So-net無料ブログ作成
検索選択

託正 [福岡の観光]

16050501333.jpg
白壁土蔵の町並みが残る福岡県うきは市吉井町に出かけて、ランチに託正(たくまさ)を利用しました。国道210号線の本町信号から少し行った路地に建ち、近くに駐車場があります。少し歩くと公共駐車場もあり、麻婆豆腐専門店まぁぼや向かいの駐車場に車をとめて向かいました。こちらのお店は観光ガイド本「まるっと朝倉・うきは」に掲載されて、お店の雰囲気と料理がとても良さそうでしたので楽しみに訪れました。
160503092.jpg160503082.jpg
店内はスタイリッシュな雰囲気が漂い、カウンター6席と個室があります。店主の方は福岡市内の寿司店や和食店で修行を積まれた後、託正をオープンされたそう。ランチは、にぎり御膳(1400円)・お昼のミニコース(1950円)・お昼のおまかせコース(2900円)など。夜はおまかせコースが3600円から。テイクアウトの寿司もあります。
160503112.jpg
《お昼のミニコース》 友人との食事会にお昼のミニコースを予約しました。小鉢・お造り・季節の料理・おまかせ寿司・汁物・デザートが付いた献立になります。訪れた日の小鉢は冷製のカレーおからと、温かいかぼちゃのポタージュの2種類が運ばれてきました。ポタージュはかぼちゃの味が濃厚でクリーミーな味わい。《利用日2016年5月》
1605031222.jpg
《お造り》 よく冷えた器には、炙られて香ばしい太刀魚・肉厚でコリコリ食感の鯛・かんぱちの刺身3種類、クレソンの胡麻浸しが盛られています。先ほどの小鉢もですが、料理はどれも丁寧に仕上げられて見た目も良い盛付け。この後出てくる料理も楽しみになります。
160503142.jpg160503162.jpg
《季節の料理》 筍まんじゅうとおこげの餡かけは優しい味わい。ふわっとした筍まんじゅう、パリパリ食感のおこげ(右上)など、小さな器に美味しさがぎゅっと詰まっています。
160503172.jpg
《おまかせ寿司》 季節を感じる器に盛られた寿司は鯛・かんぱち・いさきの握り、海鮮巻き・稲荷・出汁巻き玉子など。お寿司は味が付いていますので、そのままいただきます。カウンター席に座ったので目の前でお寿司が握られる様子を見られるのは楽しいですね。生姜はスライスしたがりではなく、風味の良い芽生姜が添えられています。
160503193.jpg160503202.jpg
《左上:塩辛などがトッピングされた握り寿司、右上:デザート》 最後はフルーツやゼリー、山芋のムース入りのデザートをいただきました。場所が穴場的な立地なのでお客さんが少ないかもと思っていましたが、私たちで満席になりました。地元の方だけでなく、遠方から来られるお客さんも多いそうですよ。ご利用の際には予約をオススメします。

託正(たくまさ) 福岡県うきは市吉井町1390-20
営業時間 12:00~14:30(OS13:30)、18:00~22:00(OS21:30)
定休日 火曜日
nice!(142) 
共通テーマ:グルメ・料理

味坂ポピー祭り 2016 [福岡の観光]

16050801.jpg
福岡県小郡市の「味坂(あじさか)ポピー園」のポピーやルピナスが今年も見頃を迎えています。農地を利用してポピー約100万本、ルピナス約7000株が植えられ、花見スポットとして人気。ここ3年は残念ながら不作でしたが、今年は見事に咲き誇っています。一面に広がる赤やピンクのポピーは綺麗ですね。《撮影日2016年5月8日》
16050806.jpg
毎年「味坂ポピー祭り」が行われていて、2016年は5月14日(土)~15日(日)に開催。15日は西鉄小郡駅と味坂ポピー園との間を無料シャトルバスが運行します。
16050809.jpg
今年はルピナスも綺麗に咲いて、ニョキニョキとした姿が楽しい。花の様子が藤の花に似ていて花が下部から上部へ咲き上がるため、別名がノボリフジ(昇り藤)と付いています。
16050812.jpg
《色とりどりに咲いています》
16050815.jpg160508172.jpg
《特産品コーナーのこんにゃくもオススメ》 ポピー園の一角に出店が並び、福岡県内の観光地でよく会う、こんにゃく屋さんも来られていました。手造りの玉こんにゃく・キムチ・芋かりんとう・ピーナッツなどを販売。玉こんにゃくやピーナッツも美味しいですよ。  

