So-net無料ブログ作成
検索選択

SOBA CAFE ゆうひ [大分の観光]

160926032.jpg
大分県・国東(くにさき)半島の観光に出かけて、「恋叶(こいかな)ロード」をドライブしました。恋叶ロード沿いに広がる真玉(またま)海岸は夕陽の美しさで知られています。干潟の縞模様と夕陽が織りなすコントラストは幻想的。訪れた日はあいにくの雨模様で夕陽は見られませんでしたが、晴れていると写真(案内版)のように綺麗でしょうね。
160926082.jpg
真玉海岸に建つ「SOBA CAFE ゆうひ」へ食事に寄りました。地元、豊後高田産のそば粉を使用した手打ち蕎麦が味わえて、恋叶ロードならではのメニューもあります。建物は海の家という雰囲気で、目の前には真玉海岸が広がっています。
160926092.jpg
《テーブル席・ソファー席・テラス席があります》
160926112.jpg160926042.jpg
《テラス席、海岸に造られたフォトスポット》 恋叶ロード沿いにフォトスポットが点在していて、すぐ前に寄った粟嶋公園にも造られています。
160926182.jpg
《恋叶セット 1000円》 蕎麦メニューから注文した恋叶(こいかな)セットは、ざる蕎麦または温蕎麦・唐揚げ(またはとり天やミニ岬かきあげ)・ハート型のダッタンそば茶おにぎり・酢物付き。二八蕎麦はコシがあり美味しく、そば湯も出ました。唐揚げも味付けが良くて、宇佐からあげのような感じで美味しいですよ。《利用日2016年9月》
160926222.jpg
《岬かきあげ丼 700円》 地元で獲れた小海老を使ったかき揚げ丼も名物。ダッタンそば茶ご飯のうえに、サクサクに揚がったかき揚げがトッピング。タレはかかっていなくて薄味ですので、恋叶セットのそばつゆをかけたところ、合いました。

SOBA CAFE ゆうひ 大分県豊後高田市臼野5125
営業時間 11:00~18:00、定休日 火曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
nice!(133) 

粟嶋神社 [大分の観光]

160925852.jpg
大分県・国東半島の恋叶(こいかな)ロードを走り、粟嶋公園を訪れました。約20km続く恋叶ロードには「粟嶋神社」、夕陽の絶景スポット「真玉海岸」、花とアートの岬「長崎鼻」などがあり、人気の観光スポットになっています。公園内の参道を進み、「縁結」と書かれた鳥居をくぐって、粟嶋(あわしま)神社を目指します。《訪問日2016年9月》
160925632.jpg
公園を抜けた先にある粟嶋神社は、海に突き出た岩窟に社が建てられた珍しい神社です。目の前には雄大な周防灘が広がって良い眺め。訪れた日はあいにくの雨でしたが、晴れていると素晴らしい眺望が楽しめるでしょう。晴れた日にまた訪れたいと思います。
160925642.jpg
1625年の創建、一寸法師のモデルと伝わる「少彦名命」が祀られています。元々は医療の神様として信仰されていました。中でも婦人病・安産・子授けなどにご利益があったことから、女性の願いを叶えてくれる神社として有名に。現在ではとくに縁結びの神様として知名度が高く、良縁や恋愛成就を願う参拝者が遠方からも訪れているそう。
160925712.jpg
《絵馬・おみくじ・御守の授与》 私も絵馬に願いを込めて奉納しました。絵馬や御守などが入れられた木箱が花柄でキュートですので、訪れた際にはぜひご覧ください。
160925752.jpg
《岩窟にあいた穴》 穴の向こうに海景色が見えて、パワースポット的な眺め。長い年月とともに穴の上部が風化して、大きな石が剥がれ落ちたそうですよ。さらに落ちる危険性がありますので、近づかないでくださいと張り紙がありました。

粟嶋神社(あわしまじんじゃ) 大分県豊後高田市臼野7-15
次記事では粟嶋公園・カフェ&レストラン結をご紹介しています。
nice!(134) 

粟嶋公園 [大分の観光]

