So-net無料ブログ作成
検索選択

キッチン ヴェロン [福岡の観光]

170129032.jpg
福岡県三井郡大刀洗町(たちあらいまち)にある、レストラン「Kitchen Veron」へ出かけました。場所は久留米市から朝倉市方面へ向かう途中、西鉄大牟田線大堰駅から徒歩2分ほど。2014年3月のオープン以来、安くて美味しいイタリアンが評判となっています。
170129052.jpg
《カジュアルな店内》 パスタやピッツァを始め、ステーキ・ブイヤベース(トマト鍋)・アヒージョ・パエリアなど多彩な料理が味わえ、お酒も揃っています。ピッツァ(オリジナル・チーズベース・トマトベース)は持ち帰りも出来て、どれもリーズナブル。
170129102.jpg
《どか盛サラダ》 ランチメニューから注文したヴェロンランチは、今月のピッツァまたはパスタ・どか盛サラダ・ドリンクが付いて980円。地元の新鮮野菜を使った「どか盛サラダ」はボリュームが多く、お替り1回無料のサービスは嬉しいですね。
17012911_edited2.jpg
《ベーコンとカリブロのトマトクリームパスタ》 今月のパスタとピッツァはそれぞれ7種類用意してあり、友人Oさんはトマトベースのパスタからチョイス。形が面白いロマネスコやベーコンが入って、良いボリューム。《利用日2017年1月》
17012912_edited2.jpg
《牡蠣とゴルゴンゾーラリーズのクリームパスタ》 友人Iさんが選んだクリームパスタも風味が良くて、ぷりぷりの牡蠣入り。美味しい料理に話が弾み、楽しい食事会となりました。 
17012913_edited2.jpg
《シェアしていただきました》 3人で利用したので、パスタ2種類とピッツァ1種類を注文してシェアしました。ランチのドリンクも種類が多く、私はトロピカルベリーベリーMIX、友人はコーヒーをチョイス。選べるデザート(250円)もオススメです。
17012914_edited2.jpg
《4種類のチーズピッツァ》 どのピッツァも魅力的ですので、目移りしながら選びました。選んだピッツァはチーズの風味が良くて、クリスピー生地はカリカリの食感。
17012915.jpg
《お好みで蜂蜜をどうぞ》 チーズと蜂蜜も合いますね。ランチは他にも、三元豚ヒレカツカレーセット・本日のきまぐれドリアセット(各900円)などもあります。以前から気になっていたお店なので、食事が出来て大満足でした。予約してくれた友人に感謝です。

Kitchen Veron 福岡県三井郡大刀洗町冨多1240-1
営業時間 ランチタイム11:00~15:00(OS)、おやつタイム15:00~17:00(予約制)、17:00~22:00(OS)
詳しい情報は店舗のFacebookをご覧ください。

ミルクたっぷり2本セット ミルクたっぷりいちごの梅酒 研醸 720ml×2本

ミルクたっぷり2本セット ミルクたっぷりいちごの梅酒 研醸 720ml×2本

  • 出版社/メーカー: じざけやリキュール
  • メディア:



nice!(123) 
共通テーマ:グルメ・料理

杉能舎 パン工房 [福岡の観光]

