッドが2つ置かれて、クローゼットもあります。脱衣所にはフェイスタオル・バスタオル・シャンプー・歯ブラシ等も用意されていますので、身軽に行けて便利です。《利用日2016年5月》
16052167.jpg
《ウッドデッキ》 湖畔に突き出るように広めのウッドデッキが造られて、外の景色を眺めながら寛ぎました。ガーガーと鳴く声が遠くから聞こえてきたと思ったら、眼下に鴨たちが集まってきました。翌朝は係の方が鴨たちに餌やりをしてあったので、近くで見ました。
160521612.jpg160521602.jpg
《鴨たちが寄ってきました》
16052176.jpg
《伊佐ノ浦公園へ向かう道からの眺め》 西海市は眺めが良いスポットが多く、公園へ向かう高台からも良い見晴らし。自然の景色を満喫しながらドライブを楽しみましょう。

伊佐ノ浦公園 長崎県西海市西海町中浦南郷1133-48
前記事では伊佐ノ浦公園をご紹介しています。
nice!(122) 
共通テーマ:旅行

伊佐ノ浦公園 [長崎の観光]

160521332.jpg
長崎県西海市に出かけて観光の拠点に、伊佐ノ浦公園にあるコテージを利用しました。伊佐ノ浦公園はダム湖のほとりを整備した公園になり、周囲約5キロメートル。遊歩道・サイクリングロード・体験交流センター・レストラン・コテージ・バンガローなどがあります。
160521372.jpg160521382.jpg
《左上:伊佐ノ浦交流館、右上:レストラン》 交流館で受付を済ませて、車でコテージに向かいます。交流館横にレストランがあり、営業中の札が出ていたので行ったところ、ドアに鍵がかかっていました。チェックイン前にレストランで休憩しようと思いましたが残念。
160521572.jpg
《湖畔に並ぶコテージ》 湖に突き出るように建てられたコテージ、森の中にはバンガローが造られています。自然豊かなロケーションの中、キャンプを楽しみましょう。
160521422.jpg160521442.jpg
《ウォーターデッキ》 レンタルボート乗り場になり、足でこぐスワンボートが楽しそう。土日や夏休みなど、お子さん連れで賑わっているのかもしれませんが、訪れた平日は公園内の利用者が少なくて静かに過ごせました。《利用日2016年5月》
160521522.jpg
《伊佐ノ浦ダム》 1987年に完成し、ダムからの取水は西海市西海町域の農地約500ヘクタールに供給されているそう。流れ落ちる様子は水のカーテンのようでした。
160521472.jpg
《白野吊り橋》 緑豊かな伊佐ノ浦渓谷に造られた吊り橋は1994年に完成。長さ40メートル、幅1.2メートル、床は杉正角材が使われています。ダムの所から吊り橋までは、約100メートルの距離でした。道が狭いので、徒歩で向かわれるのがオススメです。
160521502.jpg

伊佐ノ浦公園 長崎県西海市西海町中浦南郷1133-48
入園料:日帰り利用には美化協力金100円
次記事では宿泊した伊佐ノ浦コテージをご紹介いたします。
nice!(119) 
共通テーマ:旅行

崎戸歴史民俗資料館 [長崎の観光]

160522682.jpg
長崎県西海市観光へ出かけて、大島大橋を渡って大島町観光、大島町からまた橋を渡って崎戸町観光へ。観光マップの中から「崎戸歴史民俗資料館」(入館料無料)を訪れました。炭鉱記念公園内にあり、1階は井上光晴文学室、2階が崎戸歴史民俗資料館になります。
160522662.jpg
《展望所からの眺め》 見晴らしの良い景色が広がっています。
160522712.jpg
館内は捕鯨や炭鉱の歴史を紹介する様々な資料を展示。江戸時代、捕鯨がたいへん盛んで基地となった崎戸は繁栄しました。飾られている鯨の骨格標本は1988年に長崎近海で捕獲されたミンク鯨のもの。鯨組による勇壮な捕鯨の様子が錦絵に描かれています。
160522732.jpg
明治末期から昭和にかけて大島や崎戸は炭鉱の町としてとても栄え、採炭の様子も紹介されています。最盛期は崎戸町の人口が約2万5千人、小学校は4つあったそうです。現在の人口は約1,200人、小学校は1つですよと係の方が丁寧に説明してくださいました。

崎戸歴史民俗資料館 長崎県西海市崎戸町蛎浦郷1224-5
営業時間 9:00~17:00、休館日 月曜日・祝日・12月29日~1月3日
入館料金 無料
nice!(133) 
共通テーマ:旅行

