So-net無料ブログ作成
検索選択
長崎の観光 ブログトップ
前の10件 | -

大野教会堂 [長崎の観光]

160525582.jpg
長崎市観光に出かけて、外海(そとめ)エリアへ向かいました。キリシタン関連施設の中から、黒崎教会・出津(しつ)教会・旧出津救助院などを訪れた後は、大野岳の中腹に建つ「大野教会堂」へ。駐車場から約200m、石段をのぼって向かいます。
160525622.jpg
《石段が続きます》 
160525652.jpg
出津教会の巡回教会として、1893年にド・ロ神父によって建てられました。伝統的な民家建築の技術を基本として、西洋技術も取り入れた造りになっています。
16052569.jpg
《ド・ロ壁》 教会の壁には赤土に石灰を混ぜて石材を積み上げる独特の「ド・ロ壁」が採用されています。1879年、この地に赴任したフランス人神父のド・ロ神父は村人のために、惜しみなく私財を投じて、献身の生涯をおくられたそう。《訪問日2016年5月》
160525762.jpg160525752.jpg
《ひなたの匂い》 大野教会堂の駐車場そばに建つ「ひなたの匂い」は眺めの良いカフェです。メニューはパスタ・ピザ・ケーキセットなどがあるようですよ。

大野教会堂(大野教会) 長崎県長崎市下大野町2619
nice!(107) 
共通テーマ:旅行

出津教会堂と関連施設 [長崎の観光]

16052537.jpg
長崎市観光に出かけて、外海(そとめ)エリアにあるキリシタン関連施設を訪れました。キリシタン禁教の時代に隠れ信徒が多く居住し、信仰を守り続けた外海エリアにはキリシタン施設が点在。地元の人々に「ド・ロさま」と親しまれているド・ロ神父が残した偉大な功績を感じながら、少し巡ってきました。《訪問日2016年5月》
160525492.jpg
《出津教会堂》 フランス人宣教師ド・ロ神父により設計施工された教会になり、1882年の建設。全長37m、幅11m、軒高3.5mの大きさ、天井が低いのは海からの強風を考慮したものだそう。中を拝観しましたが、とても広々としていました。
160525472.jpg
《長崎市ド・ロ神父記念館》 出津教会堂周辺を見てまわりました。こちらの建物は1885年に鰯網工場として建設され、現在はド・ロ神父ゆかりの品々を展示しています。入館料:一般300円、小・中・高校生100円(長崎市外海歴史民俗資料館との共通入館料)
160525442.jpg
《旧出津救助院》 ド・ロ神父が女性の自立支援のために1883年に建設。木造2階建てになり、1階では織物・縫物・素麺などの食品加工を行い、2階は修道女の生活の場などに使用されていたそう。拝観料:一般300円、中・高校生200円、小学生以下150円
160525452.jpg
ド・ロ神父ゆかりの特産品(そうめん・ふしめん・長崎スパゲッチー)はお土産にも人気で、旧出津救助院や近くの道の駅 夕陽が丘そとめなどでも販売。ド・ロ神父は色々な施設を建設していて、マカロニ工場は日本初と言われています。その製法を復刻した「長崎スパゲッチー」はモチモチの食感です。つるつるとしたド・ロさまそうめんもオススメですよ。
1605254212.jpg
《憩いのパビリオン》 フランスのパリ外国宣教会に現存する建物や資料をモチーフに造られました。参考にした建物はド・ロ神父の最初の建築と言われ、日本に旅立つ前にド・ロ神父が最後の祈りを捧げたと伝わっています。

前記事では道の駅夕陽丘そとめ、次記事では大野教会堂をご紹介いたします。
nice!(112) 
共通テーマ:旅行

道の駅 夕陽が丘そとめ [長崎の観光]

