So-net無料ブログ作成
検索選択

長崎バイオパーク カピバラ [長崎バイオパーク]

170204652.jpg
長崎県西海市にある動植物園「長崎バイオパーク」を訪れました。広々とした園内では約200種類の動物を飼育していて、人気者のカピバラとの触れ合いも楽しみ。何度か訪れた中から、カピバラの大家族を少しご紹介いたします。
160527012.jpg160526962.jpg
以前(2016年5月)に訪れた際には、生後1ヶ月の赤ちゃんカピバラが5匹いて、とてもキュートな姿でした。よちよち歩きやお昼寝している姿にも癒やされます。
160527032.jpg
大人になると体長が約1m、体重が50キログラム以上に。お尻をなでると喜ぶようですが、リラックスしすぎて、すごい寝相になっているカピバラさんも。
161022362.jpg170204622.jpg
訪れる度に色々な動きや表情を見せてくれて、池に飛び込み上手に泳ぐ姿も楽しいですよ。一緒に遊ぼ~とでも言っているように、近寄って来たこともあります。餌(有料)をあげることも出来て、好物の竹をポリポリと美味しそうに食べます。
16122462.jpg
《カピバラの露天風呂》 毎年12月~2月頃に登場する露天風呂は冬の風物詩となっています。打たせ湯付きの露天風呂は気持ち良さそう。冬至の時期は「ざぼん」が浮かべられて、ざぼん風呂に。人が利用出来る手湯が備わっていますので温まりました。
170120212.jpg
《カピストーブ》 露天風呂と同じ時期にカピバラ用のストーブも登場!ストーブの周りをぐるりと囲んで暖をとる姿は、ほのぼのとしています。寒い日はとくに人気で、たくさん集まっていました。また時々、会いに行きたいと思います。《再訪日2017年2月》
161022342.jpg
長崎バイオパーク 長崎県西海市西彼町中山郷2291-1
営業時間 10:00~17:00(入園締切16:00)※2017年4月現在
入園料金 大人1700円・中学生1100円・3歳~小学生800円
旅行情報サイト「たびねす」に長崎バイオパークを紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
nice!(122) 
共通テーマ:旅行

いっかく食堂 天神店 [福岡市のランチ&グルメ]

170224032.jpg
福岡市中央区渡辺通にある「いっかく食堂」へ食事に出かけました。場所は渡辺通り沿いに建つ電気ビルの北館地下1階になり、福岡市営地下鉄渡辺通駅から徒歩約2分の立地。同じフロアに飲食店が数店舗入り、リーズナブルなメニューが揃っています。
170224042.jpg
《カジュアルな店内》 カウンター席とテーブル席が並び、1人でも入りやすい雰囲気。いっかく食堂は警固店(福岡市中央区)もあり、種類豊富な定食・単品メニューが人気。ハンバーグ・唐揚げ・チキン南蛮・鯖の塩焼き・胡麻鯖など、どれも美味しそう。
170224052.jpg170224112.jpg
《セルフサービスコーナー》 定食メニューには生卵・漬物・ドリンク(コーヒー・お茶)がセルフサービスで付いています。漬物は辛子高菜・かつお風味の漬物など数種類が用意されて、ご飯が進みます。ご飯のおかわりが出来るので、2杯目は卵かけご飯にしました。
170224092.jpg
《牛サーロインレアカツ定食》 牛サーロインレアカツ・半熟煮卵入りの味噌汁・ご飯、セルフサービスの生卵・漬物・ドリンクが付いて、1500円。レアカツの薬味はお好みで、わさび・大根おろし入りの和風ソースをつけていただきましょう。
170224142.jpg
《レアカツ》 衣がからっと揚がったレアカツは、中のお肉は柔らかくてジューシー。わさびでいただくとお肉の旨みが引き立ちます。添えられた野菜には2種類のドレッシングから、お好みでどうぞ。オニオン入りのドレッシングも良い風味です。
170224152.jpg170224072.jpg
《和風ソースも合います、漬物・コーヒーなど》 11:30~13:00限定のお得なランチメニューもあり、テイクアウトのお弁当(500円~)も人気。食べ飲み放題プラン(男性3500円・女性2980円)も良さそうですよ。《利用日2017年2月》

いっかく食堂 天神店 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82電気ビル北館地下1階
営業時間 11:30~23:00(OS22:00)
nice!(121) 
共通テーマ:グルメ・料理

ホテル京セラ 再訪編 [鹿児島の観光]