味坂(あじさか)ポピー園 福岡県小郡市光行
入場料金無料、小郡市の観光情報は小郡市観光協会の公式サイトをご覧ください。
nice!(144) 
共通テーマ:旅行

一蘭 太宰府店 [福岡の観光]

16042401.jpg
福岡県太宰府市へ出かけて、県道31号線沿いに建つラーメン店「一蘭 太宰府店」へ寄りました。日曜日の14時すぎに訪れたところ、ほぼ満席で賑わっていました。一蘭は福岡県に本店があり、関東や近畿地方などにも店舗を広げています。《利用日2016年4月》
160424042.jpg160424072.jpg
店内は1人ごとに仕切られたカウンター席が並び、味集中カウンター(左上)と名付けられています。メニューはラーメン(790円)、半熟塩ゆでたまご・追加ねぎ(各120円)、替玉(190円)、ごはん(250円)、抹茶杏仁豆腐(390円)など。今回はいただいたラーメンのギフトカードを利用して、きくらげと海苔(各120円)を追加注文しました。
160424062.jpg
《オーダー用紙》 テーブルに置かれているオーダー用紙は、麺のかたさ・味の濃さ・こってり度・ねぎの種類など各項目を好みで選び、丸印を付けてスタッフの方に渡します。初めての方は基本、秘伝のたれ(唐辛子ベースのたれ)は2分の1がオススメだそう。
160424142.jpg
注文して少し待つと、ラーメンと別盛りになったきくらげ・海苔が運ばれてきました。秘伝のたれは基本にして、かた麺・青ねぎ・こってり度はあっさりを選びました。中央の赤い「秘伝のたれ」は唐辛子をベースに30種類以上の材料を調合し、何昼夜も寝かせて完成するそう。私が選んだ基本はピリ辛、2倍を選んだ家族は辛いとの感想。
160424152.jpg160424162.jpg
《左上:きくらげと海苔をトッピング、右上:自家製のストレート麺》
16042409.jpg16042419.jpg
麺はラーメン用に開発された福岡県産の小麦「ラー麦」を使用した自家製麺。ラー麦麺はコシがあって茹で伸びにくいのが特長です。他のラーメン店でラー麦麺をいただいた時はイマイチと思いましたが、こちらのラー麦麺は食感も良くスープと合っていると感じます。一蘭でラー麦麺を提供している店舗は太宰府店と小戸店(福岡市西区)になります。 
160424222.jpg
《お土産コーナー》 袋入りの一蘭ラーメン、釜だれとんこつ・汁なしとんこつなどを販売。以前訪れた一蘭の森では、海外からのお客さんがお土産用に沢山購入してありました。 
16042426.jpg151225572.jpg
《左上:一蘭トリビア(トイレ内)、右上:キャラクターのぶ~たん》 トイレ内には一蘭に関する豆知識の案内があり、ぶ~たんも紹介されています。日頃は一蘭の森で暮らしているぶ~たんですが、新しくオープンする店舗やイベントなどに出没することがあるかも。

一蘭(いちらん)太宰府店 福岡県太宰府市向佐野3-1-30
営業時間 24時間、年中無休
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。
nice!(162) 
共通テーマ:グルメ・料理

シェ・サガラ [福岡の観光]

