So-net無料ブログ作成
2018年04月| 2018年05月 |- ブログトップ
前の10件 | -

i+LAND nagasaki ナギホテル [長崎の観光]

18041424.jpg
長崎県・伊王島観光へ出かけて、伊王島灯台・大明寺教会・馬込教会を見て回り、島風の湯(ランチ)を利用した後は、宿泊先の「i+LAND nagasaki (アイランドナガサキ)」へチェックインしました。以前の名前「やすらぎ伊王島」だった頃から建物外観は、ほとんど変わっていなくて、香焼(こうやぎ)港からホテル専用の船で行ったことも懐かしい。
18041470.jpg18041471.jpg
フロント前のロビーはゆったりとして、長崎のお土産品が揃う売店もあります。フロントに歯ブラシセット・コットン・ブラシ・お茶パック(緑茶・ほうじ茶)などが用意されていますので、必要なものを部屋に持って行きましょう。《宿泊日2018年4月》
18041501.jpg
今回はガーデンエリアに建つ「NAGI HOTEL(ナギホテル)」を利用しました。チェックイン14:00、チェックアウト11:00なので、ゆっくりと滞在が出来ます。ナギホテルの客室は全23室、ツイン・ハリウッドツイン・デラックスツインがあります。
18041505.jpg
《ハリウッドツイン》 利用したハリウッドツイン(109号)はゆったりとした広さ。落ち着いた雰囲気のインテリアが置かれて、ソファも寛げます。バスとトイレ(洗浄便座付き)は別になり、洗面台が2つある点も便利です。
18041510.jpg18041512.jpg
客室にはお茶の用意はないだろうと思っていたところ、コーヒーサーバーと共にコーヒーと紅茶が置いてありました。使い捨てスリッパやサンダルもあり便利ですね。
18041514.jpg18041508.jpg
《ロゴ入りの室内着、窓側から見た客室》
18041521.jpg
ナギホテルの客室は全室にハンモックが備わったテラス付き。客室によって広さが異なるようですが、利用した客室はカウンターも付いて広めの造り。外からの目隠しに木々が植えられているので海はよく見えませんが、テラス席に座ってお茶タイムを楽しみました。
18041493.jpg
《イルミが輝きます》 夜になると、中庭の木やホテルの壁がイルミで幻想的な雰囲気に。写真の建物「KAZE HOTEL(カゼホテル)」はツインタイプの客室になり、全30室。高層階からの見晴らしがとても良いそう。下の写真は宿泊したナギホテルです。
18041491.jpg

i+LAND nagasaki 長崎県長崎市伊王島町1丁目3775-7
前記事ではホテルの様子、次記事以降はレストランうららか、多彩なお土産が揃う売店をご紹介いたします。




nice!(1) 
共通テーマ:旅行

i+LAND nagasaki (アイランドナガサキ)オープン [長崎の観光]

18041413.jpg
長崎県伊王島に出かけて、「i+LAND nagasaki 」に宿泊しました。長崎温泉やすらぎ伊王島がリニューアルして、ホテルなども改装されたと聞いて楽しみ。長崎市街地から車で約30分、JR長崎駅~ホテルの無料送迎バス(予約制)を運行していますので、アクセスも便利です。長崎港から船(約19分・有料)で向かうのも楽しいですよ。
18041424.jpg
《エントランス》
18041408.jpg
《オリーブ公園》 広々とした敷地にはホテル・温泉施設・リラクゼーション施設・レストランなどが建ち、オリーブが植えられた公園もあります。
18041409.jpg18041412.jpg
《満開の桜、オリーブの葉》
18041425.jpg
敷地内の移動は巡回バスの利用が便利、港そばのポートエリアや日帰り温泉施設「島風の湯」へも行きます。チェックアウト時は雨が降っていたので、バスの運転手さんにお願いして駐車場まで送ってもらい助かりました。《利用日2018年4月》
18041415.jpg18041416.jpg
《レンタサイクル》 島内を車でまわっていると自転車で観光してある方を見かけました。料金(2時間)は、ママチャリは500円、スポーツタイプは800円だそう。
18041501.jpg
《ガーデンエリア》 宿泊施設が点在してガーデンエリアには、ナギホテル・ナギコテージ・カゼホテルが建っています。今回は海に近いナギホテルを利用しました。お子様連れのご家族連れには一戸建てになったコテージが人気のようです。
18041332.jpg
《新施設が建設中》 伊王島港そばのポートエリアにはミナトホテルが建っています。その横には2018年夏にオープン予定のコテージやバーベキュー施設が建築中。ペット同伴で宿泊できるコテージも出来るそうですよ。
18041422.jpg18041423.jpg
お子様向けの施設「プレイキッズランド」は屋内なので、雨や日焼けを気にせずに遊べます。年齢に合せて、ベビーエリア(0~2歳対象)、発見エリア(3~5歳対象)、メインエリア(6歳以上対象)に分かれています。営業時間9:00~21:00、料金は無料
18041357.jpg
《島風の湯》 温泉は大浴場「YUYU SPA」と敷地に隣接して建つ日帰り温泉「島風の湯」があります。宿泊者は両方とも無料で入浴出来る点も嬉しいサービス(貸切風呂は別料金)。島風の湯は食事処もあり、めかぶとろろ丼と五島うどんをいただきました。

i+LAND nagasaki 長崎県長崎市伊王島町1丁目3775-7
この後はホテル客室やイルミ、レストランうららか、多彩なお土産が揃う売店をご紹介いたします。
旅行情報サイト「トラベルジェーピー」に、「i+LAND nagasaki(アイランドナガサキ)」を紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
nice!(107) 
共通テーマ:旅行

伊王島大橋 [長崎の観光]

18041314.jpg
長崎市観光に出かけて、今回の旅の目的地「伊王島」へ向かいました。長崎港から約10kmの沖合に浮かぶ伊王島は歴史と自然に溢れる島です。写真は対岸にある香焼(こうやぎ)総合公園の展望台から眺めになり、島の右端に伊王島港や 「i+LAND nagasaki(アイランドナガサキ)」、中央付近に「馬込教会」が見えます。《訪問日2018年4月》
18041319.jpg18041316.jpg
《伊王島大橋を渡ります》
18041320.jpg
伊王島大橋は全長876m、高さ25m。着工から6年の歳月をかけて完成し、2011年に開通しました。長崎市内から車で約30分、便利なアクセスになりましたね。
18041318.jpg
《海が綺麗です》 橋のそばに設けられた駐車場に車をとめて、海を眺めました。訪れた日はお天気に恵まれて景色も良く、楽しい島旅になりました。
18041324.jpg
《軍艦島クルーズ船が通過》 伊王島へ渡り、橋の写真を撮っていると、軍艦島クルーズ船が通過!世界遺産になって、ますます観光客が増えたようですね。写真の山(標高102m)が香焼総合公園になり、1番上にある建物が展望台です。

伊王島大橋 長崎県長崎市伊王島町~香焼町、通行料金は無料
次記事以降は伊王島の観光スポットや「i+LAND nagasaki(アイランドナガサキ)」をご紹介いたします。
nice!(121) 
共通テーマ:旅行

香焼総合公園 展望台 [長崎の観光]

18041301.jpg
長崎県長崎市へ出かけて、香焼(こうやぎ)総合公園へ寄りました。標高102メートルの天神山を公園として整備し、1980年に開設。伊王島へ渡る伊王島大橋の駐車場から展望台らしき建物が見えたので、行ってみることにしました。
18041302.jpg18041306.jpg
管理事務所の横から遊歩道を進み、展望台を目指します。木立の中をしばらく歩くのかなと思いましたが、意外と近くて3分ほどで到着。《訪問日2018年4月》
18041307.jpg18041309.jpg
《急な階段を上がり、展望台へ》
18041310.jpg
《グラウンド側の眺め》 展望台からの見晴らしが良くて、グラウンドや駐車場も見えます。公園内にはテニスコートや芝生広場もあり、遊びに来てあるご家族連れもいらっしゃいました。サクラ園・あじさい園もあり、花見スポットとして人気だそう。
18041312.jpg
《長崎市街地方面》
18041314.jpg
自然豊かな伊王島や伊王島大橋が一望出来て、とても良い眺め。これから伊王島大橋を渡り、リゾート宿泊施設「i+LAND nagasaki(アイランドナガサキ)」へ向かいます。

香焼総合公園(こうやぎそうごうこうえん) 長崎県長崎市香焼町2582
旅行情報サイト「トラベルジェーピー」に、「i+LAND nagasaki(アイランドナガサキ)」を紹介しています。ご覧いただけると幸いです。

まっぷる 長崎 ハウステンボス 佐世保・五島列島'19 (マップルマガジン 九州 4)

まっぷる 長崎 ハウステンボス 佐世保・五島列島'19 (マップルマガジン 九州 4)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2018/05/18
  • メディア: ムック



nice!(108) 
共通テーマ:旅行

ひょうたん寿司 本店 [福岡市のランチ&グルメ]

18051801.jpg
福岡市は魅力的な観光&グルメスポットが点在して、「ひょうたん寿司」も大人気!本店の場所は西鉄電車福岡駅のすぐ近く、観光や買物中の食事にも便利な立地。平日の14時頃訪れたところ、たまたま待ち時間が少なく、すぐに入店出来ました。
18051803.jpg
玄界灘で揚がった新鮮な魚介類を使った握り寿司を始め、ごまカンパチ・ロブスターのマヨネーズ焼・蟹のクリームコロッケなど色々な料理も揃っています。カウンター席に案内されましたので、お寿司が握られる様子を目の前で見ながら、食事を楽しみました。
18051815_edited_edited22.jpg18051814_edited22.jpg
《ジャンボ定食を注文》 ランチメニューから注文した「ジャンボ定食」は、にぎり10貫・細巻3個・吸物付きで900円、土日祝1030円。まずは笹皿の上に、がりと細巻3個が置かれて、その後に少しずつ、にぎり寿司が出てきました。※消費税別
18051816_edited_edited22.jpg
日によってネタの内容が変わると思いますが、訪れた日はイカ・海老・サーモン・カンパチ・まぐろ・鯛・白とり貝・玉子なども。職人さんは感じが良くて、ネタの質問をすると丁寧に教えてくれたり、がりがなくなったらタイミングよく置いてくれました。
18051817_edited_edited22.jpg
《美味しいお寿司に満足》
18051818_edited_edited22.jpg18051821_edited_edited22.jpg
玉子が出て最後になりましたが、もう少し入りそうなので、げそと博多めんたい(各140円)を追加注文。プリプリ食感のげそ、風味の良いめんたいも美味しい。他にも色々なネタが豊富に揃い、一口アワビの踊りにぎり、焼き穴子にぎりなどを注文されている方も。
18051807.jpg
ランチメニューは他にも、にぎり8貫・ネギトロ・レタス巻ロール・吸物付きの「ひょうたん定食」、茶碗蒸し定食(860円・土日祝930円)などもリーズナブルです。
18051812.jpg18051813_edited.jpg
《お土産明太子》 ひょうたんオリジナルの明太子を数量限定で販売しています。福岡名物「辛子明太子」はお土産にオススメです。《利用日2018年5月》
180518051.jpg
《旬のおまかせにぎりセットも人気》 美味しいお寿司をご馳走さまでした!お店は他にもソラリアステージ内に回転寿司があり、そちらも大人気です。

ひょうたん寿司 本店 福岡県福岡市中央区天神2ー10ー20新天閣ビル2F・3F
営業時間 11:30~14:30(OS)、17:00~21:30(OS)日祝の夜は21:00(OS)

目録景品 辛子明太子 300g …絶品!やっぱこの味たまらんばい!

目録景品 辛子明太子 300g …絶品!やっぱこの味たまらんばい!

  • 出版社/メーカー: 景品パラダイス
  • メディア: エレクトロニクス



nice!(121) 
共通テーマ:グルメ・料理

武膳 福岡パルコ店 [福岡市のランチ&グルメ]

18041102.jpg
福岡市・天神にある福岡パルコは多彩な食事処があり、今回はうどん武膳(ぶぜん)を利用しました。津田屋官兵衛を総本家とする豊前裏打会(ぶぜんうらうちかい)の店になり、官兵衛オリジナルの麺、黄金出汁と呼ばれる風味豊かな味わいが人気。
18041103.jpg18041104.jpg
カウンター席とテーブル席が並び、壁には豊前裏打会の説明や店舗案内があります。福岡市内は、大地のうどん・うどん和助・萬田うどん・うどん兎屋などもあるようですね。
18041113.jpg
《ごぼう天うどん》 種類豊富なメニューから、ごぼう天うどん(550円)を注文しました。少し待って運ばれたきたうどんは、ごぼう天が別皿に盛られています。パリパリに揚がったごぼう天は、そのまま食べても美味しいですね。《利用日2018年4月》
18041114.jpg
《ごぼう天を入れました》 もっちりとした麺、昆布や鰹をベースに独自にブレンドした出汁も美味しい。温かいうどんメニューは他にも、かけ(400円)・肉ごぼう(750円)・野菜天ぷら(800円)などもあります。ざるうどん、ぶっかけも良さそう。
18041109.jpg18041110_edited.jpg
《薬味の唐辛子》
18041111.jpg
福岡名物の明太子を使った明太子クリーム(800円)も人気。創作うどんは他にも、あったか坦々うどん・ぶっかけ冷やし坦々(各850円)もあります。

武膳(ぶぜん) 福岡パルコ店 福岡県福岡市中央区天神2-11-2福岡パルコ地下1階
営業時間 11:00~23:00(OS22:00)
詳しくは津田屋流 豊前裏打会のサイトをご覧ください。

マルちゃん バリうままめごぼ天うどん 40g×12個

マルちゃん バリうままめごぼ天うどん 40g×12個

  • 出版社/メーカー: 東洋水産
  • メディア: 食品&飲料



nice!(102) 
共通テーマ:グルメ・料理

星野村 カフェ&ジム Sora [福岡の観光]

18050630.jpg
福岡県八女市星野村は、のどかな茶畑が広がり高級茶の産地として知られています。棚田が点在して、星野村を代表する景観「石積の棚田」へ寄りました。展望所から見える道沿いに新しく出来たカフェがあり、行ってみることに。《利用日2018年5月》
18050637.jpg18050638.jpg
モダンな雰囲気の店内にはテーブル席、窓際に並ぶカウンター席、座敷などがあります。カフェでは星野村の食材をふんだんに使った料理やスイーツが楽しめて、コーヒー(300円)、アイスコーヒー・カフェラテ(各350円)など、ドリンクメニューも手頃。コーヒー豆は久留米市の人気コーヒー店「coffe couty(カウンティ)」の品を使ってあるそう。
18050642.jpg
《窓際のカウンター席》
18050634.jpg
《玄関前のテラス席》 店の前には石積の棚田が広がり、とてものどかな景観。テラス席ではペット連れのご家族が景色を眺めながら、食事を楽しまれていました。店内のカウンター席、テラス席どちらも人気ですね。それでは私たちも食事をいただきましょう。
18050651.jpg
《棚田セット》 週替りのおかず・小鉢・だご汁・ご飯付きで750円。訪れた時のメイン料理は筍や椎茸が入ったメンチカツでした。付合せにはパスタ・キャベツ・ポテトサラダなどが盛られて、小鉢の白和えは優しい味わい。週替りは何が出るかなぁと楽しみがありますね。
18050652.jpg18050646_edited.jpg
《手延べの団子入り、冷茶もオススメ》 お茶の美味しさも、お茶処ならでは!お茶を買いに時々、星野村へ来ていて、美味しいお茶をいただくのも楽しみ。
18050648.jpg
《Soraプレート》 家族が注文したSoraプレート(1200円)は土日祭日の限定メニュー(平日は予約制)。メイン料理は豚の生姜焼き(写真)、またはトンカツから選べます。手作りこんにゃく・ピーナッツ豆腐・白和え・煮物なども付いていました。
18050657.jpg
《トレーニングジムを併設》 カフェに併設してジムがあり、初心者や体力に自信のない方でも安心して使えるマシーンを用意。料金は1回300円(チケット1枚)、お得な11枚綴り3000円。ヨガレッスン(1回500円~要予約)も行っているそうです。

星野村 カフェ&ジム Sora(ソラ) 福岡県八女市星野村7925-1
営業時間 カフェ11:00~18:00(定休日 月・火)、ジム10:00~18:00(定休日 日)
詳しい情報は店舗のサイトをご覧ください。




nice!(120) 
共通テーマ:グルメ・料理

甘木鉄道に乗ってプチ鉄旅 [福岡の観光]

18032503.jpg
福岡県朝倉市は鵜飼いが有名な「原鶴温泉」 、稼働している水車としては国内最古の「三連水車」筑前の小京都と呼ばれる「秋月」を始め、観光地スポットが点在。朝倉市へ出かけた際に列車旅もいいかなと思い、甘木鉄道(あまぎてつどう)を利用しました。
18032505.jpg
甘木鉄道は甘木駅(福岡県朝倉市)~基山駅(佐賀県基山町)まで、13.7kmを運行。11の駅があり、今回は甘木駅~小郡(おごおり)駅まで8区間、320円のプチ鉄道旅です。駅舎は少しレトロな感じで、待合室もあります。《利用日2018年3月》
18032504.jpg17052155.jpg
駅に併設して観光案内と物産品を販売する「観光プラザ ほとめく館」があります。ほとめくとは、福岡県筑後地方の方言で「おもてなし」の意味です。「筑前朝倉蒸し雑煮」は地元朝倉地域に伝わる郷土料理になり、お餅や具が色々と入って出汁が優しい味わい。
18032508.jpg
《駅のホーム》 訪れた時は列車が発車したすぐ後でしたので、停車している列車を撮影しながら発車時間を待ちました。甘木鉄道の開業は1986年、国鉄甘木鉄道を継承して第3セクター方式で営業しています。福岡方面への通勤・通学・買物にも利用されているようです。
18032509.jpg
《AR307号》 車両は色々なデザインがあり、幾つか撮影出来ましたのでご紹介いたします。鉄道は詳しくありませんが、旅先で列車を見かけて時々プチ鉄子になります。
18032510.jpg18032511.jpg
《AR306号、AR303号》
18032513.jpg
私が乗る列車(AR401号)がホームに入ってきました!白とレモン色は爽やかなデザインですね。車両に甘木鉄道が通過する市町村のマスコットキャラクターが描かれています。
18032516_edited.jpg18032518.jpg
《甘木鉄道のレビット君、列車に乗り込みました》
18032519.jpg
沿線に広がるのどかな景色を眺めながら、小郡駅まで約20分の列車旅を楽しみます。
18032522.jpg18032523.jpg
《太刀洗駅を通過》 沿線にはキリンビアパーク福岡(キリン花園) 、太刀洗平和記念館などがあり、写真に見える小高い「花立山」には花立山温泉があります。
18032527.jpg18032529.jpg
《小郡駅へ到着》 途中、高速道路に並行して走り、プチ鉄道旅の目的地「小郡駅」が見えてきました。小郡駅は西鉄電車大牟田線の小郡駅に近くて乗換えが便利です。
18032530.jpg
《小郡駅》小郡市も観光地が点在して、九州歴史資料館、小郡官衙遺跡(国指定史跡)、かえる寺で有名な「如意輪寺」、縁結びの「七夕神社」福童の将軍藤などがあります。

甘木鉄道(あまぎてつどう) 福岡県朝倉市甘木1320
詳しい情報は甘木鉄道のサイトをご覧ください。




nice!(117) 
共通テーマ:旅行

七夕神社 [福岡の観光]

17010119.jpg
小郡市(おごおりし)は福岡県中央部、筑紫野市と久留米市の間に位置しています。観光スポットが点在して、九州歴史資料館、小郡官衙遺跡(国指定史跡)、かえる寺で有名な「如意輪寺」、縁結びの「七夕神社」、将軍藤など。今回は七夕神社を訪れました。
18010101.jpg
小郡駅から車で数分、駐車場も完備されています。七夕神社の正式名称は媛社(ひめこそ)神社と言い、機織りの女神(織姫)が祀られています。今から約1300年前に記された肥前風土記(730年頃)に神社の記述があり、古くから信仰されてきました。
17010125.jpg17010124.jpg
《織姫と彦星》 入口で織り姫と彦星の像が出迎えてくれました。宝満川を挟んだ場所にある、老松(おいまつ)神社があり、牽牛(彦星)が祀られているそう。宝満川(天の川)の両岸に祀られた織姫と彦星は、縁結びのパワースポットして密かな人気を呼んでいます。
18010107.jpg
《参拝しました》 毎年8月7日に行われている「夏祭り」では、全国から送られてきた短冊を吊した笹が飾られて、大勢の参拝客で賑わうそうです。
18010113.jpg
《恋人の聖地》 プロポーズにふさわしいロマンチックな場所を恋人の聖地に認定!各地にあり、旅先でも見かけたことがあります。七夕神社は全国で123番目、福岡県内では4番目に認定されました。くぐると、縁結びに御利益がありそうですね。
17010120.jpg

七夕神社(たなばたじんじゃ) 福岡県小郡市大崎1番地
前記事では福童の将軍藤(小郡市)、次記事は甘木鉄道で行くプチ鉄旅をご紹介いたします。

ナカバヤシ 縁結びポケットシール 2P DPC-P

ナカバヤシ 縁結びポケットシール 2P DPC-P

  • 出版社/メーカー: ナカバヤシ
  • メディア: オフィス用品



nice!(134) 
共通テーマ:旅行

福童の将軍藤 [福岡の観光]

18050601.jpg
福岡県小郡市(おごおりし)の花見スポット、福童(ふくどう)の将軍藤を見に行きました。西鉄電車端間駅から徒歩約5分、大中臣(おおなかとみ)神社へ。毎年、4月下旬頃~5月上旬頃、藤まつりが行われています。《訪問日2018年4月》
09041939.jpg
藤の樹齢は推定で約600年、根元周囲約3m、高さ2mの棚の上に枝が広がっています。藤棚の下にシートを敷いて、お花見ランチを楽しまれている方も。藤まつりの時期は出店が少し出ていました。今まで撮影した中から少しご紹介いたします。
08042643.jpg
09041940.jpg
将軍藤の由来は、1359年の大保原合戦で負傷した懐良親王が快癒を祈って大中臣神社に祈祷。その加護で全快した際に藤を奉納したと伝えられています。1970年に福岡県の天然記念物に指定されました。《撮影日2009年4月》
18050611.jpg
紫色の花は香りが漂い、長いものは1m以上に。久しぶりに訪れましたが、ちょうど見頃の時季に訪れることが出来て綺麗でした。《撮影日2018年4月22日》
18050615.jpg
《大中臣神社楼門》 神社の歴史は古く、今から約1100年以上前の856年作成の書物に「西福童大中臣神」として記されているそう。現在の楼門は1835年に建立されて、木造入母屋造二層、高さ約10m。江戸時代後期の建築技術を知る上でも貴重な建築物だそう。
18050618_edited.jpg18050619_edited.jpg
《楼門の天井画、参拝しました》 楼門をくぐる際に上を見ると、色々な花が描かれた天井画を見ること出来ました。藤まつり期間中は本殿の裏手にある「福童公園」が臨時駐車場として開放されているので便利です。《訪問日2018年4月》

福童(ふくどう)の将軍藤・大中臣神社 福岡県小郡市福童555
小郡市の観光スポットは他にも九州歴史資料館、小郡官衙遺跡(国指定史跡)、かえる寺で有名な「如意輪寺」、縁結びの「七夕神社」などがあります。




nice!(122) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -
2018年04月|2018年05月 |- ブログトップ