16101836.jpg
鹿児島観光に出かけて、「ホテル京セラ」に宿泊しました。ホテルが建つ霧島市周辺は魅力的なスポットが点在して、観光の拠点としても便利な立地。桜島や大隅半島観光の際には宿泊によく利用しています。本館(写真左)と別館(写真右)があり、充実した施設。
16101847.jpg
《本館の吹き抜け》
14102156.jpg161018432.jpg
《利用した和洋室》 今回利用した和洋室(930号室)は9階になり、見晴らしが良くて桜島側の眺望が楽しめました。客室には空気清浄機やズボンプレッサーなども置かれて、キーカードを2つ渡してくれる点も便利。《利用日2016年10月》
16101859.jpg
《カフェ&ダイニング デルソーレ》 利用した宿泊プランの朝食は、ビュッフェレストラン夢の国も選べましたが、ビュッフェは何度か利用したので今回はデルソーレに。場所は本館1階、窓が大きく採られて明るく、開放的な雰囲気のレストランです。
161018722.jpg
《洋食セット》 朝食券で利用出来る2種類のメニューから、家族は洋食セットを注文。プレートにオムレツ・ベーコン・サラダ・パン・スープ・フルーツなどが盛られて、ジュースや牛乳などフリードリンク付き。コーヒーはスタッフの方が持ってきてくれます。
161018632.jpg
《朝のカレーセット》 私はホテルオリジナルのカレーが楽しめるセットを注文しました。カレー・オニオンフライ・スープ・サラダ・フルーツと、こちらもフリードリンク付き。黒毛和牛をじっくり煮込んで作られた黒いカレーは、旨味のあるピリ辛タイプ。
16101866.jpg16101874.jpg
《ホテルオリジナル黒毛和牛黒カレー》 今回の朝食はどちらも1404円(税・サービス料込み)。ゆっくりと食事を楽しめたので良かったと思います。カレーはレトルトで販売もしていて1箱648円、ゆずぽん酢など調味料との詰め合わせもあります。
161018552.jpg
《売店で森伊蔵を発見》 売店は品揃えが豊富で、鹿児島の物産品や京セラの商品などが色々と並んでいます。焼酎の種類も多く、プレミアム焼酎の森伊蔵は相変わらずの人気ですね。今回の旅行では垂水市にある森伊蔵に寄り、オリジナルグッズをお土産に買いました。

ホテル京セラ 鹿児島県霧島市隼人町見次1409-1
詳しい情報は施設の公式サイトをご覧ください。以前の記事では、大浴場&水着で楽しむスパをご紹介しています。
nice!(136) 
共通テーマ:旅行

桷志田 [鹿児島の観光]

16101813.jpg
鹿児島県霧島市の観光へ出かけて、黒酢の郷 桷志田(かくいだ)に寄りました。桷志田がある霧島市福山町は黒酢が特産品で、以前出かけた鹿児島旅行では坂元のくろずを見学しました。今回は他の黒酢醸造所を見学したいと思い、こちらの桷志田を訪れました。
161018292.jpg
ショップの裏手に広がる壺畑は、桜島と錦江湾をバックに約2万本のかめ壺がずらりと並んで壮観。市販されている一般の黒酢の発酵熟成期間は半年から1年ですが、桷志田は3年以上(最長5年)をかけて、じっくりと熟成。美味しい黒酢が出来るように原料はもちろん、かめ壺にもこだわって信楽焼などが使用されているそう。
161018152.jpg
《ショップ》 3年熟成玄米黒酢をはじめ、黒酢を使った商品がたくさん揃っています。試飲・試食コーナーもありますので、気軽に試しながら買い物を楽しみましょう。
161018232.jpg
《スパークリングビネガー》 ブルーベリー味を試飲したところ、酢のつ~んとくる癖が少なくて、まろやかな風味で飲みやすい。こちらの商品はボトルなど容器がオシャレな感じで、贈り物にも喜ばれそうですね。《利用日2016年10月》
161018212.jpg
《ステーキソースとエビチリソース》 試食した中から、とくに気に入ったエビチリソースもお土産に決定。色々と使えて、料理がぐ~んと美味しくなりそうです。
161018202.jpg161018242.jpg
《食べる黒酢、黒酢ぽん酢など》
161018182.jpg
《黒酢ソフトもオススメ》 黒酢を使ったスムージー・ジェラート・ビールなどを販売する黒酢ドリンクバーもあります。黒酢ソフト(300円)は、ほのかな黒酢風味でコーンがパリパリ。レストランでは黒酢と有機野菜を使った月替わりのランチコースが人気です。