16040201.jpg
福岡県久留米市田主丸町は耳納連山の裾野に広がり、巨峰を始めとするフルーツの里として知られています。JR田主丸駅から徒歩約5分、人気のパン屋「シェ・サガラ」に寄りました。店名はフランス語で「相良さん家」という意味になるそう。地元の方だけでなく、観光客にも気軽に立ち寄って欲しいというオーナーの想いから店名が付けられたそうです。
16040204.jpg
土曜日の15時頃に訪れたところ売り切れが多く、パンが並ぶテーブルは空きがありました。並んでいる商品を見ると、ハード系のパン・総菜パン・イチゴや栗を使ったデザートパン・注文してからクリームを詰めてくれるコロネ、クッキーなどの焼き菓子も置かれています。土日限定のパンもあり、皆さん色々と選ばれていました。
160402052.jpg160402062.jpg
《左上:カンパーニュ、右上:フランボワーズジャムを使用したパン》
16040209.jpg
《今回購入したパン》 十八(とうはち)カレーパン(200円)・くるみあんぱん(150円)・ガーリックフランス(160円)・クロックムッシュ(250円)を購入。イートインコーナーを利用しようと思いましたが満席のため、自宅へ帰ってからいただきました。
16040212.jpg
《十八カレーパンとクロックムッシュ》 十八カレーパンには幻の豚肉「東京X」で有名な吉井十八(よしいとうはち)のカレーを使用。クロックムッシュは食パンの間にハムを挟み、チーズがたっぷりかかっています。《利用日2016年4月》

パンと焼き菓子の店 シェ・サガラ 福岡県久留米市田主丸町益生田873-12
営業時間 8:00~18:00(日曜日は10:00~17:00)
定休日 火・水曜日
nice!(141) 
共通テーマ:グルメ・料理

柳川観光 [福岡の観光]

16032646.jpg
福岡県柳川観光へ出かけてきました。柳川藩の城下町として栄え、市内に張り巡らされた掘割を「どんこ舟」に乗って観光する川下りが有名です。どんこ舟に乗り、四季折々の景色を眺めながら観光するのも楽しいですよ。2016年3月5日は、柳川市出身「琴奨菊関」の大相撲初場所の初優勝を祝う水上パレードが行われ、たくさんの方が祝福に集まりました。
160326442.jpg08032164.jpg
《左上:琴奨菊関の幟、右上:鰻のせいろ蒸し》 川下りの終点となる沖端周辺は食事処が点在しています。柳川名物「鰻のせいろ蒸し」はふっくらとして美味しい。
12040757.jpg12040761.jpg
《柳川市観光案内所》 柳川名物「さげもん」が展示されています。毎年2月初旬~4月初旬まで雛祭りのイベント「柳川雛祭り さげもんめぐり」が開催されて、あちこちの店舗にお雛様やさげもんが飾られます。今年も古民家北島のお雛様を見てきました。
141117012.jpg160326522.jpg
食事は郷土料理や有明海の珍味が味わえる夜明茶屋もオススメです。店頭で魚介類や総菜を販売していて、今回はシマアジの煮付けを購入。魚介類は珍しいものも並び、ワラスボやむつごろう(右上写真)もいました。生きているワラスボは初めて見ましたが、まるでエイリアンのような顔をしています。《訪問日2016年3月》
160326512.jpg
《お土産にいかがでしょう》 ワラスボの出汁入り「エイリアンラーメン」はパッケージのイラストが凄すぎかも!有明海地のりラーメンやむつごろうラーメンもお土産にどうぞ。

旅行情報サイトたびねすに、柳川川下りと、夜明茶屋を紹介しています。
たびねすをご覧いただけると幸いです。
nice!(147) 
共通テーマ:旅行

キャトルセゾン旬 ゆめタウン久留米店 [福岡の観光]