161123032.jpg
福岡市西区にある杉能舎(すぎのや)へ酒造見学に訪れて、敷地内にあるパン工房に寄りました。隣には麦酒工房があり、向いのテラス席は冬季限定で牡蠣小屋になります。
161123052.jpg
《酒粕ベーグル》 酒蔵ならではの酒粕ベーグル(180円~)が評判。福岡県産の小麦粉に大吟醸の酒粕を練り込んで作られています。酒粕の独特な風味と、もちもちとした食感が特長。卵・牛乳・バターは使われていません。《利用日2016年11月》
16112308233.jpg161123102.jpg
酒粕ベーグル以外のパンも種類があり、あんこクロワッサン・はちみつバタークロワッサン・極上アップルパイ・メープルピーカンなどが並んでいます。独特な結び目が特徴のプレッツェル(写真)も人気。購入したパンを麦酒工房のテーブルに座っていただきました。
161123152.jpg
手前右から時計まわりに、酒粕プレーン(180円)、酒粕チーズ(250円)、酒粕チョコチップ(250円)です。もっちりとした生地で甘みのある味。温めてもらったところ、ふわっとした食感になりました。一緒に出かけた友人は1個で食べ応えがあるとの感想。
161123162.jpg
プチサイズのパンを3種類(各90円)と、地ビールパン(180円)も購入しました。カイザーゼンメル(手前左)は王冠に似ている形から皇帝の名前が付いたオーストリア生まれのパンです。地ビールパン(奥)はホップの風味があり、カリッとしたくるみが良い食感。
161123202.jpg161123192.jpg
《コーヒー、地ビールとともに》 友人はコーヒー、私は地ビールを注文。ベーグルサンドを店舗HPで見たのですが、訪れた日は販売していなくて残念でした。団体バスの観光客や牡蠣小屋(冬季限定)を利用する方も多くて、敷地内は賑わっていました。

浜地酒造 杉能舎(すぎのや) 福岡県福岡市西区元岡1442
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。
前記事では、酒造売店・資料館・麦酒工房をご紹介しています。
nice!(129) 
共通テーマ:旅行

杉能舎 [福岡の観光]

161123022.jpg
福岡県糸島観光に出かけて、九州大学伊都キャンパス近くにある杉能舎(すぎのや)を訪れました。1870年創業の造り酒屋で、地酒や地ビールを始めリキュールなども販売。敷地内には酒造売店・資料館・麦酒工房・パン工房があり、冬季は牡蠣焼き小屋がオープン。
161123382.jpg161123402.jpg
《酒造資料館》 約140年前の酒蔵を使った資料館になり、昔ながらの酒造りの様子をパネルを使い使い分かりやすく紹介。地ビールのラベルも色々と展示されています。
161123332.jpg
《酒造売店》 色々なお酒が並び、試飲を楽しみながら買物が出来ます。赤紫蘇の色が鮮やかな梅酒、チョコレートリキュールなど女性好みのお酒も揃っていますよ。お菓子もあり、レーズン&かりんとう、酒粕飴(ノンアルコール)なども手頃な値段。
161123262.jpg
《ヨーグルトを使ったリキュール》 こだわりの生乳「伊都物語」を使い、濃厚でとろ~りとした味わい。味は、みかん・柚子・梅・あまおうの4種類があります。可愛いパッケージはお土産や贈り物にも喜ばれそうですね。《利用日2016年11月》
161123302.jpg161123352.jpg
《あまざけ・青汁あまざけ、ぐいのみも販売》 ノンアルコールの「あまざけ」も試飲が出来ます。沖縄の長命草を使った「青汁あまざけ」は意外と飲みやすい美味しさ。
161123252.jpg
《地ビールもオススメ》 爽やかでフルーティな「ペールエール」、苦みを抑えた上品なのど越し「スタウト」、まろやかで深みのある「アンバエール」はどれも人気。季節限定の地ビールもあり、夏季は白ビール、冬季は「雷山ボック」(写真)を販売しています。
161123192.jpg
《雷山ボックを味わいました》 麦酒工房で雷山ボック(Sサイズ300円)を注文しました。伝統のボック製法を用いて醸造される雷山ボックは、深い味わいが特長。冬季(2月頃まで)の限定販売になるそう。写真の酒粕ベーグルはパン工房で販売しています。
16112322.jpg
《麦酒工房》 地ビール(520円)を始め、おつまみや料理を楽しめます。メニューは酒粕焼カレー(800円)・白ソーセージ(310円)・酒造ピザ(1000円)など。博多牛すじの土手煮入りの牛すじゴロゴロピザ(1500円)もビールに合いますよ。

浜地酒造 杉能舎(すぎのや) 福岡県福岡市西区元岡1442
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。
次記事ではパン工房をご紹介いたします。
nice!(112) 
共通テーマ:旅行

櫻井神社 [福岡の観光]