160525292.jpg
長崎市観光へ出かけて、外海(そとめ)エリアを訪れました。綺麗な夕陽スポットとして知られる「ながさきサンセットロード」をドライブして、「道の駅夕陽が丘そとめ」へ。角力灘(すもうなだ)を見晴らす立地になり、とても良い眺め。物産販売所・レストラン・休憩所などがあり、隣接して「遠藤周作文学館」が建っています。
160525362.jpg
《見晴らしの良い眺め》 
16052537.jpg
《長崎市外海の石積集落景観》 周辺には歴史深いスポットが点在し、独特の石積み風景を数多く見ることが出来ます。キリシタン禁教の時代に隠れ信徒が多く居住し、信仰を守り続けた外海一帯にはキリシタン施設が点在。この後、ド・ロ神父記念館、出津教会堂、旧出津助産院大野教会堂、黒崎教会堂などを拝観しました。《訪問日2016年5月》
160525342.jpg
物産販売所には地元の特産品が並び、幻のそうめんと言われる「ド・ロさまそうめん」をお土産に購入しました。ド・ロさまそうめんの由来はフランス人宣教師ド・ロ神父。私財を投じて、出津の人々に素麺・マカロニ・パン作りの技術を教えたそうです。
161021362.jpg
惣菜コーナーで「ド・ロさまそうめん」を見つけて買いました。つゆをかけてぶっかけでいただきましょう。麺はつるつるの良い喉ごし、美味しくいただきました。レストランでは地元の食材をふんだんに使ったランチバイキング(中学生以上1200円)が好評です。
161021292.jpg
《遠藤周作文学館》 遠藤周作(1923~1996年)の代表作「沈黙」に登場する村のモデルの1つであったこの地に開館。沈黙の文学世界をイメージした館内になり、生前の愛蔵品も数多く展示。2016年にハリウッド映画「沈黙ーサイレンス」が公開されました。

道の駅 夕陽が丘そとめ 長崎県長崎市東出津町149-2
遠藤周作文化館 観覧料:一般360円、小・中・高校生200円
nice!(121) 
共通テーマ:旅行

遠江屋本舗 [長崎の観光]

170423972.jpg
長崎県・雲仙旅行へ出かけて、観光スポットを巡りました。雲仙温泉では雲仙地獄を観光した後に温泉街を少し見てまわり、その中から通りに建つ「遠江屋本舗」(とおとうみやほんぽ)へ寄りました。雲仙土産の定番「湯せんぺい」を製造販売していて、カステラ・チェリー豆・うに豆など、長崎のお土産品も置かれています。《利用日2017年4月》
170424042.jpg
《手焼き実演》 小麦粉・卵・砂糖・温泉水を使って作る「湯せんぺい」は素朴なせんべいです。工場生産品とは別に、昔ながらの手焼きでも作ってあり、実演を見ることが出来ます。
170424052.jpg
焼き立ての「みみ付き湯せんぺい」を1枚(80円)購入して、店内のベンチでいただきました。パリッとした湯せんぺいは、みみの部分は少し厚みがあり、もちもちの食感。商品にする際に、みみの部分は切り落とされるため、みみ付きが味わえるのは珍しいと思います。
17042407.jpg
《純一枚手焼き雲仙湯せんぺい》 製造の始まりは、温泉好きとして知られた島原藩第8代藩主の松平忠和公に献上するお菓子として誕生したそう。昔ながらの製法を守り続ける手焼きタイプはレトロなパッケージで販売し、1箱10枚入りで650円。
17042408.jpg
《温泉ゴーフレット 165円》 アレンジした商品も並び、ハーブクリームを使った温泉ゴーフレット・みみの部分を使った湯せんぺいチョコバー・湯せんぺい&ソフトクリームなどもあります。湯せんぺいの手焼き体験(期間限定・要予約)も楽しそうですね。

雲仙湯せんぺい 遠江屋本舗(とおとうみやほんぽ) 長崎県雲仙市小浜町雲仙317
営業時間 8:30~22:00、定休日 不定休
nice!(106) 
共通テーマ:旅行

温泉神社(雲仙市) [長崎の観光]

17042396.jpg
長崎県・雲仙温泉へ出かけて、雲仙地獄観光の後は温泉(うんぜん)神社を訪れました。もともと雲仙の名称は「温泉」と書いて「うんぜん」と読んでいましたが、1934年(昭和9年)に雲仙が国立公園に指定されたことを機に「雲仙」と変更されました。
17042385.jpg
温泉神社の歴史は古く、今から約1300年前の701年に創建。標高約700メートルに位置する雲仙は避暑地として栄え、温泉地としても賑わいました。雲仙地獄観光を楽しんだり、神社に参拝される方も多かったでしょうね。《訪問日2017年5月》
17042392.jpg
《奥の院》 拝殿の左裏手へまわると、パワースポットとして密かに人気の「奥の院」と「夫婦柿」があります。奥の院の祈願方法は、社殿の周囲に張られた水路の淵を左手より願いを唱えながら3回まわります。水路に足が落ちないように気をつけてまわりましょう。
17042388.jpg
《夫婦柿》 縁結びに御利益があると言われる、夫婦(めおと)柿は2本が寄り添うように立っています。祈願方法は両手で柿の木を抱き、2本一緒に下から上に撫で上げて願いを唱えます。その後に続けて、榊で神水を浴びると良いそうですよ。
170423942.jpg170423952.jpg
《絵馬やお守り》 