16020601.jpg
福岡県久留米市にあるショッピングセンター「ゆめタウン久留米店」へ出かけて、レストランの中から「キャトルセゾン旬」を利用しました。雑穀米を始めとする自然食品を手掛けるベストアメニティの店舗になり、本店や旅館のふかほり邸を利用したことがあります。
16020603.jpg
店内はカウンター席・テーブル席が並び、ソファー席も寛げる雰囲気。メニューが多く、本日の旬ランチ(880円)、国産豚ロースの香ばし生姜焼き・旬野菜とワイン煮込みの国産牛カレー(各1280円)、野菜づくし御膳(1400円)など。※消費税別料金
16020606.jpg
雑穀ご飯と漬物はおかわり自由のサービス。漬物の青唐辛子はピリッとくる辛さでご飯が進みます。訪れた日の雑穀ご飯は、もち赤米・もち黒米・青玄米・もちきびが並んでいました。雑穀米は体に優しく、お肌の味方が詰まっている「もちきび」もいただきましょう。
16020609.jpg
《旬ランチ 880円》 本日のメイン料理・サラダ・小鉢・雑穀ご飯・味噌汁・漬物が付いた旬ランチを注文。この日のメインは鰆の西京焼き、添えられた大根や厚揚げの煮物も良い味付け。形が面白い野菜のロマネスコ(カリフラワーの一種)も使われています。
16020612.jpg16020613.jpg
《左上:2色のご飯はもち赤米・もち黒米、右上:もちきび》 体に優しい雑穀ご飯はいいですね。料理は農薬不使用の野菜を中心に調味料も無添加にこだわってあるそう。ヘルシーで美味しいランチをご馳走さまでした。《利用日2016年2月》  

キャトルセゾン旬 ゆめタウン久留米店 福岡県久留米市東合川1-2-1 ゆめタウン久留米1階
営業時間 11:00~22:00(OS21:00)
以前の記事ではキャトルセゾン旬本店天然田園温泉ふかほり邸を紹介しています。
nice!(153) 
共通テーマ:グルメ・料理

一蘭の森 [福岡の観光]

151225522.jpg
福岡県糸島市へ出かけて、観光に「一蘭の森」を訪れました。ラーメン店「一蘭」は各地に店舗展開しているので、ご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。自然豊かな糸島市、市街地から離れた小高い丘の上に2014年オープンした「一蘭の森」は敷地が広々として約9万平方メートル。入口から建物へ向かうアプローチにはたくさんの竹が植えられています。
151225542.jpg
館内にラーメン生産工場・とんこつラーメン博物館・食事処・お土産販売処があり、建物横に広がる「音と光の茶庭」は夜間ライトアップされて幻想的な雰囲気になるそう。
151225612.jpg15122569.jpg
《左上:麺を製造中、右上:味集中カウンター》 ラーメン生産工場ではガラス越しに麺製造の様子が見学出来ます。カタ麺好きの方向けに開発した「剛鉄麺」は店舗限定で食べられるそうですよ。博物館では一蘭の歴史を始め、資料が展示されています。色々楽しめるテーマパークをイメージしてきたので少し印象が違いましたが、見学出来て良かったと思います。
151225762.jpg151225802.jpg
《食事処 昭和10年代》 食事処は4つのブースに分かれており、福岡市中州でラーメンが発祥した昭和10年代をイメージする屋台ブースに入りました。他にも昭和20年代と30年代の屋台ブース、一蘭ならではの味集中カウンターがあります。 
151225862.jpg
《天然とんこつラーメン 790円》 麺のかたさ・ねぎ・辛さなどを選べて、カタ麺・青ネギ・辛さ2倍で注文しました。中央に浮かぶ「秘伝のたれ」は唐辛子をベースに30種類以上の材料を調合し、何昼夜も寝かせてようやく完成するそう。《利用日2015年12月》 
151225832.jpg
《週替わりラーメン 790円》 一蘭の森限定の「週替わりラーメン」は滋味系とんこつと市場系とんこつがあり、訪れた時は「滋味系とんこつ」でした。スープはコクや旨みが凝縮されてコラーゲンたっぷり、秘伝のたれは入れずに味わいます。
151225882.jpg151225572.jpg
《左上:替玉 190円、右上:ぶ~たん》 この日はキャラクターのぶ~たんが出迎えてくれました。前日まで出張で不在だったそうなので会えてラッキーです。
151225952.jpg151225962.jpg
《左上:汁なしとんこつ、右上:一蘭マグカップ》 お土産販売処にはオリジナル商品が所狭しと並び、ラーメン製品以外は注文票がプリントされたTシャツ・マグカップ・バッジなども。海外からの団体客が多く、皆さんお土産をたくさん買われていました。

