So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年06月| 2017年07月 |- ブログトップ
前の10件 | -

うどん屋 翔 [福岡の観光]

17071704.jpg
福岡県朝倉市は観光スポットが点在して、筑前の小京都と呼ばれる「秋月」、鵜飼いが有名な「原鶴温泉」、稼働する水車としては国内最古の「三連水車」などが有名。原鶴温泉の近く、386号線沿いにある「道の駅原鶴」は、ドライブ途中の休憩に時々寄っています。
1707170922.jpg1707170822.jpg
《野菜や果物が並ぶ》 物産館「ファースステーションバサロ」には朝倉市特産の柿や巨峰など果物を始め、野菜や手作りの惣菜なども並んでいます。道向いの畑に毎年作られる、ひまわり畑は人気スポット。物産館入口の自販機は、ひまわり柄になって明るいデザインですね。
17071710.jpg
物産館に併設した「うどん屋 翔(しょう)」入口に、「復興応援セット」と案内が出ていたので利用しました。朝倉市は2017年7月の九州北部豪雨で甚大な被害を受けましたが、迅速な復旧作業のおかげにより、国道386号線は通行出来るようになっています。
17071712.jpg
《ゆったりとした店内》 うどんメニューは種類が多く、かけ(350円)、山菜・丸天(各450円)、ごぼう天(480円)、カレー・山かけ月見(各500円)など。うどん以外のメニューもあり、ブタ辛丼やカツ丼、ジェラートやかき氷などもあります。
1707172122.jpg
《復興応援うどんセット》 うどん・おにぎり・鶏の唐揚げがセットになって500円。からっと揚がった唐揚げが3個、おにぎりも付いて良いボリュームです。うどんは昆布の出汁がきいていました。復興応援メニューは、コーヒーとケーキセット(300円)もあります。
1707172222.jpg1707172022.jpg
《唐揚げ3個付き、柚子こしょうなど》 薬味に柚子ペッパー、柚子こしょう、柚十味(ゆとうみ)唐辛子が用意されていますので、お好みでどうぞ。復興応援メニューの期間をお店の方に訪ねたところ、しばらく続けますよと言われました。《利用日2017年7月17日》
17071714.jpg
《大人のうどんセット》 天ぷら盛合せ、または大きなコロッケに、うどん・小鉢・おにぎり・スイーツが付いた「大人のうどんセット」(各980円)はボリュームたっぷり。海老フライ・唐揚げなどが付く大人のミニうどんセット(600円)もあります。

うどん屋 翔(しょう) 福岡県朝倉市杷木町久喜宮1665-1
営業時間 10:00~15:00(土日祝は17:00まで)
nice!(59) 
共通テーマ:旅行

ハトマメ屋 営業再開 [福岡の観光]

17071744.jpg
福岡県朝倉市は、2017年7月の九州北部豪雨で甚大な被害を受けました。迅速な復旧作業のおかげにより、主要道路である国道386号線は土砂や流木が除去されて、車の通行が出来るようになっています。人気菓子店「ハトマメ屋」も浸水の被害に遭い休業していましたが、7月16日に営業を再開しました。《利用日2017年7月17日》
1707174522.jpg
ハトマメ屋は1885年創業、昔ながらの菓子「ハトマメ」を始め、和菓子や洋菓子などが種類豊富に揃っています。ショーケースに並ぶショートケーキ・ロールケーキ、注文してからクリームを詰めてくれるシュークリームも美味しいですよ。
17071746.jpg
《金トキ豆・そばこ豆》 金太郎柄のレトロな小袋に詰められたハトマメはおみくじ入り。小麦粉と砂糖水を使い、昔ながらの製法で作られた素朴なお菓子です。
1707174722.jpg
《豆菓子もオススメ》
1707174822.jpg 
《ぽ太郎サブレ・豆菓子》 今回買った豆菓子は黒糖豆・山葵豆・生姜豆の3種類です。どれも風味が良くて、ピリッとした辛さの山葵豆も気に入っています。