温泉神社(うんぜんじんじゃ) 長崎県雲仙市小浜町雲仙319
以前の記事では雲仙地獄仁田峠雲仙ロープウェイかせやカフェ(ベーカリー・カフェ)をご紹介しています。次記事では遠江屋本舗(湯せんぺい)をご紹介いたします。
nice!(114) 
共通テーマ:旅行

雲仙ロープウェイ [長崎の観光]

10112143.jpg
1934年(昭和9年)、日本初の国立公園に指定された長崎県・雲仙は四季折々の景色が楽しめる観光地です。仁田峠に造られた全長約8kmの「仁田峠循環道路」を走り、眺めの良いスポットへ到着しました。雲仙ロープウェイが運行していますので、仁田峠駐車場近くにある仁田峠駅から妙見岳駅(標高1300m)まで利用しました。
17042465.jpg17042441.jpg
ロープウェイは片道利用も出来ますが、山道は体力的に自信がないので往復利用することにしました。乗車券を購入してゴンドラへ乗り込み、4分~8分毎の発車を待ちます。中は前後に座席が少し設けられて、窓が大きく採られています。
17042434.jpg
《妙見岳駅まで上がっていきます》 妙見岳駅までは約500メートル、ゴンドラがゆっくり進み約3分で到着します。高所恐怖症の私は下を見るのは少し怖かったのですが、景色が良くてとても気持ちの良い空中散歩です。《利用日2017年4月》
17042444.jpg
雲仙市街地や有明海も見えて雄大な景色が広がっています。春はミヤマキリシマ、夏は新緑やヤマボウシ、秋の紅葉、冬の花ぼうろう(霧氷)など、四季折々に楽しめます。とくにミヤマキリシマや紅葉が見頃の時期は、たくさんの観光客で賑わっています。
17042447.jpg17042449.jpg
《展望所へ》 駅に着いてすぐ広めの展望所があり、そこから景色を眺めました。更に高い場所に展望所があることに気が付いたので向かい、2分ほどで到着しました。
17042452.jpg
《平成新山側の眺め》 1990年に噴火した普賢岳山頂が間近に見えます。噴火後に出現した溶岩ドームは成長と崩壊を繰り返しました。1995年5月に噴火活動がようやく停止状態になり、平成新山と命名されました。高さは1483m、長崎県で一番高い山です。
17042455.jpg
《雲仙温泉街方面の眺め》 訪れた日は遠くまでよく見えて、島原半島の先端まで見えました。中央の芝生があるスポットは雲仙ゴルフ場、右手に見える池は雲仙温泉街そばにある「おしどりの池」(周囲2.7km)です。霞んでいないと、更に良い眺めでしょうね。
07051449.jpg
《以前撮影しました》 5月中旬から6月上旬にかけて、仁田峠一帯で「ミヤマキリシマ」が見頃になります。ツツジの一種になり、九州各地の高山に分布しています。またいつか見頃の頃に訪れて、ロープウェイに乗って空からの花景色を楽しみたいと思います。

雲仙ロープウェイ 長崎県雲仙市小浜町雲仙
料金 大人:往復1260円(片道630円)、子供:往復630円(片道320円)
前記事では仁田峠をご紹介しています。
nice!(135) 
共通テーマ:旅行

仁田峠 [長崎の観光]