161123452.jpg
福岡県糸島市に出かけて、パワースポットとして人気の「櫻井神社」へ参拝しました。西九州道(福岡前原有料道路)今宿ICから車で約20分の場所になります。神社の歴史は古く、今から約400年前の1632年に創建されました。《参拝日2016年11月》
161123512.jpg
楼門・拝殿・本殿が福岡県重要文化財に指定されています。明治初年の一村一社の方針に従って、桜井地区の各地に祀られていた神様が境内に鎮座。猿田彦神社・寒の神・春日神社・八幡宮・須賀神社・金比羅神社などが祀られています。
161123522.jpg161123502.jpg
《絵馬を奉納、お潮井》 お潮井(おしおい)は、二見ヶ浦の御砂(おすな)を特別にお祓いしてあります。外から入ってくる様々な災いを退ける御砂として、玄関などに魔除けの盛砂として祀ったり、庭や玄関先にお祓いとして撒くと良いそうです。
161123542.jpg
《岩戸宮》 昔は古墳の石室だった場所になり、筑前二見ヶ浦の夫婦岩の直線上にある神聖な場所とされます。正月の三箇日と7月2日のみ、岩戸宮の扉が開けられて、中を参拝することが出来るそうです。訪れた日は閉められた扉の外から、心静かに参拝しました。
16112355.jpg
《二見ヶ浦逢拝所》 筑前二見ヶ浦の夫婦岩は櫻井神社の宇良宮(浦の宮)として祀られ、夕日が美しいスポット。縁結び・夫婦円満・子授けの神として、古くから信仰されてきました。毎年5月の大潮の日に、長さ30メートル・重さ1トンの大しめ縄が掛け替えられます。
161123562.jpg
《お守りの授与》
161123602.jpg161123612.jpg
《安産御守・夫婦絆守・勝守など》 嵐ファンにとくに人気の神社となっていて、コンサートチケットの当選願いやお礼などに、遠方から訪れるファンも多いそう。
16112363.jpg
《櫻井大神宮》 伊勢神宮の内宮・外宮のご分霊が奉じられています。本殿は内宮・外宮両方の千木(ちぎ)の様式を取り入れた建築です。2015年春には式年遷宮後の伊勢神宮の鳥居(外宮板垣北御門の鳥居)が、階段前に移築されました。

櫻井神社(さくらいじんじゃ) 福岡県糸島市志摩桜井4227
前記事では糸島市の古民家レストラン「太陽の皿」、次記事では老舗酒造「杉能舎」をご紹介いたします。
nice!(131) 
共通テーマ:旅行

太陽の皿 デザートビュッフェ [福岡の観光]

161123652.jpg
福岡県糸島市のフレンチレストラン「太陽の皿」は友人にランチへ連れて行ってもらい、店の雰囲気や料理が良くて気に入りました。また行きたいと思っていたところ、デザートビュッフェ開催(期間限定)を知り、予約して伺いました。《利用日2016年11月》
161123672.jpg
カウンターに色々なスイーツが並び、サンドイッチ・糸島豚のハヤシライス・パスタなど軽食もあるのは嬉しい。ドリンクは珈琲・紅茶・ウーロン茶・パイナップルジュース・オレンジジュース・グレープフルーツジュースなどが用意されています。
161123722.jpg161123712.jpg
《スコーン・フルーツ、ゼリー・ムース》 安納芋のスコーンは、いちじくジャムをトッピングしていただきましょう。小豆ロール大福・かぼちゃ大福など和スイーツもあります。
161123772.jpg
《糸島豚のハヤシライス・クリームパスタ・サラダなど》 ランチでサラダをいただいた時に野菜がフレッシュで、玉ねぎドレッシングも良い風味でした。今回はサラダもお替りできるので、ゆずや玉ねぎドレッシングをかけて、美味しく味わいました。
161123812.jpg
《少しずつ盛付けました》 目移りした中から、クルミのブラウニ・チョコレートムース・チーズプリン・NYチーズケーキ・チョコファウンテンなどを盛付けました。マロンロールケーキはふわっとしてクリームが控え目な甘さ、クリームブリュレも美味しい。
161123752.jpg161123872.jpg
《パスタも数種類、カシスシャーベットなど》 パスタは空になると、違うパスタが出るので、またお替りを。シャーベットはスタッフの方がいかがですかとテーブルをまわってありましたので、いただきました。カシスシャーベットは甘酸っぱくて後味さっぱり。  
161123882.jpg
《お替りのスイーツ》 2回目はレアチーズタルト・シュークリームショコラ・杏仁豆腐・パイン・ヨーグルトムースなどを。色々なスイーツをいただいて、満足のビュッフェでした。
秋のデザートビュッフェは11月7日~29日の15:00~17:00まで開催。料金は大人1500円、小学生以下1000円、3才以下無料