北緯33度線展望台 [長崎の観光]

160523252.jpg
長崎県西海(さいかい)市は西彼杵半島の北部に位置し、自然の風景を楽しめるスポットが点在しています。周囲約4キロメートルの崎戸島へ渡り、ホテル咲都(さきと)でランチと温泉を楽しんだ後は、近くにある「北緯33度線展望台」へ向かいました。
160523282.jpg
《旧日本海軍の施設跡》 展望台手前にある建物は、旧日本海軍の特設見張所の中の聴音所として1938年(昭和13年)に建設。終戦までの7年間、海底のスクリュー音などをキャッチしていたそう。悲惨な戦争が二度と起きないように、後世に残すため保存されています。
160523302.jpg
《展望台》 北緯33度線に位置する展望台は周囲をぐるりと見渡せて眺めが良く、お天気が良い日は海の彼方に五島列島も見えるそうですよ。記念撮影用のフォトフレームが設置されていますので、綺麗な夕陽をバックに記念撮影はいかがでしょう。
160523362.jpg
《ホテル咲都側の眺め》 前記事ではホテル咲都のランチ(海鮮丼・西海豚を使ったステーキ重など)や温泉をご紹介しています。《訪問日2016年5月》

北緯33度線展望台 長崎県西海市崎戸町本郷362-1
nice!(120) 
共通テーマ:旅行

ホテル咲都 [長崎の観光]

160522812.jpg
長崎県西海(さいかい)市へ出かけて、大島観光の後は橋を渡って崎戸町へ向かいました。崎戸町は蛎浦(かきのうら)島・崎戸島・江島・平島の4つの有人島と、神床(みとこ)島など大小7つの無人島からなっています。崎戸島は周囲約4キロメートル、綺麗な夕日が望める高台に建つホテル咲都(さきと)を訪れました。《訪問日2016年5月》
160523212.jpg160522832.jpg
《左上:ロビー、右上:神床海老の顔出しパネル》 客室は和室・洋室・和洋室があり、全室オーシャンビューの良い眺め。料理は地元の海の幸が味わえ、神床(みとこ)島沖で獲れる伊勢海老「神床海老」が名物。1キロを超える大物もいるそうですよ。
160522922.jpg
《展望レストラン さざんか》 日帰りでランチを利用しました。大きく採られた窓の向こうには海が広がっています。メニューは、西海ポークすき焼き風さいかい丼(1000円)・天丼(1100円)・海鮮丼(1400円)、伊勢海老付きの御床御膳(3100円)など。
ランチ営業時間 11:00~14:00(OS13:30)
160522982.jpg
《海鮮丼 1400円》 たれで味付けされた刺身の上に、魚の天ぷらとトマトをトッピング。海鮮丼にトマトは珍しいかなと思いますが、西海市はトマトが特産だからかも。吸物は付いていませんので、伊勢海老出汁のあおさ味噌汁(150円)も注文しました。
160523032.jpg
《ポークレモンステーキ重SP 1500円》 西海市のブランド豚「西海豚」を使ったメニューになり、地魚の刺身・茶碗蒸し・伊勢海老出汁のあおさ味噌汁付き。西海豚は脂肪分が少なめで味がまろやか、レモン風味でさっぱりといただけます。
160523102.jpg160523072.jpg
《左上:浴場入口、右上:休憩所》 食事利用で入浴料がサービスになると伺い、利用しました。浴場手前に畳敷きの休憩スペースがあり、マッサージ機が置かれています。
160523112.jpg
《大浴場 男性用》 内湯のみですが窓が大きく採られて開放感ある造り。女性用は外から見えないように目隠しがあります。浴槽は仕切られて打たせ湯や寝湯があり、泉質はラジウム温泉。洗い場には馬油シャンプー・柿渋ボディシャンプーなどが置かれていました。

ホテル咲都(ほてるさきと) 長崎県西海市崎戸町本郷362-1
外来入浴時間 11:00~22:00、入浴料金 300円
nice!(143) 
共通テーマ:旅行

百合ヶ岳公園 展望台 [長崎の観光]