黒酢の郷 桷志田(かくいだ) 鹿児島県霧島市福山町福山大田311-2
営業時間 8:30~17:30、ランチ11:00~15:00
詳しい情報は店舗の公式サイトをご覧ください。
nice!(132) 
共通テーマ:旅行

ホテルローレライ レストラン [ハウステンボス]

170101492.jpg
長崎県佐世保市、JRハウステンボス駅から徒歩1分の場所に建つ「ホテルローレライ」は、ハウステンボス観光にも便利。客室は洋室と和洋室があり、バリアフリールームも完備。宿泊プランは手軽な素泊まり・食べ放題の食事付き・ハウステンボスの1DAYパスポート付き・動物と触れ合える「長崎バイオパーク」のチケット付きなど、多彩に揃っています。
170101502.jpg
レストランは食べ放題の「バイキング ビアゾン」と、定食や居酒屋メニューが豊富な「レストラン ローレライ」があります。ハウステンボスへ出かけた際に、ランチや夕食でレストランローライを時々利用しています。たくさん揃ったメニューから少しご紹介いたします。
170101562.jpg
《長崎ちゃんぽん 780円》 長崎のご当地グルメといえば、ちゃんぽんや皿うどんが代表的ですが、ローレライでも味わうことが出来ます。スープは少しコクを感じるあっさり系。ちゃんぽんはお店によってスープなど味に違いがあるので、食べ比べが楽しいです。
170101552.jpg
《煮魚定食 880円》 ヘルシー志向の家族が注文した煮魚定食には煮魚・小鉢・ご飯・漬物付き。魚は仕入れによって変わり、訪れた日は糸縒鯛(いとよりだい)の仲間と案内がありました。煮魚は味付けが良くて、小鉢のなますも美味しいと家族の感想。
15123003.jpg
《佐世保バーガー 780円》 佐世保のご当地グルメもオススメです。以前ご紹介した記事がありますので、よろしければ佐世保バーガーをご覧ください。
161225062.jpg161225042.jpg
《油淋鶏定食880円、すきやきうどん830円》 油淋鶏(ユーリンチー)はカラッと揚がって良いボリューム。寒い日に訪れた時は、すきやきうどんで温まりました。以前利用した温泉入浴券付きの松花堂弁当も良かったので、また利用したいと思います。

ホテルローレライ 長崎県佐世保市南風崎町449
レストラン営業時間 11:00~22:30(OS22:00)
旅行情報サイト「たびねす」に、ハウステンボスのイルミネーションを紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
nice!(124) 
共通テーマ:グルメ・料理

銀座食堂 [長崎の観光]

170107602.jpg
長崎県・島原観光に出かけて、島原市のアーケード街周辺を散策しました。島原城の城下町として栄え、郷土料理は具雑煮・かんざらし・島原手延べそうめんなどが有名。今回は地元の方に人気の「銀座食堂」を訪れました。《利用日2017年1月》
170107652.jpg
建物は昭和レトロな感じで、地元に長く親しまれている雰囲気が伝わってきます。映画「まぼろしの邪馬台国」(2008年公開)のロケが銀座食堂で行われて、吉永小百合さん・綾小路きみまろさんの出演シーンに登場。店内にも吉永さんの写真が飾られています。
170107662.jpg170107712.jpg
《趣きがある店内》 広めの座敷とテーブル席があり、家族連れの方も多く賑わっていました。メニューは具雑煮・ちゃんぽん・皿うどん・丼物・カレーライス・オムライス・うどん・蕎麦などバラエティ。かんざらし・ミルクセーキ・白熊金時などもあります。
170107772.jpg
《具雑煮 930円》 丸餅5個・焼き穴子・玉子焼き・鶏肉・白菜・里芋・高野豆腐など、たくさんの具が入り、出汁の風味がしっかりとした味わい。雑煮は、お正月のイメージですが、島原ではお正月以外にも色々なシーンで食卓にのぼり、郷土料理となっています。
170107732.jpg
《ちゃんぽん 600円》 地元の方にちゃんぽんも美味しいですよ、と教えていただき注文しました。シャキシャキのもやし、椎茸も入っています。和風な感じのスープは優しい味わい。ちゃんぽんも具雑煮も各店で違いがあり、食べ比べも楽しいと思います。