一蘭の森 福岡県糸島市志摩松隈256-10
営業時間 10:00~25:00
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。
nice!(164) 
共通テーマ:旅行

讃岐うどん いしい [福岡の観光]

151108302.jpg
福岡県久留米市へ出かけて、「ランチ巡りBOOK 久留米・鳥栖」に掲載の中から「讃岐うどん いしい」へ。場所は国道3号線沿い、上津町の湯納楚信号近くに建つビルの1階になります。店内はテーブル席や小上がり席があり、無料サービスの漬物コーナーもあります。
151108312.jpg151108332.jpg
《左上:落ち着いた雰囲気の店内、右上:漬物コーナー》 おからの煮物・高菜漬け・梅干し・紅生姜などが並び、少しずついただきました。メニューはうどん・蕎麦を始め、定食や一品料理など豊富な品揃え。うどんはかけ(350円)、ごぼ天・丸天・わかめ(各450円)、上海老天・山かけ・カレーうどん(各570円)、鍋焼きうどん(720円)など。
151108392.jpg
《うどん定食 670円》 多彩に揃った定食メニューから、うどん定食を注文しました。きつね・わかめ・かまぼこなどをトッピングしたうどん、サラダ・冷奴・椎茸おにぎりも付いてボリューム多め。うどんの出汁は優しい味わい、手打ち麺は少し弾力があります。
151108432.jpg
《ぶっかけ上海老 670円》 家族は、ぶっかけ上海老を注文。ぷりぷりの海老天が2尾のり、こちらも良いボリューム。かつ丼や天丼、冬期メニューの豚汁定食・だご汁定食も良さそうなので、また利用したいと思います。《利用日2015年10月》
151108342.jpg151108442.jpg
《左上:おからの煮付け・漬物など、右上:販売の野菜や果物》 おからの煮付けは味付けが良くて美味しいですよ。リーズナブルに販売している野菜や果物も是非どうぞ。
16021119.jpg
《鍋焼きうどんとおにぎり》 再訪した際は鍋焼きうどん(大盛り820円)とおにぎり(120円)を注文。海老天・きつね・肉・玉子・もやし・椎茸などが入って具だくさん、アツアツの美味しさですよ。鮭入りの海苔巻きおにぎりも美味しい。《再訪日2016年2月》

讃岐うどん いしい 福岡県久留米市上津町2561-2
営業時間 11:00~22:00、定休日 第2火曜日・第4火曜日
nice!(132) 
共通テーマ:グルメ・料理

ステーキのあさくま 久留米上津バイパス店 [福岡の観光]

