So-net無料ブログ作成

鯛生金山 [大分の観光]

160801512.jpg
大分県日田市中津江村にある鯛生金山(たいおきんざん)は、観光復興キャンペーンとして2016年7月1日~9月30日まで見学(金山入坑料)が無料!八女市矢部村へ出かけたので、少し足をのばして鯛生金山へ行ってきました。坑内は年間を通じて約14度、夏は涼しく冬は暖かいスポットです。《訪問日2016年8月》
160801792.jpg
地底博物館となっている坑内は竪坑ゾーン・採鉱場ゾーン・初期採鉱ゾーンに分かれています。東洋一の大金山と言われた当時の様子を、機械やパネルなどの展示で分かりやすく紹介。見学コースは約800メートル、所要時間は約40分になります。
160801902.jpg160802152.jpg
《木造りや金ゆり分けの様子》 坑道の支柱を組み立てる前にする木造りの様子や、採取した鉱石から金と不純物を樋を使って選別する「金ゆり分け」なども見学しました。金山が発見された1894年から閉山するまでの約80年間で、金を約40トンも算出したそう。
160802022.jpg
《イルミネーション》 坑道を進んで行くとイルミネーションが輝く場所が。蛍光石が坑道に飾られてブックライトによって発光しています。キラキラと輝いて綺麗でした。
160802212.jpg
《黄金の鯛》 2尾の鯛は雄鯛が30キログラム、雌鯛が20キログラム、どちらも24金で出来ています。願かけすると、金運や良縁のご利益があるとか。そばに願かけ鯛があり、子鯛金箔を願かけ鯛に貼りつけると、縁結びや商売繁盛にご利益があるそうですよ。
160802542.jpg160802572.jpg
《クッキー、金箔栗ようかん》 売店には金箔を使ったお茶や羊羹、カメルーンにちなんだお菓子も置かれています。2002年に開催された日韓ワールドカップの際に、中津江村でキャンプを行ったカメルーンとの交流が今でも続いているそうです。
16090203.jpg
《お土産を購入しました》 大分特産のかぼすや柚子を使ったお菓子から、かぼすパイと柚子マドレーヌを選び、金箔入りの黄金あめ・めで鯛もなかも購入しました。 
160802642.jpg
《カメルーンソフト 360円》 中津江特産のわさび・ゆずはちみつを使ったソフトは、風味が良くて爽やかな甘さ。色でカメルーンの国旗をイメージしています。レストランもあるので次回訪れる際は食事を楽しみ、砂金採り体験もしたいと思います。

鯛生金山(たいおきんざん) 大分県日田市中津江村合瀬3750
営業時間 3月~11月 9:00~17:00、12月~2月 10:00~16:30
地底博物館(金山入坑)料金 大人1,030円・中学生820円・小学生510円
nice!(119) 
共通テーマ:旅行

nice! 119