太陽の皿 福岡県糸島市泊837
営業時間 11:00~21:30(OS21:00)、定休日 水曜日
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。
デザートビュッフェは2016年11月の開催が最後となります。2017年3月からはビュッフェレストランに変わります。

とっても新しい糸島案内 ウォーカームック

とっても新しい糸島案内 ウォーカームック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/04/25
  • メディア: ムック



nice!(118) 
共通テーマ:グルメ・料理

太陽の皿 [福岡の観光]

161029022.jpg
福岡県糸島市は福岡市に隣接し、住みやすい環境から移住したい町として人気。以前よりカフェ・レストラン・ベーカリーなども多くなり、日帰りグルメや観光に訪れる方が増えました。評判の良いレストランが点在して、今回は友人Hさんの薦めで「太陽の皿」へ。場所は九州大学の伊都キャンパス近く、「伊都の湯どころ」そばに建つフレンチレストランです。
161029042.jpg
古民家を改装した建物は趣きがあり、玄関へ向うアプローチや店内も良い雰囲気。料理は糸島野菜や玄海灘で獲れた海の幸を使ったメニューが味わえて、コース(2000円~)・アラカルトが多彩に揃っています。《利用日2016年10月》
16102910.jpg161029132.jpg
《糸島野菜大皿セット》 ランチのみ提供メニュー「糸島野菜大皿セット」を注文しました。サラダ・スープ・糸島野菜大皿盛合せ・パンまたはライス・デザート・ドリンク付きで1700円です。パンは1回までお替り出来るサービスも嬉しい。
161029112.jpg
《サラダとスープ》 スープは温製または冷製が選べて、かぼちゃのスープ(温製)をチョイスしました。野菜たっぷりのサラダはドレッシングも良い風味。
161029142.jpg
《糸島野菜大皿盛合せ》 旬の野菜や食材を使用した月替りの献立になります。訪れた月の料理は、糸島豚と里芋のフリカッセ・紅東芋のコロッケ・秋野菜と秋刀魚のマリネなど。手前左の鮮やかな緑色は春菊のブランマンジェ、中央奥のグラスはガスパチョ風トマトカクテルです。色々な料理がワンプレートで味わえて、見た目も良い盛付けにも好感を持ちます。
161029212.jpg161029222.jpg
《紅茶とデザート》 ドリンクはコーヒー・紅茶・ジュースなどから選べて、ティーポットの紅茶は2杯楽しめていいですね。デザートはロールケーキとアイスをいただきました。月替りの献立は何が出るかなぁと楽しみがあり、また利用したいと思います。
161029232.jpg
自家製のブルーベリージャム・ケーキ・焼き菓子の詰合わせなども販売しています。レストランは私たちが帰る頃はたくさんのお客さんで賑わっていました。人気店ですので、お出かけの際はご予約をオススメいたします。

太陽の皿 福岡県糸島市泊837
営業時間 11:00~21:30(OS21:00)、定休日 水曜日
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。
後日、デザートビュッフェ(期間限定)に訪れた記事もあります。2017年3月からはビュッフェレストランへ変わりました。
nice!(140) 
共通テーマ:グルメ・料理

秘境・杣の里渓流公園 [福岡の観光]