151027012.jpg
福岡県久留米市の上津バイパス沿いには色々なレストランが建ち、食事時間帯はとても賑わっています。今回は道沿いで見かけた「ステーキのあさくま」のランチを利用しました。場所はMKレストランとメガネスーパーの間に建っています。店は愛知県や関東を中心に約50店舗展開、ステーキやハンバーグを中心としたメニューになっています。
151027042.jpg15102705.jpg
《カジュアルな雰囲気の店内》 店内はスペースが広め、テーブル席が並んでいます。
151027142.jpg
《ロースステーキランチ》 手軽なランチメニューの中から家族が注文したロースステーキ(980円)は、ミニサラダ・コーンスープ・ライス付き。食べ放題のサラダバー(400円)もプラスしました。※消費税別《利用日2010年11月》
151027102.jpg
《食べ放題のサラダバー》 初めて利用しましたが、サラダの品揃えが多くていいですね。豆とオクラのサラダ・もやしのナムル・海藻サラダ・パスタ・豆腐なども並び、ドレッシングは4種類。カレー・コーンスープ・ライス・デザート・ソフトクリームも食べ放題です。
151027162.jpg
《ハンバーグランチとサラダバー》 私は合挽きハンバーグランチ(680円)とサラダバー(400円)を注文。ハンバーグは150グラムの量があり、サラダバーから色々取ってくるとボリュームたっぷりに。デザートはソフトやフルーツ、ゼリーもいただきました。
151027222.jpg151027202.jpg
《左上:ソフトにトッピング、右上:サラダバーから》

ステーキのあさくま 久留米上津バイパス店 福岡県久留米市藤光1-3-21
営業時間 11:00~23:00(OS22:00)、ランチ11:00~17:00(土日祝は15:00まで)
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。
nice!(148) 
共通テーマ:グルメ・料理

喫茶 青い屋根 [福岡の観光]

151108052.jpg
福岡県朝倉市の市街地から秋月へ向かう途中、田園風景が広がるのどかな地区に建つ喫茶店「青い屋根」を訪ねました。道沿いに小さな看板が出ているので曲がって少し進むと、名前の通り青い屋根の店へ到着。築100年以上の古民家を利用したギャラリーカフェです。
151108072.jpg151108212.jpg
《左上:看板やぎのじろり、右上:本に掲載》 建物横の田んぼで、じろりちゃんがのんびり寛いでいます。こちらの店は朝倉&うきはの観光や食事処を紹介する「まるっと 朝倉・うきは」に紹介されて是非行きたいと思い、友人とドライブを兼ねて出かけました。
151108092.jpg
店内は趣があり、座敷に置かれたレトロなタンスや障子など和の空間が広がっています。壁にかかる振り子時計はチクタクと音が響き、懐かしい雰囲気。喫茶メニューはスペシャルブレンド・紅茶(各400円)、カフェオレ・カフェモカ(各450円)など、ケーキやランチもあります。《利用日2015年11月》
151108112.jpg151108122.jpg
《左上:カウンター、右上:1番人気のソファ席》
151108252.jpg
《野菜たっぷりランチ》 本に紹介されている野菜たっぷりランチ(1600円)はサラダ・スープ・メインプレート・ご飯・デザート・コーヒーまたは紅茶付き。メインプレートには日替りの総菜が盛られ、この日はハンバーグやポテトサラダも並びました。地元の野菜がふんだんに使われた料理は優しい味付け。ツヤツヤのご飯も美味しくいただきましょう。
151108222.jpg151108282.jpg
《野菜たっぷりランチに付くフレッシュサラダ・スープ・デザート・珈琲》 この日は冬瓜スープ、デザートはシフォンケーキが出ました。ランチは他に野菜プレートランチ(1000円)、野菜たっぷり贅沢スペシャルコース(2100円・要予約)があります。
151108232.jpg
《ママチーズケーキと紅茶》 友人はシナモン風味のママチーズケーキ(450円)と、本日の紅茶(ポットサイズ500円)を注文。美味しいランチとケーキ、ドリンクをいただきながら、ゆっくり過ごしました。秋月方面へ出かける際にはまた寄りたいと思います。
151108162.jpg151108142.jpg
娘さんが作られた器を始め、素敵な食器や雑貨を販売しています。

喫茶 青い屋根 福岡県朝倉市楢原4152
営業時間 11:30~14:30、18:00~20:00(夜は3日前までの完全予約制)
定休日 木曜日
詳しい情報は店舗のFacebookをご覧ください。
nice!(164) 
共通テーマ:グルメ・料理