16052263.jpg
長崎県西海市は西彼杵半島の北部に位置し、起伏に富んだ地形で眺めの良い風景が広がっています。大島大橋(長さ1,095m)を渡って大島町・崎戸町観光へ出かけました。大島は東西約3.5km、南北約4.5km、1周約16キロメートルの島です。大島で1番高い百合ケ岳に造られた百合ケ岳公園へ向かいます。《訪問日2016年5月》
16052351.jpg
園内にはキャンプ場・野外音楽堂・展望台などがあり、春は桜見物やピクニック、夏はキャンプで賑わうそう。展望台は白い巻き貝のような形をして、らせん状の階段を上がっていきます。階段を上がった所からの眺めも良いですが、はしごで最上部へ登りました。
1605235322.jpg
《展望台からの眺め》 周囲をぐるりと見渡せて、眼下には大島の町並みが広がっています。左奥に見える白い橋が大島大橋、その手前の赤い橋が寺島大橋です。霞んでいましたが、良い見晴らしでした。夏には星を散りばめたような漁り火を見ることが出来るそうですよ。

百合ケ岳公園(ゆりがたけこうえん) 長崎県西海市大島町5642-1
西海市の観光情報は観光協会の公式サイトをご覧ください。
nice!(122) 
共通テーマ:旅行

太田尾教会 [長崎の観光]

16052342.jpg
長崎県西海市大島は、かつて炭鉱でとても栄えた島で、現在は造船が主要な産業となっています。観光マップの中から、大島トマト農園を訪れた後は「太田尾教会」へ向かいました。
海沿いに眺めの良い景色が続くサンセット片島通りを走り、太田尾港から山手の集落へ。坂道を上っていきますが場所が分からずに、一方通行の道を2周してしまいました。一方通行の狭い坂道を登りきって約100m進むと、教会用の駐車場(7台分)があります。
16052347.jpg
現在の教会は信徒の手で1929年に建てられました。館内は撮影禁止のため、写真はありませんが、ゆったりとした空間に厳かな雰囲気が漂っています。天井は長崎の教会建築に多く見られるリブ・ヴォールト天井(通称コウモリ天井)ですが、こちらの教会は柱がありません。
160523502.jpg16052345.jpg
ゴシック様式のステンドグラスが綺麗でした。教会参拝の後は、大島を一望できる百合ヶ岳公園の展望台を目指します。《訪問日2016年5月》

太田尾教会 長崎県西海市大島町太田尾4522
西海市の観光情報は観光協会の公式サイトをご覧ください。
nice!(147) 
共通テーマ:旅行

大島トマト [長崎の観光]

16052263.jpg
長崎県西海市観光へ出かけて、大島大橋を渡り大島へ。大島は一周約16キロメートル、昔は炭鉱でとても栄えた島です。長さ1,095メートルの大島大橋は平成11年11月11日、11時11分11秒に開通しました。写真は橋そばにある大島大橋公園から撮りましたが、眺めが良くて休憩にもオススメ。公園へ向かう道沿いに大島・崎戸観光案内所があり、立ち寄った際にもらった観光マップの中から大島トマト農園へ向かいます。
160523562.jpg
大島造船所が運営する「大島トマト農園」で作られる大島トマトは高級ブランドトマトです。水を極限まで与えずに育てる農法で完熟高糖度のトマトが完成。普通のトマトの糖度は6%ほどですが、大島トマトは糖度が9%以上になるものも。トマト狩り(2月初旬~5月初旬頃)が出来て、料金は入園料300円、持ち帰りのみになり1kg1,300円。
16052360.jpg
訪れた時期は5月後半でしたが、今年はまだトマト狩りが出来て店頭販売もありました。袋入りのトマトがたくさん並び、特選(糖度9%以上)は1kg入り1,500円。
160523612.jpg160523592.jpg
《左上:ルビーのしずく、右上:ジュースも販売》 箱入りのルビーのしずくは贈り物にも喜ばれそうですね。トマトジュースは2,600円、みかんジュースは1,000円(各1リットル入り)。ジュースは近くのオリーブベイホテルのショップでも見かけました。
160523662.jpg
大島トマトは筋が入り先がピンと、とがった形をして実が詰まっています。そのまま味わった後は、サラダにも使いました。今回は比較的手軽な銀ラベルを買いましたが、高級な金ラベルはさらにフルーティな美味しさでしょう。《訪問日2016年5月》
16052801.jpg
《サラダに使用しました》
160523772.jpg
《肥前大島港から撮影》 桟橋付近から眺めましたが、大きなクレーンや船が目を惹きます。大島造船所は1973年創業、2010年には500隻目の引渡しを達成しました。1988年に大島トマト栽培を開始し、今では地元を代表する特産品となっています。

大島造船所 農産事業部 長崎県西海市大島町1131-1
詳しい情報は大島造船所の公式サイトをご覧ください。
nice!(141) 
共通テーマ:グルメ・料理