ハトマメ屋  福岡県朝倉市宮野1910-3
営業時間 9:00~19:00、定休日 毎週水曜日(祝日の場合は営業)
詳しい情報は店舗のサイトをご覧ください。
nice!(106) 
共通テーマ:旅行

プレミアムロイヤルホスト 住吉店 [福岡市のランチ&グルメ]

1707143122.jpg
「ロイヤルホスト」は北海道から沖縄まで日本全国に221店舗あり、質の高さやおもてなしが人気のレストランです。同僚たちと夕食に、福岡市博多区にある「プレミアムロイヤルホスト住吉店」へ出かけました。住吉通りに建ち、西鉄バス停「住吉」からすぐの便利な立地。ゆったりとした店内は温かみを感じる造り、丁寧な接客にも好感を持ちます。
1707144222.jpg1707143422.jpg
《パラダイストロピカルティー、雰囲気が良くて寛げる店内》 少し遅れてくる同僚を待つ間に、ドリンクをいただきました。パラダイストロピカルティー(お替りOK)は、紅茶をベースに華やぐ香りの4種類のハーブをブレンドして、すっきりとした美味しさ。
17071437_edited22.jpg
《ウィークデースペシャルディナーセット》 私は平日限定(17:00~22:00)のメニューから注文しました。メイン料理(5品から選択)・きのこマリネサラダ・ロイヤルのオニオングラタンスープ(またはコーンのポタージュ)・自家製パン(またはライス)・ソフトドリンク付き。メニューは写真付きで分かりやすいのもポイントです。
1707144422.jpg
《きのこマリネサラダ》 きのこや野菜がたっぷり入り、ヘルシーなサラダは健康志向の方にもオススメ。少し酸味があるドレッシングは食欲が進みます。
170714452222.jpg
《ロイヤルのオニオングラタンスープ》 人気メニューがセットの一品として味わえるのもスペシャルディナーセットの魅力です。玉ねぎをじっくり炒めて自然な甘さを引き出し、自社製コンソメスープで仕上げて、熱々で運ばれてきます。マリリン・モンローが1954年に来日した際に、当時のロイヤル中洲本店で注文したそうです。
17071446_edited22.jpg
《チキンのジューシーグリル~バター醤油ソース~・自家製パン》 5品から選べるメイン料理から、今回はチキンをチョイスしました。グリルされたチキンとバター醤油ソースがよく合い、ビールが進みます。もっちりとした自家製パン(お替りOK)も美味しい。
1707144022.jpg
《35年目のロイヤルターリ 2種のカレー》 同僚たちは「35年目のカレーフェア」から注文しました。こちらは歴代のカレーフェアから選ばれたカレー2種、ビシソワーズ(冷製スープ)・チキン65・コールスロー・ナン・サフランライスが盛り込まれています。カレーもスパイシーな旨辛チキン「キチン65」も美味しいと、同僚Hさん。
1707144122.jpg
《”10種の国産野菜”とポークのスープカレー》 色とりどりの野菜10種類が使われたスープカレーは十八穀米とともに。お肉が柔らかくて食欲が進むピリ辛タイプと、同僚Kさん。フェア前に行われた試食会で私もいただきましたが、ちょうど良い辛さでした。
1707144922.jpg
《夏のプチデザート》 食事の最後はデザート「塩キャラメルアイスと紅茶のグラニータ」を注文しました。シナモン風味の紅茶のグラニータにバナナをトッピング、塩キャラメルアイスも良い風味ですね。色々な味が楽しめて美味しいと、同僚たちも喜んでいました。

プレミアムロイヤルホスト住吉店 福岡市博多区住吉4-7-24
営業時間 9:00~24:00
「35年目のカレーフェア」は2017年7月5日~8月下旬の予定。
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。
フェアの説明会・試食会に参加した記事もありますので、よろしければロイヤルホスト 35年目のカレーフェアをご覧ください。 

nice!(129) 
共通テーマ:グルメ・料理

味処 仲よし [長崎の観光]