160925872.jpg
大分県・国東(くにさき)半島の観光に出かけて、豊後高田市へ向いました。国道213号線沿いには、縁結びの神様「粟嶋神社」、夕陽の絶景スポット「真玉海岸」、花とアートの岬「長崎鼻」などがあり、このスポットを結ぶ約20kmが、”恋がかなう道”として恋叶(こいかな)ロードと呼ばれています。恋叶ロードにある粟嶋(あわしま)公園を訪れました。
160925892.jpg
縁結びモニュメント「結(ゆい)」が設置されて、記念撮影スポットとして人気。ハートを連想させる形によりモニュメント全体で愛を表現しているそう。モニュメント上の球体にアクセサリーやコインを乗せて願いを込め、肌身離さず持ち続けると願いが叶うとか。
160925802.jpg
《展望所》 公園奥に海が見渡せる眺めの良い展望所があります。訪れた日はあいにくの大雨でしたが、晴れた日はとても眺望が良さそうですよ。《訪問日2016年9月》
160925832.jpg160925822.jpg
《ハート型南京錠の愛鍵(あいかぎ)》 モニュメント「縁(えにし)」にたくさんの愛鍵が掛かり、恋愛成就スポットとして人気になっているようですね。「愛鍵」は、公園入口のカフェ&キッチン結(ゆい)で販売。恋叶ロードはプロポーズにふさわしいロマンティックなスポットとして、2016年1月、「恋人の聖地」に選定されました。
160925922.jpg
《カフェ&キッチン 結》 生パスタ・石窯ピザ・カレー・クレープなどが楽しめて、テイクアウト出来るメニューもあります。ドライブ途中の休憩、ランチ利用も良さそうです。
営業時間 11:00~17:00

粟嶋公園(あわしまこうえん) 大分県豊後高田市臼野7-15
次記事では縁結びのパワースポット「粟嶋神社」をご紹介いたします。
nice!(131) 

大分空港 レストラン [大分の観光]

160925332.jpg
大分県・国東(くにさき)半島の観光に出かけて、大分空港に寄りました。施設内には土産品売場・レストラン・足湯などがあり、少し見て回りました。2階の土産品売場前にはプラレールが展示されて、列車と一緒に大分銘菓が色々と走っていました。
160925372.jpg
《すし処 宙(そら)》 レストランから少しご紹介いたします。「すし処 宙」は大分名物の関サバ・関アジ・城下カレイの握り寿司や刺身などが味わえます。
160925402.jpg
《握り寿司のサンプル》 メニューは、にぎり(並・上・特上)、海鮮ちらし・穴子箱すし・鉄火巻・バッテラなど。特上にぎりを是非いただいてみたいものです。
160925422.jpg160925432.jpg
《レストランのメニューから》 大分と言えば「とり天」も有名ですよね。ふわっと揚がったとりの天ぷらになり、美味しいですよ。地元の国東(くにさき)で獲れた太刀魚を使った「太刀魚重」、だんご汁定食、豊後牛ステーキなどもあります。
160925502.jpg160925582.jpg
《空の駅 旅人(たびと)》 地元国東半島の特産品を始め、大分や九州のお土産が多彩に揃うショップです。食品・お酒・調味料・雑貨などが綺麗に陳列してあり、選び易くなっていると思います。郷土料理のだご汁、やせうまもお土産に喜ばれる逸品でしょう。
160925512.jpg
《豊後牛あっぱれ弁当》 空弁コーナーには、吉野鶏めし・とり天にぎり・各種弁当が置かれています。大分のブランド牛を使った「豊後牛あっぱれ弁当」もオススメです。
160925522.jpg16092555.jpg
《吉野鶏めし、ぷりんどら》 大分市吉野地区の郷土料理「吉野鶏めし」は鶏めしの具を炊き込んで作る少し大きめのおにぎり。漫画「美味しんぼ」第71巻大分編に登場して有名になりました。どら焼きとプリンがコラボした創作どらやき「ぷりんどら」も美味しいですよ。

大分空港 大分県国東市安岐町下原
前記事では足湯や送迎デッキなどをご紹介しています。
nice!(126) 

大分空港 足湯 [大分の観光]

