So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

イタリア料理 ファブリンキッキン [湯布院周辺の観光&グルメ]

18061403.jpg
大分旅行へ出かけて湯布院を観光後、大分市方面へ向かう途中、以前から行きたいと思っていたイタリア料理店へ向かいました。由布市挾間町にあり、JR向ノ原駅から大分川を挟んだ向い側に位置します。挾間多目的公園近くの大きなムクノキを目印にお出かけください。
18061406.jpg
《一軒家のレストランはオシャレな外観》
18061407.jpg18061410.jpg
玄関へ進むアプローチも雰囲気がよくて、スプーンのドアノブもオシャレですね。お店に入店する前からワクワクして期待が膨らみます。《利用日2018年6月》
18061413.jpg
店内は2人掛けのテーブル席が4卓並び、奥に個室風になったテーブル席が2卓あります。ランチメニューは本日のパスタ・ラザニア(各1600円)、イタリアンな合わせ箱(1800円)、お昼のコース(2500円)など。※消費税別
18061428.jpg
家族は本日のパスタ、私はイタリアンな合わせ箱を注文しました。どちらにもスープ・自家製パンが付きます。キャベツと新玉葱が使われたスープはとろっとして甘みがあり、美味しいねと家族の感想。パンはずっしりとした重さ、かみ応えのある食感です。
18061424_edited.jpg
《本日のパスタ》 2種類のパスタから、茄子・バジル・フレッシュトマトのパスタを選びました。彩り豊かなサラダも添えられて、パスタは見た目よりボリュームがあります。日替りパスタは何が出るかなぁと楽しみがありますよね。もう1種類も美味しそうでしたよ。
18061426.jpg18061429.jpg
《お冷が入ったボトルもオシャレ、イタリアンな合わせ箱》 私が注文した料理は蓋をして運ばれてきました。それでは楽しみに蓋を取りましょう。
18061434.jpg
《イタリアンな合わせ箱》 色々な料理が彩りよく詰まってフォトジェニックですね!地元の新鮮野菜がふんだんに使われて、レーズン入りのサラダ・パテ・ふんわりとしたオムレツ・ラザニア・パスタ・イタリア風チキンカツなども入っています。
18061435.jpg
《反対側から》 合わせ箱は「ゆふいん山椒郎」がプロデュース。新江さんのFacebookを拝見して行きたいと思い、ようやく訪問出来ました。2018年7月13日からのメニュー改正に伴い、イタリアンな合わせ箱は休止になり、前菜が豊かなコースが登場するそうです。

イタリア料理 Fabrin kitchen(ファブリンキッキン) 大分県由布市挾間町鬼崎834
営業時間 11:00~14:00(OS)、17:30~21:00(OS)
定休日 木曜日(水曜不定休有)
詳しい情報は店舗のサイトをご覧ください。
旅行情報サイト「トラベルジェーピー」に、湯布院でぜひ訪れたい!グルメ&スイーツお薦め5店をご紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
nice!(94) 
共通テーマ:グルメ・料理

伊王島灯台 [長崎の観光]

18041343.jpg
歴史と自然に溢れる長崎県・伊王島(いおうじま)へ出かけて、観光スポットを巡りました。伊王島灯台は伊王島港から車で約10分、島最北部に建って眺めの良い場所に建ちます。周辺は伊王島灯台公園として整備されて、夕陽丘展望所や灯台記念館などもあります。
18041344.jpg
伊王島灯台は日本で初めての鉄造洋式灯台になり、1870年に初点灯・高さ11.5m。改築されましたが、上部のドーム型天井は建設当時のままだそう。設計は日本の灯台を数多く手掛けて日本の灯台の父」と呼ばれるR・Hブラントン氏。私が以前、訪れた角島灯台(山口県下関市)佐多岬灯台(鹿児島県南大隅町)も設計しています。
18041340.jpg
《夕陽丘展望所》 灯台へ向かう入口に設けられて、こちらも見晴らしの良いスポットです。長崎の開港(1571年)当時、ポルトガル船員たちが伊王島を目印にして入港していたそう。1823年、初来日したシーボルトも伊王島をまわって出島へと向かいました。