17042305_edited2.jpg
長崎県・島原旅行へ出かけて、「島原城」や「鯉の泳ぐまち」を観光しました。旅行初日のランチは国道251線沿い、島原鉄道の大三東(おおみさき)駅近くにある「味処 仲よし」へ。敷地が広くて、駐車スペースが広い点も便利です。《利用日2017年4月》
17042306_edited.jpg
店内は畳敷きに座卓やテーブル席が並び、個室風に仕切られています。メニューは単品・定食など種類が豊富に揃い、長崎名物のちゃんぽん・皿うどん(各680円)もあります。天麩羅定食・大えびフライ定食(各1000円)、刺身盛合せ定食(1080円)も良さそう。
170423182.jpg
《がぶ丼 800円》 私が注文した「がぶ丼」は、和牛もも肉のローストビーフが花のように盛られて登場!少し厚みのあるお肉はタタキという感じがあり、ヘルシーな美味しさ。肉の花の下には千切りキャベツ、その下はバターライスです。「がぶ」とはガブッと食べる意味かなと思って尋ねたところ、島原の方言で「たくさん」という意味だそう。 
170423152.jpg
《仲よしランチ 680円》 メインを肉料理または魚料理から選べて、訪れた日の肉料理はとんかつです。プレートにライス・とんかつ・ハムエッグ・ポテトサラダなどが盛られて、長崎名物のトルコライスの雰囲気ですね。注文した家族は、とんかつは脂身が少なくて美味しいと言っていました。名前にランチと付いていますが、夜も注文出来るそうです。
170423122.jpg
《仲よし特製ちゃんぽん 680円》 今回は注文しませんでしたが、ちゃんぽんもリーズナブルで美味しそうでした。全国新ご当地グルメ選手権で優勝した「長崎Wスーパーポーク丼」(700円)も人気メニュー。デザートは島原名物「かんざらし」もあります。 
17042301_edited2.jpg
敷地内に2つの食事処が建っていて、左手が「味処仲よし」です。奥に建つ姉妹店「花ざしき和香」では季節の懐石料理が味わえて、花かご膳や美人ランチなどもあります。

味処 仲よし 長崎県島原市有明町大三東丙198-2
営業時間 11:30~15:30(OS15:00)、17:00~22:00(OS21:00)
詳しい情報は店舗のサイトをご覧ください。
nice!(122) 
共通テーマ:グルメ・料理

水都(島原市) [長崎の観光]

170425402.jpg
長崎県島原市へ出かけて、「鯉の泳ぐまち」周辺を散策しました。島原市は湧き水が豊富で、湧水スポットが点在しています。湧水群として、1986年に日本名水百選(環境省選定)に選ばれました。水路には錦鯉が泳ぎ、散策を楽しむ観光客が訪れています。
170425442.jpg
水都(すいと)は古民家を利用したギャラリーになり、手作りの和雑貨・アクセサリー・手ぬぐいなどの小物を販売しています。素敵な雑貨を見ていると、心が和みますね。
170425482.jpg170425452.jpg
《ミニ飾り下駄、うさぎの置物》 可愛い小物はお土産にも喜ばれそう。ミニ飾り下駄は玄関に飾ると人の出入りが多くなると言われ、商売繁盛や良縁などの御利益があるとか。トイレに飾ると足が丈夫になるそうですよ。《利用日2017年4月》
170425512.jpg
ドリンクなどのテイクアウトメニューがあり、アイスカプチーノ(100円)と、かんざらし(300円)を注文しました。他にはコーヒー(100円)、島原産の生姜を使った島原ジンジャーエール・生姜バナナスムージー(各250円)などがあります。
170425532.jpg
《かんざらし》 白玉団子を甘いシロップにつけた「かんざらし」は島原名物。かんざらしを味わえる店が点在して、こちらの店はハート入りが特徴。白玉団子は少しざらっとした食感、シロップは甘めでした。具雑煮とかんざらし巡りに、またいつか訪れたいと思います。