160925242.jpg
大分県国東半島は仏教文化遺産を始め、城下町の町並み・昭和の町・恋叶ロードなど、観光地が点在。今回は国東半島をぐるりと周り、途中で空港に寄りました。大分空港駐車場は駐車場料金が30分まで無料なので送迎などに便利です。普通車の場合、1時間100円・1時間半200円・2時間300円、以降1時間毎に150円、最大料金(24時間)500円。
160925272.jpg
ロビーに県内の温泉地名が入った風呂桶のオブジェが飾られています。「おんせん県おおいた」をキャッチフレーズにしている大分県ならではの演出でしょう。別府温泉や由布院温泉を始め、温泉地がたくさんあり、ここ国東半島にも温泉地が点在しています。
160925312.jpg
《足湯》 2016年6月、1階ロビーに足湯がオープンしました。手軽に楽しめる足湯は、空港利用者の憩いの場として人気になっています。足湯利用料金:無料
160925532.jpg
《記念の手ぬぐい》 お土産売場「空の駅 旅人(たびと)」は物産品が種類豊富に揃い、手ぬぐいも販売。大分空港限定の手ぬぐい(右端)を旅の記念に購入しました。限定の手ぬぐいは足湯でも販売していますので、1枚いかがでしょう。《利用日2016年9月》
160925352.jpg
《送迎デッキからの眺め》 飛行機の離発着を送迎デッキから眺めました。送迎デッキは入場料が有料の空港もありますが、大分空港は無料です。
160925262.jpg060218192.jpg
《巨大にぎり寿司のオブジェ、大分名物の関あじ》 手荷物引渡し所(国内線)のベルトコンベアの上に、にぎり寿司のオブジェが置かれています。回転寿司のような雰囲気で楽しいですね。3階のレストラン街には、関さばや関あじを味わえる寿司店があります。

大分空港 大分県国東市安岐町下原
足湯利用時間 11:00~18:00
次記事ではレストランやお土産売場をご紹介いたします。
nice!(130) 

天ぷらまき 超天丼 [佐賀の観光]

170104012.jpg
佐賀県鳥栖(とす)市に出かけて、天ぷらまきに再訪問しました。安くて美味しい天ぷらと言えば、TV番組「秘密のケンミンSHOW」に登場した福岡の天ぷらのひらおがとても有名ですが、天ぷらまきも揚げ立ての天ぷらがリーズナブルに味わえて人気。
130921082.jpg170104032.jpg
《カウンター席が並ぶ店内、いか塩辛・天つゆなど》 サービスで置かれた、ゆず風味のいか塩辛や高菜炒めも美味しい。定食メニューは天ぷら定食(780円)、ヘルシー定食(690円)、魚介と鶏のよくばり定食(830円)、海鮮天ぷら三昧定食(950円)など。
17010404.jpg
ポイントカードは4個貯めるごとにサービスがありお得です。しかも15個貯めると、超天丼または好きな定食が無料になるので、とてもお得なポイントカードですよ。前回で15個貯まりましたので、超天丼を無料でいただきました。《利用日2017年1月》
17010405.jpg
《超天丼》 ど~んと登場した天丼はものすごいボリューム!超天丼は通常メニューにないので、少し豪華な天丼かなぁと想像していましたが、大きめの器に色々な天ぷらが山盛りに。写真では分かりにくいですが、量が多くてメガ盛り丼です。
170104072.jpg
天丼をぐるりと回して海老天側も撮ってみました。天ぷらは海老3尾・イカ・ホタテ・穴子・舞茸・豚肉・豆腐2個・鶏肉・野菜など盛り沢山。ざっと数えて15個ほど盛られているのではないでしょうか。しかも、ご飯の量も多くて2杯分くらいはありそうです。
17010411_edited.jpg
《穴子もど~んと入っています》 大根入りの天つゆにつけて味わいました。注文時、スタッフの方から「時間がかかりますが宜しいですか」と聞かれました。もし「量が多いですが大丈夫ですか」と聞かれたら注文しなかった量ですが、なんとか完食。どうもご馳走様でした!

