So-net無料ブログ作成

上湯温泉 神湯荘 [関西旅行]

08102104.jpg
山沿いの細い道をしばらく進み上湯温泉に到着しました。「つるつる乃湯」の幟や提灯が並ぶ出谷温泉公衆浴場へは急な石段を下りて向かいます。《2008年10月》
[左斜め下]石段を眺めるアルちゃん
08102102.jpg





温泉へ到着すると残念ながら定休日でした。川の方を見ると、「野猿」があります~おお~[わーい(嬉しい顔)]写真で見たことはありましたが、まさか実物の野猿を見れるとは・・・感激です。
08102107.jpg08102108.jpg
さて、次の目的地「神湯荘」へはすぐの距離です。フロントでせんとくんを発見。立寄り入浴は宿から少し離れた川沿いの露天風呂(以前は宿泊者専用)を案内されました。露天風呂へ行く前に、今は宿泊者専用となった宿裏手の風呂を見学することに。
08102109.jpg08102110.jpg
《左上:宿外観、右上:せんとくん》
奈良のご隠居さんに、宿裏手の男性用風呂は脱衣所から風呂へ降りる階段(右下写真)がとても急だと、話は伺っていましたが想像以上に急な階段で趣のある露天風呂です。
08102114.jpg08102116.jpg
それでは川沿いの露天風呂へ向かいます。道が狭いかなと思い歩いて行きましたが露天風呂前の敷地は広く、数台分の駐車スペースもあります。渓流沿いの露天風呂は男性用は丸見えですが開放感たっぷり。女性用は湯小屋内に造られています。
08102118.jpg08102120.jpg08102121.jpg
女性用の風呂は洞窟風呂のような雰囲気もある素朴な造り。窓が大きく採られ眼下に渓流が広がり男性用風呂も目に入ります。湯は硫黄の香り、湯の華も舞っています。ツルヌル感の肌さわりでとても気持ち良く、しばらく浸かって満喫しました。
08102125.jpg08102126.jpg
08102127.jpg
《男性用露天風呂》湯上がりは、受付前に置かれたテーブルセットに座り買ってきたおにぎりを昼食に。川のせせらぎが聞こえ自然の中で食べるおにぎりは、とても美味しいですね。この後は、道の駅「奥熊野古道ほんぐう」へ寄り、湯の峰温泉へ向かいました。
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0