090606742.jpg
長崎県・雲仙温泉へ出かけて、雲仙地獄・温泉神社・温泉街散策などを楽しみ、次は仁田峠へ向かいました。仁田峠に造られた全長約8kmの「仁田峠循環道路」は、以前は有料道路でしたが、2009年4月より無料になりました。ゲートで環境保全協力金(100円)を入れて、進みます。前回来た時は濃霧のため通行止めでしたので、今回は通行出来て良かった!
1704241033.jpg
《第2展望所》 第1展望所へ向かう途中にある、第2展望所に寄りました。正面に見える高い山が平成新山(1483m)、左が普賢岳(1359m)になります。ご記憶にある方も多いと思いますが、普賢岳の大火砕流が発生したのは今から26年前になります。
090606802.jpg
《2009年6月撮影》 1990年、雲仙普賢岳は198年ぶりに噴火しました。溶岩ドームが出現し、翌年1991年には大規模火砕流が発生。溶岩ドームは成長と崩壊を繰り返し、1995年5月に噴火活動がようやく停止状態になり、平成新山と命名されました。
170424132.jpg
第2展望所から島原市街地や有明海が見えて、霞んでいない時は遠くの九重連山(大分県)も望める見晴らしの良さです。次回来る時は霞んでいないと良いのですが。景色を眺めたら、車を少し走らせて第1展望所へ向かいます。《訪問日2017年5月》
17042474.jpg
《雲仙ロープウェイ》  仁田峠駐車場近くにある仁田峠駅から妙見岳駅(標高1300m)まで、雲仙ロープウェイが運行していますので、この後利用しました。
17042478.jpg
《雲仙温泉街方面の眺め》 売店脇の道を進むと、おしどりの池や雲仙温泉街方面が見える眺めの良い場所があります。眼下に見える芝生は1913年に開業した「雲仙ゴルフ場」です。避暑地として栄えた雲仙は数多くの方が訪れて、ゴルフを楽しまれたでしょうね。

仁田峠 長崎県雲仙市小浜町雲仙
通行可能時間 8:00~18:00(11月~3月は17:00まで)
次記事では雲仙ロープウェイをご紹介いたします。
nice!(125) 
共通テーマ:旅行

雲仙地獄 [長崎の観光]

16122420.jpg
長崎県・島原半島のほぼ中央に位置する雲仙は、古くから温泉地として栄えてきました。雲仙温泉には大小の旅館や共同浴場が点在し、温泉街の通り沿いに「雲仙地獄」が広がっています。遊歩道が綺麗に整備されたと聞いて、観光に出かけました。
17042370.jpg
《お糸地獄》 雲仙地獄には30ヶ所ほどの地獄が点在して、お糸地獄・邪見地獄・大叫喚地獄・八幡地獄・清七地獄・雀地獄などの名前が付けられています。地獄からモウモウとあがる湯けむりは見応えがあり、あたり一面に硫黄の香りが漂っています。
17042376.jpg
《大叫喚地獄》 雲仙地獄の中で最も活発に湯けむりがあがる大叫喚地獄は、ゴーッと聞こえてくる噴気音が地獄に落ちていく亡者の絶叫のようにも聞こえることから名前が付いたそう。展望所から、迫力のある風景を間近に見ることができます。
17042380.jpg
《地獄の中に遊歩道が続き、約20分散策しました》 
17042378.jpg
《ミヤマキリシマ》 咲き始めたミヤマキリシマを遊歩道脇で見つけました。雲仙・阿蘇・霧島・九重など九州各地の高山に分布。雲仙地獄周辺では毎年4月下旬から咲き始め、仁田峠一帯は5月中旬から6月上旬頃が見頃になります。《撮影日2017年4月23日》
07051436.jpg

雲仙地獄 長崎県雲仙市小浜町雲仙
雲仙温泉観光の詳しい情報は雲仙温泉観光協会のサイトをご覧ください。
nice!(122) 
共通テーマ:旅行

そば処 一粒 [長崎の観光]