かんざらし・手作り雑貨 水都(すいと) 長崎県島原市新町2丁目245-2
営業時間 10:00~18:00、定休日 不定休
詳しい情報は店舗のFacebookをご覧ください。
かんざらしの記事は、しまばら湧水館かんざらし手作り体験銀水(ぎんすい)天下の味処 ほうじゅうもありますので、よろしければご覧ください。
nice!(120) 
共通テーマ:旅行

いなほ焼き 島原店 [長崎の観光]

170425142.jpg
長崎県・島原観光へ出かけて、旅行2日目は島原城・鯉の泳ぐまち・アーケード商店街を散策しました。商店街近くを歩いていると、「いなほ焼き」の看板が目をひきました。場所は十八銀行島原支店の道向いになります。《利用日2017年4月》
170425202.jpg
いなほ焼きは初めて知ったのでお店の方に尋ねると、長崎県大村市が発祥になるそう。見た目は今川焼き(回転焼き)に似ていますが、中身は餡ではありません。味が気になったので、1個買ってみました。軽いのかと思ったら、ずっしりとした重さがあります。
170425212.jpg
中身はキャベツ・タコ・天かす・マヨネーズ・ソースが入って、トロトロになっています。お好み焼きをヒントに、手に持って食べられるようにした商品だそう。1個100円は手軽なおやつにいいですね。店舗は大村市を始め佐世保市、福岡県内にも数店舗あるそうです。

いなほ焼き 島原店 長崎県島原市新町1-222
営業時間 11:00~19:00
詳しい情報は店舗のサイトをご覧ください。
nice!(132) 
共通テーマ:旅行

Canon PowerShot G7 X Mark II購入 [カメラ]

1706185822.jpg
カメラのカテゴリーを作っていますが、更新をすっかり忘れていましたので、久しぶりにカメラの記事を。今年購入したコンパクトカメラは、「キャノンパワーショットG7 X Mark II」です。家族がメインで使っていますが、持ち歩きに便利なサイズだそう。
1602111822.jpg
私がしばらく前から使っている「キャノンパワーショットG9X 」は、観光やランチのお供にも良いコンパクトサイズ。料理などの写真はこのカメラで撮ることが多いです。純正ケースは本革が柔らかくて、気に入っています。《2017年7月》
1707080122.jpg
《左:G9X、右:G7 X Mark II》 大きさはG9Xがひとまわり小さく、私が使うにはちょうど良いサイズです。壊さないように気をつけて、2台とも長く使いたいと思います。
17061735.jpg
《ハウステンボスで撮影》 あじさい祭りに出かけて、G7 X Mark IIでも撮影しました。色とりどりのあじさいがたくさん咲いて、撮影を楽しめるスポットです。
17061752.jpg
《ガクアジサイ》
17061607.jpg
《アンブレラストリート》 約130メートルの通りがカラフルな傘で彩られて、雨の日も楽しめるスポットです。夜に撮影しましたが、明るく撮れました。暗い室内の撮影にも活躍しますので、食事会などにも持って出かけたいと思います。

PowerShotの詳しい情報はキャノンの公式サイトをご覧ください。
nice!(130) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

天下の味処 ほうじゅう [長崎の観光]