天ぷらまき 鳥栖店  佐賀県鳥栖市真木町1092-11
営業時間 11:00~21:00
以前の記事では、天ぷら定食・ヘルシー定食をご紹介しています。
nice!(144) 

人吉駅 駅弁 [駅弁・空弁]

161019212.jpg
熊本県の最南部に位置する人吉市は相良藩の城下町として栄えました。観光は日本三大急流の1つに数えられる「球磨川」の川下り、青井阿蘇神社・永国寺・SL人吉・鉄道ミュージアムなど、人吉温泉や鮎料理も有名。人吉駅前に設置された「からくり時計」は、お殿様の城下見物のストーリーが展開されます。《利用日2016年10月》
161019442.jpg
《SL人吉》 人吉観光の際に駅に寄り、入場券を購入してホームに入りました。人気観光列車「SL人吉」は熊本駅~人吉駅間を運行。汽笛をあげて勢いよく発車していく様子を、間近に見ることが出来て楽しい。いつか機会があれば乗ってみたいと思います。
161019312.jpg161019302.jpg
《展望スペースも良い雰囲気》
161019492.jpg
《駅弁の立売り》 人吉駅に寄った目的は、全国的に珍しくなった「駅弁の立売り」をしてある菖蒲さんから駅弁を購入することでした。約50年間の長きにわたり、立売りを続けられていて素晴らしい。ファンが多く、人吉駅の顔になられているようですね。
161019482.jpg161019512.jpg
駅弁の箱はずっしりと重そうですが、皆さんに笑顔で接客されて、駅弁売りの元気な声が響きます。SL人吉が発車する際には列車が見えなくなるまで、笑顔で手を振ってある姿が印象的でした。この後、一緒に記念撮影をしていただいて良い記念になりました。
1610195623.jpg
《栗めし》 今回購入した栗めし(1100円)は、栗の形をしたお弁当箱です。ご飯の上に栗がゴロゴロ、海老・ひじき・レンコン・ふき・玉子焼きなどおかずが詰まっています。お弁当箱はプラスチック製なので、旅行の記念として持ち帰りました。
nice!(127) 

にゃん太郎 [鹿児島の観光]

161014032.jpg
2016年10月に出かけた鹿児島旅行で、ぜひ訪れたい場所の1つがこちらの嘉例川(かれいがわ)駅でした。1903年に開業した嘉例川駅は3つ隣の大隅横川駅と並び、鹿児島県内では最古の駅舎。110年以上経過した木造駅舎は風情とともに風格を感じます。
161014142.jpg
駅舎のベンチで、嘉例川観光大使「たぬき猫 にゃん太郎」が出迎えてくれました。触ったりしなければ近づいても大丈夫な様子で、大人しいですよ。駅に住み着いた野良猫でしたが、2015年5月に観光大使に任命されました。現在は地区の方がお世話をしてあります。
161014122.jpg161014082.jpg
《寛いでいるにゃん太郎とハウス》 鼻の模様が可愛らしい「にゃん太郎」は、タヌキに似ていることから、たぬき猫にゃん太郎と名付けられたそうです。 
161014112.jpg
数日後に再訪問した際は駅舎にいないと思ったら、敷地内の散歩に出ていました。自由気ままに過ごせる今の暮らしが気に入り、駅を住まいにしているようですね。次回、鹿児島旅行に来た際もまた会えると嬉しいです。《訪問日2016年10月》
131030412.jpg
《はやとの風》 D&S(デザイン&ストーリー)列車の特急「はやとの風」は、JR日豊鹿児島本線鹿児島中央駅~JR肥薩線吉松駅を1日2往復しています。嘉例川駅に数分間停車しますので、駅舎の様子もぜひご覧ください。
161014202.jpg161014222.jpg
短区間ですが、鹿児島旅行の記念に乗車しました。木の温もりを大切にした車内はとても寛げて、車窓から風景を眺めながらの列車旅は楽しいですよ。

嘉例川駅(かれいがわえき) 鹿児島県霧島市隼人町嘉例川2176
nice!(123) 

レオナルド・ダ・ヴィンチ ヴァーチャルミュージアム展 [ハウステンボス]