17043017_edited.jpg
長崎県西海市に出かけて、国道209号線沿いにある蕎麦店へ寄りました。そば処 一粒(いちりゅう)は大村湾を望む眺めの良い高台に建ち、一軒家を利用して趣のある雰囲気。以前、長崎バイオパークへ向かう途中で店を見かけて、いつか訪れたいと思っていました。
17043020.jpg
《風情漂う玄関》
170318142.jpg
《眺めの良い座敷席》 案内された座敷はテーブル席が並び、窓の向こうには眺めの良い海景色が広がっています。メニューは、かけ蕎麦・せいろ蕎麦(各650円~)、きのこ蕎麦(750円)、西海ポーク蕎麦(900円)、鴨せいろ蕎麦(1300円)など。 
170430282.jpg
《天ぷらせいろ蕎麦 1100円》 天ぷらの盛り合せと、せいろ蕎麦付き。こちらのお店は長野県に本社がある会社が経営していて、有機無農薬栽培で育てた信州蕎麦を提供しています。せいろ蕎麦はよく冷えて、海老の天ぷらはふわっと揚がっています。
170318252.jpg
《サービスのサラダコーナー》 自社農園で育てた野菜が並び、ベビーリーフ・朝採れレタス・人参・トマト・りんご・揚げ蕎麦などがセルフサービス。人参ドレッシングと玉葱ドレッシングも用意されて、新鮮野菜&ドレッシングも美味しい。《利用日2017年3月》
170318342.jpg
新玉ねぎは辛みがなくて食べやすく、甘みの強いトマトはとくに気に入りました。西海市の栄養豊富な土壌、水分を制限しながら栽培するトマトは糖度が高く、旨味が増すそう。サービスのサラダはおかわり自由ですので、ベビーリーフやトマトもいただきました。
170318432.jpg
《蕎麦天丼ランチ》 別の日に訪れた際は、平日(月~土)限定のお得なランチメニューから、せいろ蕎麦又はかけ蕎麦・ミニ天丼が付いた蕎麦天丼ランチ(950円)を注文しました。この日もセルフサービスの野菜サラダをいただいて、満足のランチです。
170318372.jpg
《蕎麦きのこおこわランチ》 こちらも平日限定ランチメニューになります。きのこおこわ又はあげおこわ・せいろ蕎麦又はかけ蕎麦・日替わり小鉢付きで850円はリーズナブル。あげおこわは外側がパリパリ、中はもっちりとした食感です。
170318172.jpg
《自社農園の野菜などを販売》 自社生産のぶなしめじ「ぶなクイーン」は軸が太くて、ぷりっとした食感。朝採れレタス・トマト・玉葱・人参・スイスチャード(ほうれん草に似た野菜)などもリーズナブルに販売していますので、オススメです。

そば処 一粒(いちりゅう) 長崎県西海市西彼町八木原郷21-2
営業時間 11:00~15:00(OS14:00)、土日祝は11:00~16:00(OS16:00)、夜の営業は予約制。定休日 火曜日
詳しい情報は店舗(ミスズライフ)の公式サイトをご覧ください。
nice!(117) 
共通テーマ:グルメ・料理

銀座食堂 [長崎の観光]

170107602.jpg
長崎県・島原観光に出かけて、島原市のアーケード街周辺を散策しました。島原城の城下町として栄え、郷土料理は具雑煮・かんざらし・島原手延べそうめんなどが有名。今回は地元の方に人気の「銀座食堂」を訪れました。《利用日2017年1月》
170107652.jpg
建物は昭和レトロな感じで、地元に長く親しまれている雰囲気が伝わってきます。映画「まぼろしの邪馬台国」(2008年公開)のロケが銀座食堂で行われて、吉永小百合さん・綾小路きみまろさんの出演シーンに登場。店内にも吉永さんの写真が飾られています。
170107662.jpg170107712.jpg
《趣きがある店内》 広めの座敷とテーブル席があり、家族連れの方も多く賑わっていました。メニューは具雑煮・ちゃんぽん・皿うどん・丼物・カレーライス・オムライス・うどん・蕎麦などバラエティ。かんざらし・ミルクセーキ・白熊金時などもあります。
170107772.jpg
《具雑煮 930円》 丸餅5個・焼き穴子・玉子焼き・鶏肉・白菜・里芋・高野豆腐など、たくさんの具が入り、出汁の風味がしっかりとした味わい。雑煮は、お正月のイメージですが、島原ではお正月以外にも色々なシーンで食卓にのぼり、郷土料理となっています。
170107732.jpg
《ちゃんぽん 600円》 地元の方にちゃんぽんも美味しいですよ、と教えていただき注文しました。シャキシャキのもやし、椎茸も入っています。和風な感じのスープは優しい味わい。ちゃんぽんも具雑煮も各店で違いがあり、食べ比べも楽しいと思います。

銀座食堂 長崎県島原市中堀町39-1
営業時間 11:00~20:00、定休日 金曜日
以前の記事では、具雑煮(姫松屋)かんざらし(銀水)などを紹介しています。
nice!(124) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 長崎の観光 ブログトップ