170425382.jpg
長崎県・島原観光へ出かけて、鯉の泳ぐまち周辺を散策しました。島原市は古くから湧き水が豊富で市内には約60ヶ所の湧水源があり、水飲み場も点在。水路には清らかな水が流れ、錦鯉が放流されています。島原名物が味わえる店も点在していますので、幾つか巡りました。
170107132.jpg
鯉の泳ぐまちにある「天下の味処 ほうじゅう」は島原の郷土料理を始め、新鮮な魚介類やリーズナブルな定食が種類豊富に揃っています。ふぐコース・レディースコース・晩酌コースなどもあり、食事会にも良さそうですね。《利用日2017年4月》
170425262.jpg
《湧水が流れる店内》 手軽なメニューは、ランチ・塩サバ定食(各850円)、お好み定食・天ぷら定食(各900円)、ざるそば・うどん(各450円)、カツ丼(650円)など。海鮮丼(1000円)やガンバずし定食(1400円)なども良さそう。
170425372.jpg
《具雑煮 700円》 鶏肉とごぼうで出汁をとり、餅・白菜・鶏肉・椎茸・えのき・かまぼこなど色々な具が入っています。雑煮といえば、お正月に食べるイメージですが、島原ではお正月以外にも食べられている郷土料理です。具雑煮は好きなので姫松屋銀座食堂でもいただきました。店それぞれに味わいが異なり、こちらの具雑煮も美味しい。
170425332.jpg
《地獄ソーメン 450円》 島原といえば島原手延そうめんも特産で、贈り物に買ったことがあります。細くてツルツルするのど越しが美味しく、スルスル~と完食しました。今回は冷たい出汁で味わいましたが、温かい「にゅうめん」も美味しいですよ。
10061860.jpg10061859.jpg
《かんざらし 300円》 前回訪れた際は寒ざらしをいただきました。湧き水で冷やした白玉団子を甘く冷たいシロップで味わう素朴なスイーツです。市内にはかんざらしを味わえる店も点在していますので、食べ比べも楽しいかも。この後もおやつ巡りは続きます。

天下の味処 ほうじゅう 長崎県島原市新町2-243
営業時間 11:00~24:00(OS23:30)
nice!(125) 
共通テーマ:グルメ・料理

博多かんべえ 別邸 [福岡市のランチ&グルメ]

170607022.jpg
会社の食事会で福岡市博多区中洲にある「博多かんべえ 別邸」を利用しました。かんべえグループは数店舗あり、九州・玄界灘でとれた新鮮な魚を中心に、こだわりの野菜・肉など素材を活かした料理が味わえるそう。《利用日2017年6月》
170607082.jpg170607032.jpg
《生ビールで乾杯、リバーサイドビューの個室》 掘りごたつ式の個室が並び、私たちは眺めの良い那珂川側を案内されました。月替りの「かんべえコース」は、2時間飲み放題付きで5,000円(情報サイトのクーポンを利用して4,000円)。まずは生ビールで乾杯!その後はそれぞれ好みのドリンクをオーダーして、ハイボールもいただきました。
170607072.jpg
《にぎり寿司とカルパッチョ》 料理は数人分ずつ大皿に盛られて運ばれてきました。最初の料理は、にぎり寿司とカルパッチョになり、どちらも長崎産真鯛を使用。真鯛にいくら&たたきオクラをトッピングした、にぎり寿司は食べやすいサイズです。
170607102.jpg
《天ぷら》 煮穴子の天ぷらは衣がカリッと揚がり、とうもろこしの天ぷらは甘みがあります。九州各地の食材が使われて、穴子は長崎県対馬産、とうもろこしは沖縄産だそう。
170607112.jpg170607122.jpg
《豚なんこつの旨煮、フォアグラの冷製茶碗蒸し》 こちらは1人分ずつになり、豚なんこつの旨煮はお酒が進む味付け。茶碗蒸しにはフランボワーズソースがかかっています。
170607142.jpg
《鶏と野菜のせいろ蒸し》 焼いた鶏肉の上にネギなど野菜がたっぷり。せいろで蒸すとお肉や野菜も美味しいですね。すき焼き風の自家製タレでいただきます。
170607132.jpg170607162.jpg
《黒毛和牛ときのこの朴葉味噌焼き、炊き込みご飯》 アサリ入りの炊き込みご飯は生姜が良い風味。最後にオレンジシャーベットが出ました。料理は全体的にボリュームが控えめでしたが、リバーサイドビューの個室は雰囲気が良かったと思います。