170102082.jpg
長崎県佐世保市にあるハウステンボスは様々なアトラクションや観光スポットが点在。その中から、入国口から一番奥に位置する「パレスハウステンボス」へ向かいました。夜になるとイルミネーションがきらびやかに点灯し「光の宮殿」になります。《利用日2017年1月》
170101762.jpg
パレスハウステンボスでは定期的に展覧会や美術展を開催。今回は様々な分野に功績を遺したレオナルド・ダ・ヴィンチ(1452生-1519没)がテーマになっています。貴重な手稿や、それに基づき製作された模型の展示、ヴァーチャルフォトスポットも楽しみ。
170101802.jpg
《ヴァーチャル星空回廊》 天体についてスケッチもたくさん遺しているダ・ヴィンチの宇宙観と、12星座の物語を紹介。回廊は色とりどりに輝いて幻想的な雰囲気です。
170101871112.jpg
《絵画の中に入ってみましょう》 最後の晩餐(1498年完成)は有名ですよね。絵画の前に立つと、登場人物の1人になって映し出される仕掛けが楽しい。世界に1枚の不思議な写真が撮れるヴァーチャル体験をどうぞ。会場内に「モナリザ」も展示されています。
170101902.jpg
《再現模型》 様々な模型があり、印刷機や自動演奏出来る太鼓なども展示。ダ・ヴィンチの偉大な才能をあらためて感じながら、見てまわりました。
170102062.jpg170102042.jpg
《宇宙カフェ》 メニューは、火星・水星・月などをイメージした光る惑星ドリンク(600円~)、宇宙ドーナツ(500円)、惑星ケーキセット(1000円)など。
170102122.jpg
《光のオーケストラ》 裏手に広がるバロック式庭園では、音楽に合わせて光と噴水のイルミネーションショーを毎夜開催しています。美しく輝く庭園はとても綺麗でした。

ハウステンボス 長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1
天才レオナルド・ダ・ヴィンチ ヴァーチャルミュージアム展は、2016年12月17日~2017年3月6日までの開催。詳しい情報は施設の公式サイトをご覧ください。
nice!(124) 

しまばら湧水館 かんざらし手作り体験 [長崎の観光]

170107202.jpg
長崎県・島原半島の観光へ出かけて、島原市の湧水スポット「鯉の泳ぐまち」を散策しました。島原市は古くから湧水に恵まれて昔ながらの水路が残り、鯉が放流されています。趣のある建物が目を惹く「しまばら湧水館」を見学しました。《利用日2017年1月》
170107232.jpg
1935年頃に建築された木造家屋になり、縁側や庭園なども風情漂う造り。当時のまま使われている窓ガラスや建築技法などについて、スタッフさんから丁寧な説明を受けました。2014年、石柱門や石塀と共に登録有形文化財に指定されています。
170107312.jpg170107332.jpg
《かんざらし手作り体験》 しまばら湧水館では、寒ざらし(かんざらし)の手作り体験が出来るので、見学した際に申し込みました。かんざらしとは、湧水で冷やした白玉団子を甘く冷たいシロップで味わう島原名物のスイーツです。1名からでも体験出来て料金は1名あたり300円と、リーズナブル。まずは白玉粉ともち粉を混ぜて、少しずつ水を加えます。
170107342.jpg170107352.jpg
次にボールの中でよくこねて耳たぶくらいの固さにします。分量は同じでも気温や湿度などにより固さが変わるそうですよ。初めてチャレンジしますが、師匠(スタッフさん)が優しく教えてくれますので、不器用な私でも意外と簡単に作ることが出来ました。
170107402.jpg
生地が出来上がったら長くのばして、丸めていきます。同じ大きさに揃えないと茹で上がりにムラが出ますので気をつけましょう。初めてなので大きさが揃いませんでしたが、思ったよりは上手に出来かも。茹で上がったら湧水で冷やして、いただきます。
170107442.jpg
《かんざらし》 出来立てはもっちり、プルルン!シロップの味などお店によって違いますが、はちみつ入りシロップは風味が良くて私好み。まろやかな湧水も美味しいですよ。
170107472.jpg
《ハート型も作りました》 丸型以外にも好きな形をどうぞと案内されて、簡単にできるハート型を作りました。体験の最後は名前入りの「かんざらし名人認定証」をいただいて感激!
所要時間は約30分と手軽でした。手作り体験は楽しくてオススメです。

しまばら湧水館 長崎県島原市新町2-122
開館時間 9:00~18:00、館内見学は自由にできます。
体験受け入れ人数:1名~5名(6名以上は事前に相談)、電話予約可能
詳しい情報は島原観光ビューローのサイトをご覧ください。
nice!(135)