16080270.jpg
福岡県八女市へ出かけて矢部村にある秘境・杣(そま)の里渓流公園へ向かいました。国道442号線から入った道をしばらく進むと到着します。園内には自然が楽しめる散策路・休憩所・吊り橋・陶芸工房・ヤマメの釣堀などがあります。以前訪れた時は宿泊施設やレストランが営業していましたが、現在は営業していないそうです。《訪問日2016年8月》
16080272.jpg
《公園内の清流》 園内を散策しながら、山手にある大吊橋を目指しましょう。川では家族連れが水遊びをしてあり、涼しそうでした。暑い日は涼みスポットですね。
16080275.jpg
《杣の大吊橋》 標高650メートルの矢部川渓谷にかかる「杣の大吊橋」は、長さ150メートル、高さは50メートル。この吊橋はけっこう揺れて、スリルがありますよ。
16080281.jpg160802782.jpg
《吊橋は揺れます、下を見ると釣堀が見えました》
16080279.jpg
《吊橋からの眺め》 
16080283.jpg16080286.jpg
《ヤマメ釣堀》 料金は釣竿レンタル1竿300円(エサ1個付き)、ヤマメ1匹500円(塩焼き代込み)、豚バラ串・鶏モモ串(各100円)、ノンアルコールビール(250円)など。皆さん楽しそうに釣りをしてあり、炭火でヤマメや豚バラ串を焼いてあるご家族も。
13082327.jpg16080287.jpg
《ヤマメ塩焼き(イメージ)、ブルーベリーを購入》 今回は利用しませんでしたが炭火で焼いたヤマメは美味しいですよね。次回行く時は早めに出かけて、ヤマメをいただきたいと思います。ブルーベリーを販売していたのでお土産に買って帰りました。

秘境・杣の里渓流公園 福岡県八女市矢部村北矢部6707ー7
営業時間 10:00~17:00、入園料金 無料
nice!(129) 
共通テーマ:旅行

だざいふ遊園地 タツノオトシゴ展 [福岡の観光]

151020822.jpg
福岡県・太宰府天満宮の境内にある「だざいふ遊園地」に、ダイハツ・キャストのCM(山﨑賢人さん出演)のロケ地になった鹿児島県「タツノオトシゴハウス」がやってきます!
写真は昨年(2015年)に訪れた、タツノオトシゴハウスの様子です。水槽にはタツノオトシゴがゆったりと泳ぎ、生態に関する様々な資料が展示されています。
151020912.jpg151020962.jpg
CMでは「幸せを呼ぶ魚、知ってる?」で始まり、水槽の中で小指に巻き付くタツノオトシゴを見て山﨑賢人さんが「幸せだ・・・」と呟きます。幸運のシンボルと呼ばれるタツノオトシゴに会いに行きませんか。映画で大人気のカクレクマノミ(右上写真)もやってきますよ。
15102098.jpg
《オリジナルグッズも販売》 鹿児島旅行のお土産にタツノオトシゴの粉末入りクッキー・キャンディ・ハンドタオルなどを配ったところ、とても喜ばれました。 

だざいふ遊園地 福岡県太宰府市宰府4-7-8
タツノオトシゴ展 2016年8月11日~21日まで開催。詳しい情報はだざいふ遊園地の公式サイトをご覧ください。
旅行情報サイト「たびねす」にタツノオトシゴハウスを紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
nice!(144) 
共通テーマ:旅行

託正 [福岡の観光]