銀座食堂 長崎県島原市中堀町39-1
営業時間 11:00~20:00、定休日 金曜日
以前の記事では、具雑煮(姫松屋)かんざらし(銀水)などを紹介しています。
nice!(124) 
共通テーマ:旅行

銀水 [長崎の観光]

161223242.jpg
長崎県・島原観光へ出かけて、島原名物かんざらしを味わえる銀水(ぎんすい)へ向かいました。浜の川湧水そばに建ち、駐車場が2ヶ所用意されています。第1駐車場からは約80メートル、路地を進むと趣のある建物「銀水」に到着しました。
161223262.jpg
《浜の川湧水》 島原市は古くから湧水に恵まれて、たくさんの湧水ポイントが点在。湧水が引かれた石積みの洗い場は今でも地元の方が使われていて、洗う物により4つに区切られています。1日の湧水量は400トン、水温は年間を通じて約16℃と一定。
161223512.jpg
名物のお婆ちゃんが作る寒ざらし(かんざらし)が人気で、全国から訪れるファンも多かったそう。閉店後、約20年の歳月を経て2016年8月に復活しました。現在は島原市が運営を行い、島原市地域おこし協力隊が営業しています。《利用日2016年12月》
161223522.jpg161223502.jpg
《店内に引かれた湧水、レトロな雰囲気の座敷》 メニューは、かんざらし・ぜんざい・ねぎやき(各350円~)、夫婦クリームぜんざい(450円)、湧水仕立てのコーヒー・紅茶(各350円)、湧水で冷やしたラムネ・コーラ(各150円)など。 
161223542.jpg
《かんざらし 350円》 湧水で冷やした白玉団子を甘く冷たいシロップで味わう島原名物のスイーツ。お婆ちゃんが作っていたレシピは残念ながら残っていなくて、地元の方からアドバイスを受けて今の味に。当時の味を目指して改良を続けているそうです。
161223582.jpg
《夫婦クリームぜんざい 450円》 湧水でじっくり炊いた小豆を使ったぜんざいは甘すぎない美味しさ。アイスに入った2色白玉は、かぼちゃと黒ごまが使われています。温かいぜんざいと、ひんやりアイスのコラボもいいですね。
161223462.jpg161223472.jpg
《かんザラシころころ缶バッジ》 かんざらしから生れた、しばらPRキャラクター「かんザラシ」の缶バッチ(100円)の販売があり、来店記念に購入しました。銀水限定バージョンは4種類のデザインとシークレットがあるそうです。

かんざらし 銀水 長崎県島原市白土桃山2丁目1093
営業時間 10:00~17:00、定休日 火曜日
以前の記事では、かんざらし手作り体験(しまばら湧水館)をご紹介しています。
nice!(142) 
共通テーマ:旅行

どん亭 [佐賀の観光]

17010139.jpg
佐賀県吉野ヶ里町方面へ出かけた際に、「どん亭」のランチを利用しました。国道34号線沿い、陸上自衛隊の目達原駐屯地から近い場所になります。お昼頃に店の前を通ると、広い駐車場がいつも満車状態で以前から気になっていました。《利用日2017年1月》
17010140.jpg
《店頭のサンプル》 うどんは安くて、かけ(240円)、わかめ・月見・きつね(各280円)、ごぼう天・山かけ(340円)、海老天・肉(各400円)など。蕎麦は50円増しになります。うどんや蕎麦の定食もリーズナブルに揃っています。※消費税別
17010142.jpg17010143.jpg
《テーブル席・座敷》 オープン時間の11時を少し過ぎて行ったため、お客さんは少ないですが、店を出る頃にはとても賑わっていました。メニューは目移りするほどバラエティで、イカ活造りを注文してある方も。刺身定食・まぐろ丼・うな重などもあります。
17010146.jpg
《肉ジャガうどん定食 600円》 肉ジャガ・サラダ・野菜天うどん・ご飯・漬物付き。うどんの麺はもっちりとして少しコシがあり、肉ジャガも美味しい。品数がありボリューム多めの定食はコスパが良くて満足。お客さんがいつも多いのにも納得しました。
17010145.jpg
《親子丼セットの麺抜き 500円》 親子丼・ごぼう天うどん・漬物付きですが、麺抜きに変更が出来て、うどんのかわりに茶碗蒸し・味噌汁付きに。玉子がとろとろの親子丼は美味しいですね。丼物は他にも天丼セット・カツ丼セット(各600円)もあります。
170101412.jpg
《ランチメニューの一部》 全体的にとてもリーズナブルなので、また訪れたいと思います。夕食の定食なども手軽な値段から、たくさん揃っています。  
 