伊王島灯台 長崎県長崎市伊王島町1丁目3240-1
伊王島の観光スポットは他にも伊王島大橋・馬込教会・大明寺教会を訪れて、島風の湯(温泉とランチ)にも寄りました。《訪問日2018年4月》
旅行情報サイト「トラベルジェーピー」に、「i+LAND nagasaki(アイランドナガサキ)」を紹介しています。ご覧いただけると幸いです。

ふくみ屋 長崎名物 角煮卓袱まんじゅう(10個)

ふくみ屋 長崎名物 角煮卓袱まんじゅう(10個)

  • 出版社/メーカー: ejapan
  • メディア: その他



nice!(115) 
共通テーマ:旅行

切株山 KIRIKABU HOUSE [大分の観光]

17052825.jpg
大分県玖珠町の切株山(きりかぶさん)へ登りました。盆地になった玖珠は台地が浸食されて頂上がテーブル状になった地形(メサ)や、杯を逆さにしたような姿の山(ビュート)などに取り囲まれています。切株山は標高685m、頂上まで車で登ることが出来ます。
17122316.jpg
頂上は広々として巨大ブランコなどの遊具が設置されています。草原の遊歩道を進んで、奥に建つ展望休憩舎「KIRIKABU HOUSE」へ向かいました。
17122324.jpg
《絶景の展望休憩舎》 ガラス張りになった無料休憩所が建ち、眼下には玖珠の町並みや周囲を囲む山々が見えて良い見晴らし。《訪問日2017年5月・12月》
17122326.jpg
建物のデザインは鉄道ファンの方でしたら、すぐに思い付かれると思いますが、「ななつ星in九州」を始め、D&S(デザイン&ストーリー)列車をデザインして著名な水戸岡鋭治氏。玖珠町では豊後森駅や豊後森鉄道ミュージアムも水戸岡氏のデザインです。
17122341.jpg
《木の温かみに溢れた造り》
171223201.jpg
道の駅童話の里くすが運営する移動販売車「もりフードトラック」が来ていて、この車のデザインも水戸岡氏だそう。コーヒー・パン・豆腐アイスなどのメニューがあり、展望休憩舎内に持ち込みOK。切株山と万年山(はねやま)の登山バッジも販売しています。
17122332.jpg17122335.jpg
《豆腐アイス、コーヒー・パン》 豆乳アイス(250円)も美味しそうなので買いました。九州産の大豆と名水を使った手作り豆腐をアイスにしたそうですが、豆乳の味がしっかりと感じられて美味しいですね。いもパンとクロワッサンも良いおやつになりました。
17122339.jpg
《大パノラマが広がっています》 景色を眺めながらのおやつタイムは寛げます。山頂へ登ってくるまで少し距離がありますが、ここからの見晴らしの良さは訪れた甲斐がありました。
17122336.jpg

KIRIKABU HOUSE(切株ハウス) 大分県玖珠郡玖珠町山田 切株山頂上
利用時間 11:00~15:00、休館日 月・火曜日
前記事ではハイジのブランコやパラグライダーをご紹介しています。

とうふジェラート 6個入り こだわりお豆腐屋さんの造るアイス

とうふジェラート 6個入り こだわりお豆腐屋さんの造るアイス

  • 出版社/メーカー: あさひ屋
  • メディア: その他



nice!(116) 
共通テーマ:旅行

切株山展望台 [大分の観光]