16050501333.jpg
白壁土蔵の町並みが残る福岡県うきは市吉井町に出かけて、ランチに託正(たくまさ)を利用しました。国道210号線の本町信号から少し行った路地に建ち、近くに駐車場があります。少し歩くと公共駐車場もあり、麻婆豆腐専門店まぁぼや向かいの駐車場に車をとめて向かいました。こちらのお店は観光ガイド本「まるっと朝倉・うきは」に掲載されて、お店の雰囲気と料理がとても良さそうでしたので楽しみに訪れました。
160503092.jpg160503082.jpg
店内はスタイリッシュな雰囲気が漂い、カウンター6席と個室があります。店主の方は福岡市内の寿司店や和食店で修行を積まれた後、託正をオープンされたそう。ランチは、にぎり御膳(1400円)・お昼のミニコース(1950円)・お昼のおまかせコース(2900円)など。夜はおまかせコースが3600円から。テイクアウトの寿司もあります。
160503112.jpg
《お昼のミニコース》 友人との食事会にお昼のミニコースを予約しました。小鉢・お造り・季節の料理・おまかせ寿司・汁物・デザートが付いた献立になります。訪れた日の小鉢は冷製のカレーおからと、温かいかぼちゃのポタージュの2種類が運ばれてきました。ポタージュはかぼちゃの味が濃厚でクリーミーな味わい。《利用日2016年5月》
1605031222.jpg
《お造り》 よく冷えた器には、炙られて香ばしい太刀魚・肉厚でコリコリ食感の鯛・かんぱちの刺身3種類、クレソンの胡麻浸しが盛られています。先ほどの小鉢もですが、料理はどれも丁寧に仕上げられて見た目も良い盛付け。この後出てくる料理も楽しみになります。
160503142.jpg160503162.jpg
《季節の料理》 筍まんじゅうとおこげの餡かけは優しい味わい。ふわっとした筍まんじゅう、パリパリ食感のおこげ(右上)など、小さな器に美味しさがぎゅっと詰まっています。
160503172.jpg
《おまかせ寿司》 季節を感じる器に盛られた寿司は鯛・かんぱち・いさきの握り、海鮮巻き・稲荷・出汁巻き玉子など。お寿司は味が付いていますので、そのままいただきます。カウンター席に座ったので目の前でお寿司が握られる様子を見られるのは楽しいですね。生姜はスライスしたがりではなく、風味の良い芽生姜が添えられています。
160503193.jpg160503202.jpg
《左上:塩辛などがトッピングされた握り寿司、右上:デザート》 最後はフルーツやゼリー、山芋のムース入りのデザートをいただきました。場所が穴場的な立地なのでお客さんが少ないかもと思っていましたが、私たちで満席になりました。地元の方だけでなく、遠方から来られるお客さんも多いそうですよ。ご利用の際には予約をオススメします。

託正(たくまさ) 福岡県うきは市吉井町1390-20
営業時間 12:00~14:30(OS13:30)、18:00~22:00(OS21:30)
定休日 火曜日




nice!(142) 
共通テーマ:グルメ・料理

味坂ポピー祭り 2016 [福岡の観光]

16050801.jpg
福岡県小郡市の「味坂(あじさか)ポピー園」のポピーやルピナスが今年も見頃を迎えています。農地を利用してポピー約100万本、ルピナス約7000株が植えられ、花見スポットとして人気。ここ3年は残念ながら不作でしたが、今年は見事に咲き誇っています。一面に広がる赤やピンクのポピーは綺麗ですね。《撮影日2016年5月8日》
16050806.jpg
毎年「味坂ポピー祭り」が行われていて、2016年は5月14日(土)~15日(日)に開催。15日は西鉄小郡駅と味坂ポピー園との間を無料シャトルバスが運行します。
16050809.jpg
今年はルピナスも綺麗に咲いて、ニョキニョキとした姿が楽しい。花の様子が藤の花に似ていて花が下部から上部へ咲き上がるため、別名がノボリフジ(昇り藤)と付いています。
16050812.jpg
《色とりどりに咲いています》
16050815.jpg160508172.jpg
《特産品コーナーのこんにゃくもオススメ》 ポピー園の一角に出店が並び、福岡県内の観光地でよく会う、こんにゃく屋さんも来られていました。手造りの玉こんにゃく・キムチ・芋かりんとう・ピーナッツなどを販売。玉こんにゃくやピーナッツも美味しいですよ。  

味坂(あじさか)ポピー園 福岡県小郡市光行
入場料金無料、小郡市の観光情報は小郡市観光協会の公式サイトをご覧ください。
nice!(144) 
共通テーマ:旅行