どん亭 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町吉田838-3
営業時間 11:00~15:00、16:30~23:00
nice!(118) 
共通テーマ:グルメ・料理

柳川雛祭り さげもんめぐり2017 [福岡の観光]

14021157.jpg
福岡県柳川市にて毎年恒例のひな祭りイベント「柳川雛祭り さげもんめぐり」が始まりました。2月11日~4月3日まで開催されて、色々な施設にお雛さまが飾られています。さげもんマップを見ながら、お雛さま&さげもんの見物を楽しみましょう。
14021140.jpg
《さげもん》 江戸時代末期頃より女の子が生まれると、初節句のお祝いにお雛さまの代わりに古着の端切れで、鶴や亀など縁起物の小物を作って飾り祝ったのが、“さげもん”の由来といわれています。吊るし飾りをする風習は、山形県酒田市や静岡県東伊豆町にもあります。
14021144.jpg
川下りの終点「沖端」周辺の散策もオススメです。柳川市観光案内所にも展示されて、以前訪れた際には手作りの手毬「柳川まり」がたくさん飾られていました。カラフルな糸で美しく刺繍されて、どれも見事な手毬です。今年も展示が楽しみなので観光に出かけたいと思います。
16032670.jpg
《カラフルな柳川まり》
08032142.jpg
《川下り》 柳川藩の城下町として栄えた柳川は、掘り割りをどんこ舟に乗って観光する「川下り」も名物です。冬場は舟の中にこたつが置かれますので、暖かく観光が楽しめます。
川下りの記事は、旅行情報サイト「たびねす」の水郷柳川で川下りをご覧ください。

柳川市観光の詳しい情報は柳川市観光協会の公式サイトをご覧ください。
食事は有明海の珍しい魚介類も味わえる夜明茶屋がオススメです。
nice!(143) 
共通テーマ:旅行

四季の里旭志 バーベキュー [熊本の温泉]

10091878.jpg
熊本県菊池市の「四季の里旭志」は自然豊かな立地。宿泊はオートサイトやフリーサイトを楽しめるキャンプ場、ログハウス8棟・バンガロー2棟が建っています。場内にはコインランドリー・温泉施設・レストラン・バーベキューハウスもあるので便利です。
130922462.jpg16040811.jpg
《左上:テントを張ってキャンプ、右上:共同炊事場》
16040803.jpg16040817.jpg
《左上:バンガロー、右上:ログハウス》 山小屋風バンガローは二段ベッドを完備。ログハウスはロフトとテラス付き。どちらにもキッチン・食器・冷暖房・洗面台・トイレが付いていますので快適。建物横にはバーベキュー台が用意されています。
16040822.jpg
《ログハウス》 今回はバーベキューの夕食付きプランを利用してログハウスに泊まりました。丸太造りの部屋は温かみがあり、別荘感覚で楽しい。大浴場のフリーパス券付きで、チェックイン日とチェックアウト日の両日使える点も便利。《利用日2016年4月》
16040821.jpg16040828.jpg
《左上:テラス、右上:常設のバーベキュー台》
16040831.jpg
写真はバーベキュープランの食材2人前です。旭志産味彩牛・りんどうポーク・鶏肉・ウィンナー・野菜・おにぎり付き。お肉類は思ったよりボリュームが多く、十分な量ですね。炭や調味料も用意してくれているので、手軽にバーベキューが楽しめます。
16040838.jpg
食材は持ち込みしてOKなので、来る途中に椎茸・エリンギ・鶏手羽・豚肉を買ってきました。炭火で焼くと、とても美味しく、ビールが進みます。いつも運転手の家族は、今回は泊まりなのでお酒が飲めると喜んでいました。
160408352.jpg160408392.jpg
《左上:持ち込んだ椎茸とエリンギ、右上:焼きおにぎりに》 日帰りで楽しめるバーベキュープラン(バーベキューハウスを利用)もあり、食材・調味調・食器・火おこしが付いた「手ぶらプラン」は1人2000円、手軽なセルフプランや持ち込みプランもあります。

四季の里旭志 熊本県菊池市旭志麓2934-10
旅行情報サイト「たびねす」に、四季の里旭志を紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
nice!(130) 
共通テーマ:旅行