So-net無料ブログ作成

新鳥栖駅 中央軒 [駅弁・空弁]

13091609.jpg
佐賀県鳥栖市(とすし)にある九州新幹線新鳥栖駅へ行ってきました。新幹線のホームは在来線の真上に造られ、在来線のホームには「中央軒」があります。中央軒は、1892年(明治25年)創業、名物駅弁「かしわめし」や「焼麦弁当」、「かしわうどん」などが有名。1956年に九州で初めて“立ち食いうどん”の営業を開始しました。 
13091606.jpg13091602.jpg
《左上:ホーム外側からの入口、右上:在来線を列車が通過》 改札口横にも入口があるのでホームに入らなくても駅弁を買うことができ、食事スペースも少しあります。九州新幹線が開業した時に来ましたが、店舗があるとは気がつきませんでした。 
13091607.jpg
《駅弁が並ぶ》 かしわめし・焼麦(シャオマイ)弁当・牛めし・肥前路弁当などが揃っています。かしわめし(680円)は鶏の出汁がよく染みた味付ご飯の上にかしわ肉・金糸卵・刻み海苔がトッピングされて、ボリュームも良いお弁当です。
以前の記事でかしわめしを紹介しています [soon] 中央軒 かしわめしをどうぞ。 
13091615.jpg
《かしわうどん(320円)》 メニューは、かしわうどん(320円)・月見うどん(390円)・ごぼう天・丸天・えび天うどん(各420円)などがあり、同じ料金で蕎麦も選べます。甘辛く煮付けたかしわ(鶏肉)が美味しい。いなり(1皿150円)もあります。
13091619.jpg
《アスパラ天うどん(420円)》 こちらは季節限定メニューになり、かしわとアスパラ天がトッピング。地元の鳥栖・基山周辺はアスパラの産地になり、調理する際には筋が残らないように斜め切りをして天麩羅にされているそうです。《2013年9月》

新鳥栖駅 中央軒  佐賀県鳥栖市原古賀一本松220-2
営業時間 7:00~21:00
中央軒の詳しい情報は中央軒の公式サイトをご覧ください。

都道府県の特産品 駅弁編―調べてみよう

都道府県の特産品 駅弁編―調べてみよう

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 理論社
  • 発売日: 2017/01/01
  • メディア: 大型本



nice!(142) 
共通テーマ:旅行

nice! 142