17052807.jpg
大分県玖珠町は日田市から湯布院方面へ向かう途中にあり、豊かな自然や温泉に恵まれた町です。豊後森機関庫公園慈恩の滝・旧久留島氏庭園・森町界隈散策・道の駅童話の里くすなどの観光スポットが点在。標高685mの切株山(きりかぶさん)へ登りました。
17052809.jpg
頂上まで車でも行くことが出来て、「切株山憩いの森入口」から登って行きました。途中にはキャンプ場があり、憩いの館(本館)・コテージ・バンガローなどがあるようです。
17052825.jpg
頂上には広々とした園地があり、駐車場も整備されています。晴れた日はお弁当を持ってピクニックに来るのも良さそうですね。お子さん連れで遊びに来てあるご家族もありました。
17052855.jpg
見晴らしが良く、眼下にはのどかな田園風景や町並みが見えます。パラグライダーやハングライダーの発進基地となっていて、空へ飛び立つ様子を間近で眺めました。空中散歩はとても気持ち良いでしょうね。《訪問日2017年5月・12月》
17122354.jpg
《飛び立ちました》
17052829.jpg
《巨大ブランコ》 遊具が少し設置してあり、通常のブランコより鎖の長さがぐ~んと長いブランコがあります。漕ぐとかなり高くなりますので、十分ご注意ください。高い所は苦手ですが、「ハイジのブランコ」として話題なので、思いきって利用しました。
17052835.jpg
《ハイジになった気分で》
17052812_edited.jpg17052814_edited.jpg
《アイスコルネットの移動販売》 アツアツの揚げパンにソフトが詰まった「アイスコルネット」は残念ながら売切れ!ソフト(300円)を買い、景色を眺めながら休憩しました。

切株山(きりかぶさん)園地 大分県玖珠郡玖珠町山田
次記事はKIRIKABU HOUSE(展望休憩舎)をご紹介いたします。




nice!(114) 
共通テーマ:旅行

由布川峡谷 小平の吊り橋 [湯布院周辺の観光&グルメ]

18022504.jpg
大分県別府観光へ出かけて、志高湖に行った後は由布川峡谷(ゆふがわきょうこく)へ向かいました。車の場合は高速道路別府インターから約20分、湯布院インターからは約30分の距離になります。高さ15m~60mの断崖が約12kmに渡って続く景勝地だそう。
18022502.jpg
最初の目的地「小平の吊り橋」を目差します。狭い道をどんどん進んで、由布市のコミュニティバス「ユーバス」のバス停「小平」そばに由布川峡谷の案内を見つけました。案内板から少し行くと、由布川峡谷自然公園に到着します。《訪問日2018年2月》
18022507.jpg
《顔出しパネル》 駐車場脇に大きな顔出しパネルが設置されて、楽しいデザインの魚たちが泳いでいます。茶屋があり閉まっていましたが、夏場などは営業しているのかも。
18022510.jpg18022512.jpg
《小平茶屋、吊り橋へGO》
18022519.jpg
《小平の吊り橋》 由布川峡谷にかかる吊り橋は長さ45メートル。高所恐怖症の私は吊り橋がとても苦手なので、へっぴり腰になりながら頑張って渡りました。
18022517.jpg
吊り橋から下を見ると渓谷は深く、神秘的な感じがします。様々な場所でV字型の岩肌を流れ落ちる滝を見ることが出来て、夏場は避暑地として賑わうそうです。
18022521.jpg1.jpg
《猿渡入口》 由布市側の猿渡入口と、別府市側の椿入口から川辺へ下りることが出来ますが、地震と台風の影響でどちらも現在通行止めになっていて残念。猿渡入口の展望台から川辺へ続く、遊歩道を少し眺めて、由布川峡谷観光を終わりにしました。※2018年6月現在
18022525.jpg
《のどかな山里風景が広がっています》 川辺には行けませんでしたが、のどかな風景を眺めながらのドライブは楽しい旅行になりました。この後は湯布院へ向かい、おやつタイムです。

旅行情報サイト「トラベルジェーピー」に湯布院土産に買いたい!手軽なばらまき菓子をご紹介しています。ご覧いただけると幸いです。




nice!(114) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | -