So-net無料ブログ作成
2017年12月| 2018年01月 |- ブログトップ

茶房 天井桟敷 [湯布院周辺の観光&グルメ]

17102935.jpg
大分県・湯布院観光に出かけて、金鱗湖近くに建つ「茶房 天井桟敷」へ向かいました。由布院温泉の御三家と呼ばれる旅館「亀の井別荘」の敷地内に建ち、隣接してショップ「両国土産 鍵屋」食事処「湯の岳庵」などがあります。《利用日2017年10月》
17102939.jpg
江戸末期の造り酒屋の屋根裏を改造した茶房になり、夜はBARとして営業。とても落ち着いた空間が広がっています。営業開始の9時を待って入店しましたので、お客さんがまだいなくて静かでしたが、昼間は観光客で賑わっています。
17102944.jpg
《造り酒屋の面影が残るテーブル》
17102952.jpg17102955.jpg
階段を上がったところにもテーブル席が数席あり、こちらは更に屋根裏の雰囲気。注文したメニューの運び方がレトロで楽しいため、人気の席になっています。
17102941.jpg
今回は窓際の席に座り、庭の木々を眺めながらカフェタイムを楽しみました。メニューは天井桟敷ブレンド(540円)、天井桟敷アメリカン・カフェオレ・特製ココア(各570円)、柚子蜜ジュース(480円)、自家製ジンジャーエール(620円)など。※消費税別
17102970.jpg
《天井桟敷モーニングセット》 朝イチに訪れた目的はモーニングセット(9:00~11:00、1400円)です。パプリカのピクルス・鴨のスモーク・サラダ・ヨーグルトなどが彩りよくプレートに盛られて、ジュレのかかった温泉卵やジュースも添えられます。
17102972.jpg1710297322.jpg
もっちりとした食感のトーストにジャムをトッピングしていただきました。セットのドリンクは約10種類から選ぶことが出来て、今回は紅茶(アールグレイ)をチョイス。良い雰囲気の中でいただくモーニングは贅沢なひとときです。
1710296422.jpg1710294722.jpg
《いちじくのコンポート、お土産にドロップス》 自家製のチーズケーキ・由布岳に見立てたモン・ユフ(各480円)、いちじくのコンポート(520円)などデザートも人気。お土産にはブレンド珈琲ドロップスや柚子練りドロップスはいかがでしょう。 
17102938.jpg
《テラス席も良い雰囲気》

茶房 天井桟敷・BAR山猫 大分県由布市湯布院町川上2633-1
営業時間 茶房天井桟敷9:00~18:00、BAR山猫19:00~24:00
以前の記事では、お土産ショップ「両国土産 鍵屋」鍵屋のおはぎ食事処「湯の岳庵」などもご紹介しています。
nice!(69) 

河原精肉店(湯布院) [別府周辺の観光&グルメ]

17102998.jpg
大分県湯布院観光に出かけて、JR由布院駅周辺を散策しました。オシャレなドーナツ店「MILCH DONUT&CAFE」や「由布院ラスク」にも寄ってお土産を買いました。今回の宿泊はコテージを素泊まりで利用して、夕食を買いに出かけます。湯の坪街道周辺の店は夕方に閉まる店も多いため、外食や買物をする場合は注意しましょう。
17103023.jpg
JR由布院駅から徒歩約2分、「河原精肉店」に寄りました。大分のブランド牛「豊後牛」を始め、豚肉や地鶏などを販売。人気のコロッケがあるそうなので楽しみ。
17103024_edited.jpg
《店頭販売》 揚げ物コーナーがあり、注文してから揚げてくれます。若鶏の手羽先・ぶつ切り・骨なし・もも揚げ、砂肝揚げ、カツ揚げなどのテイクアウトメニューが揃っています。全体的にリーズナブルな料金でいいですね。《利用日2017年10月》
17103029_edited.jpg
地鶏ミンチ入りコロッケと、牛ミンチかつ(各120円)を買いました。コロッケはホクホクのジャガイモが優しい味わい。牛ミンチかつはよく揚がって弾力のある食感。1個から購入できますので食べ歩きにもオススメです。地どり唐揚げも美味しそうでしたよ。
17103027.jpg

河原精肉店 大分県由布市湯布院町川上3735-4
営業時間 9:00~18:00、定休日 水曜日
旅行情報サイト「たびねす」に、湯布院でぜひ訪れたい!グルメ&スイーツお薦め5店をご紹介しています。ご覧いただけると幸いです。

豊後牛すきやき肉

豊後牛すきやき肉

  • 出版社/メーカー: 美食サークル
  • メディア: その他



nice!(100) 

ゆふいん温泉 コテージ湖畔 [大分の温泉]

17102994.jpg
2017年10月、2泊3日で大分旅行へ出かけて湯布院に宿泊しました。JR由布院駅から金鱗湖周辺にかけて、様々なお土産店や食事処が点在。雑貨などのショップを見たり、おやつの食べ歩きも楽しいですよ。訪れた日は晴れていて金鱗湖も良い眺めでした。
17102886.jpg
《急な坂道を下ります》 宿泊した「ゆふいん温泉 コテージ湖畔」は金鱗湖から徒歩1分の好立地。車の場合はレストラン洋灯舎(らんぷしゃ)の近く、天祖神社横の坂道を進んでいきます。この先は行けるの?という不安になる狭い坂道ですが、無事に到着しました。
17102912.jpg17102901.jpg
敷地内に貸別荘が建ち、ロフト付きのタイプや平屋タイプなど6棟あります。バーベキューハウスもあるので、材料を持ち込んで楽しむのも良いでしょうね。訪れた日はお子さん連れでバーベキューを楽しまれているグループがありました。
17102888_edited.jpg
《ログハウスは2棟》 今回は平屋タイプのログハウスを利用しました。木の温かみがあり、可愛い小物なども飾られています。敷地が広く、車はログハウス前に駐車出来ます。夜は真っ暗になりますが、歩くとセンサーが感知して照明が付く点も安心です。
17102891.jpg
キッチンもあり、冷蔵庫・電子レンジ・電気ポット・食器などが揃っていますので自炊にも便利。今回はスーパーに食材を買いに出かけて、簡単に調理して夕食をとりました。外食の場合は湯の坪街道周辺の飲食店は早く閉まる店が多いため、ご注意ください。
171028921.jpg
テーブルセットの他に、座卓と座椅子も置かれています。観光に便利な立地のため利用しましたが、期待した以上に居心地の良いコテージです。
17102893.jpg17102899.jpg
《雰囲気の良いベッドルーム、温泉が引かれた浴室付き》 浴室に温泉が引かれて、少し熱めの湯がかけ流しになっています。客室に温泉があると好きな時間に楽しめていいですね。源泉名は弓矢温泉と書かれていて、泉質は単純温泉、源泉温度51.4℃
17102903.jpg
《宿泊者用の浴場》 敷地内には宿泊者用の浴場が2つあり、貸切風呂として利用します。利用時間は15:00~23:00、6:00~9:30
17102911.jpg17102907.jpg
どちらもこぢんまりとした広さですが、家族で浸かるには十分なサイズでしょう。片方は源泉名が弓矢温泉、もう1つは湯布院温泉(ダビデの館)です。
17102987.jpg
《金鱗湖の朝霧》 朝起きて金鱗湖に行くと朝霧が出ています!昼間の金鱗湖は何度も訪れていますが、初めて見る朝霧は幻想的な雰囲気。湯布院の朝は冷えますので、散歩の後は温泉で温まってからチェックアウトしました。《訪問日2017年10月》

ゆふいん温泉 コテージ湖畔 大分県由布市湯布院町川上1761-5
旅行情報サイト「たびねす」に、湯布院でぜひ訪れたい!グルメ&スイーツお薦め5店をご紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
nice!(116) 

別府冷麺 六盛 [別府周辺の観光&グルメ]

17102551.jpg
大分県別府市へ出かけて、観光とご当地グルメを楽しみました。手軽に楽しめるご当地グルメでは、とり天・別府冷麺・だんご汁・別府プリンなどが人気。別府冷麺の人気店から、今回は「手のべ冷麺専門店 六盛(ろくせい)」へ。JR別府駅から徒歩約15分、松原公園のそばに建つ松原店(本店)を訪れました。《利用日2017年10月》
17102554.jpg
2017年3月にリニューアルオープンした店内はオシャレな雰囲気。L字型のカウンター席とテーブル席が並んでいます。メニューは冷麺(750円)、きくらげ冷麺・温麺(各800円)、ラーメン・中華そば(各700円)、チャーシューメン(850円)など。
17102565.jpg
《冷麺》 今や別府のソウルフードとも言える別府冷麺のルーツは、満州(中国の東北一帯)から引き揚げてきた日本人が昭和25年頃に開いた店が始まりと言われています。2種類の昆布と国産牛を使って丁寧に出汁を取ったスープは、すっきりとした味わい。
17102568.jpg17102567.jpg
手打ち麺は上質な小麦粉・そば粉・でん粉を店独自の配合で仕上げて、モチモチの食感。食べる前は堅いイメージでしたが、ほど良いコシがありスープとよく合います。チャーシューやキムチも手作りにこだわってあるそう。
1710256122.jpg
《中華そば》 焼きあご(飛び魚)・煮干し・羅臼昆布・鶏ガラで仕上げたスープは旨味があり、注文した家族も美味しいと感想。麺は長浜ラーメンと同じくらいの細麺です。日頃はとんこつラーメンを食べる機会が多いですが、醤油風味の中華そばもいいですね。
17102560.jpg
《中華そばと冷麺》 次々とお客さんが訪れてあり、さすが人気店!冷麺と中華そばはどちらが多いかなと見ていると、半々くらいの割合で注文してありました。スペアリブを1本トッピングした中華そば「中華スペアリブ」(950円・数量限定)も人気です。
17102548.jpg
《北浜店》 JR別府駅から徒歩約2分の場所にも店舗があり、営業時間は11:30~14:00、19:00~22:00です。今回は夜の営業時間が早い本店へ別府駅から歩いて行きました。次回、別府駅周辺に行く際は北浜店を利用したいと思います。

手のべ冷麺専門店 六盛 松原店 大分県別府市松原町7-17
営業時間 11:30~14:30、18:00~21:00
店休日 水曜日(北浜店も同じ)
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。
nice!(117) 

とよ常本店 [大分の観光]

17111733_edited.jpg
大分県別府市は色々なグルメが揃い、評判のよい食事処が点在しています。その中から、JR別府駅から徒歩約10分、ホテル雄飛内の「とよ常 本店」へ向かいました。以前、別府の温泉巡りに訪れた際にランチを利用して良かったので、再訪が楽しみです。
17111736.jpg17111735.jpg
生け簀もある店内はカウンター席と座卓が並び、次々とお客さんが来られて満席になりました。地元でとれた新鮮な魚介類を中心に、リーズナブルで美味しい料理が評判。
17111749.jpg
《とよ常名物 特上天丼》 大きめの海老2尾と、茄子や人参など野菜が数種類盛られてボリューム多め。衣がサクッと揚がって海老はぷりぷり、天丼のタレは少し甘めでコクがあり美味しい。赤出しと香の物付きで750円はお手軽ですね。丼メニューは他にも、穴子丼(1,400円)、りゅうきゅう丼(880円・昼限定)などもあります。
17111742.jpg
《刺身定食》 刺身4点盛り・カレイの唐揚げ・焼魚・もずく酢など、テーブルにずらりと料理が並び、1,200円は嬉しい安さ。カレイの唐揚げはパリパリに揚がって頭も食べられます。定食は他にも天麩羅定食・四季定食(各1,200円)、とよ常定食(800円・昼限定)など。豊後あじや豊後さばを使った御膳やミニコースも良さそうですよ。
171117442.jpg17111747_edited.jpg
《マイ海鮮丼、特上天丼のたれ等を販売》 コリコリとした刺身も美味しく、ご飯にのせて海鮮丼を作りました。今回は本店を利用しましたが、別府駅前店もあります。店休日がそれぞれ違うので、どちらかの店を利用出来て便利です。《利用日2017年11月》

お食事処 とよ常本店 大分県別府市北浜2丁目13-11 ホテル雄飛1階
営業時間 11:00~14:00・17:00~22:00、定休日 水曜日(別府駅前店は木曜日)
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。

大分県の郷土料理 「関のりゅうきゅうセット(関あじ2袋・関さば1袋 / 計3袋)」

大分県の郷土料理 「関のりゅうきゅうセット(関あじ2袋・関さば1袋 / 計3袋)」

  • 出版社/メーカー: 大分県漁業協同組合
  • メディア: その他


nice!(133) 

ちょこっと茶漬け専門店 千翔彩 [福岡市のランチ&グルメ]

17122001.jpg
福岡市博多区中洲にある商業施設「gate’s(ゲイツ)」は福岡市営地下鉄中州川端駅に直結して便利な立地。飲食店は回転寿司「くら寿司」、ジェラートとパスタ「ViTO」、トマホークステーキが名物「シカゴステーキオーロラ」、鉄板焼「天神ホルモン」、茶漬け専門店「千翔彩」などがあり、ランチに時々出かけています。《利用日2017年12月》
17122002.jpg
ちょこっと茶漬け専門店 千翔彩(ちとさい)は種類豊富なお茶漬けを始め、湯豆腐セット・寄せ鍋セット・小鉢メニューなどが味わえて、アルコールドリンク類もリーズナブル。夜遅くまで営業していますので、食事会や飲み会の締めに寄られる方も多いそう。
17122005.jpg17122006.jpg
《カジュアルな店内》 カウンター席が多く、テーブル席は4人掛けが1席あります。1人でも利用しやすく、スタッフの皆さん感じが良くて寛げます。ランチ時間は近隣に勤務するサラリーマンの方が多くて、お財布に優しいお手軽なランチメニューが好評。
17122014.jpg
《選べるランチ》 9種類の中から3種類のお茶漬けを選び、3種類の小鉢も付いて780円。この日は温泉卵・梅しらす・炙りサーモンを選びました。お茶漬けは小さめサイズになり、3杯で通常の1杯分です。様々な味が楽しめて、選ぶ楽しさもありますね。
17122016.jpg1712201722.jpg
《出汁をかけて》 あられ・わさびなども用意されていますのでお好みでどうぞ。出汁が入ったポットは1人分ずつ用意されて、無添加の出汁は風味がよく、そのまま飲んでも美味しい。あられは出汁でふやけて柔らかく、後で入れるとパリパリの食感が楽しめます。
17122901.jpg
《日替わりランチ》 別の日は日替わりランチ(580円)を注文しました。訪れた日は鮭・明太鶏そぼろ・高菜のお茶漬けでした。お茶漬け1杯をおでん(3個)に変更も出来るサービスがあり、選べるランチの場合も、おでんに変更が出来ます。日替わりのおでんは何が出るかなぁと毎回楽しみ。よく味がしみて、おでんも美味しいですよ。
17122019.jpg
《鰻のひつまぶしランチ》 ふっくらと焼き上げられた鰻は香ばしく、3種類の小鉢付きで880円はお手軽です。まずはそのままで味わい、その後は出汁をかけていただきましょう。小鉢の「ごとうふ」(佐賀県有田の名物)はもっちりとした食感。 
1712202222.jpg17122011.jpg
《鰻のひつまぶし、湯豆腐セットもオススメ》 お好きなドリンク1杯・お好きなお茶漬1杯・3種類の小鉢・日替わり小鉢付きのドリンクセット(980円)、有田のごどうふを使った湯豆腐(580円)、寄せ鍋(780円)などもオススメです。

ちょこっと茶漬け専門店 千翔彩(ちとさい) 福岡県福岡市博多区中洲3-7-24ゲイツビル地下1階
営業時間 11:30~15:00、17:00~翌2:00(日曜日は23:00まで)
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。

桐印 日本橋 ほぐす茶漬け ほたて 出汁(昆布入り)

桐印 日本橋 ほぐす茶漬け ほたて 出汁(昆布入り)

  • 出版社/メーカー: 国分グループ本社株式会社
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



nice!(108) 

2018年のお正月 [日記・ひとり言]

17123061.jpg
明けましておめでとうございます。2018年のお正月はいかがお過ごしでしょうか。年末はハウステンボスへ出かけて、イルミネーションを見てきました。アートガーデンの光の滝や光のドラゴンロボットショー、パレスハウステンボスの3Dプロジェクションマッピング、炎のショー「ファイヤーパフォーマンス」など、見所がたくさんあります。
17123072.jpg
《パレスハウステンボス3Dプロジェクションマッピング》 
17123033.jpg17123022.jpg
《光のパレード、干支バージョンのベア》
17123101.jpg
お土産は今年もお正月バージョンの九十九島せんぺいです。三が日は初詣や初売りに出かけたり、のんびりと過ごしました。今年も少しずつ色々な所へ出かけて、観光を楽しみたいと思います。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
17010224.jpg
nice!(119) 

別府プリンめぐり [別府周辺の観光&グルメ]

171027612.jpg
大分県別府市のご当地グルメでは、とり天・別府冷麺・だんご汁・別府プリンなどがとくに人気。2017年10月の別府旅行では「別府プリンめぐり」を楽しみましたので、訪れた店から幾つかご紹介いたします。ホテル三泉閣(さんせんかく)はJR別府駅より徒歩約8分、別府タワーの道向かいに建つ旅館です。
1710258922.jpg
ホテル三泉閣は高級魚のとらふぐから抽出したコラーゲン入りの温泉蒸しプリンを販売。ぷるりんちゃん(左上)はクリームチーズ入りでクリーミーな味わい。おおいたぷりん(右上)は大分特産のかぼすソースをかけます。他にも美肌プリンがあり、各280円。
17102775.jpg
《明礬湯の里》 別府八湯の1つ明礬温泉(みょうばんおんせん)にあり、売店・レストラン・湯の花小屋(見学可)・大露天岩風呂・家族湯(貸切風呂)などがあります。明礬湯の里は記事でもご紹介していますので、よろしければ明礬湯の里をご覧ください。
17102788.jpg17102785.jpg
温泉蒸しプリン(230円)は、もっちりとしてレアチーズのような感じで美味しい。蒸しまんじゅうのよもぎ・いもまんじゅう(各120円)、たまご(50円)、とうもろこし(300円)などもおやつにオススメです。《利用日2017年10月》
17102761.jpg1710276822.jpg
《海地獄の地獄蒸し焼きプリン》 別府観光の定番「地獄めぐり」は海地獄・血の池地獄・龍巻地獄・白池地獄・かまど地獄などがあり、それぞれに楽しめるスポットです。海地獄で販売している地獄蒸し焼きプリン(300円)をテイクアウトしました。
17102792.jpg
地獄蒸し焼きプリン(左上)は、なめらかな食感でカラメルは控えめな甘さ。大きさの比較に明礬湯の里の温泉蒸しプリン(右上)を並べてみました。今回巡った別府プリンの中では一番大きく、たっぷりサイズ。どの店も味わいがあり、食べ比べも楽しいですね。
07050162.jpg
《岡本屋売店》 明礬湯の里の近くに建ち、人気の立ち寄りスポット。店頭に温泉の噴気で蒸す「地獄蒸し釜」があり、湯けむりがモウモウと上がる光景も楽しい。店内で食事も出来て、大分名物のとり天・地獄蒸し塩たまご・シフォンケーキなども味わえます。
0712028622.jpg10081230.jpg
名物の地獄蒸しプリン(260円~)は、ほろ苦いカラメルが美味。玉子がフワッとした地獄蒸したまごサンドイッチ(400円)も美味しいですよ。旅行情報サイト「たびねす」に岡本屋売店の記事を紹介していますので、よろしければご覧ください。
17102672_edited.jpg1710268622.jpg
《ホテル白菊》 今回の別府プリンめぐりの最後はホテル白菊へ。日帰りで利用出来る食事処・大浴場・売店・カフェなどがあり、以前は昼食を何度か利用しました。今回はしらぎくかふぇでプリンをいただきましたが、相変わらず丁寧な接客にも好感を持ちます。
1710268822.jpg
白い珈琲プリン(左上・220円)は、とろ~りとした食感でコーヒー風味。白菊プリン(右上・180円)は濃厚で甘さ控えめ、カラメルも上品な甘さ。コーヒーまたは紅茶が付くプリンセット(600円)、ケーキセット(700円)などもあります。

神戸フランツ 神戸魔法の壷プリン(R)4個入

神戸フランツ 神戸魔法の壷プリン(R)4個入

  • 出版社/メーカー: フランツ株式会社
  • メディア: その他


nice!(113) 

2017年12月|2018年01月 |- ブログトップ