博多かんべえ 別邸(はなれ) 福岡市博多区中洲5-4-10グランエターナ福岡天神橋2F
詳しい情報は店舗のサイトをご覧ください。
nice!(130) 
共通テーマ:グルメ・料理

ロイヤルホスト 35年目のカレーフェア [日記・ひとり言]

170626162.jpg
ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」は、毎年恒例となった夏のカレーフェアを7月5日から全国の店舗で開始します。"暑い国のカレーで夏を元気に過ごしてほしい”という思いのもと、1983年から夏季限定でフェアを開催。毎年、メニューを楽しみにしている方もいらっしゃるかと思います。プレス向きの説明会・試食会に参加させていただきましたので、魅力溢れるラインアップから少しご紹介いたします。
1706262322.jpg
《35年目のロイヤルターリ 2種のカレー》 じゃがいもの冷製スープ「ビシソワーズ」・スパイシーな旨辛チキン「チキン65」・コールスロー・ナン・サフランライス・2種類のカレー(下の写真2品)を盛り込み、色々と楽しめる内容です。今回で35年目となるカレーフェアは、"美味しさつがる”がテーマ。歴代のカレーフェアから年代ごとに38品目をピックアップし、その中からロイヤルホストファンの投票で「注目のカレー」が決定しました!
170626272.jpg
注目のカレーNo.1は英国風の「ザ・ロイヤルシェフカレー」、No.2はチキンコフタ(肉団子)を使った「チキンコフタと卵のカレー」が選ばれました。今回、35年目のロイヤルターリに登場する「チキン"コフタ”のカレー」は、鶏ひき肉とひよこ豆の粉で作ったコフタ入り。2種類のカレーはどちらも味わい深く、食べ比べるのも楽しいですよ。
1706262822.jpg
《海老のフレンチカレー》 甘海老を殻ごとバターソテーし、白ワインでフランベして作ったスープの旨味がぎゅっと詰まり、風味豊かな海鮮カレーです。具材のブラックタイガーはぷりっとして、香り豊かなサフランライスとカレーがよく合います。
1706263022.jpg170626262.jpg
《ブラックタイガーを使用、氷果実サワー~グレープフルーツ~》 フレッシュグレープフルーツを凍らせた「グレープフルーツ氷」が入り、清涼感あふれるサワーは夏にぴったり!フルーツ氷ですので、氷がとけても味が薄まらずに美味しくいただけます。
1706263122.jpg
《”10種の国産野菜”とポークのスープカレー》 ロイヤルホスト初登場のスープカレーは、色とりどりの野菜10種類が使われて、目でも美味しい彩りに。柔らかく煮込まれたポークはふわとろ、十八穀米にトッピングされた揚げきのこはパリッとした食感です。カレーの種類によって、サフランライス・十八穀米・白ごはんなど、使い分けてあるのも嬉しいですね。
1706263422.jpg
《カシミールビーフカレー》 1983年の第1回カレーフェアから続く伝統の1品。数種類のスパイスを使い、ピリッとする刺激的な辛さとコクが特徴。別添えで旨味と辛さをプラスした「ガラムペースト」を用意していますので、お好みでどうぞ。
1706262022.jpg
《プチ・パフェ~ミントパイナップル&パンナコッタ》 南国の香りがするココナッツソルベ、やわらかな食感のパンナコッタ、フレッシュミントの香りをまとわせたフレッシュパイナップルを盛り込んでいます。パイナップルのデザートは他にも2品あります。

ロイヤルホストでは今回ご紹介したフェアメニューを始め、ご家族で楽しめる多彩なメニューを提供しています。お近くのロイヤルホストへぜひお出かけください。
「35年目のカレーフェア」は2017年7月5日~8月下旬の予定。
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。
nice!(141) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -
2017年06月|2017年07月 |- ブログトップ